再出発のレーシングポイント・フォースインディア

2018年8月25日
IMG_6606


F1ツアー

新たな出発をしたレーシングポイント・フォースインディアですが、噂されていたストロールへのドライバー交代はありませんでした。性急過ぎるチーム変革を避けたのか、それともあとシンガポールぐらいでストロールへの交代劇があるのか?

2018年での交代がなかったとしても、おそらく2019年のドライバーラインアップはペレス+ストロールなのでしょう。ペレスの余裕ありげなインタビューを見ていると、オコンではなく自分がチームに残留するのだ、と雰囲気が漂っています。ペレスとオコンが獲得しているポイントはほぼ同等ですが、ペレスのほうがチームに持ち込んでいる資金が潤沢なのでしょう。オコンもメルセデスの後ろ盾でチームに加入していますが、内部事情ではペレスがオコンよりも経済的貢献度が上なのでしょう。これでストロールがしばらく数年はF1に参戦することがほぼ確定となった訳でフォースインディアはストロール家の財政支援でメルセデスBチーム化への危機(?)を回避する形になりました。

ウィリアムズは2019年にマルティニとストロールを失います。
それに代わるスポンサーが見つかるのか?見つからなければメルセデスBチーム化への道を辿ることが生き残り策なのか?バジェットキャップが試験的に部分的ではありますが、2019年から運用が開始されるようですが、プライベートチームの生き残り策として期待されています。