オコンの2018年シート危機が再燃

2018年9月20日
IMG_3526
F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!


2018年途中でストロールがフォースインディアに加入するという噂が再燃しています。オコンのシートが危機に晒されている状態。当事者の1人であるストロールも沈黙をしていますが、このまま2018シーズンを最後までウィリアムズでドライブしても入賞が非常に厳しい現実があります。フォースインディアならば毎レースのように入賞圏内でレースを戦えます。

シーズン途中で移籍をした場合の契約条項、つまり違約金に関する話をウィリアムズと詰める必要があります。その辺りが縛りとなってシーズン途中の移籍の障壁になっているのかもしれない。

オコンはメルセデス傘下のドライバーですが、新生フォースインディアに対してどうやらメルセデスはあまり影響力はないようです。

ウィリアムズは過去に何度もドライバーの移籍では金銭で解決してきたという事実があります。(要するに金儲け)
今回のストロール移籍も金銭で解決出来るようになれば、シーズン途中でのストロール加入が実現し、オコンは放出される。そこでトトウォルフがオコンをウィリアムズに加入出来ないか?と交渉してくる可能性があります。

そうなった場合、ウィリアムズは持参金の金額で誰にするかを決めそうだと思うのですが。