F1ハンガリーGP(過去の予選とレース結果)

F1ハンガリー海外観戦ツアー



概要

1986年のF1初開催時は、共産主義体制下にあった東欧諸国での唯一のグランプリとして注目されるレースとなった。開催コースのハンガロリンクは低速コースであり、オーバーテイクが難しいレイアウトである。マシンの性能差が縮まる上、抜くに抜けない車の後方に数台が連なって所謂「トレイン状態」「レーシングスクール状態」になる事も多く、過去幾多の名勝負が繰り広げられた。劇的な展開が突然起こることも多く、2002年から2008年まで毎年別々の勝者が生まれており、そのうち3人が初優勝である。2009年からコスト削減の一環としてサマーブレイクが導入されたが、サマーブレイク前の最後のレースとなることが多い。

また、雨のレースが少ないことでも有名で、32回の開催で雨のレースは2006年と2011年の2回しかない。真夏のバカンス期の開催である上、盆地に位置するので例年晴天、高温のレースになる事が多く、ドライバーの負担及びブレーキの熱負担、エンジン(パワーユニット)の熱負担が非常に高くなる事が多い。さらにシフト回数も多く、ギアボックスの負担も非常に大きい。ドライバー、マシンともに非常に厳しいレースの1つとされる。そのため、予選のグリッドと決勝の戦略が非常に大きいウェイトを占めるグランプリである。だが、これまでのハンガロリンクのポールシッターは32戦14勝であり、勝率は5割を切っている。マシンの速さも当然の事ながら、チームの戦略や采配、ピット作業なども明暗を分ける事が多い。ちなみに2015年から2017年にかけてホンダエンジンを搭載したマクラーレンはエンジンパワーが他のエンジンサプライヤーと比較して圧倒的に低いなどして3年間振るわない成績であったが、このハンガリーGPに限っては2015年から5位,5位,6位(ドライバーはいずれもフェルナンド・アロンソ)と3年間好成績を残していた。

例年、真夏のシーズン中盤戦に実施されているため、タイトル争いの正念場となるレースになることが多いが、チャンピオン争いが独走となった1992年のナイジェル・マンセル、2001年のミハエル・シューマッハはこのレースでチャンピオンを確定させた。2002年のミハエル・シューマッハは2戦前のフランスGPでチャンピオンが決定したため、唯一チャンピオン決定後となっている。

地理的に北欧や東欧から(特に隣国オーストリア)の観客が多い。そのため、母国でGPが開催されない東欧・北欧圏のドライバーにとってはホームグランプリとしての扱いもされる。

ハンガロリンクでは、2026年まで継続開催される予定である。

余談だが2005年以降、このハンガリーGPを制したドライバーはその年のチャンピオンになれないジンクスが続いており、2000年代に入った17年間をみてもハンガリーGPを制したドライバーがその年のチャンピオンを獲得したのは2001年・2004年のミハエル・シューマッハのみである。



2017年シーズン

F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
2017年シーズン
スタート直後のターン1でヒュルケンベルグにヒットされたグロージャンが押し出され順位を落とし、ターン2ではフェルスタッペンがリカルドのサイドポッドにヒットした。リカルドのラジエーターは破損して冷却水やオイルがコース上に漏れ出し、ターン3でストップした。これによりセーフティカーが導入され、フェルスタッペンに10秒ペナルティが科された。この時点でベッテル、ライコネン、ボッタスの順位は変わらないが、ハミルトンはフェルスタッペンに抜かれ5位に後退している。レースは6周目に再開され、首位のベッテルはファステストラップを連発して徐々に他車を引き離す。

20周目にグロージャンがスローパンクチャーのためピットインするが、左リアタイヤを締め終えていない状態でコースへ送り出してしまったため、ホイールが外れてリタイアとなった。

25周目、ここまで順調に首位を独走していたベッテルだったが、「ステアリングが左に曲がる」「徐々に悪化している」と無線で訴え、徐々にペースを落としていく。ベッテルの背後に接近していた2位のライコネンは「セブ(ベッテル)に引っかかっている」と訴える。

各車タイヤ交換のタイミングとなり、30周目にボッタスがピットインするが、フロントジャッキが引っかかり1秒のタイムロス。31周目にハミルトン、32周目にベッテル、33周目にライコネンが順調にタイヤ交換を終える。フェルスタッペンは42周目まで引っ張り、ここで10秒ペナルティを消化してタイヤ交換も行った。この時点でベッテル、ライコネン、ボッタス、ハミルトン、フェルスタッペンの順となり、ベッテルからハミルトンまでは各車1.5秒差となっている。

