2018シーズン

2018_03_Q


2018_03_R


IMG_6378

PPからスタートしたフェラーリのベッテルがトップを守るが、2番グリッドからスタートしたライコネンはボッタスとフェルスタッペンにオーバーテイクされて一気に4位に落ちてしまう。

17周目に3位を走行していたフェルスタッペンがピットインし、ウルトラソフトからミディアムに交換し、コースに復帰。6位を走行していたリカルドもこれに続き、同じくミディアムに交換する。レッドブルは2台の間隔が6秒であったにも関わらずダブルピットインの作業を見事にこなし、フェルスタッペンとリカルドの2台をコースに戻した。19周目にはハミルトン、そして20周目にはボッタスがピットに戻り、同様にミディアムに履き替えてコースに復帰した。

20周目にトップを走行していたベッテルもピットに入り、ミディアムに交換。ところがベッテルはこの間にボッタスに逆転を許して2位に下がってしまう。ボッタスのアンダーカットは成功し実質トップに躍り出た。

30周目にトロロッソ・ホンダの2台がストレートエンドのヘアピンで同士打ちのクラッシュを演じてしまったことによって両マシンのパーツがコースに散らばり、セーフティカーが導入される。

このタイミングでレッドブルのフェルスタッペンとリカルドが同時にダブルピットインし、2台とも新品のソフトタイヤに交換する作戦に出る。これが中国GPのレース結果に大きく影響を及ぼすことになった。

36周目にセーフティカーが戻ってレースが再開される。この時点ではボッタス、ベッテル、ハミルトン、フェルスタッペン、ライコネン、リカルドというトップ6になるが、新しいソフトタイヤに熱が入ってくると38周目にリカルドがライコネンをオーバーテイク。フェルスタッペンもタイヤのアドバンテージを生かしてハミルトンの背後に迫る。39周目にはフェルスタッペンがハミルトンの横に並びかけるがここでふらついたハミルトンに押し出されるようにしてコースオフ。フェルスタッペンはリカルドの後ろに順位を下げてしまった。

41周目にはリカルドがハミルトンを一気に追い抜き3位に浮上。42周目にはフェルスタッペンもハミルトンを攻略して4位に浮上。勢いにのったリカルドは43周目にはベッテルもパスして2位にまで順位を上げた。

44周目にベッテルを追い抜こうとしたフェルスタッペンがベッテルとクラッシュ。2台ともコース上でスピンしてしまう。

45周目にはボッタスに追いついたリカルドが一気にオーバーテイクを成功させ、ここでトップに立つ。

48周目にはフェルスタッペンが再びハミルトンを追い抜くと、順位争いのライバルとなるベッテルとのギャップを開きにかかる。一方のベッテルはクラッシュでマシンにダメージを負ってしまい、その後はペースがまったく上がらなかった。

リカルドが最終的に2位ボッタスに9秒近いギャップを築いて先頭でチェッカーフラッグを受け、3戦目にして今季初優勝を飾った。


F1バーレーン海外観戦ツアー


F1バーレーン海外観戦ツアー


2018-02-Bahrain01


トロロッソのガスリーは5位、ハートレーは11位からと、それぞれ自己最高グリッドからのスタートとなったバーレーンGP。


決勝は午後6時10分にスタート。好スタートでターン1を駆け抜けたガスリーは、立ち上がりで4位に浮上したが、その後抜き返され、5位で1周目を終えた。


ハートレーはターン4で他車と接触。大きなダメージはなかったのもの、この接触により10秒加算のタイムペナルティーを科される。ハートレーは12位で1周目を終えた。2周目にレッドブルの2台が立て続けにリタイアし、ガスリーは4位、ハートレーは10位にポジションアップする。


このリタイアにより、バーチャルセーフティカーが発動され、4周目まで続く。レースが再開された直後、ガスリーは後続と激しいバトルとなり接触するが、4位のポジションをキープし、マシンにもダメージはなかった。


ガスリーは15周目、34周目にタイヤ交換のピットインを行い、いったんポジションを下げるが、その後順当に順位を回復して4位をキープ。レース終盤には後続に10秒以上の差をつける安定したハイペースでチェッカーフラッグを受けた。


