F
1
観戦
ツアーのお見積りはこちら
background cloud

F1 ベルギーGP観戦ツアー | 海外ツアー専門のWST

F1ベルギーGP観戦ツアー

・F1観戦ツアーのお見積り

・F1ベルギーGP開催日程

・スタンドからコースの景色

・F1開催国情報

・F1ベルギーGP観戦ツアーを楽しむ方法

・過去の予選とレース結果は?

F1ベルギーGPチケット

STAND AREA(金土日)
GOLD 1 ピット
GOLD 2
GOLD 3 オールージュ(日曜のみ)
GOLD 4 オールージュ
GOLD 5 スペシャル
GOLD 6
GOLD 7
GOLD 8
GOLD 9 ポールポジション
GOLD 10
SILVER 1
SILVER 2
SILVER 3
SILVER 4
SILVER 6
COMBES
SPEED CORNER
GRAND STAND 17-27
GENERAL ADMISSION(自由席)

F1ベルギーGP 開催日程

日程開催レース開催地
2024/07/26 (金)F1ベルギー グランプリ(GP)・フリー走行1
F1ベルギー グランプリ(GP)・フリー走行2
スパ
2024/07/27 (土)F1ベルギー グランプリ(GP)フリー走行3、予選
スパ
2024/07/28 (日)F1ベルギー グランプリ(GP)決勝レーススパ

お客様独自のオリジナルプランの見積りをお作りします。

WORLD SPORTS TRAVEL

06-4303-4364

MAIL:info@f1world.net

土日祝、夏季、年末年始

受付時間:10:00-18:00 定休日:土日祝

F1ベルギーGPスタンドからコースの景色

Gold 1

間近な距離でスターティンググリッドに整列するマシンを観ることが出来るスタンドです。スタンドの正面が各チームのピットになっていますし、表彰台もありますので表彰式の様子も非常に近い距離で観ることが出来ます。決勝レース開始30分前には各マシンがスターティンググリッドに整列していきます。チーム監督・デザイナー・エンジニア・メカニックなどがグリッドに出てきて自分のチームのマシンとドライバーを取り囲んで決勝レースの最終確認をします。その様子を非常に近い距離で写真撮影が出来ます。各チームのピットもスタンドの正面なので、タイヤ交換などでピットインしてきたマシンのピットイン作業も観ることが出来ます。このサーキットで一番華やかな雰囲気のスタンドになりますのでおススメのスタンドになります。スタンド前のストレートから1コーナーのブレーキング競争でオーバーテイクポイントになっています。スタンドには屋根が設置されており、陽射しや雨から守ってくれます。スタンドの正面にはジャイアントスクリーンが設置されており、レース順位などの展開が解りやすいです。

Gold 9

ホームストレートの最終部分にスタンドがあります。最終コーナーのバスストップシケインを立ち上がって、1コーナーのラ・ソースの飛び込みでのオーバーテイクが見れるスタンドになります。スタンドの右斜めには各チームのピットがあります。スタンドには屋根が設置されているので、太陽の強い陽射しや、雨などから守ってくれます。スタンド正面にはジャイアントスクリーンが設置されているのでレース展開が解りやすいです。スタンド前は各マシンのスターティンググリッドになります。ポールポジションもこのスタンド前になります。オーバーテイクシーンやバトルを楽しみたい人にはおススメのスタンドです。

Gold 8

第1コーナー、ラ・ソース前のエリアにあるスタンドです。このスパ・フランコルシャン・サーキットにはオーバーテイクポイントが3か所あります。ケメルストレート、バスストップシケイン、ラ・ソース、その1つがここのポイントになります。ラ・ソースのコース幅は非常に広いので、各マシン、各ドライバーはいろんなライン取りでこのコーナーを攻めてきますので、オーバーテイクなどのバトルや、ドライバーやマシンの走行ラインの個性の違いを楽しみたい人にはおススメのスタンドです。オーバーテイクが見れるスタンドになります。スタンドには屋根がありませんので、陽射し対策や雨対策が必要です。スタンドの正面にはジャイアントスクリーンが設置されているので、レース順位などの展開がわかりやすいです。

