2020 F1 ベトナムGP(グランプリ)観戦ツアーならWST

2020年3月14日にFIAから開催延期が発表されました。
開催正式日程が決まれば、再募集致します。
F1ベトナムGP観戦ツアー1

2019年11月1日から、
2020年F1ベトナムGP
のツアー受付を開始します。


F 1 2020 シーズン第3戦
F1 ベトナムGP観戦ツアー ハノイ6日間


旅行代金 69,000円から + 観戦券代



当社のツアーのメリット

F1-Tour_merit_rafu06

当社のツアーのメリット
お安く・お得なお値段でF1観戦ツアー出来ます。
お好きなスタンド席でF1観戦ツアー出来ます。
延泊などのアレンジも可能です。
空港からホテルまでの送迎車はお客様専用車になります。
お客様で航空券の準備可能(マイレージポイントなど)
燃油サーチャージなどの追加料金は不要です。

【F1 ベトナム】コースマップ

レース観戦券はどこでもお好きな席を手配いたします。

F1ベトナムGP観戦ツアー2
※クリックするとコースマップ(PDF)の拡大版がご覧いただけます。


F1観戦券の価格

3日通し券(金土日)
Starting Grid Grand Stand***円
Turn 1 Grand Stand***円
Turn 2-3-4 Grand Stand***円
Turn 7-8 Grand Stand***円
Turn 12 Grand Stand***円
Turn 10.5 Grand Stand***円
TicketPrice_Btn3





ツアーの料金

●航空券も旅行会社が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代 + 航空券代
(4ッ星)***円から + 観戦券代 + 航空券代


●航空券はお客様が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代
(4ッ星)***円から + 観戦券代
TourPrice_Btn3





ツアー費用の無料お見積り

Btn_Estimate10





スタンドからコースの景色

F1ベトナムGP観戦ツアー11
Starting Grid Grand Stand
間近な距離でスターティング・グリッドに整列する
マシンが見ることが出来るおススメのビューポイントです。
レースフィニッシュ時のチェッカーフラッグ
のシーンも見れます。各チームのピットも目の前になります。

決勝レース開始30分前に各チームのピットからマシンが
コースに出てきてスターティンググリッドにマシンが整列
します。各チームの監督やエンジニア、エンジニア達が
自分のチームのマシンを取り囲み、お互いに最終確認を
する様子が間近な距離で観ることが出来るスタンドです。

スタンドの正面には各チームのピットがありますので、
決勝レース中にピットインしてきたマシンのタイヤ交換
作業なども観ることが出来ます。

ベトナムGPのサーキット全体の中で一番中心的な場所
にあるスタンドになりますので、F1に相応しく華やかな雰囲気
が感じられるでしょう。決勝レース終了のチェッカーフラッグ
もこのスタンド前で振られますし、決勝レースの展開もよく
分かるスタンドです。観戦券の価格はTurn1スタンドと、
Turn2-3-4スタンドと同じで、ベトナムGPでは一番高い
価格ですが、日本GPのグランドスタンドの価格と比較
すれば、ベトナムと日本の物価の違いもあるせいか、
割安感があります。

スタンドには屋根がないので、
日焼け止めクリームをしっかりと塗って観戦
して下さい。雨天時のことも想定してポンチョや
タオルも準備して観戦して下さい。

Starting Grid Grand Stand観戦券
50,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1ベトナムGP観戦ツアー12
Turn 1 Grand Stand
ホームストレートエンドのブレーキング
競争が展開されます。
オーバーテイクポイントになることが予想されます。

コースレイアウト的にホームストレートエンド部分に設置された
スタンドで1コーナーへ向けてのブレーキング競争で
オーバーテイクが数多く繰り広げられる箇所になりそうです。

ピットイン作業を終えたマシンがコースへ戻っていく際、
ピットロードを走る様子を見ることが出来ます。

オーバーテイクが繰り広げられる箇所の前に設置された
スタンドであるので、観戦券の価格はベトナムGPの
中ではグランドスタンド席と同じ価格で販売されている。

コース幅も広いので、アウト側、イン側、どちらのライン
からでもオーバーテイクを仕掛けることは可能。

1コーナーへ向けてのブレーキング競争がオーバーテイク
につながるので、ブレーキディスクの発熱でホイールの
外径が赤くなる様子も肉眼で確認出来そうです。


スタンドには屋根がないので、
日焼け止めクリームをしっかりと塗って観戦
して下さい。雨天時のことも想定してポンチョや
タオルも準備して観戦して下さい。

Turn 1 Grand Stand観戦券
50,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1ベトナムGP観戦ツアー13
Turn 2-3-4
時計回りでなだらかに大きく180度旋回する
コーナーになりますので、
長い時間、マシンを見ることが出来るスタンドになります。

大きな円を中速で時計回りに走るコーナーで、
ドライバーは長い時間、左側に掛る遠心力に耐えながら、
コーナーのイン側のラインをキープしつつ、
コーナーの出口から5コーナー、6コーナーへかけて
加速していく。その先は7コーナーまで約800mの
ロングストレートになるので、各ドライバーの
2-3-4コーナーのライン取りを確認してみるのが
このスタンドで観戦する場合の見どころ。
あとこの2-3-4スタンドで観戦するメリットは
長い時間、走っているマシンの姿を観ることが出来る
点。マシンをたっぷりと観たい人にはおススメ
のスタンドです。

スタンドには屋根がないので、
日焼け止めクリームをしっかりと塗って観戦
して下さい。雨天時のことも想定してポンチョや
タオルも準備して観戦して下さい。

Turn 2-3-4観戦券
50,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1ベトナムGP観戦ツアー14
Turn 7-8
4コーナーの立ち上がりから実質ストレートである
5コーナー+6コーナーを駆け抜けてきたマシンが
7コーナーの飛び込みとブレーキング競争で
オーバーテイクを繰り広げることが予想されます。
8コーナーは反時計回りで中速で360度ターン
をするコーナーになると思われます。

ストレートエンドから7コーナーへの飛び込みで前車
をオーバーテイクしたマシンと抜かされたが2台並列
しながらこの180度複合コーナーを走るシーンが
観られるでしょう。コース幅が非常に広いのでコース
設計者の演出の意図が感じられます。
この7-8コーナーもベトナムGPのいくつかあるオーバー
テイクのポイントになり、十分に楽しめるスタンドです。
観戦券の価格は指定席の割にはリーズナブルです。
時計回りのコーナーが多いF1のサーキットですが、
このコーナーは反時計回りで、しかもコーナーを旋回
している時間が非常に長く、ドライバー泣かせのコーナーです。
このコーナーをクリアーしたら、ベトナムGPで一番の
ロングストレート区間が続きますので、
このコーナー出口で上手く速度に乗せられないと、
ストレート区間で後車に追い抜かれるので、
ドライバーにとって、このベトナムGPで最も
慎重かつ大胆に走らなければならないコーナーでしょう。

スタンドには屋根がないので、
日焼け止めクリームをしっかりと塗って観戦
して下さい。雨天時のことも想定してポンチョや
タオルも準備して観戦して下さい。

Turn 7-8観戦券
34,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1ベトナムGP観戦ツアー15
Turn 10.5 Turn 11
ハノイ市街地コースで8コーナーの立ち上がりから
11コーナーにかけてが最長のストレート区間
になります。最もオーバーテイクが頻繁に行われるエリア
になることが予想されます。
直線スピードはDRSを閉じていれば
310~315キロぐらいか?
DRSを開けば340キロ近くに達すると予想されます。

