F1 シンガポール観戦ツアー | 海外ツアー専門のWST

F1シンガポールGPチケット

F1シンガポールGP観戦ツアー2021001


STAND AREA(金土日)  
ZONE 1 Super Pit Grand
ZONE 1 Pit Grand Stand
ZONE 1 Turn-1
ZONE 1 Turn-2
ZONE 3 Bay
ZONE 4 Connaught
ZONE 4 Padang
ZONE 4 Stamford
ZONE 4 Empress
ZONE 4 Esplanade Watefront
Pit Combi
  (金)Padang
  (土)Stamford
  (日)Pit
Padang Combi
  (金)Stamford
  (土)Pit
  (日)Padang
Stamford Combi
  (金)Pit
  (土)Padang
  (日)Stamford
Zone1 Walk About Combi
  (金)Pit
  (土)Pit
  (日)P. Walkabout
Turn 3 Premier Grand Stand
Premier Walk About
Zone4 Walk About

F1シンガポールGP 開催日程

日程 開催レース
開催地
2022/09/30 (金) F1シンガポール グランプリ(GP)・フリー走行1
F1シンガポール グランプリ(GP)・フリー走行2

シンガポール市街地
2022/10/01 (土) F1シンガポール グランプリ(GP)フリー走行3、予選

シンガポール市街地
2022/10/02 (日) F1シンガポール グランプリ(GP)決勝レース
シンガポール市街地




■お客様独自のオリジナルプランの見積りをお作りします。■

 

F1シンガポールGPスタンドからコースの景色

F1シンガポールGP観戦ツアー21
ZONE 1 Super Pit Grand
間近な距離でスターティング・グリッドに整列する
マシンが見ることが出来るおススメのビューポイントで
各チームのピットも目の前になり、
表彰式の様子も近い距離で見ることが出来ます。
F1シンガポールGPで最もグランドスタンドになります。
決勝レースが開始される30分前からピットから各チームのマ
シンが出てきてスターティンググリッドに着いていきます。
この時点からグリッドに着いているマシンの写真は撮り放題
。マシンは停止していますし、マシンの周囲にはメカニック
やクルーが大勢いるので、写真を撮るには抜群のシーン。
ドライバーもマシンから降りてエンジニアやクルー、
チーム監督などと軽く談笑するかたわら戦略の最終確認
をしますので、その会話のやりとりの様子の写真を撮ること
が出来ます。フォーメーションラップを終えたマシンが
整列している様は圧巻です。数秒後にシグナルがブラック
アウトして一斉にマシンはスタートし、少しでも上の
順位でフィニッシュする為に、スタートに全身全霊の
集中力を投入します。
優勝するマシンがチェッカーフラッグを受ける為に
最終コーナーを立ち上がって、このホームストレート
に戻ってきた瞬間にコース両脇の花火が点火される
シーンはまさに見物で、その様子が目の前で観ること
が出来ます。表彰台に最も近いスタンドになるので、
デジカメのレンズを望遠に切り替えれば、
ドライバーの表情が鮮明に撮れるでしょう。
値段はかなり高額になりますが、
思い切ってこのスタンドで観戦するのもアリ。








F1シンガポールGP観戦ツアー22
ZONE 1 Pit Grand Stand
間近な距離でスターティング・グリッドに整列する
マシンが見ることが出来るおススメのビューポイントで
各チームのピットも目の前になり、
表彰式の様子も近い距離で見ることが出来ます。

Super Pit観戦券と同じスタンドになりますが、
違いはスタンドの上段がSuper Pit Grand Standで、
下段がPit Grand Stand Standになります。
両チケットの価格差は日本円で2万円弱。
日本GPのグランドスタンドの価格と比較すると
1.5倍くらい高い値段で設定されているので、
割高に感じる人も多い。
目の前のホームストレートはDRSが使える区間ですが、
さほどオーバーテイクにまでは至らず、前車に接近するぐ
らいの効果が大体で、4コーナーから5コーナーにかけての
ストレートでもDRSが使えるが、そのストレートに備えて
接近する為にホームストレートのDRSを活用する
ドライバーがほとんどである。
4コーナーからのストレートがシンガポールGPでは
一番オーバーテイクが多い。
しかしこの区間は両脇にホテルや商業施設が建っている
為に観戦スタンドを設営することが出来ない。
設営出来れば間違いなく、人気のスタンドになるので
あろうが、そういった負の側面も、
市街地サーキットの宿命である。
このPit Grand StandはSuper Pit Grand Standと同じで
各チームのピットが目の前にあり、各チームのピット
作業を観ることが出来ますし、表彰式の様子も
近い距離で観ることが出来ます。
このスタンドで観戦する人はデジカメに望遠レンズ
を準備しておくと、ドライバーの表情が写った
写真などが撮れる可能性が高いです。








F1シンガポールGP観戦ツアー23
ZONE 1 Turn-1
1コーナーになります。
スタート直後の順位の争いや、
オーバーテイクシーンを見ることが出来ます。

ホームストレートエンドの先、つまり1コーナー前に設置された
スタンドになります。かつてはスタート直後にフェラーリの
2台のマシンの同士討ちがありました。
フェラーリ2人のドライバーである、
ベッテルもライコネンもレース開始早々にリタイヤを喫し、
フェラーリチームにとっては悪夢のような出来事。
1コーナーには一応、ランオフエリアが設けられていますが、
マシンの直進先にあたるので、トラブルやクラッシュが
あった際にここにマシンと停めると間違いなくセーフティーカー
が出動することになります。
4コーナー先のバックストレートと比較すると、
ホームストレートでのオーバーテイク数はかなり少ないのです
が、可能性はゼロではありません。
バックストレートにはスタンドが設営されていないので、
オーバーテイクシーンを観たい人には、この1コーナー
のスタンドがおススメです。
1コーナースタンドの観戦券は非常に高額で、
鈴鹿サーキットのグランドスタンドよりも数万円割高です。
せっかくシンガポールまでF1を観に行くのだから、
観戦スタンドにはこだわりたい人にはおススメ
のスタンドです。








