マジックは100パーセントなのか?

2017年2月10日
F1ツアー


誰しもが今シーズンのレッドブルのマシンはメルセデス対抗馬の大本命という。

理由はニューエイが本格的に関与したマシンだから。

しかし!
ニューエイだって人間。
いつも必ず完璧な仕事なんて出来っこない。

自分の周辺に置き換えてみて、優秀な人でもたまにはポカミス、イージーミスする姿がよく見られるじゃないか!

ただでさえシノギを削るF1。

優秀な奇才はそこらじゅうにいる。

そんなハードルの超高い世界でニューエイはいつも最適解を導き出せるのか?

確かにニューエイのこれまでの実績は他に比類なきものだったのは確かだ。

ニューエイが本格的に関与した、というだけでレッドブルのマシンは速い!と決めつけるのはあまりにも早計だ。

メルセデスだけでなく、フェラーリ、マクラーレン、フォースインディア、ウィリアムズにだって何百人というスタッフがいる。

ニューエイが異彩を放ってきたのは事実だ。

永遠
絶対

というものは古今東西、存在感しない、とだけ言っておこう。