ボッタス「ハミルトンとはハードだがフェアなバトルをする」

2017年2月23日
Web001


F1ツアー


今シーズンはボッタスにとって最大のチャンス到来ですが、最大のピンチでもあります。
なかなか結果を出せないでいると、一気に評価を下げるどころか、現役続行の危機に晒されます。
本人もそのあたりは承知しているはずですが、まずはプレッシャーをどう克服するかですね。

ただ、2017シーズンのメルセデスが最速マシンとは限らないので、もし、メルセデスが予想を反してベストマシンでないとなると、人々の興味は薄れますね。この3シーズンに渡って圧倒的パフォーマンスを発揮したからこその注目度でもあります。

続々とニューマシンが発表されていますが、当初云われていた通り、ドルフィンのボディカウルを装備してきていますが、単純にそのようにしたほうがリヤウイングの効果を高められるのが実証されているんでしょうね。昨シーズンまでのリヤウイングの高さだとその効果も発揮できないのかなと思います。

ボッタスはどこまでハミルトンと渡り合えるのか?
今シーズンのいろいろある中の楽しみの1つでありますが、もし、ハミルトンを凌駕するようなことになったら、風雲急を告げますね。一気に最有力のチャンピオン候補に名乗りを上げることになる。

ただ優勝していない、という事実があります。
2015年に時計を戻しますが、あの年のマシンならば何勝か出来たのでは?という疑問があります。

しかし、その疑問ももうすぐでハッキリとしますよね。
開幕まで4週間になってきましたから。