Gold 7

第1コーナーのラ・ソースを立ち上がったエリアにあるスタンドです。このスパ・フランコルシャン・サーキットにはオーバーテイクポイントが3か所あります。ケメルストレート、バスストップシケイン、ラ・ソース、その1つがここのポイントになります。ラ・ソースのコース幅は非常に広いので、各マシン、各ドライバーはいろんなライン取りでこのコーナーを攻めてきますので、オーバーテイクなどのバトルや、ドライバーやマシンの走行ラインの個性の違いを楽しみたい人にはおススメのスタンドです。オーバーテイクが見れるスタンドになります。スタンドには屋根がありませんので、陽射し対策や雨対策が必要です。スタンドの正面にはジャイアントスクリーンが設置されているので、レース順位などの展開がわかりやすいです。

Silver 1

第1コーナーのラ・ソースからスパ・フランコルシャンの名物コーナーであるオールージュへ向かって急激に下っていくエリアのスタンドになります。この区間はマシンがアクセル全開で加速をしていくので、ギヤをシフトアップする音を楽しむことが出来ます。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

Gold 2

第1コーナーのラ・ソースからスパ・フランコルシャンの名物コーナーであるオールージュへ向かって急激に下っていくエリアのスタンドになります。この区間はマシンがアクセル全開で加速をしていくので、ギヤをシフトアップする音を楽しむことが出来ます。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

Silver 2

スパ・フランコルシャンの名物コーナーである、オー・ルージュの上り坂を駆け抜けていくマシンの姿が観れるエリアにあるスタンドなります。空力的に洗練された現代のF1マシンが発生させるダウンフォースは強大なので、このオー・ルージュの上り坂コーナーはアクセル全開の300kmオーバーのスピードで駆け上がっていきます。F1屈指の名物コーナーとして世界中の多くのF1ファンから認知されているこのオー・ルージュでの迫力シーンを観たい人は非常に多く、完売必至のスタンドです。F1マシンの迫力シーンを観たい人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根がありませんので、陽射し対策と雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンがありますので、決勝レースの順位などの展開がわかりやすいです。

Gold 10

スパ・フランコルシャンの名物コーナーである、オー・ルージュの上り坂を駆け抜けていくマシンの姿が観れるエリアにあるスタンドなります。コーナーは2か所あり、毎年のように1つ目のコーナーの出口でバランスを崩したマシンがランオフエリアのバリアに激突したり、2つ目のコーナーのライン取りをミスってランオフエリアのタイヤバリアに激突したり、とこのサーキットで一番クラッシュが多発するエリアにあるスタンドになります。空力的に洗練された現代のF1マシンが発生させるダウンフォースは強大なので、このオー・ルージュの上り坂コーナーはアクセル全開の300kmオーバーのスピードで駆け上がっていきます。F1屈指の名物コーナーとして世界中の多くのF1ファンから認知されているこのオー・ルージュでの迫力シーンを観たい人は非常に多く、完売必至のスタンドです。F1マシンの迫力シーンを観たい人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根があり、太陽の陽射しと雨から守ってくれます。スタンド前にはジャイアントスクリーンがありますので、決勝レースの順位などの展開がわかりやすいです。

Gold 4

スパ・フランコルシャンの名物コーナーである、オー・ルージュの上り坂を駆け抜けていくマシンの姿が観れるエリアにあるスタンドなります。コーナーは2か所あり、毎年のように1つ目のコーナーの出口でバランスを崩したマシンがランオフエリアのバリアに激突したり、2つ目のコーナーのライン取りをミスってランオフエリアのタイヤバリアに激突したり、とこのサーキットで一番クラッシュが多発するエリアにあるスタンドになります。空力的に洗練された現代のF1マシンが発生させるダウンフォースは強大なので、このオー・ルージュの上り坂コーナーはアクセル全開の300kmオーバーのスピードで駆け上がっていきます。F1屈指の名物コーナーとして世界中の多くのF1ファンから認知されているこのオー・ルージュでの迫力シーンを観たい人は非常に多く、完売必至のスタンドです。数年前はオランダからのフェルスタッペン応援団と、ドイツでF1が開催されなくなった影響から、オランダとドイツの隣接国であるベルギーGPには多くのF1ファンが訪れていました。F1マシンの迫力シーンを観たい人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根があり、太陽の陽射しと雨から守ってくれます。スタンド前にはジャイアントスクリーンはありませんので、決勝レースの順位などの展開を知るにはスマートフォンにF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

