ルノーを選択したマクラーレン

2018年1月2日
IMG_6091


F1ツアー


ワークスエンジン+実質タイトルスポンサー
のホンダとの契約解消をしたマクラーレンですが、ホンダとの契約を継続するデメリットをいろいろ並び立てて、自身の選択に誤りはなかった、としきりに強調してきたのですが、メルセデスエンジンを獲得出来ていればそれも良かったとは思うのですが、ルノーの信頼性も散々なものでした。1億ドル近いマネーと、エンジン無償の権利を捨ててまで、ルノーに値打ちがあるのか??これに対しても、ホンダとのパートナー継続がチーム離散の危機を回避する為だったとザック・ブラウンは述懐しています。 2018年にマクラーレンがどこまでやるのか?トロロッソがどこまでやるのか? ホンダはどこまで上昇してくるのか? 結果が全てであり、理屈は後付けでいくらでも加工出来ます。 勝負の世界なんてそんなものかもしれないですね。