Pic17011801


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



2021年からのF1エンジンについての会合がスタートされるというニュースが入ってきました。未来の市販車のエコエンジンは水素エンジンですが、F1も水素エンジンに舵を切るんでしょうか?

水素エンジン・・・ほとんど無音です。
現在より音は比べるもなく静かです。

しかし、FIA会長のジャン・トッドがこの水素エンジンを推奨する立場の人って知ってましたか?未来のテクノロジーの実験場としての役割・位置づけをこのまま継続するのか、スポーツとしてのエンターテイメントを追及するのか?この問題はとてもデリケートでF1の持つ魅力を大いに左右する問題です。

スポーツとしてのエンターテイメントを取った場合、自動車メーカーは新技術に投資する意味はなくなり撤退するであろうと云われていますが、その代わり安価なエンジンを使用することが出来る。自動車メーカーが撤退した後のF1グランプリのワールドワイドのステータスはどう変化するのか?世界の名だたる企業が参入・参戦してこその世界最高峰。

昔みたいにNAエンジンで全開でレース出来れば良かったんでしょうけど、まさに岐路です。
IMG_4385


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



開幕戦のみが消化した時点ですが、今年のレッドブルのマシンはタイトル争いに絡んでくるのか疑問です。大きくレギュレーションが改正される2017年シーズンに向けて久々にニューウェイが本気になっている、との評判があったんですけど、いざ蓋を開けてみれば、第3のチーム?なのかな?と思えてきます。このチームはシーズン中の開発スピードでは群を抜いているのでシーズン中盤頃には大きく巻き返しを図ってくるかもしれませんが。でもニューウェイが手掛けたからといってベストマシン(ちゃんピンマシン)になるとは限らないんですね。F1は凄い世界なんだと再認識しました。
オーストラリア


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



2018年
日本人ドライバーがF1に復活するとしたら、このチームから参戦するんでしょうか?

長年に渡る資金難という台所事情を考えると、ホンダからパワーユニットの無償供給という破格のオファーがされた場合、その条件を快諾する可能性があります。ホンダにしても1チーム供給のままだと、なかなかデータを蓄積出来ないといったデメリットがあります。我々日本人にしてもホンダパワーユニットの相対的なパフォーマンスが知りたいですよね。1チーム供給のままだと、そこがなかなか分りづらいんですよね。しかし、フェラーリはいろいろとザウバーを自陣営に残すようにしてくるでしょうし、ここが水面下の戦い、つまり政治力なんですよね。トップチームで唯一のカスタマー契約であるレッドブルにホンダパワーユニットを搭載したら、現状のマクラーレンのシャシーのポテンシャルが鮮明になるんじゃないですかね。

IMG_4375


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



ウェーバーのコメントを引用すると、シーズン中にアロンソの離脱がありえる、と。
しかしシーズン中に離脱して次の行先はあるのか大いに疑問ですね。
シーズンが終了しているのならば移籍はありますが、シーズン中に移籍なんてありえないでしょう。

来季、アロンソのプランAはメルセデスもしくはフェラーリだと思います。

かつてないほど冷静さを失いつつあるアロンソ。
このままだとタイトル2回で現役引退してしまうんでしょうか?

2005、2006年連覇した時、
この男は引退まで何度タイトルを獲得するのだろう?と思いましたが、
2010年のアブダビの悪夢、あれさえなければ3回タイトルを獲得していたことになるんですけどね。2007年の最終戦もついてなかったですし、2012年も終盤失速しましたし。

アロンソに残された時間はもうそんなに長くはないですから。
あのままフェラーリ残留しておいたほうが良かったのか?