46周目にボッタスがハミルトンに先を行かせ、ベッテルのステアリングトラブルでペースが上がらないフェラーリ勢を揺さぶりにかかる。その際に両者に対して「フェラーリ勢を抜けなかったら順位を戻す」約束をしていた。しかし、ハミルトンはフェラーリ勢に迫ることができない。ベッテルの遅いペースに付き合わされていたのはライコネンも同じで、チームに順位の入れ替えを要求するが受け入れられなかった。65周目にはペースを落としたボッタスがフェルスタッペンに迫られるが何とか凌ぎ、最終周では前述の約束通り、ハミルトンがペースを落としボッタスに先行させてフィニッシュした。

ドライバーズポイント争いでハミルトンに1ポイント差にまで迫られていたベッテルが優勝し、4位に終わったハミルトンとの差を14ポイントに広げて前半戦を終えた。フェルナンド・アロンソはレース終盤の69周目にファステストラップを記録して6位に入賞、チームメイトのストフェル・バンドーンも10位に入賞し、マクラーレンは今シーズン初のダブル入賞でコンストラクターズランキング最下位を脱した。
2017年ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:17.244 1:16.802 1:16.276 1
2 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:17.364 1:17.207 1:16.444 2
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:18.058 1:17.362 1:16.530 3
4 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:17.492 1:16.693 1:16.707 4
5 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:17.266 1:17.028 1:16.797 5
6 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:17.702 1:17.698 1:16.818 6
7 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:18.137 1:17.655 1:17.468 12
8 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:18.395 1:17.919 1:17.549 7
9 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 1:18.479 1:18.000 1:17.894 8
10 55 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1:18.948 1:18.311 1:18.912 9
11 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:18.699 1:18.415   10
12 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:18.843 1:18.495   11
13 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1:18.702 1:18.538   16
14 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:19.095 1:18.639   13
15 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:19.085 1:18.771   14
16 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:19.095     15
17 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:19.102     17
18 94 パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 1:19.839     18
19 40 ポール・ディ・レスタ ウィリアムズ-メルセデス 1:19.868     19
20 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:19.972     20
2017年ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 5  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 70 1:39:46 1 25
2 7  キミ・ライコネン フェラーリ 70 0.908 2 18
3 77  バルテリ・ボッタス メルセデス 70 12.462 3 15
4 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 70 12.885 4 12
5 33  マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 70 13.276 5 10
6 14  フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 70 1:11.223 7 8
7 55  カルロス・サインツ トロ・ロッソ 69 +1 Lap 9 6
8 11  セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 13 4
9 31  エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 11 2
10 2  ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 69 +1 Lap 8 1
11 26  ダニール・クビアト トロ・ロッソ 69 +1 Lap 16  
12 30  ジョリオン・パーマー ルノー 69 +1 Lap 10  
13 20  ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 15  
14 18  ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 69 +1 Lap 17  
15 94  パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps 18  
16 9  マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps 20  
17 27  ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 67 ブレーキ 12  
Ret 40  ポール・ディ・レスタ ウィリアムズ-メルセデス 60 オイル漏れ 19  
Ret 8  ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 20 ホイールナット 14  
Ret 3  ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 0 接触ダメージ 6  

