揺れるホンダF1の体制

2017年12月8日
F1ベルギー海外観戦ツアー


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



ホンダF1の最高責任者が2年間で変わりましたね。現場での指揮、メディアからの執拗なインタビュー、マクラーレンからのプレッシャーと様々なストレス、重圧が双肩に伸し掛かっていたのだと思います。ホンダのパワーユニットがなかなか向上してこない中、特に今シーズンは3年目でもあり、初年度と違って言い訳は許されない状況、相当に苦しいシーズンだったと思います。今シーズンの夏休み明け以降は信頼性も安定し、パフォーマンスも少しずつ向上して、いよいよ来シーズンというタイミングでの交代劇。 4年目のホンダはこれまでの3年間の経験を糧にしてくれるものと期待しております。 そして早く2チーム以上の供給、そうです、レッドブルホンダの誕生に期待をしています。