約2000m近いロングストレート区間の終わりの部分に
あるスタンドでこの箇所では頻繁にサイドバイサイドの
抜きつ抜かれつのバトルシーンが数多く観られるでしょう。
バトルが多いということは、マシン同士のクラッシュシーン
が発生する可能性も大いにあり得ます。
このスタンドの観戦券価格はベトナムGPでは最も
リーズナブルです。
オーバーテイクシーンをたくさん観たい!
値段が安いスタンドが良い!
という方にはおススメのスタンドです。

スタンドには屋根がないので、
日焼け止めクリームをしっかりと塗って観戦
して下さい。雨天時のことも想定してポンチョや
タオルも準備して観戦して下さい。

Turn 10.5 Turn 11観戦券
24,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1ベトナムGP観戦ツアー16
Turn 12 Turn 13
コースの向こう側のストレートがハノイ市街地コース
で一番のロングストレートになり、オーバーテイク
のシーンが見れるポイントになります。
11コーナーを立ち上がってきた際の様子
も見れるエリアになります。

このスタンドの目の前ではオーバーテイクはないでしょう。
コースの向こう側ではストレートエンド区間になるので
オーバーテイクが数多くありますが、ウォールが視認性
を悪くしますので、あまりおススメのスタンドでは
ないです。観戦券の価格もTurn10.5やTurn11と比較
すると割高です。

スタンドには屋根がないので、
日焼け止めクリームをしっかりと塗って観戦
して下さい。雨天時のことも想定してポンチョや
タオルも準備して観戦して下さい。

Turn 12 Turn 13観戦券
37,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





Result_btn2





F1ベトナムGP観戦ツアー・ハノイ

首都:ハノイ。
人口:9270万人。
物価:日本より割安感がある。
通貨:ドン。
時差:+2時間。
気温:F1開催時の平均気温21度~28度。
公用語:ベトナム語。
サーキット:ハノイ市街地コース。
開催期間:2020年4月3日~2020年4月5日。
開始時刻:15時10分(日本時間17時10分)。
観戦時の服装:半袖シャツ。
ハノイの観光名所:旧家保存館、タンロン水上人形劇、ホーチミン廟、ベトナム民俗学博物館、タンロン遺跡、ドンスアン市場、ベトナム軍事歴史博物館、ハンガイ通り、鎮国寺、ホーチミンの家、がおススメです。


2020年からアジアで7番目のF1開催国となる。(マレーシア、インド、韓国は撤退)
前F1最高権威のバーニー・エクレストンによる、「脱ヨーロッパ」戦略を継承した、リバティ・メディア社による契約締結でF1ベトナムGPはハノイ市街地コースで開催される。マレーシアのF1撤退や、F1開催に名乗りを上げていたタイに競り勝ち、ベトナムはF1の開催権を勝ち取った。近年は政情も安定し、順調に経済発展するベトナムにとって世界的スポーツイベントを誘致出来たことはベトナムの近代化を世界に大きくアピール出来る材料の1つになる。

第1回は2020年の4月開催が有力視されている。


サーキットまで日本語係員がご同行しますので、フォローアップもご安心

お客様のご希望をお聞きしながら、ホテル+観戦券をオーダーメイド(受注企画型旅行)して作っていく旅行になります。

モデルプランの日程をご参考にしていただいて、ホテル番号と、観戦券をご希望していただきましたら、旅行代金の見積もりをさせていただきます。

ホテル+観戦券は受注型企画旅行契約となります。

航空券はお客様ご自身で購入してください。
弊社にて航空券購入の手配をさせていただくことも可能です。(燃油サーチャージ、空港使用料、旅客保安サービス料、現地出入国税など空港諸税などを込みで航空券手配をお手伝いいたします)
その場合は航空券は手配型旅行契約となります。

現地集合・現地解散という形式になりますが、現地日本語係員がホテルチェックイン、空港での手続きなどお手伝いをさせていただきます。

1室2名でご利用の場合

ホテルとモデルプランのツアー代金

ホテルグレードスタンダードクラス
(3ッ星)★★★
朝食の有無
3名1室3名1室不可
旅行代金 ***円~ 
1名1室の追加代金 ***円~ 


ホテルグレードスーペリアクラス 
(4ッ星)★★★★
朝食の有無
3名1室3名1室不可
旅行代金 ***円~ 
1名1室の追加代金 ***円~ 
ModelPrice_Btn3




【3名1室利用について】

※現地事情により3名1室利用の場合、人数分のベットがご用意出来ない場合がございます。
ベッドの台数が2台もしくは、1台のご利用で3名同室のご承諾が頂ける場合のみ承っております。予めご了承下さい。

【サーキット会場までのアクセス】
観戦初日の往路に、日本語アシスタントと公共バスでホテルからサーキットまで移動します。

※お申込み後、航空会社の申請により燃油サーチャージの増減又は廃止又はかからなくなった際も旅行代金に変更はございません。また、為替レートの変動による過不足についても追加徴収またはご返金はいたしません。


F1海外観戦ツアーの費用(料金)を安プランく仕上げる際にご用命下さい。






ツアーの料金

●航空券も旅行会社が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代 + 航空券代
(4ッ星)***円から + 観戦券代 + 航空券代


●航空券はお客様が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代
(4ッ星)***円から + 観戦券代
TourPrice_Btn3





モデルプラン

旅行はハノイ空港集合、ハノイ空港解散になります。

日程 成田発着 宿泊地
2020/4/2 (木) 成田(10:00)発
ハノイ(14:25)着
現地空港にて集合後、専用車でホテルへ移動
ホテルチェックイン後、自由行動。
ハノイ
2020/4/3 (金) フリー走行1観戦
フリー走行2観戦
ハノイ
2020/4/4 (土) フリー走行3観戦
予選観戦
ハノイ
2020/4/5 (日) 決勝レース観戦 ハノイ
2020/4/6 (月) (10:00)チェックアウト
21時頃まで自由時間

2020/4/7 (火) ハノイ(00:25)発
成田(07:00)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 羽田発着 宿泊地
2020/4/2 (木) 羽田(16:35)発
ハノイ(20:50)着
現地空港にて集合後、専用車でホテルへ移動
ホテルチェックイン後、自由行動。
ハノイ
2020/4/3 (金) フリー走行1観戦
フリー走行2観戦
ハノイ
2020/4/4 (土) フリー走行3観戦
予選観戦
ハノイ
2020/4/5 (日) 決勝レース観戦 ハノイ
2020/4/6 (月) ハノイ(08:40)発
羽田(15:05)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 名古屋発着 宿泊地
2020/4/2 (木) 名古屋(10:15)発
ハノイ(13:25)着
現地空港にて集合後、専用車でホテルへ移動
ホテルチェックイン後、自由行動。
ハノイ
2020/4/3 (金) フリー走行1観戦
フリー走行2観戦
ハノイ
2020/4/4 (土) フリー走行3観戦
予選観戦
ハノイ
2020/4/5 (日) 決勝レース観戦 ハノイ
2020/4/6 (月) (10:00)チェックアウト
21時頃まで自由時間

2020/4/7 (火) ハノイ(00:20)発
名古屋(06:30)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 関西発着 宿泊地
2020/4/2 (木) 関西(10:30)発
ハノイ(13:50)着
現地空港にて集合後、専用車でホテルへ移動
ホテルチェックイン後、自由行動。
ハノイ
2020/4/3 (金) フリー走行1観戦
フリー走行2観戦
ハノイ
2020/4/4 (土) フリー走行3観戦
予選観戦
ハノイ
2020/4/5 (日) 決勝レース観戦 ハノイ
2020/4/6 (月) (10:00)チェックアウト
21時頃まで自由時間