2016年シーズン

Hungary_2016_01
F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
2016年シーズン
2016年ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:33.302 1:22.806 1:19.965 1
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:34.210 1:24.836 1:20.108 2
3 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:39.968 1:23.234 1:20.280 3
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:40.424 1:22.660 1:20.557 4
5 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:35.718 1:24.082 1:20.874 5
6 55 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:36.115 1:24.734 1:21.131 6
7 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:35.165 1:23.816 1:21.211 7
8 22 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:37.983 1:24.456 1:21.597 8
9 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:41.471 1:23.901 1:21.823 9
10 77 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:42.758 1:24.506 1:22.182 10
11 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:35.906 1:24.941   11
12 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 1:36.714 1:25.031   12
13 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:41.411 1:25.416   13
14 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:36.853 1:25.435   14
15 21 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:38.959 1:26.189   15
16 12 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:37.772 1:27.063   16
NC 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:43.965     17
NC 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:43.999     18
NC 20 ケビン・マグヌッセン ルノー 1:44.543     19
NC 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:46.984     PL
NC 94 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 1:47.343     20
NC 88 リオ・ハリアント MRT-メルセデス 1:50.189     21
2016年ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 70 1:40:30 2 25
2 6  ニコ・ロズベルグ メルセデス 70 1.977 1 18
3 3  ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 70 27.539 3 15
4 5  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 70 28.213 5 12
5 33  マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 70 48.659 4 10
6 7  キミ・ライコネン フェラーリ 70 49.044 14 8
7 14  フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 69 +1 Lap 7 6
8 55  カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 69 +1 Lap 6 4
9 77  バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 69 +1 Lap 10 2
10 27  ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 9 1
11 11  セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 13  
12 30  ジョリオン・パーマー ルノー 69 +1 Lap 17  
13 21  エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 15  
14 8  ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 11  
15 20  ケビン・マグヌッセン ルノー 69 +1 Lap 19  
16 26  ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 69 +1 Lap 12  
17 12  フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 69 +1 Lap 16  
18 19  フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 68 +2 Laps 18  
19 94  パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 68 +2 Laps 20  
20 9  マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps PL  
21 88  リオ・ハリアント MRT-メルセデス 68 +2 Laps 21  
Ret 22  ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 60 オイル漏れ 8  

2015年シーズン

F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
2015年シーズン
2015年ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:22.890 1:22.285 1:22.020 1
2 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:22.979 1:22.775 1:22.595 2
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:23.312 1:23.168 1:22.739 3
4 3 ダニエル・リカルド レッドブル・ルノー 1:24.408 1:23.230 1:22.774 4
5 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:23.596 1:23.460 1:23.020 5
6 77 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 1:23.649 1:23.555 1:23.222 6
7 26 ダニール・クビアト レッドブル・ルノー 1:23.587 1:23.597 1:23.332 7
8 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 1:23.895 1:23.598 1:23.537 8
9 33 マックス・フェルスタッペン トロロッソ・ルノー 1:24.032 1:23.781 1:23.679 9
10 8 ロマン・グロージャン ロータス・メルセデス 1:24.242 1:23.805 1:24.181 10
11 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 1:24.115 1:23.826   11
12 55 カルロス・サインツ トロロッソ・ルノー 1:24.623 1:23.869   12
13 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:24.444 1:24.461   13
14 13 パストール・マルドナド ロータス・メルセデス 1:23.895 1:24.609   14
15 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 1:24.563 No time   15
16 22 ジェンソン・バトン マクラーレン・ホンダ 1:24.739     16
17 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:24.843     17
18 12 フェリペ・ナッセ ザウバー・フェラーリ 1:24.997     18
19 98 ロベルト・メリ マルシャ・フェラーリ 1:27.416     19
20 28 ウィル・スティーブンス マルシャ・フェラーリ 1:27.949     20
2015年ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 5  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 69 1:46:09 3 25
21 26  ダニール・クビアト レッドブル・ルノー 69 15.748 7 18
3 3  ダニエル・リカルド レッドブル・ルノー 69 25.084 4 15
42 33  マックス・フェルスタッペン トロロッソ・ルノー 69 44.251 9 12
5 14  フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 69 49.079 15 10
63 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 69 52.025 1 8
74 8  ロマン・グロージャン ロータス・メルセデス 69 58.578 10 6
8 6  ニコ・ロズベルグ メルセデス 69 58.876 2 4
9 22  ジェンソン・バトン マクラーレン・ホンダ 69 1:07.028 16 2
10 9  マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 69 1:09.130 17 1
11 12  フェリペ・ナッセ ザウバー・フェラーリ 69 1:13.458 18  
12 19  フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 69 1:14.278 8  
13 77  バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 69 1:20.228 6  
1'45 13  パストール・マルドナド ロータス・メルセデス 69 1:25.142 14  
15 9'8  ロベルト・メリ マルシャ・フェラーリ 67 +2 Laps 19  
1'66 28  ウィル・スティーブンス マルシャ・フェラーリ 65 +4 Laps/タイヤ 20  
Ret 55  カルロス・サインツ トロロッソ・ルノー 60 電気系統 12  
Ret 7  キミ・ライコネン フェラーリ 57 パワーユニット 5  
Ret 11  セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 54 サスペンション 13  
Ret 27  ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 41 フロントウイング脱落/クラッシュ 11  

