本当にホンダと決別出来るの?

2017年6月14日
イギリス


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



ザックブラウンは
メルセデスと水面下で交渉をしている。
来季のタイトルスポンサーの交渉次第。

タイトルスポンサーが決まり、
メルセデスとの条件、つまりエンジン価格で折り合いがつけば、ホンダと契約解消の線でストーリーを進めているはず。

全てはタイトルスポンサーが見つかれば、運営資金に心配はなくなる。
しかし、それも金額次第。

相当な金額でのタイトルスポンサーでなければ、ホンダの代わりにはならないはず。
ここにマクラーレンの苦悩と弱みがある。

たしかに今季のホンダエンジンは大苦戦をしていますね。
でも来季は、、、そうなんです。
来季に良くなるという保障はないのです。そこをマクラーレンは心配しているはずなのです。

おそらくアロンソは離脱するでしょう。
バトンが来季、復帰する可能性がありますが。

もしホンダとマクラーレンが決別してもザウバー・ホンダで2018年は活動します。
そして日本人がザウバーのシートに座る可能性が高いです。

ザウバーはシート1つをセールに出すでしょうから。

しばらく日本人ドライバーが不在ですけど、そろそろ環境が整いつつありますね。