ニュース

IMG_3186


F1ツアー


予選、決勝ともに歯車が噛み合わなかったトロロッソホンダですが、開幕前のテストが良好だっただけに悔やまれます。予選Q1も噛み合っていませんでしたし、決勝もMGU-Hトラブルやスピンなどがあり、ドタバタした週末でした。次はバーレーンですが、どこまで体制を立て直してくるのか?

まだ2018シーズンは始まったばかりです。
IMG_3197
F1ツアー


優勝はベッテルでありました。バーチャルセーフティーカー出動における各車のラップペースのバラつきで首位に躍り出た感があるのですが、VSC出動時における各車のラップタイムはやはり1~2秒は誤差が出ます。つまり3~4秒リードしていても2周程度で逆転してしまいかねない、ということです。今回のレースはそのようなことが起こったのではないでしょうか。ハミルトンにしてみれば、訳がわからないうちにベッテルにリードをされてしまったような感じではなかったのではないでしょうか。

しかし、これも勝負のアヤなのかもしれません。
バーチャルセーフティーカーが引き起こす珍プレー。

IMG_3196


F1ツアー


開幕戦の予選、2位のライコネンに対して0.6秒ものギャップでPPを獲得しました。2018年はまたしてもこの男を軸にシリーズは展開していくのでしょうか。

意外だったのはレッドブルの低迷とハースの躍進です。そしてトロロッソホンダは不完全燃焼の予選でした。全て歯車が噛み合っていたら、、、ウィリアムズとフォースインディアと競り合っていたように思います。
IMG_3193


F1ツアー


FP1が終了しましたが、各チームの装着していたタイヤが、ウルトラソフトとスーパーソフトに分かれていましたので、単純にタイムシートで判別は難しいですね。マクラーレンの2人はウルトラソフトで計測したタイムで、トロロッソはスーパーソフトで計測したタイム。この異なるタイヤのギャップは0.4~0.6ほどあると云われているので、それを勘案するとギャップはほぼなくイコールです。どうしてもマクラーレンとトロロッソの図式に目がいってしまうのですが、今年の主役はやはりというか、メルセデスのように感じます。そしてそれはハミルトン。ボッタスがどこまでチャンピオン争いに食い下がってくるのか?そしてフェラーリとレッドブルはチャンピオン争いに絡んでくるのか?それ次第によってリカルドの去就、つまり次の移籍先候補が変わります。椅子取りゲームの主役であるリカルドの去就にも影響を及ぼす今年の戦い。

リカルドが移籍した場合、サインツが後釜有力候補と早くもマテシッツが語っています。
IMG_3183


F1ツアー


2018シーズンも明日に開幕します。
メルボルンの天候は金曜は晴れ、土曜は曇り時々雨、日曜は曇り時々雨です。
このままだと予選も決勝も雨が絡んできます。マシンの性能が分かりづらいです。
IMG_3173
IMG_3170
F1ツアー


2018シーズンの中団を構成すると予想されるチームは、ハース、ルノー、トロロッソ、マクラーレン、フォースインディア、ウィリアムズの6チームですが、本当に大激戦区ですね。トロロッソは信頼性はありますが、一発の速さもさることながら、決勝ロングランのペースが非常に心配であります。ハースが4番手に一番近いのか?それともルノー?でもルノーは信頼性にアキレス腱がありそうです。マクラーレンも信頼性に難アリで一発の速さも疑問附がつきます。昨年4位と5位のフォースインディアとウィリアムズのマシンはどうやら低迷しているようですし。

開幕戦の予選と決勝は早くも雨の天気予報で、マシンの性能チェックが出来そうにない状況です。苦笑
F1オーストラリア海外観戦ツアー


F1ツアー


2018年シーズン、今週の金曜日に開幕しますが、週間天気予報では金曜日は晴れ、土曜日は曇り時々雨、日曜日も曇り時々雨になっています。つまり、雨での予選、雨での決勝レースということになります。例年、雨絡みが多いメルボルンですが、予選一発の速さと、決勝ロングランペースの両面についてマシン性能が分からないですね。

早くマシン性能の序列が知りたいのですが、第2戦のバーレーンに持越しになる公算が高いです。
IMG_3182


F1ツアー


昨日、六本木でトロロッソ・ホンダの激励会が開かれました。予想を大きく上回る来場者数でしたね。過去3シーズンに渡って不振を極めた原因として、ようやくここにきて云われているのが、サイズゼロのコンセプトが大きな原因だったのでは?ということです。マクラーレンからのリクエストでサイズゼロのコンセプトで2015年を戦ったわけですが、熱問題に端を発して様々な諸問題を抱えてしまいました。2016年もそのコンセプトを継承しましたが、サイズゼロからはパワーUPの限界を感じ、2017年に一からリニューアルし、結局、サイズゼロで2015・2016年の2シーズンを棒に振った感があります。

さらに1チーム独占供給も足を引っ張りました。ライバルより走行データが少なくなります。

そしてようやく2018年ですが、ここまでの3年間の鬱積を晴らすべく、ホンダは上昇軌道に乗った感があります。それを多くのファンの方々は感じているのではないでしょうか。それが2500人の来場につながったのではないでしょうか。

私は1999年からスカパーでF1中継を見続けていますが、地上波で放送を復活してほしいと願います。
もっと多くの人にF1を見て欲しい。
IMG_3176


F1ツアー


おそらく2018シーズンにおいて1度も使われないスーパーハードタイヤ。ピレリもバックアップタイヤであると公言しています。堅くて頑丈なタイヤということなのでしょうが、2005年のアメリカGPの惨劇を繰り返さない為の対策なのですが、21レース全戦においてピレリはこの使われないタイヤを万が一の場合に備えて、現地に輸送するのでしょうね。

興味としてスーパーハードとハイパーソフトのラップタイムは何秒?
コースによっても違いはあるのでしょうが、4~5秒ぐらいあるのでしょうか?
IMG_3174


F1ツアー


2018シーズンのドライタイヤは7スペックもあります。おそらくハイパーソフトは予選専用タイヤなのではないでしょうか。1レースで3スペックのタイヤがセレクトされ、2スペック以上のタイヤを装着する義務がありますが、ハイパーソフトのリスク(寿命)を考えると、予選専用タイヤになりそうです。Q2のベストタイムを記録したタイヤで決勝レースのスタート義務がありますが、Q3でPPアタックのタイヤとしてハイパーソフトは使用されるのでしょう。

つまり、ハイパーソフトはQタイヤということになります。笑
決勝で使用する自由はありますが、ライフ(寿命)が何周走れるかですが。。。笑

scroll-to-top