2014年シーズン

F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
2014年シーズン
決勝当日も午前中には雨が降り、レース直前には止んだもののウェットコンディション。しかし気温が高いことにより路面が急速に乾いていく難しいコンディションでのスタートとなった。スタートではトップのロズベルグが好スタート。2番手のベッテルはスタートでボッタス、アロンソに交わされてしまうが、すぐさまアロンソを抜き返した。8周目にケータハムのエリクソンがクラッシュし、セーフティカーが導入され、このタイミングですぐに5位のバトン以下がピットインできた。バトンはベルニュに阻まれて減速している間にリカルドに抜かれてしまう。リカルドがソフトタイヤを履いていたのに対して、バトンはインターミディエイトタイヤを履いていたこともあり、リカルドをすぐに抜くことに成功したが、路面は徐々に乾いてきておりスリックタイヤに交換、大きく順位を下げた。23周目にペレスがクラッシュすると、ここで2度目のセーフティカーが入り、トップのリカルドはここでピットイン。その後リカルドは39周目に再びトップに立つが、このまま走りきることはできずに54周目にピットイン。事実上3番手でコースに復帰すると、トップのアロンソ、ピットスタートから2番手まで上がっていたハミルトンを猛追、67周目のターン3でハミルトン、68周目のターン1でアロンソをオーバーテイクしてトップに立ち、そのままシーズン2勝目を飾った。2位はアロンソ。上位勢の混乱した争いの中を上手くくぐり抜け、残り3周目までトップをキープして、優勝まであと一歩だった。3位はハミルトン。予選でのエンジントラブル、1周目のターン3でのスピンもあったが、セーフティカーも味方し、徐々に追い上げて、なんとポールポジションスタートの僚友の前でゴールすることに成功した。4位はロズベルグ。中盤まではトップをキープしていたが、セーフティカーが味方せず、またベルニュのオーバーテイクに手間取ったこと、ハミルトンにチームオーダーを拒否されたことにより表彰台すら逃してしまった。
2014年ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:25.227 1:23.310 1:22.715 1
2 1 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー 1:25.662 1:23.606 1:23.201 2
3 77 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 1:25.690 1:23.776 1:23.354 3
4 3 ダニエル・リチャルド レッドブル・ルノー 1:25.495 1:23.676 1:23.391 4
5 14 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:26.087 1:24.249 1:23.909 5
6 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 1:26.592 1:24.030 1:24.223 6
7 22 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス 1:26.612 1:24.502 1:24.294 7
8 25 ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソ・ルノー 1:24.941 1:24.637 1:24.720 8
9 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 1:26.149 1:24.647 1:24.775 9
10 20 ケビン・マグヌッセン マクラーレン・メルセデス 1:26.578 1:24.585 no time PL
11 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ルノー 1:25.361 1:24.706   10
12 99 エイドリアン・スーティル ザウバー・フェラーリ 1:26.027 1:25.136   11
13 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:25.910 1:25.211   12
14 21 エステバン・グティエレス ザウバー・フェラーリ 1:25.709 1:25.260   13
15 8 ロマン・グロージャン ロータス・ルノー 1:26.136 1:25.337   14
16 17 ジュール・ビアンキ マルシャ・フェラーリ 1:26.728 1:27.419   15
17 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:26.792     16
18 10 小林可夢偉 ケータハム・ルノー 1:27.139     17
19 4 マックス・チルトン マルシャ・フェラーリ 1:27.819     18
20 9 マーカス・エリクソン ケータハム・ルノー 1:28.643     19
NC 44 ルイス・ハミルトン メルセデス no time     PL
NC 13 パストール・マルドナド ロータス・ルノー no time     20
2014年ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 3  ダニエル・リチャルド レッドブル・ルノー 70 1:53:05 4 25
2 14  フェルナンド・アロンソ フェラーリ 70 5.225 5 18
3 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 70 5.857 PL 15
4 6  ニコ・ロズベルグ メルセデス 70 6.361 1 12
5 19  フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 70 29.841 6 10
6 7  キミ・ライコネン フェラーリ 70 31.491 16 8
7 1  セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー 70 40.964 2 6
8 77  バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 70 41.344 3 4
9 25  ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソ・ルノー 70 58.527 8 2
10 22  ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス 70 1:07.280 7 1
11 99  エイドリアン・スーティル ザウバー・フェラーリ 70 1:08.169 11  
12 20  ケビン・マグヌッセン マクラーレン・メルセデス 70 1:18.465 PL  
13 13  パストール・マルドナド ロータス・ルノー 70 1:24.024 20  
14 26  ダニール・クビアト トロロッソ・ルノー 69 +1 Lap 10  
15 17  ジュール・ビアンキ マルシャ・フェラーリ 69 +1 Lap 15  
16 4  マックス・チルトン マルシャ・フェラーリ 69 +1 Lap 18  
Ret 21  エステバン・グティエレス ザウバー・フェラーリ 32 電気系 13  
Ret 10  小林可夢偉 ケータハム・ルノー 24 燃料システム 17  
Ret 11  セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 22 クラッシュ 12  
Ret 27  ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 14 接触 9  
Ret 8  ロマン・グロージャン ロータス・ルノー 10 スピン 14  
Ret 9  マーカス・エリクソン ケータハム・ルノー 7 クラッシュ 19  

