早くも2018年の話

2017年3月16日
FIA


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



アロンソの移籍話が開幕前から出始めました。
散々なテスト結果に終わってしまった経緯から仕方ない展開。
メディアもその点を大きくして報道し始め、またアロンソも2018年以降も
現役続行の意思表示を明確にしました。

報道の通り、2018年のシート獲得に名乗りを上げたということですが、
それはもちろんトップチームに対してのメッセージであります。

現状はマクラーレンは最後の選択肢というべきもので、いわゆる保険です。

2017年シーズンが開幕してしばらくは苦戦が予想される状況ですが、
もし、劇的にマクラーレンホンダが戦闘力UPしてきた場合は残留も選択肢なのでしょう。

しかし、アロンソにはもう残された時間はあまりありません。

メルセデスは2018年にシートが1つ空きますが、狙っているのは誰の目にも明らかです。

フェラーリはシートが2つ空きますが、あのような別れ方をしたチームに戻れるのか?
が疑問附なのですが、アリエルと思います。

ロンデニスとでさえ仲直り出来たのですからね。

もしフェラーリが今シーズンを席巻した場合、非常に魅力のあるシートですからね。

まだまだアロンソのドライバー市場での評価はピカイチなので、
チーム側の事情に左右されます。

2018年の可能性は、
メルセデス
フェラーリ
の2チームですかね。

マクラーレン残留はプランCです、多分。
ルノーはプランDです。多分。

レッドブルは可能性なし。
他のチームも可能性なし。

アロンソの心情はこんな感じかな?と。笑