アストンマーティンは2021年からのF1参戦に赤信号

2018年7月3日
IMG_6554
F1ツアー

間もなく発表される2021年からのパワーユニット規定ですが、どうやらアストンマーティンがF1参戦を見送る状況のようです。2021年からのパワーユニット規定では安価なエンジンを目指して、参戦メーカーを増やすことを目的としていましたが、中堅規模の自動車メーカーでは参戦するにはあまりにも高価なエンジンなのかもしれません。

レッドブルの2021年以降の選択肢は3つあったのですが、それはホンダ・ポルシェ・アストンマーティンでありました。はやくもその1つが脱落しつつある状況なのですが、アウディが沈黙をしている状況です。昨年にWECを撤退してF1参戦に照準を定めている可能性が高いのですが、それは間もなく明らかになるでしょう。