マルキオンネ会長に服従するしかない現場指揮官

2017年12月28日
IMG_6081


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



強硬派のマルキオンネ会長に、ただただ服従するしかないフェラーリF1監督のアリバベーネ。人事権も実質的にない状況ですが、成績が思わしくなければ、いつ切られるかもしれない危うい立場です。あのままフィリップモリスに在籍していれば気楽だったのかもしれないです。アリバベーネの弱みとすれば、F1のチームに在籍することなく監督に就任したこと。 強みはフィリップモリスにいた頃にスポンサー企業の扱い方や付き合い方を学んだこと。 上司がマルキオンネが非常に苛酷なわけですが、スポンサー獲得で実績を積めば、多少の成績不振は我慢してくれるかもしれない。