ガスリーは自身初の入賞を4位で飾り、チームにとって今季初ポイントをもたらした。これは、ホンダにとっても2015年のF1復帰以来最高位となるすばらしい結果を残した。


他車のピットインによって6位までポジションを上げたハートレーは、20周目に1回目のピットインを行い、その際に10秒ペナルティーを消化したため、16位となった。


42周目に2回目のタイヤ交換を行い、14位で終盤を迎えます。ハイペースで追い上げたハートレーは、前走車よりも1周1秒以上速いペースでプッシュし、チェッカー時には0.027秒差まで迫るも、入賞圏内には届かず13位でフィニッシュ。


しかし、レース後に下された裁定でフォーメーションラップ中に違反があったとされ、ペナルティーとして30秒が加算。最終結果は17位となった。

F1オーストラリア海外観戦ツアー


F1オーストラリア海外観戦ツアー


F1オーストラリア海外観戦ツアー


ポールのルイス・ハミルトン、2番グリッドのキミ・ライコネン、3番グリッドのベッテルらはスタートで順位をキープしたものの、4番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンはハースのケビン・マグヌッセンに順位を奪われてしまう。

16番グリッドからスタートしたトロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーだが、1周を終えた時点でピットに戻ってタイヤ交換を実施、最後尾に下がる。逆に最後尾20番グリッドからスタートしたチームメートのピエール・ガスリーは17番手に順位を上げた。

10周目に入ったところでフェルスタッペンがミスを犯してコース上でスピン。この間にロマン・グロージャン、ダニエル・リカルド、ニコ・ヒュルケンベルグに追い抜かれてフェルスタッペンは8番手まで順位を下げてしまう。

15周目にはガスリーのトロロッソ・ホンダにトラブルが発生。ガスリーはなんとかスロー走行でピットに戻るが、ここでリタイアとなる。バルセロナで行われたシーズン前テストでは信頼性の高さを示していたトロロッソ・ホンダだが、ここでトラブルが発生するという不運に襲われてしまった。

レースが19周目に入ったときに2番手を走行していたライコネンが上位勢では一番先にピットイン。ソフトタイヤに交換したライコネンはベッテルの後方3番手でコース復帰を果たす。

ハミルトンもそれに対応して20周目に入るところでピットイン。同じくソフトタイヤに交換し、ライコネンの前でコースに戻る。これでベッテルが暫定トップの位置につく。

23周目にピットインを行ったハースのマグヌッセンだが、その後コース脇にクルマを止めてしまう。原因は左リアタイヤの装着作業ミスだった。

ハースのグロージャンも次の周にピットに入り、タイヤ交換を行う。ところがなんと今回も左リアタイヤ装着がうまくゆかずにグロージャンはコース上でクルマを止めてしまうという信じられないアクシデントが発生。4番手と5番手を走行していたハースの2台がこれで姿を消してしまうことになった。

グロージャンのクルマがコース上でストップしたことで、ここでバーチャルセーフティカーが導入される。

このタイミングでトップの位置にいたベッテルがピットインし、ソフトタイヤに交換してコースへと戻っていく。そしてベッテルはなんとハミルトンの前でコース復帰を果たすことに成功。どうしてこういうことになったのか事態がのみ込めないハミルトンは無線でチームに原因を尋ねるが、メルセデスのエンジニアたちもキツネにつままれたようだった。

レース後半はベッテルがハミルトンとのギャップをコントロールしながらレースを支配。後方ではライコネンとリカルドによる3位争いと、10番グリッドからスタートして徐々に順位を上げていたフェルナンド・アロンソとフェルスタッペンによる5位争いが展開されていく。

だが、抜きどころがほとんどないアルバート・パーク・サーキットだけに、順位変動が起きることなくそのままファイナルラップを迎え、ベッテルが昨年に続き先頭で開幕戦決勝のチェッカーフラッグを受けた。

ベッテルは通算48勝目。
歴代3位のプロスト51勝まで、あと3勝に迫った。
今シーズン中の記録更新が射程圏内に入った。

scroll-to-top