2019年ボッタス残留

2018年7月21日
IMG_6510

2019年のボッタス残留が発表されました。ハミルトンとの同時発表をなぜしなかったのが謎ですね。契約は大方の予想通り、1年契約+オプション1年でした。チームがボッタスを選択した理由は、ボッタスがチームの指示によく従うこと。つまりチームプレイをしてくれること。政治的言動をとらないこと。ではないでしょうか。ドライバーとしての速さではアロンソやリカルドに分があると思うのですが、ハミルトンとの調和、チーム運営の安定性を重視した結果なのでしょう。契約金が幾らなのかまだ漏れ伝わってきませんが、600万ドルから800万ドルあたりなのではないでしょうか。

どのドライバーも契約を2020年までにしていますが、2021年の大変革に対処してのものですが、2021年時点でハミルトンは37歳、ベッテル34歳です。エンジンに関するレギュレーションも発表されないなま、マシンレギュレーションについても発表されないままが続いていて、最終調整で難航していることが読み取れますね。

早く2021年ルールを発表してほしいものです。
F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!