2018年のトロロッソのドライバー人事

2017年12月27日
IMG_1378


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



2018年のトロロッソのドライバー人事は完全にレッドブルに牛耳られてしまいました。経緯を考えれば仕方ないかもしれません。ホンダにとってF1撤退の危機を回避することが最優先事項だったからです。パフォーマンスを発揮すれば発言権も増しますし、現状で噂に上がっているレッドブル以外にも供給先が出てきます。2019年のレッドブル・ホンダ誕生はそこそこ可能性がありそうです。ルノーよりも、ホンダのさくら研究所を見学してフェルスタッペンは2020年までの契約をレッドブルとの間で締結しました。ホンダの供給先が1チームだけの状態で3年間が経過し、来年は4年目のシーズンです。ホンダの供給先が増えれば日本人ドライバーが誕生する可能性が高くなりますしね。