2017年のストーブリーグはアロンソにとってF1最後のチャンス

2017年5月17日
IMG_4200


F1ツアー


トトウォルフ、意味深なことを公言しましたね。アロンソに関心があると。笑
アロンソの頭の中を推測すると、
プランA メルセデス移籍
プランB ルノー移籍
プランC マクラーレン残留
**** 実はフェラーリも考えている。

ベッテル、ライコネンの2人の契約は2017年で終了。
フェラーリもメルセデスの次ぐ移籍先候補でしょう。

ここでメルセデスあるいはフェラーリに移籍出来なかった場合、アロンソのF1現役生活は実質的にTHE ENDです。もうワールドチャンピオンを狙うには非常に厳しいでしょう。本来ならばマクラーレンホンダがトップクラスの戦闘力を発揮していることが日本人の私たちにとってそれが一番のシナリオだったんですけど、それは五里霧中になってしまっています。ホンダがこれほどまでに苦戦するとは。。。

JBもアロンソの移籍を想定して2018年の現役復帰に関して前向きなコメントを発するようになりましたしね。

この2017年の椅子取りゲームはアロンソにとってF1最後のチャンスです。