F
1
観戦
ツアーのお見積りはこちら
background cloud

F1 イタリアGP観戦ツアー | 海外ツアー専門のWST

F1イタリアGP観戦ツアー

・F1イタリアGP開催日程

・スタンドからコースの景色

・F1開催国情報

・F1イタリアGP観戦ツアーを楽しむ方法

・過去の予選とレース結果は?

フェラーリ博物館に行ってきました。

フェラーリ博物館正面エントランス

F1ファン憧れの博物館。
歴代のフェラーリF1,フェラーリロードカーが展示されています。フェラーリのスポーツカー、F1の歴史を一挙に見ることが出来ます。

館内の様子

館内には50年代からのF1マシンをはじめ、ロードカーが一挙に展示されており、フェラーリの歴史を垣間見ることが出来ます。

エンツォ・フェラーリ博物館に行ってきました。

エンツォ・フェラーリ生家博物館

生家を改装して作られ、エンツォの執務室をはじめ、館内にはフェラーリをはじめマセラッティ、フィアット、アルファロメオのクラシックカーが展示されています。

館内の様子

2012年にオープンしたMUSEO CASA ENZO FERRARI

マラネロの新しい観光地になっています。

フェラーリ公認レストラン CAVALLINOでお昼を食べました。

フェラーリ公認レストラン Cavallino

歴代フェラーリドライバーのヘルメットやパーツの数々、
フェラーリファンには見逃せない魅力でいっぱいです。

店内の様子

F1関連の装飾品や写真などで店内は洗練されています。

フェラーリ提携のマラネロビレッジで宿泊しました。

フェラーリ提携ホテル
マラネロビレッジに宿泊。

マラネロビレッジ内の様子

ランボルギーニ博物館を見学しました。

ランボルギーニ博物館

ランボルギーニ博物館内の様子

館内は歴代のランボルギーニが展示されています。

イモラ(サンマリノ)サーキットを見学してきました。

タンブレロ・コーナーの向かい側にはセナの銅像がたたずんでいます。

F1イタリアGPチケット

STAND AREA(金土日)
スタンド 1
スタンド 4
スタンド 5
スタンド 6a
スタンド 6b
スタンド 6c
スタンド 8a
スタンド 8b
スタンド 9
スタンド 10
スタンド 12
スタンド 13
スタンド 14
スタンド 15
スタンド 16
スタンド 18
スタンド 19
スタンド 20
スタンド 21a
スタンド 21b
スタンド 21c
スタンド 21d
スタンド 21e
スタンド 22
スタンド GF10-GF13
スタンド 23a
スタンド 23b
スタンド 24
スタンド 26a
スタンド 26b
スタンド 26c
スタンド 27
自由席(GENERAL ADMISSION)

26C:上位チームガレージ前スタンド。空中ポディウムも良く見れます。26B:中堅チームガレージ前スタンド。
6C:第一コーナーへの立ち上がりの攻防は必見。シケイン内側のスタンド。
8A:シケイン外側のスタンド。8B:LOWER(下段)、8A:UPPER(上段)で8Aの方が観やすいです。

F1イタリアGP 開催日程

日程開催レース開催地
2024/08/30 (金)F1イタリア グランプリ(GP)・フリー走行1
F1イタリア グランプリ(GP)・フリー走行2
モンツァ
2024/08/31 (土)F1イタリア グランプリ(GP)フリー走行3、予選
モンツァ
2024/09/01 (日)F1イタリア グランプリ(GP)決勝レースモンツァ