IMG_4381
F1ツアー


通常なら我々は最下位。

アロンソの発言ですが、開幕戦を見る限り、そこまでは悪くはないだろう?
と思えてなりません。

信頼性ではなんとかなりましたが、でもまだ不安が残ります。

そしてパワーでは明らかに厳しい状況下に感じます。

開幕戦で見えてきたこと。
今年はベッテル、ハミルトン、ライコネンの3人でシーズンを戦っていく。

なぜライコネン?と思われるかもしれないが、
復調著しいです。往年のライコネンが復活してきた気配を感じます。

そして今シーズン中にハミルトンが最多PPの記録を更新する。
年間開催数が昔の16戦ぐらいと違って、現在では20戦開催なので記録更新しやすいですけどね。

私はこの3人がチャンピオン争いを展開していくように感じました。

レッドブルはちょっと離れたところにいるように感じました。

ボッタスは?
まだ未知数です。
もう少し先入観ない状態で彼のパフォーマンスを見極めたいです。



F1オーストラリア海外観戦ツアー


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



フェラーリのベッテルが優勝しました。予選タイムもメルセデスに肉薄し決勝レースでのロングランペースも互角にメルセデスと渡り合いました。

タイヤ交換後、フェルスタッペンに塞がれたのが今日の分岐点でありましたが、あれがなかったとしたら、肉薄した接近戦を展開したであろうことは想像出来ます。

むしろその接近戦でのバトルを見たかったです。

今年はメルセデス対フェラーリの図式でシーズンが展開していきそうですね。

マクラーレンはテスト直後の最悪状態からは脱したのかはまだもう少し見ないとわからないですね。
IMG_4376


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



予選が終了しましたが、当初に予想されていたほどのタイムアップではありませんでした。
1分19秒台を予想していたのですが、コース特性もあるのかもしれません。マクラーレンホンダも予想されていたほど悪くはありませんでした。ストレートスピードもマイナス7キロでしたし、信頼性が安定していればそこそこ戦えるように感じています。パワーユニットよりもシャシーのポテンシャルに疑問符が付きました。メルセデスの一強ではなくフェラーリがシーズンを戦っていけそうな位置に着けていそうで久々に別々のチームでタイトルを争えば緊迫した一年になりますね。
FIA


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!

まもなくフリー走行1が開始されます。

ここで各チームが何周走行できるかで信頼性が推し図れます。一番気がかりなのがマクラーレンホンダ。電源シャットダウンが振動が原因などという側面からの推測がありますが、もし振動であるならばシャシー側の問題ということにも可能性の幅は広がるが、マクラーレンはパワーユニットの問題である!と一刀両断しています。テストでのロングランが9周が最高という現状からして決勝レースを走行するのはまさにぶっつけ本番です。それ以前に予選をまともに走行できるのか?にも大いに疑問附がついてまわります。フリー走行や予選中に、コース途中でエンジン停止(電源シャットダウン)してマシンを停める映像が送られてくるかもしれません。
FIA


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!

<a href="https://f1world.net/guidance/f1-monaco">F1モナコグランプリ(GP)ツアーの詳細はこちらから!</a>


天候は曇り時々晴れ

気温は22度。
半袖では少し寒い。
長袖が丁度良い感じ。

土曜日は雨との天気予報。
予選のパフォーマンスがドライコンディションで見れるのか?

ホンダは電源シャットダウンの問題を解決出来ていない、と思われます。
コメントを見る限り、もし解決できているのなら、もっと建設的なコメントを発しているはずなので。

振動が原因である、とのコメント記事を目にしましたが、MGU-Hのはず。
ストレートスピードが30キロ遅い、とのアロンソのコメント。
それはMGU-Hをオフにしてテスト走行したとみるべきである。

レース中、MGU-Hが作動しなくなった時の映像をいままで何度も目にしました。

MGU-Hに問題があり、原因が判明しない。
とりあえずMGU-Hをオフにして3日目、4日目のテストをした。
と見るべき。

MGU-Hを作動させた時の真のパフォーマンスが相対的にどのあたりなのか?

ホンダの復活が待ち遠しいです。

オーストラリア


F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



昨年の11チームから1チーム減り、2017年は10チームの参戦でシーズンが展開される。

マクラーレンホンダの首脳・ドライバーから苦戦が予想されるコメントが発せられ、深刻度がうかがい知れる。
信頼性の問題をクリアーしたとして、全開モードで走行した場合の相対的ポジションがどの辺りなのか?

開幕前テストではポテンシャルを発揮することがないまま開幕戦を迎えることになり、予定していたテストプログラムがどれぐらい消化されたのかを、当然のことではあるがチーム首脳はメディアにはコメントしていない。

順調にテストを消化したチームですら消化プログラムについて正直に語ることはない。

みな、手の内を明かさず、2日後に開幕される。
まず、金曜日のフリー走行1・2をマクラーレンホンダがきちんと2台揃って走行出来るのか?に焦点がいくが、メルセデスVSフェラーリの相対関係にも興味の焦点がフォーカスされる。どちらが速いかは予選Q3のリザルトで私たちファンでも計り知ることが出来るが、それももうあと3日で予選が終わり、4日後にはレースリザルトが出る。

大きくレギュレーションが改定されたが、大きな地殻変動はなく、今年もシーズンが展開されていくのだろうか?
無料見積もりはこちら
scroll-to-top