2018年のトロロッソホンダのもう1人のドライバー

2017年9月28日
IMG_3739


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



大方の予想通り、ピエールガスリーがマレーシアからトロロッソからデビューします。成績不振のクビアトが2018年もトロロッソで参戦するには疑問があります。ホンダもやみくもに日本人を推薦することはないとシンガポールで名言していました。昔からホンダは日本人を推薦しない傾向があるように感じているのです。F1に相応しい、というようなことをポリシーにしているように感じられます。F1にデビューしてからどんどん成長していくパターンも今までたくさん見てきましたが、デビュー前にF1に相応しい、となるとかなり限定的になります。日本人ドライバーが参戦していたほうが日本国内のF1人気も上がるでしょうし、市販車の販売促進にもつながるのではと思うのですが、ホンダのポリシーとしては、実力でF1デビューを勝ち取れ!ということなのでしょう。もし、その論理を現在の20人のF1ドライバーに当てはめるとデビュー出来なかったドライバーがたくさんいます。ライコネンはF1にデビューする前はレース経験が23戦だったので、デビュー出来ていなかった訳です。ストロールもデビューしてからどんどん実力を証明してきています。ホンダの理屈ではデビュー前にバリバリであるということです。