F1シンガポールGP観戦ツアー24
ZONE 1 Turn-2
1コーナーになります。
スタート直後の順位の争いや、
オーバーテイクシーンを見ることが出来ます。

1コーナーから2コーナーにかけてもマシンのバトル、
サイドバイサイドのオーバーテイクを観ることが出来ます。
1コーナーから2コーナーにかけては緩いS字になっているの
で、1コーナーで前車をオーバーテイクに成功しても
追い抜いたマシンにサイドバイサイドで喰らいつかれ、
2コーナーで抜き返されるということが度々起こります。
コースレイアウトが意図的に、そういったシーンが演出
されるように設計されているのですが、その際どい
バトルシーンを目の前で観ることが出来るスタンド
になります。位置的にはホームストレートが直線上
になり、続く2コーナー、3コーナーへのマシンの
ライン取り、オーバーテイクシーンなどが観れます。
このスタンドの観戦券は非常に高額で、
鈴鹿サーキットのグランドスタンドよりも数万円割高です。
せっかくシンガポールまでF1を観に行くのだから、
観戦スタンドにはこだわりたい人にはおススメ
のスタンドです。








F1シンガポールGP観戦ツアー25
ZONE 1 Turn-3
3コーナーになります。
1-2の複合コーナーでの順位争いが
この3コーナーまでもつれることが多く、
サイドバイサイドの争いで
クラッシュにまで発展する時があります。

1コーナーから2コーナーにかけて繰り広げられた
サイドバイサイドのバトルがこの3コーナーで決着
がつきます。その決着シーンを観ることが出来る
スタンドになるのですが、基本的には、3コーナーのイン側の
ラインを確保したマシンがバトルに勝利するのですが、
まれにこの3コーナーでも勝負がつかず、この3コーナーを
サイドバイサイドで2台のマシンが駆け抜けて行き、
4コーナーまでもつれるシーンがあります。
4コーナーから5コーナーにかけては約800mのストレート
区間になり、ここで順位争いに負けても、
バックストレートで前車のスリップに入り、
オーバーテイクをするシーンにまでバトルが延々と続いて
いくシーンがあります。このスタンドはそういったシーン
を観ることが出来るので、観戦券の価格がシンガポールGP
では最も高額になります。余程、強いこだわりがなければ
なかなか手が出せない価格になっています。
どうしてもこのTurn-3のスタンドで観たい!
という人にはおススメ出来ますが、
そこまで強いこだわりが無い人は他のスタンドでも十分に
楽しめますので、他に選択肢を持たれたほうが
良いでしょう。








F1シンガポールGP観戦ツアー26
ZONE 4 Stamford
抜きどころの少ないシンガポールですが、
このスタンド手前の6コーナーで
オーバーテイクが繰り広げられます。
バックストレートから立ち上がってきた場所に設営されている
スタンドになります。市街地コースという特性上、ホテルや
商業施設等が立ち並んでいる為に、このスタンドから
バックストレートの様子を見ることは出来ません。
様々な建物が視界を遮っている為です。

90度コーナーから立ち上がってきたマシンが続くコーナーへ
向けて加速していく時のエンジン音が楽しめます。
このスタンドの価格は他のスタンドと比較して割安に設定
されていますが、高速スピードで一瞬で目の前をマシンが
通り過ぎるより、低速スピードで通過するマシンの姿を
じっくり堪能したい人にはおススメのスタンドです。

バトルを観たい!
オーバーテイクシーンを観たい!
高速で走るマシンを観たい!

ということを望んでいる人は他のスタンドで観戦
することをおススメします。








F1シンガポールGP観戦ツアー27
ZONE 4 Padang
英国による19世紀の統治時代を彷彿させる
建物が目の前にあるエリアになります。
スタンド裏ではライブなどのイベントが催されています。

Padangにはスタンドが2つあります。
Padang-Aというスタンドと、
Padang-Bというスタンドです。

スタンドの目の前は圧倒的な歴史の重厚感を彷彿させる
建物が建っているのが特徴で、外国の雰囲気を感じたい
人にはおススメのスタンドです。

このスタンド前ではまずオーバーテイクは見られません。
オーバーテイクするにはあまりにも短すぎるストレート
がその要因です。

このスタンド裏は大きな広場になっていて、毎年、この広場に
特設ステージが設営されて、海外から有名なアーティストが
数多く招待され、ライブステージが開催されています。

F1シンガポールGPの目玉のイベントで、
このライブステージを楽しみにしている人が大勢
います。シンガポールGPの公式サイト
https://singaporegp.sg/enでも招待される
アーティスト情報が掲載されていますので、
そちらは必ずチェックされたほうが良いでしょう。