2020/4/7 (火) ハノイ(00:45)発
関西(06:40)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 福岡発着 宿泊地
2020/4/2 (木) 福岡(10:30)発
ハノイ(13:30)着
現地空港にて集合後、専用車でホテルへ移動
ホテルチェックイン後、自由行動。
ハノイ
2020/4/3 (金) フリー走行1観戦
フリー走行2観戦
ハノイ
2020/4/4 (土) フリー走行3観戦
予選観戦
ハノイ
2020/4/5 (日) 決勝レース観戦 ハノイ
2020/4/6 (月) (10:00)チェックアウト
21時頃まで自由時間

2020/4/7 (火) ハノイ(01:45)発
福岡(07:20)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。

市内観光や、お好みのオプショナルツアーに参加されるなどをしてドバイを満喫して下さい。
その時は事前に日本語係員にお申しつけ下さい。
オプショナルツアーはリーズナブルな価格で多種多様のコースがあります。


【ハノイ発のオプショナルツアー】


モデルプラン

集合・解散に便利な航空会社
ベトナム航空
係員
日本語係員がお世話します。
ホテル
スタンダードクラス(3ッ星)
ベトナム航空の手荷物重量について 手荷物料金機内持ち込み : 無料 預入手荷物 : 1個まで  1個20kgまで無料(縦・横・高さの和が158cm以内)

【モデルプランに含まれないもの】

(前項のほかは旅行代金に含まれません。その一部を例示します。)

1.   超過手荷物料金
2.   クリーニング代、電報・電話料、ホテルのボーイ・メイド等に対する心付け
3.  その他の追加飲料等個人的性質の諸費用及びそれに伴う税・サ ービス料金
4.   渡航手続き関係諸費用
5.   お一人部屋を利用される場合の追加料金
6.   日本国内における交通・宿泊費
7.  観光オプショナル料金。
8.  F1観戦券
9.  航空券
10.傷害保険






ツアー費用の無料お見積り お問合せ

Btn_Estimate10





お問い合わせ





application1




他のF1観戦ツアーもあります。

F1中国GP観戦ツアー201
中国GPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。


F1オランダGP観戦ツアー201
オランダGPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。


F1スペインGP観戦ツアー201
スペインGPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。


F1日本GP観戦ツアー201
日本GPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。


F1のルールについて、初心者にも分かりやすく解説します

F1を初観戦する場合、まずF1とは春から秋にかけて
世界各国を巡って年間20戦以上も行われていること、
決勝レースの順位結果で、ドライバーズポイント、
コンストラクターズポイントを得られること、
予選が1周のタイムアタック形式で行われ、
1周のタイムが遅いマシンから振るいにかけられて
脱落していき、クオリファイ1を勝ち抜いた上位
15台のマシンでクオリファイ2を戦い、
1周のタイムが速い10台のマシンでクオリファイ3
が行われ、最も速い1周のタイムを刻んだマシン
がポールポジションを獲得することになります。
タイムの速い順に決勝レースをスタートする
位置(スターティンググリッド)が決められていきます。
予選から決勝レースへ進んでいくルールを
理解しておく必要があります。

F1とは正式名称をフォーミュラ1(Formula 1)と
いいます。1950年からの歴史があり、
世界中にファンがいますが、
レースを見たことが無いという初心者の方にとっては、
どのようなルールで行われているのか分かりにく
いでしょう。 実際、F1のルールはかなり複雑な面も
あります。レースの際の運用上のルールであるスポーティング
レギュレーション、マシンの技術的なルールであるテクニ
カルレギュレーションの大きく2つに分類されます。
一般的なファンはスポーティングレギュレーションを
理解しておけばF1レースを観戦していて面白みが増幅
するでしょう。周回遅れの遅いマシンにペースの速いマシン
が近付いた時はブルーフラッグが振られます。
速いマシンを妨害せずに、進路を譲りなさい、という
レース運営者側からの指示であるとか、決勝レースには2種類以上
のタイヤを使用する義務があるとか、などルールは
多岐に渡ります。これらのルールを理解すれば、
どのチームが、どのドライバーがどのような作戦で
決勝レースを組み立てて勝負に挑んでくるかが
分かるようになってきます。単にテレビでマシンが走っているだけの姿
だけを観ていても、そのようなストーリーが読めません。
ストーリーや登場人物を理解せず、ただ観ているだけでは
F1観戦の魅力は半減以下になります。

しかし、基本的な部分を理解しておけば、
F1レースの観戦の仕方が大きく変わり、じっくりと楽しみながら
観ることが出来きるようになるでしょう。
そこで今回は、初心者の方でもF1を
楽しめるように、基本的なルールについて詳しく解説します。


世界22カ国をめぐって行われるF1!

1年間の合計ポイントでチャンピオンを争う


F1を観戦したことがない人でも、「いろんな国で行われている」
というイメージを持つ方も多いでしょう。
しかしF1が同じ団体グループで世界各国を春から秋にかけて
転戦していくスポーツということを理解していない人が
多いのも事実です。野球やサッカーのように各国で
プロリーグがあり、それと同じようにF1も世界各国に
F1というリーグが存在していると、無意識に思って
いる人が多いのですが、F1は世界で1つしか存在していない
団体でF1ドライバーは世界で20人しか存在していません。
他のプロスポーツは世界各国にリーグが存在している
ので、プロ選手は数百人から数千人が存在しますが、
F1ドライバーは世界でたったの20人しか存在しません。
F1は世界各国で開催されるレースです。
年間で何レースが開催されるかはその年によって異なり、
2018年と2019年は全21戦、
2020年は全22戦(22カ国)の日程が組まれました。

F1レースは「F1(国名)グランプリ」と
呼ばれるのが一般的です。
例えばベトナムで開催される場合は
「F1ベトナムグランプリ」、
鈴鹿で開催される場合は
「F1日本グランプリ」と呼ばれます。

 

1つのレースでもらえるチャンピオンシップ・ポイント


F1は毎レースの戦いを通して、年間でどれだけのポイント
を獲得したかによって総合順位が決まります。
獲得できるチャンピオンシップ・ポイントは、
1位25ポイント、2位18ポイント、3位15ポイント、
4位12ポイント、5位10ポイント、6位8ポイント、
7位6ポイント、8位ポイント、9位2ポイント、
10位1ポイントと定められています。

そのため、1つのレースで優勝しても、レースは全部で20戦以上
もある訳ですから、年間チャンピオンが決まるわけでは
ありません。ただ、シーズンも終盤に差し掛かってくると、
チャンピオンの座を巡った戦いが熾烈になってきます。

F1は予選が1周のタイムアタック、

決勝は先着順で順位が決まるレース

F1は世界各国のサーキットを転戦しながら開催されていますが、
いきなり決勝レースが開催されるわけではありません。
その前に行われる予選はタイムアタック形式と
なっています。 予選はQ1、Q2、Q3と3回行われ、
それぞれの走行時間は18分、15分、12分です。
その間に、各ドライバーはベストタイムを計測し、
そのタイムが速い順で順位が決められます。

予選をクリアして決勝レースに進めるのは、
各GPにおいて20人までです。
ポールポジションのタイム比で107%ルールというものがあり、
それより遅いタイムしか計測出来なかったドライバーは
原則的に予選落ちとなり、決勝レースに進めませんが、
例外的ルールでフリー走行時のパフォーマンスを考慮
して107%以内のタイムをクリアー出来るはずだった
とみなされた場合は決勝レースに進むことが出来ます。
各国のサーキットはコースレイアウトが全く違うため、
例えばイタリアGPで決勝レースに進めても、
ベトナムGPで決勝に進めるとは限りません。
コースレイアウトが違うため、低速コーナーで速いが
ストレートは遅い。中高速コーナーは遅いが
ストレートは速い。1周は速いが、タイヤ劣化が激しい
ので60周以上の決勝レースではライバルよりも
タイヤ交換の回数が多くなるなどといった要因が
複雑に絡んでくる為です。