お客様独自のオリジナルプランの見積りをお作りします。

WORLD SPORTS TRAVEL

06-4303-4364

MAIL:info@f1world.net

土日祝、夏季、年末年始

受付時間:10:00-18:00 定休日:土日祝

F1イタリアGPスタンドからコースの景色

スタンド26a

間近な距離でスターティング・グリッドに整列するマシンが見ることが出来ます。スタンド正面が下位チームのピットになっているので、タイヤ交換などでマシンがピットインしてきた時の作業なども近い距離で観ることが出来ます。スタンド前のスターティンググリッドはポールポジション付近から上位までのグリッドになります。決勝レーススタートの30分前から各マシンがコースに出てきてスターティンググリッドに整列していき、マシンの周辺にはチーム代表やエンジニア・メカニックなどが集まり、ドライバーと決勝レースの戦略を最終確認しますので、そのタイミングは撮影チャンスです。TVカメラや報道関係者などもスターティンググリッドに多く詰めかけてきてドライバーにインタビューをします。スタンドの右斜めは表彰台になっていますので、表彰式の様子を観ることが出来ます。スタンド前は320km以上のスピードでマシンは走行していきますのでF1マシンから発せられるサウンドを十分に楽しむことも出来ます。スタンドには屋根が設置されていますので、陽射しや雨からも守ってくれます。ジャイアントスクリーンがスタンドの左斜めの方角に設置されています。F1の華やかな雰囲気や表彰式などの様子を楽しみたい人にはおススメのスタンドです。スタンドの前にはフェラーリ大応援団が陣取っていますのでF1イタリアGPの雰囲気が十分に味わえます。

スタンド26b

間近な距離でスターティング・グリッドに整列するマシンが見ることが出来ます。スタンド正面が中位チームのピットになっているので、タイヤ交換などでマシンがピットインしてきた時の作業なども近い距離で観ることが出来ます。スタンド前のスターティンググリッドは中位グリッドになります。予選で中位グリッドあたりの戦闘力のチームを応援されている方にはおススメのスタンドです。決勝レーススタートの30分前から各マシンがコースに出てきてスターティンググリッドに整列していき、マシンの周辺にはチーム代表やエンジニア・メカニックなどが集まり、ドライバーと決勝レースの戦略を最終確認しますので、そのタイミングは撮影チャンスです。TVカメラや報道関係者などもスターティンググリッドに多く詰めかけてきてドライバーにインタビューをします。スタンドの右斜めは表彰台になっていますので、表彰式の様子を観ることが出来ます。スタンド前は320km以上のスピードでマシンは走行していきますのでF1マシンから発せられるサウンドを十分に楽しむことも出来ます。スタンドには屋根が設置されていますので、陽射しや雨からも守ってくれます。ジャイアントスクリーンがスタンドの左斜めの方角に設置されています。F1の華やかな雰囲気や表彰式などの様子を楽しみたい人にはおススメのスタンドです。スタンドの前にはフェラーリ大応援団が陣取っていますのでF1イタリアGPの雰囲気が十分に味わえます。

スタンド26c

間近な距離でスターティング・グリッドに整列するマシンが見ることが出来ます。スタンド正面が上位チームのピットになっているので、タイヤ交換などでマシンがピットインしてきた時の作業なども近い距離で観ることが出来ます。スタンド前が上位チームのピットになるので、フェラーリを応援されている方にはおススメのスタンドです。スタンド前のスターティンググリッドは下位グリッドになります。決勝レーススタートの30分前から各マシンがコースに出てきてスターティンググリッドに整列していき、マシンの周辺にはチーム代表やエンジニア・メカニックなどが集まり、ドライバーと決勝レースの戦略を最終確認しますので、そのタイミングは撮影チャンスです。TVカメラや報道関係者などもスターティンググリッドに多く詰めかけてきてドライバーにインタビューをします。スタンドの右斜めは表彰台になっていますので、表彰式の様子を観ることが出来ます。スタンド前は320km以上のスピードでマシンは走行していきますのでF1マシンから発せられるサウンドを十分に楽しむことも出来ます。スタンドには屋根が設置されていますので、陽射しや雨からも守ってくれます。ジャイアントスクリーンがスタンドの左斜めの方角に設置されています。F1の華やかな雰囲気や表彰式などの様子を楽しみたい人にはおススメのスタンドです。スタンドの前にはフェラーリ大応援団が陣取っていますのでF1イタリアGPの雰囲気が十分に味わえます。

