クビアトがF1に戻ってくるのか?

2018年8月31日
IMG_6644
F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!


2019年のトロロッソ・ホンダのドライバー候補でクビアトにスポットが当たっているようです。

ヘルムート・マルコの極端なドライバー入れ替えで不遇を囲ったクビアトでありますが、過去の経緯からして戻ってくるのか、心情的には複雑なのではないでしょうか。ただ、年齢的にはまだまだ若いですから、2019年をステップアップのチャンスとして気持ちを切り替えるかもしれません。

レッドブルのジュニアプログラムはヘルムート・マルコの極端な切り捨てによって、ドライバーが随分と少なくなっています。レッドブルのプログラムで生き残ったのはせいぜいベッテルとリカルドとフェルスタッペンぐらいで、他は皆、F1からいなくなりました。ガスリーはまだ1年ですが。。。

あのようにドライバー交代をされるといくら才能があっても、5,6戦調子が悪いとすぐにレッテルが貼られ、F1から居場所を失くしてしまいます。

マルコはオーナーのディートリッヒ・マテシッツのF1アドバイザー的な存在で、現在のポジションを築きました。元々はF1ドライバーでもありましたが、これといって実績はありません。同郷のベルガ―のマネージャーをしてたこともあり、レッドブルのF1プロジェクトに招聘され現在に至っています。

クビアトがYESなのかNOなのか気になるところではありますが、もし、今シーズン(2018年)に福住選手・牧野選手が活躍していたら確実に2019年のシートが獲得出来ていた状況であるだけに残念であります。