F1シンガポールGP観戦ツアー28
ZONE 4 Empress
シンガポール市街地コースで最も
コース幅が狭いエリアになります。

シンガポールGPで最も小さなスタンドにります。
目の前のコース幅が6m~7mと非常に狭く、
そのコース幅の狭さからマシンをウォールにヒット
させてしまうドライバーがいままでにたくさんいました。
初開催の2008年当時と比較してコースレイアウトは
弱冠変えられています。改修理由はマシンのウォールへの
ヒットを減らすこと。マシンがこの狭いコース幅の箇所で
リタイヤを喫してしまって、そこでマシンを止めてしまう
ような事態になっては、レースを赤旗中断をしなければ
ならず、2時間ルールでレースを最後の周回数まで
消化出来ないからです。








F1シンガポールGP観戦ツアー29
ZONE 4 Connaught
意外とこのスタンド前でのオーバーテイクがあります。
コースの向こう側にはマーライオンがいます。

13コーナーから立ち上がったマシンが14コーナーまでの
約650mのストレート区間で前車のオーバーテイクを
試みる様子が目の前で観ることが出来るスタンドです。

13コーナーを巧みなライン取りでクリアーして、
立ち上がりを上手くトラクションをかけて、
14コーナーまでのストレート区間を使って前車をオーバー
テイクしていくというドライビング、作戦を執るドライバー
が非常に多く、意外とこの箇所でバトルやオーバーテイク
が数多く展開されているということを知らないファンが
多く、このConnaughtスタンドは穴場的なスタンドです。
バトルが観れる他のスタンドと比較して、価格では
半分ぐらいでかなりお得な価格設定のスタンドになります。

ホームストレートや、1コーナー、2コーナーのスタンド
ではオーバーテイクが観ることは出来ますが、値段が
かなり割高なので、そのあたりを判断材料にされている
人にとってはこのConnaughtスタンドをおススメします。

このスタンドの目の前のコースの向こう側にはマーライオンが
鎮座しています。またさらにその向こう側には
マリーナベイサンズがあり絶好の眺めです。







F1シンガポールGP観戦ツアー30
ZONE 4 Esplanade Watefront
海岸線エリアのうちのスタンドです。
スタンドの目の前は16コーナー、
17コーナーでいずれも市街地コースの特徴的な
90度ターンになります。16コーナーから17コーナー
までの距離は非常に短く、低速でマシンは走るのでバトルは皆無
です。パレードラップの如く、マシンは目の前を通り過ぎていく
だけなので、このスタンドで観戦しても満足感はないでしょう。

観戦券の値段もこのスタンドの正面に位置するBayスタンド
よりも高く、一番最後に売れ残るスタンドで他のスタンド席
が全て完売していた時の最後の選択肢です。








F1シンガポールGP観戦ツアー31
ZONE 3 Bay
シンガポールGPで一番大きなスタンドになります。
初開催の2008年ではこのスタンド前で
クラッシュゲート事件がありました。
目の前はシンガポールの高層ビル群とマリーナベイサンズ
で都会的な景色が広がるエリアのスタンドです。

シンガポールの都会的な雰囲気、夜景の美しさが一番
感じられるスタンドです。野球場の内野席クラスの
大規模なスタンドであります。スタンド席の値段は
シンガポールGPでは一番安価で、もっともリーズナブルな
価格設定になっています。他のスタンドは往々にして、
他に開催されているグランプリよりも割高な価格のスタンド
が多い中、唯一、このBayスタンドの価格がリーズナブル
です。価格重視の方にはおススメのスタンドです。
スタンドからの眺めも一番良いです。








現地情報

Local_Information







F1シンガポールGP過去の予選とレース結果は???

2007年5月、シンガポール政府が2008年からF1シンガポールグランプリを開催することを発表した。1年目の2008年のレースは、シンガポール・テレコムをタイトル・スポンサーシップに、「Singtel Sinpore Grand Prix」として9月26日に開幕し、決勝レースは9月28日に開催された。

アジアでのF1グランプリの開催は、日本(日本GP(1976年に富士スピードウェイで初開催されるが1977年の死亡事故でいったん開催が終了。1987年から開催地を鈴鹿に移して再開)、パシフィックGP(1994年と1995年にTIサーキット英田で開催))、マレーシア(1999年に初開催、2017年で終了)、バーレーン(2004年に初開催、現在も継続中)、中華人民共和国(2004年に初開催、現在も継続中)に次いで5ケ国目となる。乾季の9月に開催されているが、10年目の2017年にウェットコンディションでレースがスタートした。

モナコGPと同様に観光客の誘致と、シンガポールのブランドイメージを世界に発信することが目的とされている。経済効果は毎年1億5,000万シンガポールドル(約100億円)。開催費用の60%をシンガポール政府が負担している。当初は5年契約であったが、2012年には2017年までの契約更新が発表。2017年には開催契約が2021年まで延長されている。

F1シンガポールGP2019年シーズン

F1シンガポール観戦ツアー
2019年シーズン
オープニングラップは大きな混乱はなく、上位陣はグリッド通りの順位で1周目を終えた。
上位勢はルクレール、ハミルトン、ベッテル、フェルスタッペン、ボッタス、アルボンという順で展開。一方で中団争いではリカルドが猛追。10周目のターン14でクビアトをかわし、12番手に浮上。

19周目、フェルスタッペンがピットイン。それを見たベッテルもピットイン。ともにハードタイヤに交換してコースへ復帰。翌周にはルクレールとアルボンがピットインしてハードタイヤに交換。これにより、一時的にメルセデスのワンツー体制になるが、ベッテルがメルセデスを意識してハイペース走行をした結果、アンダーカットで事実上の首位に立つ格好となった。
23周目、ボッタスがピットイン。辛うじてアルボンの前でコースに復帰することに成功するが、ハミルトンはステイアウトしてライバルよりタイヤのアドバンテージを得る戦略を採った。
36周目、ラッセルとグロージャンがターン8で接触。ラッセルはウォールにクラッシュし、ウイリアムズにとって今季初めてのリタイアとなった。これにより1度目のSCが出動。この間にレース序盤にピットインしてハードを最後まで保たせようとしたヒュルケンベルグとクビアトがピットイン、それぞれ新品のミディアムとソフトに交換した。レースは41周目に再開。ベッテルはリスタートをうまく決め、首位をキープ。

