日本人ドライバー誕生の条件

2018年1月20日
IMG_2935


F1ツアー


福住選手がシリーズランキング4位以内。
牧野選手がシリーズランキング3位以内。

現時点では福住選手がF1に近い位置に付けています。なんといってもレッドブルからのサポートを受けている事実が現実味を増しています。ホンダの2018年のハフォーマンスが一定以上のものであれば、レッドブル・ホンダ誕生だけでなく、あともう1チームの供給先が見つかるかもしれません。

見渡すと、ハースとザウバーはフェラーリに囲われています。
マクラーレンとの復縁はないでしょう。
ウィリアムズとFインディアは条件次第ではホンダを搭載するかもしれません。

結果的に、
ルノーユーザーからは、レッドブル。
メルセデスユーザーからは、ウィリアムズもしくはFインディア。

2019年のホンダは3チーム供給しているかもしれませんね。