F1に大幅にバトルが復活

2017年2月2日
FIA


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!

<a href="https://f1world.net/guidance/f1-monaco">F1モナコグランプリ(GP)ツアーの詳細はこちらから!</a>


今シーズンからスポーティングレギュレーション、とりわけバトルに関する解釈・ペナルティが大幅に緩和されるという嬉しいニュースがありましたね。

走行ラインを1度しか変更出来ない、だのとツマラないルールが2010年頃?でしたっけ、そんなルールが適用されてドライバー同士の本能むき出し、意地の張り合いのシーンが影を潜め、、、結果、サイドバイサイドのようなスリリングなシーンが見られなくなりました。

結果、接触事故が減り、完走率がUP.

しかし、トップ争いのスリリングなバトルが見られなくなった寂しさがありました。

抜きつ抜かれつのようなギリギリの際どいことをしなくても、DRSを使って、なんなくオーバーテイクが2016年までのシーンでした。

2017年、このルール緩和(変更)によって、どれだけスリリングなシーンが復活するのか?

昔はDRSなしで、走行ラインを何度も変えて、意地の張り合いで本能むき出しでバトルをしてたんですよねぇ。
あの頃に戻ってほしい、と願うばかりです。(笑)