また、予選の前にはマシンのセットアップを高める
ために「フリー走行」というテスト走行も実施されます。
全部で3回行われますが、この過程でマシンをコース特性に
適応させていきます。主に空力、サスペンション、
ブレーキバランスなどがそうですが、
近年のF1は基礎的なセットアップは本国のファクトリー
でのシュミレーションでイニシャルセッティング
のデータが算出されており、現地でのサーキットでは
シュミレーションと実走行データの相関関係を確認
する作業が主になっており、微調整を進めることに主力を
おきますが、時々、ファクトリーのシュミレーションが大きく
外れていることもあるので、その場合はそのレースで優勝を
目指すのは厳しくなりますが、トップチームともなると
そのあたりの修正力は秀逸で、現場のサーキットでの実走行
データでなんとかしてきます。
シュミレーション技術と、実走行データの相関関係を解析
するのが優勝への近道になりますが、F1はマシンという
道具を使うスポーツなので、マシンの信頼性、つまり
マシンが故障してリタイヤしないように、品質を徹底的
に維持・管理しないといけません。

決勝レースのスタート順は結果を左右するほど重要

予選を突破できるのは20選手ですが、
「とりあえず決勝まで進めればよい」という形で
準備を進めることはできません。各ドライバーは
予選から全力を尽くして戦う必要があります。 というのも、
決勝レースでのスタート順(スターティンググリッド)は、
予選レースの成績がそのまま反映されるからです。
予選で最も速いタイムを出したドライバーほど
前の位置から決勝レースをスタートできる
ので、圧倒的に有利といえます。

決勝スタート時の最前列は「フロントロー」と呼ばれ、
ここに位置することができるのは予選を1位、2位で通過
したドライバーです。決勝で優勝を目指すには、まず
予選で1~2位を確保できるかどうかが重要となってきます。

F1観戦ツアーを現地で楽しむ方法(ベトナム編)

2020年に完成したばかりのハノイ・サーキットでは、
今後数年間はF1グランプリが開催されていく予定です。
開催初年度はコロナウィルスの影響で開催が延期になり
ましたが、経済発展が目覚ましいベトナムでのF1開催
はFIAにとっても目玉になるイベントになります。
ハノイ・サーキットの特徴は何といっても4本の
長いストレート、そしてその後のフルブレーキングをして
からの長い旋回コーナーでしょう。特にターン11の
スタンドは、おススメの観戦ポイントいえます。

F1グランプリは世界各国で開催され、2019年は全21戦・
21カ国でレースが開催されました。2020年は史上最多
となる全22戦が予定されています。 F1の開催地となるには
専用のサーキットが必要ですが、2020年には
ハノイ市郊外にハノイ・サーキットが完成し、予定では
今年4月3日~5日にかけて開催される予定でした。
しかし、コロナウィルスの影響により3月14日
に開催延長が決定され、正式日程は改めて発表される予定
です(2020年5月現在)。 それでも、ベトナム・ハノイサ
ーキットが無事に完成している以上、今後数年間、ベトナム
の地でF1グランプリが開催されるのは確実といえます。
F1を現地で生観戦するファンの方であれば、
事前に観戦方法をチェックしておきたいところです。
そこで今回は、F1観戦ツアーをベトナムで楽しむ
方法について、詳しく解説しましょう。

ベトナムのハノイ・サーキットの概要を紹介・・・

コーナー数は23か所


ハノイ・サーキットは2019年3月に建設が開始され、
2020年4月の開催に間に合うように工事が進められました。
コースの約3分の2は公道の為、
新設されたのはメインストレートなど一部の区間
のみです。 2020年4月時点では既にコースは完成し、
問題なくF1レースを開催出来る状態となっています。
これにより、アジア地域では
日本、シンガポール、中国に続く4番目のF1グランプリ
開催国となりました。しかし、新型コロナウィルスの
影響により開催の延長が決定されました。
当初予定のレイアウトではコーナーの数は22とされていまし
たが、安全性確保の目的から2019年12月に急きょ変更が加え
られ、コーナーの数が23か所に増えました。
コースの全長は1周5.607 kmです。

ハノイ・サーキットのどこからF1を観戦するか・・・

観戦場所ごとに見どころを紹介


コース沿いに「グランスタンド」という指定席の
観客席が設置され、観戦の際は座席を予約購入する必要が
あります。せっかく現地で生観戦する
訳ですから、レースの見所となる場所を確保した
方が良いでしょう。ハノイ・サーキットの場合だと、
レースのスタート・フィニッシュ点であるホームストレートの
グランドスタンド、最長1.5kmのロングストレート先のスタンドと、
ロングストレート後のコーナーにあるスタンドなどが
挙げられるでしょう。

サーキットの中心地であるスターティンググリッド・

グランドスタンド


レースのスタート・フィニッシュ地点に設置されたグランドス
タンドはF1の醍醐味や雰囲気やステータスを味わえる
エリアです。どこのサーキットでも最も人気が高い
観戦ポイントであり、ハノイ・サーキットも
例外ではないでしょう。 決勝レーススタートの30分
ほど前からマシンがコースに出てきて、予選の順位ごとに
マシンがグリッドに整列します。各チームの監督やエンジニア
達がマシンを取り囲んで最終確認を行い、その臨場感や緊迫感
のある様子を目の前で観ることが出来ます。
予選でポールポジション(1位)をとったマシンの
前の席を取ることができれば、観戦冥利に尽きます。

ハノイ・サーキット最大の特徴である

ロングストレートを楽しむ


ハノイ・サーキットの特徴の1つが、ロングストレート
を4本も設置しているという点でしょう。
スタート・フィニッシュラインがあるホームストレート
は長さ675m、ターン5からターン6のストレートは800m、
ターン9からターン11までのストレートは1.5kmあります。
ストレートでは各マシンはアクセル全開で速度を上げる
為、ハイスピードで走り去るF1の醍醐味を味わうことが
出来るでしょう。 ターン9からターン11までの区間では、
最高速度が時速340kmほどになると予想されています。
そのスピードを目の前で実感できる訳ですから、
F1ファンにはたまらないでしょう。

ロングストレートの後のフルブレーキング、

ヘアピンでオーバーテイクを観る

速度が出るロングストレートの後のヘアピンカーブも、
マシンのフルブレーキングとオーバーテイク(追い越し)を
味わえる魅力的な観戦ポイントです。
ハノイ・サーキットの場合は、
ターン1、ターン6、ターン11などが該当します。
F1のサーキットでは、長いストレートの後に、強烈な
フルブレーキングが要求されるコーナーが設けられることが
多いです。ハノイ・サーキットもその点は同様で、
レースにおける大きな注目ポイントといえます。

最大の観戦ポイントの1つであるターン11


ハノイ・サーキットでは、1.5kmのロングストレートの
後にあるターン11では両サイドにグランドスタンドが
設けられ、本コースの大きな観戦ポイントとなっています。
長いストレートで速度が出ているだけあって、
コース外に飛び出す、マシン同士がクラッシュすると
いうシーンも生じるかもしれません。ターン11の観戦券は
価格もそれほど高くないので、
コストの面でもお勧めのポイントといえるでしょう。


F1ベトナムGPの開催予定日がついに決定!
F1ベトナムGPは2020シーズン第3戦でしたが、
コロナウィルスの影響で開催自体が危ぶまれています。
感染の影響から無観客開催になるのか、開催中止になるのか。
FIAからの発表が近日中にされるものと予想されます。

年間15戦以上開催しなければ世界各国のTV局との契約履行
条件を満たせない事情も相まって、メキシコGPの開催をしたい
FIAの本音があるのですが、果たしてどのような決断がされる
のでしょうか。