スタンド27

間近な距離でスターティング・グリッドに整列するマシンが見ることが出来ます。スタンド正面が下位チームのピットになっているので、タイヤ交換などでマシンがピットインしてきた時の作業なども近い距離で観ることが出来ます。スタンド前のスターティンググリッドはポールポジション付近から上位までのグリッドになります。決勝レーススタートの30分前から各マシンがコースに出てきてスターティンググリッドに整列していき、マシンの周辺にはチーム代表やエンジニア・メカニックなどが集まり、ドライバーと決勝レースの戦略を最終確認しますので、そのタイミングは撮影チャンスです。TVカメラや報道関係者などもスターティンググリッドに多く詰めかけてきてドライバーにインタビューをします。スタンドの右斜めは表彰台になっていますので、表彰式の様子を観ることが出来ます。スタンド前は320km以上のスピードでマシンは走行していきますのでF1マシンから発せられるサウンドを十分に楽しむことも出来ます。スタンドには屋根が設置されていますので、陽射しや雨からも守ってくれます。ジャイアントスクリーンがスタンドの左斜めの方角に設置されています。F1の華やかな雰囲気や表彰式などの様子を楽しみたい人にはおススメのスタンドです。スタンドの前にはフェラーリ大応援団が陣取っていますのでF1イタリアGPの雰囲気が十分に味わえます。

スタンド1

スタートラインに近いスタンドです。各チームのピットの様子を見ることも出来ます。このスタンド1の前あたりはホームストレート上でのバトルが繰り広げられ、抜きつ抜かれつのオーバーテイクの駆け引きが繰り広げられます。最高速の345kmに達するポイントで、DRSを使用すればゆうに360kmは超えます。このモンツァサーキットで最高速が計測される地点になります。F1マシンの究極の速さを堪能したい方にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根が設置されていますので、陽射しや雨からも守ってくれます。ジャイアントスクリーンは設置されていないので、決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド4

スタンド4前でピットロードの出口とホームストレートが交錯します。このスタンド前を通過する時はマシンのスピードは最高速の345km付近に達しています。ホームストレートはDRSが使える区間なので、前車に1秒以内に接近していればDRS使用で最高速は360kmを越えます。エンジン音も最大になっており、F1マシンのスピードと音を楽しみたい人にはおススメのスタンドです。スタンド前を通過するときはオーバーテイクなどのバトルが繰り広げられますので、十分に楽しめるスタンドです。スタンドには屋根が設置されていますので、陽射しや雨からも守ってくれます。ジャイアントスクリーンは設置されていないので、決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド5

最高速に達したマシンがこのスタンド5前の辺りからブレーキングを開始します。350kmのスピードから80kmぐらいまでのビッグブレーキング。このモンツァサーキットで最大のブレーキングを行います。このスタンド前を通過する時はバトルの真っ最中で、この先のシケインでバトルの決着はつきますが、イン側のラインを確保した側のマシンが圧倒的に有利です。F1マシンのバトルや、ブレーキング競争を楽しみたい人にはおススメのスタンドです。オーバーテイク時のブレーキング競争の駆け引きが見ることが出来るスタンドになります。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

スタンド6a

ホームストレートからの350キロ以上のスピードからボトルを繰り広げるマシン同士のブレーキング競争が繰り広げられるエリアになります。このモンツァサーキットで最も減速がされるエリアでブレーキに掛る負荷は最大になります。コースのイン側のラインを取ったマシンが圧倒的に有利でオーバーテイクに成功する確率が高くなります。モンツァサーキットでオーバーテイクが可能なエリアの1つになります。マシン同士のバトルやブレーキング競争、オーバーテイクシーンを観たい人におススメのスタンドです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