Gold 3

スパ・フランコルシャンの名物コーナーである、オー・ルージュの上り坂を駆け抜けていくマシンの姿が観れるエリアにあるスタンドなります。コーナーは2か所あり、毎年のように1つ目のコーナーの出口でバランスを崩したマシンがランオフエリアのバリアに激突したり、2つ目のコーナーのライン取りをミスってランオフエリアのタイヤバリアに激突したり、とこのサーキットで一番クラッシュが多発するエリアにあるスタンドになります。空力的に洗練された現代のF1マシンが発生させるダウンフォースは強大なので、このオー・ルージュの上り坂コーナーはアクセル全開の300kmオーバーのスピードで駆け上がっていきます。F1屈指の名物コーナーとして世界中の多くのF1ファンから認知されているこのオー・ルージュでの迫力シーンを観たい人は非常に多く、完売必至のスタンドです。数年前はオランダからのフェルスタッペン応援団と、ドイツでF1が開催されなくなった影響から、オランダとドイツの隣接国であるベルギーGPには多くのF1ファンが訪れていました。このスタンドからはオー・ルージュのコーナーを上から下を見渡すような感じで展望が優れており、名物コーナーのオー・ルージュへの入口手前からコーナー出口までの全部を観ることが出来ます。F1マシンの迫力シーンを観たい人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根があり、太陽の陽射しと雨から守ってくれます。スタンド前にはジャイアントスクリーンはありませんので、決勝レースの順位などの展開を知るにはスマートフォンにF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

Silver 4

スパ・フランコルシャンの名物ストレートである、ケメルストレート区間を走り抜けてきたマシンが、下り坂を走り抜けてきて180度ヘアピンを曲がっていくエリアにあるスタンドになります。もの凄い下り坂なのでスパ・フランコルシャンの標高の高低差が感じられるエリアです。もの凄い下り坂になっています。スタンドには屋根がありませんので、太陽の陽射し対策と雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンはありませんので、決勝レースの順位などの展開を知るにはスマートフォンにF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

Silver 3

下り坂を走り抜けてきて180度ヘアピンを曲がっていくエリアにあるスタンドになります。もの凄い下り坂なのでスパ・フランコルシャンの標高の高低差が感じられるエリアです。もの凄い下り坂になっています。スタンドには屋根がありませんので、太陽の陽射し対策と雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンはありませんので、決勝レースの順位などの展開を知るにはスマートフォンにF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

Gold 6

このスパ・フランコルシャン・サーキットにはオーバーテイクポイントが3か所あります。ケメルストレート、バスストップシケイン、ラ・ソース、その1つがここのポイントになります。バスストップシケインは実質バックストレートの上り坂の終点エリアになります。このバスストップシケインではかなりの頻度でオーバーテイクが繰り広げられますので、オーバーテイクなどのバトルを楽しみたい人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根がありませんので、陽射し対策や雨対策が必要です。スタンドの正面にはジャイアントスクリーンが設置されているので、レース順位などの展開がわかりやすいです。

Speed Corner

もの凄い下り坂なのでスパ・フランコルシャンの標高の高低差が感じられるエリアです。スタンドには屋根がありませんので、太陽の陽射し対策と雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンはありませんので、決勝レースの順位などの展開を知るにはスマートフォンにF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

現地情報

F1ベルギーGP観戦ツアーを楽しむ方法

ベルギーのF1観戦ツアーでは、その歴史の長さと山中にある勾配が特徴的なことから、世界中のF1ファンからも人気の高いサーキット「スパ・フランコルシャン」を訪れます。ここではそんなベルギーのF1観戦ツアーを現地で楽しむポイントについてご紹介します。

ベルギーのF1観戦といえば、リエージュ州スパ市郊外にあるサーキット「スパ・フランコルシャン」、通称「スパ」。

スパで初めてグランプリが開催された1924年は、まだF1が選手権化されていない頃。スパの特徴はその歴史の長さと、山中のコースならではの勾配、そして1周7.004kmというコースの長さにあります。