ハノイ市街地サーキットは長いストレート
が3本あり、ホームストレートと、5コーナーから6コーナー
へかけてが2本目のストレート、8コーナーから10コーナーへ
かけてが3本目のストレート区間で数多くのバトルやオーバー
テイクが繰り広げられることが予想されます。

F1ベトナムGPが開催されるハノイ市街地コースはハノイ市中心
から西へ約15kmのエリアにあります。一般公道をコースの一部
に組み入れているのですが、全体的なコースのレイアウトとし
て、ストレート区間の割合が高いので、エンジンの全開率が高
くなることが予測されます。エンジンの耐久性や信頼性がレー
スの勝敗の行方を左右します。

市街地コースであるがゆえに、高速コーナーはなく、
ほとんどが低速コーナーで、中速コーナーが2か所ほどあるだ
けです。ストップ・アンド・ゴーで低速コーナーとストレート
をつないだコースレイアウトになっている為、ブレーキにも
非常に厳しいコースになりそうです。

F1の脱ヨーロッパを推し進めて、アジアの開催地としては
7か所目になります。ベトナムは社会主義の政治体制の国家で
ありますが、2000年代から急速に経済発展と遂げてきました。
人口も1億人に迫っており、世界的スポーツイベントのF1誘致
に成功しました。まだベトナム国内ではF1の認知度は低く、
F1ベトナムGPが多くのベトナムの人々に受け入れられていくか
否かは今後の推移を見守る必要があります。

F1ベトナムGPを観戦する場合は、ハノイ市で宿泊するのがベタ
ーであります。ハノイ中心地の旧市街地エリアにはたくさんの
ホテルがありますので、そこからサーキットまでは小一時間も
あれば行くことが出来ます。

ベトナム人F1ドライバーはまだ誕生しておらず、F1の下のカテ
ゴリーであるFIA-F2に参戦しているドライバーの中にもベトナ
ム人が含まれていないことから、まだしばらくはベトナム人の
F1ドライバーが誕生するまではしばらく時間が掛りそうです。

市街地コースであるがゆえに、ランオフエリアがあまりないこ
とからセーフティーカーの出動率が高くなることが予測されま
すので、荒れたレースになりそうであります。

ハノイ市の郊外にハノイ市街地・パーク・サーキット
はあります。1周5607mで決勝レースは55周で行われることに
なります。

この記事では、F1観戦ツアー会社のF1観戦ツアーを活用して
F1ベトナムGPの現地での生観戦を楽しみたい人の為に
F1観戦ツアーの予約する方法や注意すべき点、F1観戦ツアーを
主催しているF1観戦ツアー会社の選択方法などを説明していき
ます。

F1ベトナムGPのF1観戦ツアーはいつ頃から予約出来る?

F1シーズンの開催時期は3月中旬頃から11月下旬頃までです。
例年、10月頃に翌年の日程スケジュールが決まります。
F1ベトナムGPは4月中旬頃の日曜日で開催されることに
なりそうです。F1ベトナムGPは4月開催としての認識が定着
していきそうなので、10月頃からF1観戦ツアーの予約の受付が開
始されます。F1ベトナムGP開催の1か月前頃には
ベトナムF1観戦ツアーの予約の受付が締め切られます。
F1観戦ツアー会社によっては安い価格で、
F1ベトナムGP観戦ツアーを主催している会社も何社
かあるので一般の方々でも気軽に行きやすい価格の
ベトナムF1観戦ツアーです。

2020年のベトナムGPは、
2020年4月3日(金)~4月5日(日)
に開催されることが決定していましたが、
開幕直前にコロナウィルスの影響で、
開催延期になりました。

F1ベトナムGPのF1観戦チケットの入手する方法について  
F1ベトナムGPには、メインストレートのグランドスタン
ド席をはじめ、各コーナーエリアに指定席スタンドが設けられ
ています。全てのスタンドが席屋根付きのスタンドではないの
で、日焼けや雨が心配な方は屋根付きのスタンドで観戦するこ
とがベターでしょうが、メインストレートのグランドスタンド
は屋根付きでおススメのスタンドですが、その分、
F1ベトナムGPのF1観戦チケットの価格は
一番高くなります。F1観戦ツアー会社によっては、
F1ベトナムGPのF1観戦チケットがあらかじめ決められて
いたり、選択したF1ベトナムGPのF1観戦チケットによっ
ては追加の別料金がチャージされたりすることもあるので、
F1ベトナムGPのF1観戦チケットの代金込みの価格である
のかチェックしましょう。

F1観戦ツアー会社を決める前に、どのスタンドの
F1ベトナムGPのF1観戦チケットにするのか
予定は決めておくことが大切です。

ベトナムGPのF1観戦チケットの種類
F1ベトナムGPのF1観戦チケットには大きく分けて、
「各スタンド席の指定席」
「自由エリア席エリア」
があります。それぞれ価格が違うので、予算に応じて決める
ようにしましょう。全てのF1ベトナムGPの
F1観戦チケットは3日券なので、どのスタンドの
F1ベトナムGPのF1観戦チケット
が良いのか価格も考えて慎重に考えましょう。

F1観戦ツアーでは、自由エリア席券かスタンド席を選ばなけ
ればなりません。スタンド席券の場合は3日通し券になります
ので3日間同じスタンドでの観戦になります。
F1ベトナムGPには熱狂的なF1ファンが
数多く来場します。自由席ゾーンはかなり混雑し、
立ち見観戦しなければなりませんし、
夏の陽射し対策や、雨対策もあらかじめ準備しておく必要
があります。また、雨天時は足元が汚れることを覚悟しなけ
ればなりません。

おすすめのスタンド指定席は?
F1ベトナムGPの観戦で最もポピュラーなスタンド席とい
えばメインストレートのグランドスタンドではないでしょうか。
F1ベトナムGPではグランドスタンドの前が各チームの
ピットになっていて、決勝レース開始前の華やかな雰囲気や、
F1マシンがピットインしてきた時のタイヤ交換作業などが近い
距離で観ることが出来ますし、緊迫した雰囲気やスリリングな
気分が堪能出来ます。
F1ベトナムGPの表彰台はグランドスタンドの正面にある
ので表彰式の様子を凄く近い距離で観ることが出来ます。
表彰式の様子を写真に撮ることも出来るおススメのスタンドで
す。メインストレートよりもF1ベトナムGPの迫力を堪能
したいという人には、バックストレートスタンドで観戦されて
はいかがでしょうか。
バトルやオーバーテイクシーンが数多く観ることが
出来るのでこちらのスタンドもおススメのスタンドです。

F1ベトナムGP観戦ツアーのF1観戦ツアー会社の選択方法。  
F1ベトナムGP観戦ツアーの金額の目安は、
航空券や3ッ星ホテル代、往復送迎車代、日本語アシ
スタント、F1観戦チケット代などすべて込みで、
1名あたり12万円~14万円程度です。
F1観戦ツアー会社によっては現地集合・現地解散の
ベトナムF1観戦ツアーを主催している会社もあります。
その場合、航空券の価格を除いて7~9万円ぐらいの
価格のF1観戦ツアーが多いでしょう。

価格が違う理由としては、
まずF1ベトナムGPのF1観戦チケット
のスタンドや種類が違うことが挙げられますが、それ以外には
どのような理由があるのでしょうか。
ここからはベトナムF1観戦ツアーを選ぶ時に
チェックすべき点について解説していきます。

