グロージャンの2019年のシートが危うくなってきました。

2018年7月14日
IMG_6409


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



ジーン・ハースの我慢がそろそろ臨界点に近付きつつあるようです。
今シーズン、ポイント獲得したのはたったの1度。度重なるクラッシュ、グロージャンのヒューマンエラーでたくさんのポイントをフイにしているハースです。順調なリザルトを残していれば、今頃はコンストラクターズランキング4位はハースであったろうと思われるのですが、このままだとグロージャンの2019年のシートはなくなってしまうかもしれません。

そうなった場合ですが、フェラーリに移籍出来ないルクレールを迎え入れる可能性があるのではないでしょうか。大いにありえるシナリオです。2019年のフェラーリにライコネンが残留した場合、ザウバーのルクレールがハースへ移籍して、そこで実戦経験を積んでから2020年にフェラーリに移籍というシナリオです。

いずれにしてもグロージャンのシートが空きそうな状況になった時点で、フェラーリからハースへドライバーの受け入れ提案がある可能性が高いように思われるのですが。。。