そんな中、ストロールがクビアトと接触して緊急ピットインを余儀無くされた。そして43周目にはチームメイトのペレスがスローダウンしストップ。ペレスのマシンを回収するため、この日2度目のSCが出動。
SC出動中の無線で、全力で走ることを訴えるルクレールに対して、チームはマシンをフィニッシュまで持ち帰ることが優先だと伝え、ルクレールもこれを了承。レースは48周目、残り14周で再開となった。ベッテル、ルクレール、フェルスタッペン、ハミルトン、ボッタス、アルボンの順は変わらず。7番手にノリス、8番手にはフレッシュなタイヤを履くガスリーが浮上してきた。

50周目、ターン1への飛び込みで、ライコネンとクビアトが互いに譲らず接触。これで3度目のSC出動となった。

レースは残り10周で再開。ここでも上位の順位に変動はなかった。無線で指示されたものの、3連勝を狙うルクレールはベッテルとのギャップを縮めようとするが、ベッテルもFLを立て続けに更新。ベッテルは結局そのまま逃げ切りトップでチェッカー。昨年のベルギーGP以来、そして今季初の優勝を挙げた。2位にはルクレールが入り、フェラーリはワンツーフィニッシュを達成。

ハミルトンからの猛追を受けていたフェルスタッペンは逃げ切りに成功し、3位表彰台を獲得。5位ボッタス、6位アルボン。7位ノリス。ガスリーは8位に入った。9位はヒュルケンベルグ、10位はジョビナッツィとなった。また、ボーナスのファステストラップだが、終盤ピットインして新品ソフトでアタックしたマグヌッセンがFLを記録。ポイント対象者は入賞圏内であることが条件なため、入賞圏内の者が新たなファステストラップを記録しなかったため、ボーナスはない形となった。
2019年 シンガポールGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:38.014 1:36.650 1:36.217 1
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:37.565 1:36.933 1:36.408 2
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:38.374 1:36.720 1:36.437 3
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:38.540 1:37.089 1:36.813 4
5 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:37.317 1:37.142 1:37.146 5
6 23 アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 1:39.106 1:37.865 1:37.411 6
7 55 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 1:38.882 1:37.982 1:37.818 7
8 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:39.001 1:38.580 1:38.264 8
9 4 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 1:38.606 1:37.572 1:38.329 9
10 11 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:39.909 1:38.620
15
11 99 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 1:39.272 1:38.697
10
12 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:39.085 1:38.699
11
13 7 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 1:39.454 1:38.858
12
14 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:39.942 1:39.650
13
15 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 1:39.957

14
16 18 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:39.979

16
17 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:40.277

17
18 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 1:40.867

18
19 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 1:41.186

19
NC 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:39.362 1:38.399 1:38.095 20 2
2019年 シンガポールGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 61 1:58:33.667 3 25
2 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 61 +2.641 1 18
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 61 +3.821 4 15
4 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 61 +4.608 2 12
5 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 61 +6.119 5 10
6 23 アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 61 +11.663 6 8
7 4 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 61 +14.769 9 6
8 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 61 +15.547 11 4
9 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 61 +16.718 8 2
10 99 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 61 +17.855 10 1
11 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 61 +35.436 17
12 55 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 61 +35.974 7
13 18 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 61 +36.419 16
14 3 ダニエル・リカルド ルノー 61 +37.660 20
15 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 61 +38.178 14
16 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 61 +47.024 19
17 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 61 +1:26.522 13 FL
Ret 7 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 49 接触 12
Ret 11 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 42 オイル漏れ 15
Ret 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 34 接触 18


F1シンガポールGP2018年シーズン

F1シンガポール海外観戦ツアー
2018年シーズン
メルセデスのハミルトンがポール・トゥ・ウィンで2連勝し今シーズン7勝目を挙げた。3位に終わったフェラーリのベッテルとのポイント差を40点に広げることに成功した。ベッテルは1周目にレッドブルのフェルスタッペンを追い抜いたものの、ハイパーソフトからウルトラソフトにタイヤ交換してからはペースが一向に上がらず、ソフトに交換したフェルスタッペンに逆転されてしまった。優勝したハミルトンから6位のリカルドまでは予選と同じ順位でレースをフィニッシュした。

スタート直後、フォースインディアのペレスがチームメイトのオコンと接触し、オコンのリタイアを招いてしまう。その際、ウィリアムズのシロトキンがタイヤのデブリを拾い、除去のためピットインと同時にタイヤ交換も実施したことが後に大きく影響する。ペレスはタイヤ交換後、シロトキンのオーバーテイクを試みるが、なかなかオーバーテイクが出来なかった。そして38周目にオーバーテイクする際、ペレスが前年のアゼルバイジャンGPのベッテルを彷彿させる危険な接触を行うなど、前年に引き続き、同GPでの波乱の展開が目立った。