F1ベトナムGPの開催スケジュールは金曜日から
日曜日までの3日間ですので、
ベトナムF1観戦ツアーは、
どのF1観戦ツアー会社を選んでも
F1観戦ツアー日程など大体は似通っています。
F1ベトナムGPが開催される前日の木曜日には
F1レーサーのサイン会が開催される為、
F1レーサーと記念撮影したり、
F1レーサーからサインを貰うために多くのF1ファンが
木曜日からハノイ市街地・パーク・サーキットを訪れます。
木曜日のサイン会イベントに参加したい場合は、飛行機の
ベトナム到着日をチェックして、
水曜日にハノイ国際空港に到着する飛行機で
F1観戦ツアーに参加出来るように
ベトナムF1観戦ツアーの
スケジュール調整をするようにしましょう。
飛行機は日本からの直行便で約12時間で
ハノイ空港に到着します。

宿泊するホテルのグレードや場所などをチェック 
ベトナムF1観戦ツアーの価格を大きく左右するのが、
現地のホテル価格とF1ベトナムGPの
F1観戦チケットの種類です。
ホテルの星ランクによっては数万円単位で価格が変わるので
、慎重に選ぶようにしましょう。
ハノイ市内からサーキットまでは車を使って
移動するベトナムF1観戦ツアーが多いですので
サーキットまでの大体の所要時間を計算しておきましょう。

ハノイ市内観光もしたいならオプショナル
ツアーへの参加を検討。
F1観戦ツアー会社のベトナムF1観戦ツアーは
F1観戦がメインなので、
自由行動や自由時間はほとんどありません。
しかし、せっかくハノイで宿泊するのならば、
ハノイの市内観光も楽しみたいという人もいるでしょう。
そのような人は、オプショナルツアーへの参加を
ご検討されてはいかがでしょうか。
3日間全部をF1観戦しなければ、ハノイ市内観光
をしっかり楽しむ時間もある程度は確保出来ます。
オプショナルツアーには別途価格が掛りますが、
意外に安価に楽しめる多様なコースがあります。
延泊をすればその分、
さらにベトナム観光が出来るので
予算と日数を考えながら検討してみましょう。

ベトナムはビザ不要!
パスポートの有効期間に注意すべき!
パスポートの有効期限が6か月未満だとベトナムに
入国が出来ないので気を付けしましょう。残存有効期間は、
6か月あれば大丈夫です。

ベトナムF1観戦ツアーなら
F1ツアー専門のWSTへおまかせ! 
ベトナムF1観戦ツアーはさまざまなF1観戦ツアー会社
が企画していますが、どこで申し込もうか迷っている方は、
F1ツアー専門のWSTがおすすめです。

F1ツアー専門のWSTはお得な価格で
ベトナムF1観戦ツアーを主催しており、
好きなスタンド席から観戦出来るのが特徴です。
燃油サーチャージ、諸税などの別途価格も不要なので、
安心して利用できます。 さらに必要に応じて減泊・延泊な
どのアレンジも可能で、自由エリア度の高いF1観戦ツアーを
組むことが可能です。
F1ベトナムGP観戦ツアーを検討している人は、
まずは無料見積もりを申し込まれてはいかがでしょうか。

F1初心者の方の為に2020年のF1出場チームと特徴を解説します

F1初心者の方の為、2020年の F1チームの特徴を解説します。
F1チームやドライバー達を知っておけば、
観戦を より深く広く楽しめます。
2020年はフェラーリ、 メルセデス、レッドブル・ホンダ
というチャンピオン候補チームのほか、
ルノーやマクラーレンも出場します。

本稿では、各チームのドライバー達の特徴を紹介します。
2020年のF1には、フェラーリやレッドブルなど
全10チーム が出場します。チームのカラーやドライバー
達に関する情報をある程度 知っておけば、
レース観戦をより楽しめます。
F1初心者の為に2020年の出場 コンストラクターチームの
特徴を解り易く説明します。 F1をより楽しむ為に、
ぜひ押さえておきましょう。

F1史上初の7連覇を目指すメルセデス

F1とはドライバーに贈られるドライバーズ・チャンピオン
シップと、マシンの製造者に贈られるコンストラクターズ・
チャンピオンシップの2つの選手権タイトルを巡って
闘います。 ドイツのチームであるメルセデスは、
ドライバーズと コンストラクターズの両方のタイトルにおいて、
2014年〜2019年まで6連覇中しています。
2020年は、両方の タイトルで7連覇を目指します。
所属ドライバーは、ドライバーズ ・チャンピオンシップで
3連覇中のハミルトンと、 前回2位のボッタスです。
2020年のチャンピオン 候補筆頭のチームですが、
レッドブル・ホンダやフェラーリも差を かなり縮めてきて
いる為、勝負の行方はわかりません。

巻き返しを狙うフェラーリ


フェラーリもチャンピオン候補の一角です。
所属ドライバーは、チャンピオンを4 回獲得したことがある
ベッテルと、22歳ながら 成長著しいルクレールのラインアップ
が継続されます。 2019年のコンストラクターズ・チャンピオン
シップでは2位だったため、2020年はチャンピオンを狙いたい
ところです。F1選手権が発足した1950年からずっと参戦を
続けている唯一のチー ムが一丸となって、打倒メルセデスを
スローガンに掲げてチャンピオンを狙ってくるでしょう。

3強の一角であるレッドブル・ホンダ


メルセデス、フェラーリと並ぶ3強の一角のひとつである
レッドブル・ホンダは、オーストリア国籍のチームです。
2019年のコンストラクターズ選手権では3位でしたが、
チャンピオンを狙える総合力は十分あります。
ドライバーラインアップは、フェルスタッペンと
ア ルボンのコンビ。フェルスタッペンは、昨年の ドライ
バーズ選手権で3位を獲得した実力者です。レッドブル
加入5シーズン目を迎える為、 経験を活かしてチャンピオン
獲得に全身全霊を賭けてに臨みます。
一方のアルボンは、デビュー2年目の若手ドライ バーです。
22歳と24歳という若いパワーで、 チャンピオンを狙います。

1966年から参戦しているマクラーレン


マクラーレンは、イギリスに 本拠地を置くチームです。
2019年のコンストラクターズ選手権では4位 を
獲得しました。マクラーレンは1966年から参加してい る
名門チームであり、モナコGP、ル・マン、インディ500
という世界三大レースをすべて 制覇したことで非常に有名です。
コンストラクターズ選手権の獲得は1998年 以来遠ざかって
いますが、チームとしての総合力は十分あり ます。
ドライバーは、2020年もサインツJr.と ノリスのコンビを継続
し、さらに上位を目指します。

マクラーレン打倒を狙うフランスのルノー


ルノーはフランス国籍のチームで、昨年のコンストラクターズ
選手権では5位を獲得。 ドライバーはダニエル・リカルドと、
評価が高まりつつある若手、 エステバン・オコンの
ラインアップで打倒マクラーレンを目標にレースに挑みます。

チーム名を変えたアルファタウリ・ホンダ


昨年のコンストラクターズ選手権で6位であった トロロッソ
がチーム名を変更。 アルファタウリ・ホンダというチーム名
で2020年から戦います。ドライバーは2019年のドライバーズ
選手権で7位を獲得したガスリーと、クビアトのランアップ
を継続します。

F1で2シーズン目を迎えるレーシング・ポイント


レーシング・ポイントはイギリス国籍のチームで、2020年で
2年目を迎えます。 元々はカナダの実業家であるローレンス
・ストロールが、 フォース・インディアを買収して
誕生しました。ドライバーは、チームオーナーのローレンス
の息子であるランス・ストロールと 、セルジオ・ペレスのコ
ンビで2020年を戦います。
ハース、アルファロメオ、古豪ウィリアム ズといった
チームも出場します。どのチームがチャンピオンに 輝くのか
予想しながら、レース観戦を楽しんでください。





