2018年のシートが確定していないトップ3チームのドライバー

2018年7月13日
IMG_6565


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



トップ3チームの6人のドライバーで2019年のシートが確定しているのは、ベッテルとフェルスタッペンの2人だけです。メルセデスの2人(ハミルトン、ボッタス)、リカルド、ライコネンの4人については正式発表がいまだにされていません。

ハミルトンの契約の詳細が合意されてから、ハミルトンとボッタスの2人同時に正式発表があると思われます。

では、フェラーリのもう1つのシートについて何故、正式発表がないのでしょうか?ルクレールのポテンシャルをもう少し見極めてからイタリアGPで来季のドライバーラインアップを正式発表するのかもしれないですね。

では、リカルドは9月のイタリアGPまで来季の所属先チームを決めないのかというと、それは自身の契約金を下げることにつながる可能性があります。ギリギリまでメルセデスとフェラーリの正式発表がされるまで態度を保留すると、トップチームの空席はレッドブルの1席になってしまうからで、そうなると契約金を叩かれる可能性が出てきます。

おそらくリカルドもそれぐらいのことは承知で、ギリギリまで可能性と状況を見極めているのでしょう。