今回は、そんな「スパ・フランコルシャン」のあるベルギーでF1観戦ツアーを楽しむ方法についてご紹介します。

長いコースならではの特徴をじっくりと味う

冒頭でもお伝えしたとおり、スパは山の中に作られたサーキットのため、激しい勾配があります。また、コースの全長も7.004kmと非常に長いことから、同じコース内でも天候が全く違うといったことも珍しくなく、この独特の天候は「スパ・ウエザー」などとも呼ばれています。
現地でF1観戦ツアーを楽しむのなら、この激しい勾配によるスピードの変化や、天候による攻略の難しさを是非体感してみることをおすすめします。
F1観戦ツアーではお好きなスタンドの観戦券を選択することができますが、例えば次のコーナー周辺のスタンドなどは「スパらしさ」を味わうには持ってこいと言えるでしょう。

オー・ルージュ

コーナーと交差するように流れる川がフランス語で「赤い水」を意味する「オー・ルージュ」と呼ばれることから名付けられたこのコーナーは、約80mもの高低差があります。その上り坂を300km超えのスピードで2秒ほどで駆け上がっていくため、F1ファンの間でも非常に人気の高い名物コーナーです。

プーオン

「オー・ルージュ」と並んで人気があるのが2連続の左コーナーがある「プーオン」。わずかに減速しながら進入することが求められるものの、下りであるためにコントロールが難しいことで知られています。速度を上げたまま進入すると確実にコースアウトをするため、ドライバーのテクニックだけではなく度胸をも試されることになるのです。

宿泊地のブリュッセルは観光も手軽に楽しめる!

スパは山の中にあり、周辺の町は小さく宿泊施設も少ないため、F1観戦ツアーに参加する場合はブリュッセルに宿泊するケースが少なくありません。
ブリュッセルといえばベルギーの首都。近郊には観光名所も豊富なため、F1観戦ツアーの合間には是非ベルギーを代表する場所に足を運んでみられることをおすすめします。
例えばそのひとつは、ブリュッセルの街の象徴ともいえる場所が「グラン・プラス」と呼ばれる広場。広さはおよそ110m×70mほどで決して広大とはいえない面積ですが、世界屈指の美しい広場といわれています。
グラン・プラスの周囲は歴史ある建造物に囲まれており、1400年代初頭に建造された高さ96mの塔がシンボルの「市庁舎」や、通称「王の家」と呼ばれる市立博物館にはかの有名な「小便小僧」の衣装の数々も展示されています。
また、偶数年の8月中旬には広場に「フラワー・カーペット(花の絨毯)」が敷き詰められ、その美しさは圧巻です。F1観戦ツアーの時期とは少しずれてしまうかもしれませんが、開催は2年に1度ですので、フラワーカーペットが見られる時期に再度訪れて見るのも良いのではないでしょうか。

「ニュルブルクリンクサーキット」や「ミハエル・シューマッハ カートセンター」へ行くことも可能

ご存じのとおりベルギーはドイツの隣国です。そのため、ベルギーのFI観戦ツアーではタイムアタックの聖地として有名な「ニュルブルクリンクサーキット」の見学ツアーに参加することも可能です。
また、同じくドイツのケルペンという街には、ミハエル・シューマッハが共同オーナーを務める「ミハエル・シューマッハ カートセンター」があり、運転免許なしでもカート体験を楽しむことができます。一時は石炭採掘のため2020年で閉鎖される話も浮上していましたが、閉鎖の話は無くなり、現在も多くの愛好家たちが訪れる場所となっています。

ベルギーのF1観戦ツアーでは、見応え十分な「スパ・フランコルシャン」のレースはもちろんのこと、レース以外の観光にも気軽に足を運びやすく、初めてF1観戦ツアーに参加する方でも疲れを感じることなく十分に楽しめるのではないでしょうか。
ただし、「スパ・フランコルシャン」周辺は山間部ということもあり、天候も変わりやすいため、F1観戦ツアーに参加する際には寒暖差に対応できる服装は必ず準備しておきましょう。
万全の準備で、世界的にも人気の高いベルギーのF1観戦ツアーを是非楽しんでくださいね。

F1ベルギーGP過去の予選とレース結果は?