F1観戦ツアーを現地で楽しむ方法(ベトナム編)2

ベトナム社会主義共和国のハノイ・サーキットは、
2020年に完成したコースです。1.5kmを超えるロング
ストレートや、テクニカルコーナーなどが見所です。
ハノイ・サーキットでレース観戦する為には、
グランドスタンドの席を予約する必要が有ります。
コースの見所やおススメの席を紹介します。
ベトナムF1観戦ツアーの5つの見所は、ハノイ・サーキット
は2020年に完成したばかり。今後数年間はF1グランプリ
が開催されていく予定です。 ここでは、ハノイ・
サーキットを楽しむ為の 見所を5つ紹介します。
普段の一般道の一部を使用した半ストリートコースである
ハノイ・サーキットは、ベトナムの首都であるハノイ市郊外
の西部エリアにあり、 コースの一部として一般道を使用する
半ストリートコースです。 コースの全長は5.607kmで、
アジア地域としては、日本、シンガポール、中国、韓国に
続いて5番目に建設されました。 一般的なストリートコースでは
90度のコーナーが多く、 ストップ・アンド・ゴーになりがち
ですが、ハノイ・ サーキットのストリートコースには、
新しくレース専用の セクションが造られました。
高速コーナーや中低速コーナーがレイアウトされているので、
観戦が期待できるでしょう。 ハノイ・サーキットのコーナーは
全23ヵ所あり、見ど ころのひとつです。
当初の設計では22ヵ所のコーナーが設置が予定されていたの
ですが、 安全上の懸念から若干、レイアウトが変更されました。
ドライバーのテクニックの違いや駆け引きに 注目すると
面白いでしょう。 1.5km超のロングストレートでは、
スピード感も楽しみたい所です。
ハノイ・サーキットのロングストレートは
1.5km超ととても 長く、ストレートエンドのブレーキング
ポイント手前では時速340kmのスピードが出ることが
予測されています。 680mのホームストレートや 820mの
ストレート区間も有ります。ロングストレートの後の
11コーナーは難易度の高いコーナーです。
ここでのドライバー間の違いが顕著に出ることが予測されます。
長いストレートでかなりのスピードが出て いるため、
マシン同士が接触したり、コーナーを曲がりきれずにコース
外に 飛び出したり、さまざまなハプニングが
発生するでしょう。
1コーナーや6コーナーもロングストレートの 後に設置
されているので見所です。 ハノイ市内の街並みも楽しめる
ハノイ・サーキットは、ハノイ駅から40分の場所にあるので、
他の国のグランプリよりは観戦しやすいといえるでしょう。
ハノイ市内は京南ハノイランドマーク タワーや
ハノイ博物館など、ベトナムのシンボルマークとなる 建物も多
いので、レースと一緒に街並みも楽しめます。 ベトナム
の世界遺産であるタンロン遺跡をイメージした ピットビルも
壮麗な景観で見逃せません。
ハノイ・サーキットののコース沿いには、9つのグランド スタンド
という指定席が設置されています。 その中でも特におススメ
なのは次の3つです。 レースのスタート地点のグランドスタンド
レースのスタート・フィニッシュ地点は、
大人気の観戦エリアの一つです。決勝レースが始まる約30分
前には、 各マシンがコースに出てくるのを観ることが出来
ます。 予選の順位通りにマシンが整列して、 各チームのエンジニア
達が最終チェックを行ったり しているのを見れば、
緊張感や臨場感や醍醐味を味わえます。
もちろん、レースフィニッシュの瞬間も楽しめます。
最後まで走りきったドライバー達の姿を近い距離で
見られるのは、感動の瞬間になるでしょう。
難関11コーナーのグランドスタンド も前述の通り、
ハノイ・サーキットには1.5km超の ロングストレートがあり、
その直後に難関11コーナーが設置されています。
そしてこの11コーナーの両サイド にもグランドスタンド
があります。 ロングストレート でのサイドバイサイドのバトル
や、コーナーでのオーバーテイクを間近 で観られるので、
おススメの観戦スタンドといえます。
マシン同士のクラッシュやウォールへの激突など、
大波乱のシーンに出会えるかもしれません。





F1ベトナムGPでF1観戦をする場合、
現地の日本語アシスタント、ホテル~空港間の往復送迎車、
ホテル、F1ベトナムGPのF1観戦チケット、
航空券、現地での移動、など色々な心配があると
思います。自分で全てを準備しようとすると、
ベトナム国内の治安などの基本情報やF1が開催される
ハノイ市街地サーキット周辺の地理や治安などを
チェックしておく必要がありますし、手配・準備にはかなり
の労力が必要になってくるので心配も多いでしょう。
そこで非常に便利なのがF1ツアー会社が主催している
ベトナムF1観戦ツアーです。

例年、4月にはハノイ市街地・サーキットで
F1ベトナムGPが開催されます。世界中からF1ファンが
ベトナムを訪れて、
このF1ベトナムGPを楽しみます。

サーキットは2020年に完成し、4月の第1回ベトナムGPの
開幕を待つだけでありましたが、開幕1か月前の3月に急遽、
開催延期が決まりました。
コース全体の3分の1は市街地の公道を組み入れており、
長いストレートが3本と低速コーナーを組み合わせた
市街地コース特有のストップアンドゴーのサーキットになって
います。高速コーナーはなく、中速コーナーが2か所あり、
それ以外のコーナーは低速コーナーになりますので、
長いロングストレート区間の後はヘビーブレーキングで低速
コーナーを攻略していくことになり、ブレーキに非常に厳しい
コースになります。

今後、少なくとも数年間はベトナムでのF1開催は内定していま
す。ベトナムでのF1開催を長期間に渡って継続していくには、
ベトナム国内におけるF1人気が定着することが大切であります
が、開催初年度のF1観戦券の売れ行き状況は芳しくなく、
多くのF1観戦券が売れ残っているようです。
プロモーターの事前の宣伝が足らなかったこと、ベトナム国内
におけるモータースポーツ文化への理解度や歴史が浅いこと、
等々が理由として挙げられます。

このハノイ市街地コースの見所はなんといっても、長いストレ
ートエンドでの激しいバトルやオーバーテイクシーンが数多く
観られそうだということに尽きるでしょう。
近代F1ではオーバーテイクが難しいので、このF1ベトナムGPの
レースではそれとは相反して数多くのバトルが観られそうなの
で、F1マシンの凄さを実感することでしょう。

サーキットはハノイ市の中心地から西へ約10kmあたりの場所に
あるので、とても行きやすいです。ハノイ市中心エリアの旧市
街地のホテルに宿泊すればハノイの市内観光も行きやすいです
し、サーキットへも1時間ぐらいで行けるので非常に便利です。

日本からの主要空港(成田・羽田・名古屋・関西・福岡)から
直行便の飛行機が運航されており、約5時間でハノイ国際空港
に到着するので、日本からとても行きやすい都市です。

F1ベトナムGPに「強い・速い」
F1マシンに求められるものとは
現代のF1マシンには、F1ベトナムGPの決勝レースのロン
グランのペースも高いレベルで安定して速く、
F1ベトナムGPの予選1周で速く、
というニーズが求められます。現代のF1マシンのデザイナー達
は、F1ベトナムGPの決勝レースのロングランペースの
一貫性とF1ベトナムGPの予選1周の速さとを最重要テー
マに考えてマシンを設計・開発していきます。
F1ベトナムGPの決勝レース・予選の最適バランスを
徹底的にまで突き詰めていき、
予選1周の速さを可能な限り残し、決勝レースのロングランペ
ースの一貫性を重視したマシンに仕上げていきます。最適な
妥協点を見つけだしたマシンが最速マシンになります。
F1ベトナムGPで安定して速いマシンは他のチームが
模倣するスタンダードモデルになっていきます。
いわば開発目標の指針になるわけです。