スタンド6b

ホームストレートからの350キロ以上のスピードからボトルを繰り広げるマシン同士のブレーキング競争が繰り広げられるエリアになります。このモンツァサーキットで最も減速がされるエリアでブレーキに掛る負荷は最大になります。コースのイン側のラインを取ったマシンが圧倒的に有利でオーバーテイクに成功する確率が高くなります。モンツァサーキットでオーバーテイクが可能なエリアの1つになります。マシン同士のバトルやブレーキング競争、オーバーテイクシーンを観たい人におススメのスタンドです。第1シケインはオーバーテイクポイントの割にはコース幅が狭く、マシン同士の接触が毎年多発しますので、クラッシュシーンがこのスタンドで観られます。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

スタンド6c

ホームストレートからの350キロ以上のスピードからバトルを繰り広げるマシン同士のブレーキング競争が繰り広げられるエリアになります。このモンツァサーキットで最も減速がされるエリアでブレーキに掛る負荷は最大になります。コースのイン側のラインを取ったマシンが圧倒的に有利でオーバーテイクに成功する確率が高くなります。モンツァサーキットでオーバーテイクが可能なエリアの1つになります。マシン同士のバトルやブレーキング競争、オーバーテイクシーンを観たい人におススメのスタンドです。第1シケインはオーバーテイクポイントの割にはコース幅が狭く、マシン同士の接触が毎年多発しますので、クラッシュシーンがこのスタンドで観られます。このスタンドの正面がシケイン全体を見渡せることが出来る絶好のロケーションになっています。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

スタンド8a

モンツァの第1シケインはオーバーテイクポイントで、ここで一番多く追い抜きが繰り広げられます。ここを立ち上がってロッジアへ向かって加速していきます。この第1シケインでオーバーテイクが出来なかったとしても、次の第2シケイン(ロッジア)でも十分にオーバーテイクが可能なので、この第1シケインの脱出で前車に接近しておけばスリップストリームを利用出来るので、ドライバーはこの第1シケインの攻略を慎重に処理をします。サイドバイサイドのオーバーテイクシーンを観たい人にはおススメのスタンドです。スタンドの上段部分が8aになりますので、遠くまで見晴しが良いスタンドになります。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド8b

モンツァの第1シケインはオーバーテイクポイントで、ここで一番多く追い抜きが繰り広げられます。ここを立ち上がってロッジアへ向かって加速していきます。この第1シケインでオーバーテイクが出来なかったとしても、次の第2シケイン(ロッジア)でも十分にオーバーテイクが可能なので、この第1シケインの脱出で前車に接近しておけばスリップストリームを利用出来るので、ドライバーはこの第1シケインの攻略を慎重に処理をします。サイドバイサイドのオーバーテイクシーンを観たい人にはおススメのスタンドです。スタンドの下段部分が8bになりますので、8aと比較すれば見晴しが若干劣るスタンドになります。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド9

モンツァの第2シケイン(ロッジア)はオーバーテイクポイントになります。第1シケインから立ち上がってきたマシン同士がこの第2シケイン(ロッジア)でバトルを繰り広げるシーンが非常に多く観られます。オーバーテイクの成功確率もそこそこ有り、人気の高いスタンドです。バトルした結果、コースオフしてサンドトラップから脱出出来なくなり、ここでリタイヤするマシンも有ります。マシン同士のバトルやオーバーテイクシーンを観たい、という人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

スタンド10

モンツァの第2シケイン(ロッジア)を立ち上がってきたエリアにあるスタンドです。このスタンド10前を通過したら、レズモコーナーがあります。レズモコーナーは自由席エリアになっています。このスタンド10前はただマシンが加速していくだけなので、観戦するにはあまり向いていないスタンドになります。オーバーテイクやバトルを観たい人は他のスタンドで観戦することをおススメします。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド12

アスカリシケインの手前になるスタンドです。レズモからこのアスカリシケインまでのストレートはDRSが使える区間ですが、このストレートでのオーバーテイクは非常に難しく、前のマシンに接近することが目的になりがちです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

スタンド13

アスカリシケインの入口になるスタンドです。レズモからこのアスカリシケインまでのストレートはDRSが使える区間ですが、このアスカリシケインでのオーバーテイクは非常に難しく、マシンの性能差が大きいか、前のマシンがミスでもしない限り、オーバーテイクにまでは至りません。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

