本当にハロを導入するの?

2017年7月29日
FIA


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



折角、カッコいいマシンにするためにワイドにしたり、
2018年からはTウイング、シャークフィンの廃止などを決めているのに、
ここにきてハロの導入。

ジャントッドのゴリ押しで決まったらしいのですが、80%以上の人が反対している状況に対して、
それでも導入に至るのでしょうか?

2018年に導入して、悪評極まりないとなった場合に、シャークフィン・Tウィングのように廃止にするのか?

まずはやってみて、悪評がない場合、定着させるつもり?
と勘ぐってしまいます。

このハロ問題は今シーズンが終了するまでに、まだひと悶着あると思います。

これ以上、安全面を理由にマシンをカッコ悪くしてどうするの、と思うのですが、
ノーズ形状も安全面の理由で現在に至っていますし、アリクイノーズは最低でしたから。

ハイノーズはマシンがクラッシュした時に危険だから、ノーズの高さを低くするレギュレーションになってしまって、
アリクイノーズ。さすがにアリクイノーズは1年で無くなりましたけど、その名残りは今シーズンもまだあります。

フロントノーズの中途半端にカッコ悪い突起物。
あれはもういらないでしょう。

ハロも導入されたとしても、廃止になるような気がします。