アストンマーティンがF1参戦に前向き

2017年11月30日
IMG_4712


F1ツアー


アストンマーティンが2021年からのF1参戦に前向きらしいのですが、それがどのような状況なのかというと、レッドブル・ホンダの誕生に大きく影響することです。2018年限りでルノーとの契約解消を視野に入れているともっぱらの噂のレッドブルですが、2018年のホンダがあまりにも悲惨な情況だった場合、ルノー(タグホイヤー)との契約延長を望むでしょう。ただ、ホンダがルノーと同等以上のポテンシャルを発揮した場合ですが、2019年にレッドブル・ホンダが誕生する可能性は高くなります。しかし、アストンマーティンが2021年からのエンジンルールで参戦に前向きのようなので、レッドブル、アストンマーティン、ホンダの3者の関係がどのように絡んでくるのか。。。フェラーリやメルセデスは駄々を云っているようですし、このエンジンルールに関しても、一山も二山も波乱がありそうですね。