アビダビでのハミルトン

2016年12月25日
IMG_4234


F1ツアー


今シーズンのチャンピオン決定の舞台となったアブダビ。 ルイス・ハミルトンが最後の最期に見せたスロー走行。 チーム首脳、特にパディ・ロウやトト・ウォルフからは造反と見なされていますね。 が、しかし! ハミルトンの立場からすればチャンピオンが掛かったクライマックス。 しかも自分はトップ走行。 レースをコントロール出来る立場。 にもかかわらず、チームからは無線でしきりに介入されてくる始末。 僕がルイスだったら同じことをした!と思います。 あれも完全に正当な作戦だと思います。 メルセデスはドライバーを管理しすぎ!だと思いませんか? レース戦略も2人のドライバーにイニシアチブを与えてませんしね。