ハースのグロージャンはシロトキンとバトル中にブルーフラッグを無視してしまい、その影響で妨害されたハミルトンは一時はフェルスタッペンに大きく差を詰められてしまう。ブルーフラッグを無視したグロージャンは5秒加算とペナルティポイント2点を科せられ13位から15位に降格、さらに1年間の累積ペナルティポイントが9点となり、2012年ベルギーグランプリでの多重クラッシュによる出場停止以来の1レース出場停止の危機が迫った。10月29日に1点消滅するため、スケジュール上10月28日のメキシコGPまでの間にあと3点科せられれば、グロージャンは2014年のレギュレーション大変革でペナルティポイントが導入されて以来初の1レース出場停止の危機に直面することとなった。チームメイトのケビン・マグヌッセンはグロージャンより後方の18位でフィニッシュしたが、自身及びハースにとって初めてのファステストラップを記録した。

2018年 シンガポールGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:39.403 1:37.344 1:36.015 1
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:38.751 1:37.214 1:36.334 2
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:38.218 1:37.876 1:36.628 3
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:39.291 1:37.254 1:36.702 4
5 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:38.534 1:37.194 1:36.794 5
6 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:38.153 1:37.406 1:36.996 6
7 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:38.814 1:38.342 1:37.985 7
8 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:38.685 1:38.367 1:38.320 8
9 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:38.912 1:38.534 1:38.365 9
10 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:38.932 1:38.450 1:38.588 10
11 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1:39.022 1:38.641
11
12 55 カルロス・サインツ ルノー 1:39.103 1:38.716
12
13 16 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 1:39.206 1:38.747
13
14 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:39.366 1:39.453
14
15 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:39.614 1:39.691
15
16 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:39.644

16
17 28 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 1:39.809

17
18 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 1:39.864

18
19 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 1:41.263

19
20 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:41.334

20
2018年 シンガポールGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 61 1:51:11.611 1 25
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 61 +8.961 2 18
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 61 +39.945 3 15
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 61 +51.930 4 12
5 7 キミ・ライコネン フェラーリ 61 +53.001 5 10
6 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 61 +53.982 6 8
7 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 61 +1:43.011 11 6
8 55 カルロス・サインツ ルノー 60 +1 Lap 12 4
9 16 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 60 +1 Lap 13 2
10 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 60 +1 Lap 10 1
11 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 60 +1 Lap 14
12 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 60 +1 Lap 18
13 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 60 +1 Lap 15
14 18 カナダの旗 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 60 +1 Lap 20
15 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 60 +1 Lap 1 8
16 11 セルジオ・ペレス 2 フォース・インディア-メルセデス 60 +1 Lap 7
17 28 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 60 +1 Lap 17
18 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 59 +2 Laps 16
19 35 セルゲイ・シロトキン 3 ウィリアムズ-メルセデス 59 +2 Laps 19
Ret 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 0 接触 9


F1シンガポールGP2017年シーズン

F1シンガポール海外観戦ツアー
2017年シーズン
決勝レースは10年目で初のウェットコンディションでのスタートとなった。 スタート直後のターン1でフェラーリ勢とレッドブルのフェルスタッペンが接触、マクラーレンのアロンソもこのクラッシュに巻き込まれて4台の多重クラッシュになった。1周目にフェラーリの2台がリタイヤすることはF1の歴史上で初のことである。この多重クラッシュで5位スタートのメルセデスのハミルトンが先頭に躍り出て、悠々とトップを独走することになり大逆転勝利。3連勝を達成。ノーポイントに終わったフェラーリのベッテルとの差は28ポイントになり、タイトル争いで優位に立った。なお、スタート直後の多重クラッシュの原因についてはレース後に審議対象となるが、レースアクシデントと判定され、全員におとがめ無しの裁定が下された。
2017年シンガポールGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:43.336 1:40.529 1:39.491 1
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:42.010 1:40.332 1:39.814 2
3 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:42.063 1:40.385 1:39.840 3
4 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:43.328 1:40.525 1:40.069 4
5 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:42.455 1:40.577 1:40.126 5
6 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:43.137 1:41.409 1:40.810 6
7 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:42.586 1:41.277 1:41.013 7
8 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:42.086 1:41.442 1:41.179 8
9 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 1:42.222 1:41.227 1:41.398 9
10 55 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1:42.176 1:41.826 1:42.056 10
11 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:42.472 1:42.107   11
12 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:43.594 1:42.246   12
13 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1:42.544 1:42.338   13
14 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:43.626 1:42.760   14
15 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:43.627 1:43.883   15
16 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:43.756     16
17 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:44.014     17
18 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:44.728     18
19 94 パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 1:45.059     19
20 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:45.570     20
2017年シンガポールGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 58 2:03:23 5 25
2 3  ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 58 4.507 3 18
3 77  バルテリ・ボッタス メルセデス 58 8.800 6 15
4 55  カルロス・サインツ トロ・ロッソ 58 22.822 10 12
5 11  セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 58 25.359 12 10
6 30  ジョリオン・パーマー ルノー 58 27.259 11 8
7 2  ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 58 30.388 9 6
8 18  ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 58 41.696 18 4
9 8  ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 58 43.282 15 2
10 31  エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 58 44.795 14 1
11 19  フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 58 46.536 17  
12 94  パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 56 +2 Laps 19  
Ret 20  ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 50 パワーユニット 16  
Ret 27  ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 48 パワーユニット 7  
Ret 9  マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 35 アクシデント 20  
Ret 26  ダニール・クビアト トロ・ロッソ 10 アクシデント 13  
Ret 14  フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 8 接触ダメージ 8  
Ret 5  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 0 アクシデント 1  
Ret 33  マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 0 アクシデント 2  
Ret 7  キミ・ライコネン フェラーリ 0 アクシデント 4  