ベルギーグランプリの初開催は1925年。以来、何度かの中断を挟みながら開催され、1950年のF1世界選手権シーズンからカレンダー入りした。当時は全長12kmの公道コースでスパ・フランコルシャンを舞台に行われていたが、時代の進化とともにマシンの性能が向上し、コースの安全対策の不備が指摘・批判されるようになった。1969年のベルギーGPは選手組合 (GPDA) のボイコットにより開催が中止され、1972年よりニヴェル・ボレールやゾルダー・サーキットへベルギーグランプリの舞台は移された。当面、この2ヵ所で交互開催を続けていく予定であったが、一方のニヴェルが経営破綻した為、1975年から1982年までゾルダーで開催されたが、1982年にジル・ヴィルヌーヴの不慮の事故により、ゾルダーでの開催継続が困難な状況になり、翌年の1983年からはスパ・フランコルシャンで開催され、1985年以降はずっとスパ・フランコルシャンで開催されるようになった。

毎年、開催時期は夏の終わりだが、近年の傾向としてハンガリーとイタリアの間に開催されることが多い。2010年以降は夏休み明けの最初のレースとなっている。高速コーナーが多いスパでのレースは、スパ・ウェザーと呼ばれる短時間で猫の目のように天気が頻繁に変わることにより、レースに波乱の展開が多く見られる。1周で晴れている箇所もあれば、逆に雨が降っている箇所もあり、走行にドライタイヤかレインタイヤのいずれを装着するべきか悩ましい状況がたびたび発生し、レース結果に大きな影響を及ぼし、スパウェザーの所以となっている。ギャンブルで逆転を狙う下位のドライバーにはスパウェザーは好都合だが、レースをリードする立場ではスパウェザーは悩ましい存在である。

F1からヨーロッパ圏内のレース数が減っていく中で、ベルギーグランプリも存続が危ぶまれている。2003年はタバコ広告禁止法にF1が対応していなかった為にレースが開催されず、2006年は主催者の破産や施設改修の遅れにより開催中止となった。2007年以降はパンデミックでの不開催を除き毎年開催が続いている。近年はマックスフェルスタッペン人気とドイツでの開催が消滅になってしまったことも相まってベルギーGPのチケットは完売するようになった。

2023 F1ベルギーGPの予選とレース結果は?

F1ベルギーGP観戦ツアー1005

ライトが消えると、フェラーリのシャルル・ルクレールは最初のポジションを維持して1コーナーに進入した。フェラーリのカルロス・サインツはターン1への進入でロックし、イン側でフェラーリのカルロス・サインツを追い越そうとしたマクラーレンのピアストリと衝突し、マクラーレンのピアストリのマクラーレンをイン側の壁に押し付けた。マクラーレンのピアストリはサスペンションにダメージを負い、1Lap目でリタイアとなり、レースは続行される前に一時的に黄旗が出た。フェラーリのカルロス・サインツもサイドポッドにダメージを負ったが、空力バランスを調整して5位を維持するように言われた。衝突の調査は行われなかった。マクラーレンのピアストリとフェラーリのカルロス・サインツはこの事件についてお互いを非難した。

1Lap目のコース上ではレッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスがケンメルのストレートでフェラーリのシャルル・ルクレールをパスし、すぐに1秒以上の差を築いた。6Lap目、ギアボックスペナルティの後6位からスタートしたレッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンが、同じストレートで3位メルセデスのルイス・ハミルトンをオーバーテイクした。9Lap目、レッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンはターン7でフェラーリのシャルル・ルクレールをオーバーテイクして2位を獲得した。一方、フェラーリのカルロス・サインツはまだマシンの初期のダメージに悩まされており、アストンマーティンのフェルナンド・アロンソ、アルファタウリホンダRBPTの角田裕殻裕毅、アレックス・アルボン、ローガン・サージェントに遅れをとってポジションを落とした。

レッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスとフェラーリのシャルル・ルクレールは14Lap目にピットインしたが、レッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスはホイールガンの故障により若干の遅れを喫した。次のLapにレッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンがより早くピットインしたことで、レッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスのリードは1.5秒に縮まった。18Lap目、レッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンはケンメルストレートでレッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスをパスしてリードを奪い、レースの残りの間そのリードを維持することになる。

20Lap目に短時間の雨が降ったが、誰もインターミディエイトタイヤでピットインしたが、アストンマーティンのランス・ストロールはミディアムタイヤでの最初のスティントを終えてソフトタイヤに交換した。レースが22Lapの中間点に達したとき、フェラーリのカルロス・サインツは初期の大きなダメージによりピットインしリタイアとなった。

