マルキオンネ会長のルクレール仮契約

2018年9月4日
IMG_6582
F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



生前のマルキオンネ会長がルクレールとの間で「仮契約」を交わしていたようでありますが、それが原因で来季のもう1人のフェラーリドライバーをライコネンにするかルクレールにするかで暗礁に乗り上げているようです。マルキオンネ会長が逝去していなければ間違いなくルクレールが2019年のフェラーリドライバーであったかと思うのですが、たった1年のF1経験でいきなりフェラーリに加入するというのはいくらなんでも時期尚早かと思うのですが、ベッテルとのコンビネーションという点で考えると、この数年ずっとライコネンはベッテルの後塵を拝していたわけで、ルクレールがチームメイトになると、ベッテルの優位性がもしかするとなくなるかもしれません。

ベッテルがチームメイトに負けたのは2014年のリカルドのみですが、ルクレールを相手にどのような戦いをするのかにも非常に興味があります。

もしルクレールが選ばれた場合ですが、ライコネンはF1を引退する可能性が高いように思われます。