F1シンガポールGP2016年シーズン

F1シンガポール海外観戦ツアー
2016年シーズン
メルセデスのロズベルグが3連勝。終盤は新品タイヤを履いたレッドブルのリカルドの激しい猛追を受けることになったがトップを守り抜いた。

チャンピオンを争う同僚のハミルトンは3位走行中に一時、フェラーリのライコネンに抜かされたが、ピット戦略で3位のポジションを取り返した。

この結果によりロズベルグがハミルトンを逆転しイギリスグランプリ以来のドライバーズランキングの首位に躍り出た。
2016年シンガポールGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:45.316 1:43.020 1:42.584 1
2 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:44.255 1:43.933 1:43.115 2
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:45.167 1:43.471 1:43.288 3
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:45.036 1:44.112 1:43.328 4
5 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:44.964 1:44.159 1:43.540 5
6 55 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:45.499 1:44.493 1:44.197 6
7 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 1:45.291 1:44.475 1:44.469 7
8 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:46.081 1:44.737 1:44.479 8
9 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:45.373 1:44.653 1:44.553 9
10 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:45.204 1:44.703 1:44.582 17
11 77 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:46.086 1:44.740   10
12 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:46.056 1:44.991   11
13 22 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:45.262 1:45.144   12
14 21 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:45.465 1:45.593   13
15 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:45.609 1:45.723   PL
16 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:46.427 1:47.827   14
17 20 ケビン・マグヌッセン ルノー 1:46.825     15
18 12 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:46.860     16
19 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:46.960     18
20 94 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 1:47.667     19
21 31 エステバン・オコン MRT-メルセデス 1:48.296     21
22 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:49.116     22
2016年シンガポールGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 6  ニコ・ロズベルグ メルセデス 61 1:55:48 1 25
2 3  ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 61 0.488 2 18
3 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 61 8.038 3 15
4 7  キミ・ライコネン フェラーリ 61 10.219 5 12
5 5  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 61 27.694 22 10
6 33  マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 61 1:11.197 4 8
7 14  フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 61 1:29.198 9 6
8 11  セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 61 1:51.062 17 4
9 26  ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 61 1:51.557 7 2
10 20  ケビン・マグヌッセン ルノー 61 1:59.952 15 1
11 21  エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 60 +1 Lap 13  
12 19  フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 60 +1 Lap 11  
13 12  フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 60 +1 Lap 16  
14 55  カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 60 +1 Lap 6  
15 30  ジョリオン・パーマー ルノー 60 +1 Lap 18  
16 94  パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 60 +1 Lap 19  
17 9  マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 60 +1 Lap 14  
18 31  エステバン・オコン MRT-メルセデス 59 +2 Lap 21  
Ret 22  ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 43 ブレーキ 12  
Ret 77  バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 35 オーバーヒート 10  
Ret 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 0 アクシデント 8  
DNS 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 0 ブレーキ PL  


F1シンガポールGP2015年シーズン

F1シンガポール海外観戦ツアー
2015年シーズン
フェラーリのベッテルが一度もトップの座を明け渡さず、ポール・トゥ・ウィンで今シーズン3勝目を挙げた。通算42勝でアイルトン・セナを上回り歴代3位。1位は91勝のミハエル・シューマッハー(ドイツ)。2位は51勝のアラン・プロスト(フランス)。ポイントリーダーのメルセデスのハミルトンはマシントラブルで今シーズン初のリタイアを喫する。37周目、コース上に観客が乱入したためSCが導入される事態となった。これにより主催者の運営管理の責任、安全上の義務が問われることになった。
2015年シンガポールGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:46.017 1:44.743 1:43.885 1
2 3 ダニエル・リカルド レッドブル・ルノー 1:46.166 1:45.291 1:44.428 2
3 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:46.467 1:45.140 1:44.667 3
4 26 ダニール・クビアト レッドブル・ルノー 1:45.340 1:44.979 1:44.745 4
5 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:45.765 1:45.650 1:45.300 5
6 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:46.201 1:45.653 1:45.415 6
7 77 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 1:46.231 1:45.887 1:45.676 7
8 33 マックス・フェルスタッペン トロロッソ・ルノー 1:46.483 1:45.635 1:45.798 8
9 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 1:46.879 1:45.701 1:46.077 9
10 8 ロマン・グロージャン ロータス・メルセデス 1:46.860 1:45.805 1:46.413 10
11 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 1:46.669 1:46.305   11
12 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 1:46.600 1:46.328   12
13 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:46.576 1:46.385   13
14 55 カルロス・サインツ トロロッソ・ルノー 1:46.465 1:46.894   14
15 22 ジェンソン・バトン マクラーレン・ホンダ 1:45.891 1:47.019   15
16 12 フェリペ・ナッセ ザウバー・フェラーリ 1:46.965     16
17 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:47.088     17
18 13 パストール・マルドナド ロータス・メルセデス 1:47.323     18
19 28 ウィル・スティーブンス マルシャ・フェラーリ 1:51.021     19
20 53 アレクサンダー・ロッシ マルシャ・フェラーリ 1:51.523     20
2015年シンガポールGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 5  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 61 2:01:22 1 25
2 3  ダニエル・リカルド レッドブル・ルノー 61 1.478 2 18
3 7  キミ・ライコネン フェラーリ 61 17.154 3 15
4 6  ニコ・ロズベルグ メルセデス 61 24.72 6 12
5 77  バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 61 34.204 7 10
6 26  ダニール・クビアト レッドブル・ルノー 61 35.508 4 8
7 11  セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 61 50.836 13 6
8 33  マックス・フェルスタッペン トロロッソ・ルノー 61 51.45 8 4
9 55  カルロス・サインツ トロロッソ・ルノー 61 52.86 14 2
10 12  フェリペ・ナッセ ザウバー・フェラーリ 61 1:30.045 16 1
11 9  マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 61 1:37.507 17  
12 13  パストール・マルドナド ロータス・メルセデス 61 1:37.718 18  
13 8  ロマン・グロージャン ロータス・メルセデス 59 ギアボックス 10  
14 53  アレクサンダー・ロッシ マルシャ・フェラーリ 59 +2 Laps 20  
15 28  ウィル・スティーブンス マルシャ・フェラーリ 59 +2 Laps 19  
Ret 22  ジェンソン・バトン マクラーレン・ホンダ 52 ギアボックス 15  
Ret 14  フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 33 ギアボックス 12  
Ret 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 32 メタルクランプ 5  
Ret 19  フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 30 ギアボックス 9  
Ret 27  ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 12 接触 11  


