オーバーテイク

2017年4月4日
オーストラリア


F1ツアー


今年のF1は抜きづらいと云ってますが、まだ開幕戦を終えたばかり。次の中国は長いストレートがあるので、特に裏ストレートは頻繁にオーバーテイクシーンが見られるんじゃないかなと思っています。空力を向上させ過ぎたからだという意見がありますね。もっともな意見だと思います。ディフューザーが大型化しましたからね。いくらタイヤグリップを増大させても空力が向上し過ぎた感はいがめません。いっそのことディフューザーを少し小型化させて、メカニカルグリップを向上させるようなレギュレーションなんてありかなと思います。

アクティブサスペンションです。メカニカルグリップを向上させる手っ取り早い方法です。
それとディフューザーはタービュランスの元凶なので前車に近づけない要因ですよね。

ディフューザーで低下したダウンフォース分をメカニカルグリップで相殺すれば前車に近づけやすくなって、オーバーテイクの増加になると思うんですが、これって素人的発想なのでしょうか?苦笑