アロンソはホンダ追放を目論んでいる。

2017年7月18日
オーストラリア


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!

<a href="https://f1world.net/guidance/f1-monaco">F1スペイングランプリ(GP)ツアーの詳細はこちらから!</a>


あえて同じ天秤で計るなら、
ホンダのほうが大切だと思う。

たしかに2017シーズン前半のホンダは大きく期待を裏切ったと思う。
しかしここにきてようやく上向いてきたのも事実。

2018シーズンに向けて光明はある。
信頼性の確保+性能の向上をはかることは可能だ。
2017シーズン前半のような辛酸はないと思う。

ようやくここまで進歩してきたワークスエンジンとタイトルスポンサーの2つを同時に捨てることがいかに愚行なことなのかマクラーレンは理解しているのだろうか。

アロンソ1人と、ワークスエンジン+タイトルスポンサー
のどちらが大切なのか?

アロンソが立ち去った後のチームは焼け野原の如く、焦燥感が漂う。
2014シーズン末のフェラーリもそうだった。
そして2017シーズンのアロンソはフェラーリ時代と同じことをまたやろうとしている。

アロンソはホンダが2018年も留まるのなら、自分がチームを立ち去るかの如く、政治的言動を繰り返している。
ホンダも最後の決断をするべきではないのか?

アロンソに代わるドライバーは少ないのは確かだ。
しかしそれに近いパフォーマンスを発揮するドライバーはいる。
もしかするとアロンソを上回るパフォーマンスを発揮する現役F1ドライバーが数人いるかもしれない。

そのドライバーは既にトップチームと契約を交わしているが。

既に公式発表をしたザウバーも不穏な動きをし始めている。
2018年にルノーを搭載すべく動き出した。

ホンダもトロロッソ・ホンダになれないかと動き出している。
可能性は低いがウィリアムズ・ホンダもないわけではない。

トロロッソ・ホンダになった場合、レッドブルとトロロッソの資本関係について、ホンダが積極的に介入するかもしれない。