スタンド14-15

アスカリシケインの入口になるスタンドです。レズモからこのアスカリシケインまでのストレートはDRSが使える区間ですが、このアスカリシケインでのオーバーテイクは非常に難しく、マシンの性能差が大きいか、前のマシンがミスでもしない限り、オーバーテイクにまでは至りません。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド16

アスカリシケインの出口の前にあるスタンドです。このアスカリシケインを立ち上がって、モンツァサーキット名物の最終コーナーであるパラボリカコーナーへ向かってアクセル全開で走行していきます。このスタンドではF1マシンの低速コーナーの安定性と回頭性能をチェックすることが出来ます。玄人好みのスタンドです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

スタンド19

モンツァのバックストレートになります。最終コーナーのパラボリカへ向かってF1マシンは全開で加速していきます。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド20

モンツァのバックストレートになります。最終コーナーのパラボリカへ向かってF1マシンは全開で加速していきます。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド21a

モンツァ名物の最終コーナー、パラボリカ前のスタンドになります。アスカリシケインを上手く立ち上がり、前車に接近することが出来ればこのパラボリカコーナーの飛び込みでイン側のラインを取れればオーバーテイクが出来ます。F1マシン同士の接近戦やバトル、オーバーテイクを観たい人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド21b

モンツァ名物の最終コーナー、パラボリカ前のスタンドになります。アスカリシケインを上手く立ち上がり、前車に接近することが出来ればこのパラボリカコーナーの飛び込みでイン側のラインを取れればオーバーテイクが出来ます。F1マシン同士の接近戦やバトル、オーバーテイクを観たい人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド21c

モンツァ名物の最終コーナー、パラボリカ前のスタンドになります。アスカリシケインを上手く立ち上がり、前車に接近することが出来ればこのパラボリカコーナーの飛び込みでイン側のラインを取れればオーバーテイクが出来ます。F1マシン同士の接近戦やバトル、オーバーテイクを観たい人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド21d

モンツァ名物の最終コーナー、パラボリカ前のスタンドになります。アスカリシケインを上手く立ち上がり、前車に接近することが出来ればこのパラボリカコーナーの飛び込みでイン側のラインを取れればオーバーテイクが出来ます。F1マシン同士の接近戦やバトル、オーバーテイクを観たい人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド21e

バックストレート・エンドのスタンドになります。前車のスリップに入れれば、ここはオーバーテイクの場所になります。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド22

モンツァ名物の最終コーナー、パラボリカ前のスタンドになります。アスカリシケインを上手く立ち上がり、前車に接近することが出来ればこのパラボリカコーナーの飛び込みでイン側のラインを取れればオーバーテイクが出来ます。F1マシン同士の接近戦やバトル、オーバーテイクを観たい人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根が設置されていますので、陽射しや雨からも守ってくれます。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド23a

最終コーナー・パラボリカ出口のスタンドになります。イン側に走行ラインを取ればピットロードの入口になる場所です。このパラボリカコーナー出口の通過速度は280kmをゆうにオーバーし、超高速コーナーとしても有名です。F1マシンの超高速コーナリング性能を楽しみたい人にはおススメのスタンドです。このコーナーのライン取りをミスすれば、続くホームストレートで後車にオーバーテイクされる可能性が髙くなるのでF1ドライバーは大胆かつ慎重にこのコーナーに対応します。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド23b

最終コーナー・パラボリカ出口のスタンドになります。イン側に走行ラインを取ればピットロードの入口になる場所です。このパラボリカコーナー出口の通過速度は280kmをゆうにオーバーし、超高速コーナーとしても有名です。F1マシンの超高速コーナリング性能を楽しみたい人にはおススメのスタンドです。このコーナーのライン取りをミスすれば、続くホームストレートで後車にオーバーテイクされる可能性が髙くなるのでF1ドライバーは大胆かつ慎重にこのコーナーに対応します。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