F1シンガポールGP2014年シーズン

F1シンガポール海外観戦ツアー
2014年シーズン
決勝レース前、メルセデスのロズベルグのマシンがスタートできず、スペアのステアリングと交換してグリッドに並んだが、フォーメーションラップに間に合わなかった為、ピットスタートとなり、その後も不具合は修復せずにロズベルグはレース序盤でリタイヤとなってしまった。対照的に同僚のハミルトンは好スタートを決める。レッドブルのリカルドのスタートは悪く、ベッテル、アロンソに両側から追い抜かれてしまう。トップはメルセデスのハミルトン、2位ベッテル、3位アロンソ、4位リカルドが続き、その後ろにはマッサを交わしていたフェラーリのライコネンが上がっていた。ハミルトンとベッテルは序盤はFLを出し合いながらレースを進めていくが、徐々にハミルトンが差を広げていき、23周目にはベッテルに10秒の大差をつけた。31周目にペレスとスーティルの接触によりSCが出動すると、2位に上がっていたアロンソは3度目のピットインでソフトタイヤに交換し、ベッテル、リカルドの後ろ4位で戦列に復帰する。先頭のハミルトンはステイアウトしたが、スーパーソフトタイヤしか履いておらず、タイヤ交換消化義務を消化する必要があった。レッドブルの2台はタイヤ交換義務を済ませていたので、このままレースを走り切る賭けに出る。7周ものSCランのあとレースが再開されると、ハミルトンは2位のベッテルに対して1周で約2秒速いペースで差をつけていき、52周目のピットイン時には約25秒ほどの差をつけた。ハミルトンはベッテルの後ろ2位で戦列に復帰すると、ニュータイヤの利点を活かして54周目のターン7でベッテルをオーバーテイクし、首位を奪還し、その後はトップをキープしトップでチェッカーフラッグを受けた。優勝のハミルトンは今シーズン7勝目。ロズベルグがリタイヤしたことで、スペイングランプリ以来のシリーズリーダーに返り咲いた。2位はレッドブルのベッテル。3位はリカルド。4位はアロンソ。5位はマッサ。
2014年シンガポールGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:46.921 1:46.287 1:45.681 1
2 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:47.244 1:45.825 1:45.688 2
3 3 ダニエル・リチャルド レッドブル・ルノー 1:47.488 1:46.493 1:45.854 3
4 1 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー 1:47.476 1:46.586 1:45.902 4
5 14 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:46.889 1:46.328 1:45.907 5
6 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 1:47.615 1:46.472 1:46.000 6
7 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:46.685 1:46.359 1:46.170 7
8 77 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 1:47.196 1:46.622 1:46.187 8
9 20 ケビン・マグヌッセン マクラーレン・メルセデス 1:47.976 1:46.700 1:46.250 9
10 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ルノー 1:47.656 1:46.926 1:47.362 10
11 22 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス 1:47.161 1:46.943   11
12 25 ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソ・ルノー 1:47.407 1:46.989   12
13 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 1:47.370 1:47.308   13
14 21 エステバン・グティエレス ザウバー・フェラーリ 1:47.970 1:47.333   14
15 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:48.143 1:47.575   15
16 8 ロマン・グロージャン ロータス・ルノー 1:47.862 1:47.812   16
17 99 エイドリアン・スーティル ザウバー・フェラーリ 1:48.324     17
18 13 パストール・マルドナド ロータス・ルノー 1:49.063     18
19 17 ジュール・ビアンキ マルシャ・フェラーリ 1:49.440     19
20 10 小林可夢偉 ケータハム・ルノー 1:50.405     20
21 4 マックス・チルトン マルシャ・フェラーリ 1:50.473     21
22 9 マーカス・エリクソン ケータハム・ルノー 1:52.287     22
2014年シンガポールGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 60 2:00:04 1 25
2 1  セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー 60 13.534 4 18
3 3  ダニエル・リチャルド レッドブル・ルノー 60 14.273 3 15
4 14  フェルナンド・アロンソ フェラーリ 60 15.389 5 12
5 19  フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 60 42.161 6 10
6 25  ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソ・ルノー 60 56.801 12 8
7 11  セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 60 59.038 15 6
8 7  キミ・ライコネン フェラーリ 60 1:00.641 7 4
9 27  ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 60 1:01.661 13 2
10 20  ケビン・マグヌッセン マクラーレン・メルセデス 60 1:02.230 9 1
11 77  バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 60 1:05.065 8  
12 13  パストール・マルドナド ロータス・ルノー 60 1:06.915 18  
13 8  ロマン・グロージャン ロータス・ルノー 60 1:08.029 16  
14 26  ダニール・クビアト トロロッソ・ルノー 60 1:12.008 10  
15 9  マーカス・エリクソン ケータハム・ルノー 60 1:34.188 22  
16 17  ジュール・ビアンキ マルシャ・フェラーリ 60 1:34.543 19  
17 4  マックス・チルトン マルシャ・フェラーリ 59 +1 Lap 21  
Ret 22  ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス 52 パワーボックス 11  
Ret 9'9  エイドリアン・スーティル ザウバー・フェラーリ 40 水漏れ 17  
Ret 21  エステバン・グティエレス ザウバー・フェラーリ 17 電気系 14  
Ret 6  ニコ・ロズベルグ メルセデス 13 配線異物混入 PL  
DNS 10  小林可夢偉 ケータハム・ルノー 0 パワーユニット 20  