31Lap目までに、メルセデスのジョージ・ラッセル、アルピーヌのピエール・ガスリー、アストンマーティンのランス・ストロールを除くすべてのドライバーが2回ピットインした。アルピーヌのエステバン・オコンはアルファタウリホンダRBPTの角田裕殻を抜いて9位、アストンマーティンのランス・ストロールは8位となった。レースの最終ラップでメルセデスのルイス・ハミルトンは3度目のストップをかけてポジションを維持し、新しいミディアムタイヤに交換して最終ラップでレッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンからファステストラップポイントを奪うことに成功した。

レッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンはレッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスに22秒差をつけてチェッカーフラッグを受け、続いてフェラーリのシャルル・ルクレール、メルセデスのルイス・ハミルトン、アストンマーティンのフェルナンド・アロンソ、メルセデスのジョージ・ラッセル、マクラーレンのランド・ノリス、アルピーヌのエステバン・オコン、アストンマーティンのランス・ストロールが続いた。素早いピットストップの後、マクラーレンのランド・ノリスは17位まで走行していたが、10位のポジションを回復して7位でフィニッシュした。アルファタウリホンダRBPTの角田裕殻はポイント獲得ポジションを締めくくり、アルファタウリはアゼルバイジャンGP以来のポイントを獲得した。

2023 F1ベルギーGP 予選

2023 F1ベルギーGP 予選
PosNoドライバーチームQ1Q2Q3Grid
11フェルスタッペンレッドブル・レーシング-ホンダ RBPT1:58.5151:52.7841:46.1686
216ルクレールフェラーリ1:58.3001:52.0171:46.9881
311ペレスレッドブル・レーシング-ホンダ RBPT1:58.8991:52.3531:47.0452
444ハミルトンメルセデス1:58.5631:52.3451:47.0873
555サインツフェラーリ1:58.6881:51.7111:47.1524
681ピアストリマクラーレン1:58.8721:51.5341:47.3655
74ノリスマクラーレン1:59.9811:52.2521:47.6697
863ラッセルメルセデス1:59.0351:52.6051:47.8058
914アロンソアストンマーティン アラムコ-メルセデス1:58.8341:52.7511:47.8439
1018ストロールアストンマーティン アラムコ-メルセデス1:59.6631:52.1931:48.84110
1122角田裕毅アルファタウリ-ホンダ RBPT1:59.0441:53.148 11
1210ガスリーアルピーヌ1:59.5111:53.671 12
1320マグヌッセンハース2:00.0201:54.160 16
1477ボッタスアルファロメオ1:59.4841:54.694 13
1531オコンアルピーヌ1:59.6341:56.372 14
1623アルボンウィリアムズ2:00.314 15
1724アルファロメオ2:00.832 17
182ローガンウィリアムズ2:01.535 18
193 ダニエル・リカルドアルファタウリ-ホンダ RBPT2:02.159 19
2027 ヒュルケンベルグハース2:03.166 PL3

2023 F1ベルギーGP 決勝

2023 F1ベルギーGP 決勝
PosNoドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGridPoints
11フェルスタッペンレッドブル・レーシング-ホンダ RBPT441:22:30.450625
211ペレスレッドブル・レーシング-ホンダ RBPT44+22.305218
316ルクレールフェラーリ44+32.259115
444ハミルトンメルセデス44+49.671313
514アロンソアストンマーティン アラムコ-メルセデス44+56.184910
663ラッセルメルセデス44+1:03.10188
74ノリスマクラーレン44+1:13.71976
831オコンアルピーヌ44+1:14.719144
918ストロールアストンマーティン アラムコ-メルセデス44+1:19.340102
1022角田裕毅アルファタウリ-ホンダ RBPT44+1:20.221111
1110ガスリーアルピーヌ44+1:23.08412
1277ボッタスアルファロメオ44+1:25.19113
1324アルファロメオ44+1:35.44117
1423タイアルボンウィリアムズ44+1:36.18415
1520マグヌッセンハース44+1:41.75416
163ダニエル・リカルドアルファタウリ-ホンダ RBPT44+1:43.07119
172アメリカローガンウィリアムズ44+1:44.47618
1827ヒュルケンベルグハース44+1:50.450PL
レット55サインツフェラーリ23衝突被害4
レット81ピアストリマクラーレン0衝突被害5