サテライトレース

2017年4月16日
F1バーレーン海外観戦ツアー


F1ツアー


バーレーンGP。
アブダビも砂漠にありますが、さすがにここバーレーンほどまで砂漠ではないです。
パウダー状の砂の粒子が空中に浮いていますが、ここでレースをしてマシンを走らせて、当然、エンジンには空気が吸引されるので大気中に含まれる粒子状の砂も吸引されるんでしょうが、この砂をエンジンの内燃機関に取り入れられてもノッキングをおこさないのはさすがにF1エンジンなのだと感心させられるのですが、不完全燃焼=ノッキングという一般認識ですが、これらの対策までをする手法としてフィルターを中間に組み込めばクリーンな空気として内燃機関に送れるのですが、レース後のフィルターを見てみたいと思うのですが。笑

このバーレーンではサテライトレースになって久しいですが、日中でレースをしなくなったのは、灼熱の日中を避けたのが1番の理由ですが、日中の温度変化による風の発生、つまり風が運んでくる砂対策を最小限にする為であることはあまり語られませんね。