マシンのトータル空力性能など、パワーユニット、F1マシンの
戦闘力が鮮明になるのがF1ベトナムGPと云っても
過言ではないでしょう。このベトナムでは
トータル空力バランス、パワーユニット、メカニカルグリップ
などが要求されてくることで有名なサーキットです。

低速・中速・高速コーナーでの空力バランス、メカニカルグリ
ップ、F1レーサーのテクニックのトータルパッケージング、パ
ワーユニット、が高いレベルで要求されるのが
F1ベトナムGPなのです。

F1ベトナムGPはイベントが毎日、目白押しであります。
木曜日にはF1レーサーのサイン会などのイベントが開催され、
F1レーサーやチーム関係者も気軽に記念撮影に応じてくれる
ので、F1ベトナムGPを思いっきり楽しめるでしょう。

そんなF1ベトナムGPを存分に楽しむには、
F1ツアー会社が主催しているベトナムF1ツアーに申込み
することをおススメします。
F1ツアー会社が主催するベトナムF1ツアーは、
ホテル~空港間の往復送迎車、ホテル、航空券、
現地の日本語アシスタント、F1観戦チケット、
など全て手配してくれます。

自分でF1ベトナムGPのF1ツアー手配をすると
かなり大変です。時間や手間は掛かりますし、海外のサイトに
名前や住所などを自分で入力しなければならず、
英語力がそこそこ必要なのでかなり大変です。

F1ツアー会社が主催するベトナムF1ツアーならば、
ワンストップでF1ベトナムGPのF1観戦チケット、
ホテル~空港間の往復送迎車、現地での日本語アシスタント、
航空券、ホテル、を手配・準備してくれるので
非常に心強いです。

F1ツアー会社が主催するベトナムF1ツアーに
ついて説明します。F1ツアーに参加するメリットって何なの?

ベトナムF1ツアーと聞くと個人行動・自由行動がほとん
ど出来ないので、非常に不便だと思う人も多いのではないでし
ょうか。ここではF1ツアー専門会社のWSTの便利な
ベトナムF1ツアー
のメリットをチェックしていきましょう。

ワンストップで全ての準備・手配がしてもらえます。
F1ツアー専門会社のWSTのベトナムF1ツアーに申込みを
すれば、現地の日本語アシスタント、ホテル、
ホテル~空港間の往復送迎車、
F1ベトナムGPのF1観戦チケット、航空券、
全てにおいてワンストップで準備・手配をしてくれます。
自分で準備・手配することは可能ですが、
ホテル~サーキット間の交通手段や、現地での言葉の問題
など自分で全て準備しなければならず、非常に面倒ですが、
F1ツアー専門会社のWST主催のベトナムF1ツアー
ならば、日本語アシスタントによるフォロー現地での交通手段
など手配・準備してくれるので非常に楽で安心です。
それらの手間や負担などを考えると、F1ツアー専門会社の
WST主催のベトナムF1ツアーへ申込み・参加を
するメリットは大いにあるでしょう。

お得な価格でベトナムF1ツアーへの参加が可能。
F1ツアー専門会社のWSTのベトナムF1ツアーは、
ツアー費用が非常にお得になる場合があります。
2人以上でベトナムF1ツアーへ予約をすると1室を
2人で利用・宿泊するので、ホテル費用が1人で宿泊するより安
価になります。空港使用税や入出国税などの諸税も不要です。
さらに航空機の燃油サーチャージも不要で、予定よりも
ベトナムF1ツアー代金に追加費用が掛るということは
ありません。航空券、ホテル、ベトナムGPの
F1観戦チケット、減泊や延泊などの宿泊日数のアレンジも可能
です。ベトナムF1ツアーといっても、自由にF1観戦し、
個人行動出来るところが人気になっているポイントです。
ベトナムGPのF1観戦チケットやホテルの前泊・延泊の
アレンジも可能です。良い席で観戦したい、もっと
ベトナムを観光したければ、予算や自分のプランに
沿ったベトナムF1ツアー日程を作ってもらいましょう。

航空券はF1ツアー会社に手配・準備してもらう事も出
来ますし、自分自身で購入することも出来ます。
マイレージポイントを沢山持っている人は自分自身で
航空券を購入したほうがベトナムF1ツアー費用
がその分、割安になるので断然にお得です。
ベトナムGPのF1ツアーでの航空券も同じです。
必要な時だけ日本語アシスタントにアシストしてもらい、
団体行動や時間的制約などに縛られることなく、
F1観戦もベトナム観光も楽しむことができます。

ベトナムF1ツアーはいつ頃から受付がされている?
F1世界選手権は3月中旬頃から12月上旬頃にかけて
世界22か国を周遊し、順次開催されていきます。
10月頃にFIAより来年度の開催予定日が発表となり、
ベトナムF1ツアーの予約の受付は基本的に10月頃から
スタートします。3月の開幕戦オーストラリアGPから
12月の最終戦アブダビGPまで、レースが開催される約半年前
から予約の受付がされていきます。
ベトナムGPも約半年前から予約受付が開始されます。
F1ツアー会社のWEBサイトを
随時、チェックしておくと良いでしょう。

早期に予約をすれば、その分、航空券が安く購入でき
るベトナムF1ツアーには早めに予約申込みをしたほうが
良いでしょう。ベトナムGPのF1観戦チケットは完売する
のがとても早く、条件の良い席ほど早く完売していきます。
ベトナムGPもその例外ではなく、
良い席から完売していきます。
ホテルや航空券は自分で手配出来ても、条件の良い
ベトナムGPのF1観戦チケットが買えない場合があるので
、なるべく早目に予約するようにしましょう。

日本GP、イタリアGP、
ベルギーGP、イギリスGP、
モナコGP、ハンガリーGP、
ベトナムGP、中国GP、
シンガポールGP、ベトナムGP、

などの人気が高いF1レースは問合せ・予約が殺到しますので、
なるべく早く予約をするようにしたほうが無難です。

ベトナムF1ツアーを予約・申込みするには
どうしたら良い?
WEBサイト上で申込みしたり、直接電話しても大丈夫です。
F1ツアー専門会社のWSTはベトナムF1ツアーに関して
独自の経験・ノウハウがあるのできめの細かいアドバイスや
サービスを提供してくれます。価格も割安なのでチェックして
おくと良いでしょう。
疑問点はすぐに電話やメールなどで聞くようにしましょう。

ベトナムF1ツアーへ予約する方法を
する前に確認すること。
ベトナムF1ツアーといっても、F1ツアー会社に全てを
任せておけば確実・安心という訳ではありません。
F1ツアー会社毎の価格やベトナムF1ツアー日程の違い
などもありますので、他のF1ツアー会社との内容を比較
しながら自分の予定と予算に合った
F1ツアー会社を選ぶようにしましょう。

ベトナムF1ツアー代金とベトナムGPの
F1観戦チケット代金を合わせたツアープランなのか?
F1ツアー会社によってはベトナムF1ツアー代金のみの
価格という会社もあり、ベトナムGPのF1観戦チケット代
や航空券代は別途で追加ということもあるので飛行機
チケット代、ベトナムF1観戦チケット代、ホテル代、
燃油サーチャージ代、空港税や入出国税などの諸税などの総額
の価格をF1ツアー会社にきちんと聞いた上で、
どこのF1ツアー会社にするのか決めましょう。

【まとめ】
自分のプランやスタイルにあったF1ツアー会社を選びましょう
F1ツアー会社のツアープランは様々です。
F1ツアー専門会社のWSTのベトナムF1ツアーならば
自由行動も可能で、前泊・延泊などのアレンジをすることも
可能です。自分ですべて手配・準備することも可能ですが、
お得に心配無く現地で楽しむ為にも、F1ツアー会社の
ベトナムF1ツアーを検討してみてはいかがでしょうか。




scroll-to-top