2018年4月8日決勝 バーレーンGP

F1バーレーン海外観戦ツアー


F1バーレーン海外観戦ツアー


2018-02-Bahrain01


トロロッソのガスリーは5位、ハートレーは11位からと、それぞれ自己最高グリッドからのスタートとなったバーレーンGP。


決勝は午後6時10分にスタート。好スタートでターン1を駆け抜けたガスリーは、立ち上がりで4位に浮上したが、その後抜き返され、5位で1周目を終えた。


ハートレーはターン4で他車と接触。大きなダメージはなかったのもの、この接触により10秒加算のタイムペナルティーを科される。ハートレーは12位で1周目を終えた。2周目にレッドブルの2台が立て続けにリタイアし、ガスリーは4位、ハートレーは10位にポジションアップする。


このリタイアにより、バーチャルセーフティカーが発動され、4周目まで続く。レースが再開された直後、ガスリーは後続と激しいバトルとなり接触するが、4位のポジションをキープし、マシンにもダメージはなかった。


ガスリーは15周目、34周目にタイヤ交換のピットインを行い、いったんポジションを下げるが、その後順当に順位を回復して4位をキープ。レース終盤には後続に10秒以上の差をつける安定したハイペースでチェッカーフラッグを受けた。


ガスリーは自身初の入賞を4位で飾り、チームにとって今季初ポイントをもたらした。これは、ホンダにとっても2015年のF1復帰以来最高位となるすばらしい結果を残した。


他車のピットインによって6位までポジションを上げたハートレーは、20周目に1回目のピットインを行い、その際に10秒ペナルティーを消化したため、16位となった。


42周目に2回目のタイヤ交換を行い、14位で終盤を迎えます。ハイペースで追い上げたハートレーは、前走車よりも1周1秒以上速いペースでプッシュし、チェッカー時には0.027秒差まで迫るも、入賞圏内には届かず13位でフィニッシュ。


しかし、レース後に下された裁定でフォーメーションラップ中に違反があったとされ、ペナルティーとして30秒が加算。最終結果は17位となった。