F1シンガポールGP2012年シーズン

F1シンガポール海外観戦ツアー
2012年シーズン
予選の前にバーニー・エクレストンとシンガポールGPのオーガナイザーらが記者会見を開き、同GPの開催契約を2017年まで延長することで合意されたと発表された。 —ブルーノ・セナとデ・ラ・ロサはギアボックス交換により5グリッド降格のペナルティ。 —マーク・ウェバーはコース外を使って小林可夢偉を追い抜いたとしてレース後20秒加算のペナルティ。 —ピックは土曜フリー走行で赤旗中に他車を追い抜いたとして20秒加算のペナルティ。
2012年シンガポールGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 4 ルイス・ハミルトン マクラーレン-メルセデス 1:48.285 1:46.665 1:46.362 1
2 18 パストール・マルドナド ウィリアムズ-ルノー 1:49.494 1:47.602 1:46.804 2
3 1 セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 1:48.240 1:46.791 1:46.905 3
4 3 ジェンソン・バトン マクラーレン-メルセデス 1:49.381 1:47.661 1:46.939 4
5 5 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:49.391 1:47.567 1:47.216 5
6 11 ポール・ディ・レスタ フォースインディア-メルセデス 1:48.028 1:47.667 1:47.241 6
7 2 マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 1:48.717 1:47.513 1:47.475 7
8 10 ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 1:47.668 1:47.529 1:47.788 8
9 7 ミハエル・シューマッハ メルセデス 1:49.546 1:47.823 no time 9
10 8 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:49.463 1:47.943 no time 10
11 12 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア-メルセデス 1:49.547 1:47.975   11
12 9 キミ・ライコネン ロータス-ルノー 1:48.169 1:48.261   12
13 6 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:49.767 1:48.344   13
14 15 セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ 1:49.055 1:48.505   14
15 16 ダニエル・リチャルド トロ・ロッソ-フェラーリ 1:49.023 1:48.774   15
16 17 ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:49.564 1:48.849   16
17 19 ブルーノ・セナ ウィリアムズ-ルノー 1:49.809 no time   22
18 14 小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 1:49.933     17
19 21 ビタリー・ペトロフ ケータハム-ルノー 1:50.846     18
20 20 ヘイキ・コバライネン ケータハム-ルノー 1:51.137     19
21 24 ティモ・グロック マルシャ-コスワース 1:51.370     20
22 25 シャルル・ピック マルシャ-コスワース 1:51.762     21
23 23 ナレイン・カーティケヤン HRT-コスワース 1:52.372     23
24 22 ペドロ・デ・ラ・ロサ HRT-コスワース 1:53.355     24
2012年シンガポールGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 1  セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 59 2:00:26 3 25
2 3  ジェンソン・バトン マクラーレン-メルセデス 59 8.959 4 18
3 5  フェルナンド・アロンソ フェラーリ 59 15.227 5 15
4 11  ポール・ディ・レスタ フォースインディア-メルセデス 59 19.063 6 12
5 8  ニコ・ロズベルグ メルセデス 59 34.784 10 10
6 9  キミ・ライコネン ロータス-ルノー 59 35.759 12 8
7 10  ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 59 36.698 8 6
8 6  フェリペ・マッサ フェラーリ 59 42.829 13 4
9 16  ダニエル・リチャルド トロ・ロッソ-フェラーリ 59 45.82 15 2
10 15  セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ 59 50.619 14 1
11 2  マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 59 1:07.1751 7  
12 24  ティモ・グロック マルシャ-コスワース 59 1:31.918 20  
13 14  小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 59 1:37.141 17  
14 12  ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア-メルセデス 59 1:39.413 11  
15 20  ヘイキ・コバライネン ケータハム-ルノー 59 1:47.467 19  
16 25  シャルル・ピック マルシャ-コスワース 59 2:12.9252 21  
17 22  ペドロ・デ・ラ・ロサ HRT-コスワース 58 +1 Lap 24  
18 19  ブルーノ・セナ ウィリアムズ-ルノー 57 エンジン 22  
19 21  ビタリー・ペトロフ ケータハム-ルノー 57 +2 Laps 18  
Ret 17  ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソ-フェラーリ 39 接触 16  
Ret 7  ミハエル・シューマッハ メルセデス 39 接触 9  
Ret 18  パストール・マルドナド ウィリアムズ-ルノー 36 油圧系 2  
Ret 23  ナレイン・カーティケヤン HRT-コスワース 30 アクシデント 23  
Ret 4  ルイス・ハミルトン マクラーレン-メルセデス 22 ギアボックス 1  


scroll-to-top