2012年シーズン

F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
2012年シーズン
2012年ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 4 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:21.794 1:21.060 1:20.953 1
2 10 ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 1:22.755 1:21.657 1:21.366 2
3 1 セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 1:22.948 1:21.407 1:21.416 3
4 3 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス 1:22.028 1:21.618 1:21.583 4
5 9 キミ・ライコネン ロータス-ルノー 1:22.234 1:21.583 1:21.730 5
6 5 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:22.095 1:21.598 1:21.844 6
7 6 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:22.203 1:21.534 1:21.900 7
8 18 パストール・マルドナド ウィリアムズ・ルノー 1:22.475 1:21.504 1:21.939 8
9 19 ブルーノ・セナ ウィリアムズ・ルノー 1:22.271 1:21.697 1:22.343 9
10 12 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 1:22.176 1:21.653 1:22.847 10
11 2 マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 1:22.829 1:21.715   11
12 11 ポール・ディ・レスタ フォースインディア・メルセデス 1:21.912 1:21.813   12
13 8 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:22.079 1:21.895   13
14 15 セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ 1:22.110 1:21.895   14
15 14 小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 1:22.801 1:22.300   15
16 17 ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソ・フェラーリ 1:22.799 1:22.380   16
17 7 ミハエル・シューマッハ メルセデス 1:22.436 1:22.723   17
18 16 ダニエル・リチャルド トロ・ロッソ・フェラーリ 1:23.250     18
19 20 ヘイキ・コバライネン ケータハム・ルノー 1:23.576     19
20 21 ヴィタリー・ペトロフ ケータハム・ルノー 1:24.167     20
21 25 シャルル・ピック マルシャ・コスワース 1:25.244     21
22 24 ティモ・グロック マルシャ・コスワース 1:25.476     22
23 22 ペドロ・デ・ラ・ロサ HRT・コスワース 1:25.916     23
24 23 ナレイン・カーティケヤン HRT・コスワース 1:26.178     24
2012年ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 4  ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 691 1:41:06 1 25
2 9  キミ・ライコネン ロータス-ルノー 69 1.032 5 18
3 10  ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 69 10.518 2 15
4 1  セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 69 11.614 3 12
5 5  フェルナンド・アロンソ フェラーリ 69 26.653 6 10
6 3  ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス 69 30.243 4 8
7 19  ブルーノ・セナ ウィリアムズ・ルノー 69 33.899 9 6
8 2  マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 69 34.458 11 4
9 6  フェリペ・マッサ フェラーリ 69 38.35 7 2
10 8  ニコ・ロズベルグ メルセデス 69 51.234 13 1
11 12  ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 69 57.283 10  
12 11  ポール・ディ・レスタ フォースインディア・メルセデス 69 1:02.887 12  
13 18  パストール・マルドナド ウィリアムズ・ルノー 69 1:03.606 8  
14 15  セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ 69 1:04.494 14  
15 16  ダニエル・リチャルド トロ・ロッソ・フェラーリ 68 +1 Lap 18  
16 17  ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソ・フェラーリ 68 +1 Lap 16  
17 20  ヘイキ・コバライネン ケータハム・ルノー 68 +1 Lap 19  
182 14  小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 67 ハイドロリック 15  
19 21  ヴィタリー・ペトロフ ケータハム・ルノー 67 +2 Laps 20  
20 25  シャルル・ピック マルシャ・コスワース 67 +2 Laps 21  
21 24  ティモ・グロック マルシャ・コスワース 66 +3 Laps 22  
22 22  ペドロ・デ・ラ・ロサ HRT・コスワース 66 +3 Laps 23  
Ret 23  ナレイン・カーティケヤン HRT・コスワース 60 ステアリング 24  
Ret 7  ミハエル・シューマッハ メルセデス 58 メカニカル 17  
お問い合わせ
scroll-to-top