スタンド24

最終コーナー・パラボリカ出口のスタンドになります。イン側に走行ラインを取ればピットロードの入口になる場所です。このパラボリカコーナー出口の通過速度は280kmをゆうにオーバーし、超高速コーナーとしても有名です。F1マシンの超高速コーナリング性能を楽しみたい人にはおススメのスタンドです。このコーナーのライン取りをミスすれば、続くホームストレートで後車にオーバーテイクされる可能性が髙くなるのでF1ドライバーは大胆かつ慎重にこのコーナーに対応します。スタンドには屋根が設置されていますので、陽射しや雨からも守ってくれます。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

スタンドGF10-GF13

最終コーナー・パラボリカ出口のスタンドになります。イン側に走行ラインを取ればピットロードの入口になる場所です。このパラボリカコーナー出口の通過速度は280kmをゆうにオーバーし、超高速コーナーとしても有名です。F1マシンの超高速コーナリング性能を楽しみたい人にはおススメのスタンドです。このコーナーのライン取りをミスすれば、続くホームストレートで後車にオーバーテイクされる可能性が髙くなるのでF1ドライバーは大胆かつ慎重にこのコーナーに対応します。スタンドには屋根が設置されていますので、陽射しや雨からも守ってくれます。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

F1イタリアGP・モンツァ

首都:ローマ。
人口:6,001万人。
物価:日本と同程度。
通貨:ユーロ。
時差:+7時間。
気温:F1開催時の平均気温17度~25度。
公用語:イタリア語。
サーキット:モンツァ・サーキット。
開催期間:2024年08月30日~2024年09月01日。
開始時刻:15時00分(日本時間22時00分)。
観戦時の服装:半袖シャツまたは長袖シャツ。
ミラノ近郊の観光名所:がおススメです。

F1屈指の超高速サーキット。毎年、多くのティフォシでスタンドは赤く染まる。F1に残された唯一の超高速サーキット。オールドファッションのクラッシックコースである。昔の名残でオーバルコースも現存しているが、レースでは使用されていない。3000cc最終年の2005年には最高速370キロをオーバーした。ストレート区間が長い割にはオーバーテイクの難易度は高い。最終コーナー(パラボリカ)で前車に接近することは容易ではないからだ。

イタリア第2の都市・ミラノの北東部20キロにサーキットがある。近年はヨーロッパラウンド最終の地となっている。F1カレンダーが20戦前後になった頃から9月初旬に開催されるようになった。(以前は9月中旬開催だった)サンマリノでのF1開催がなくなりイタリアでのF1開催はモンツァのみとなって久しい。前最高権威のバーニー・エクレストンが新興国開催へ舵を切り、ヨーロッパでの開催数は減少した。(バレンシア・サンマリノ・フランス・ドイツなど)モンツァも開催の危機に瀕していたが、新オーナーのリバティ・メディア社との間で開催延長の方向で契約がまとまった。その後、さらに契約が更新されて2024年までのF1イタリアGP開催の権利を有している。

F1イタリアGP観戦ツアーを楽しむ方法

海外現地でF1観戦ツアーを楽しむためには、だいたいは個人で計画を立てるか旅行会社のサービスを利用するかの二者択一になります。そこで今回はイタリアでのF1観戦ツアーにおける、大まかな手配の流れや旅行時の注意点をご紹介します。

例えば単純に名所を回る海外旅行でも、現地を存分に満喫するにはさまざまな準備が必要です。
さらにF1観戦ツアーとなれば、レースを観るための手配も必要です。

せっかくイタリアに行くなら、観光も堪能したいという場合も多いでしょう。

そこで本記事では、イタリアのF1観戦ツアーを心ゆくまで楽しめるような、事前準備や気をつけたいポイントについて解説していきます。

まずは個人か旅行会社で手配するのか選択

海外現地のF1観戦ツアーに行く方法は、大きく分けて個人もしくは旅行会社を使った手配の2種類です。
当然ながらそれぞれメリット・デメリットはあるので、まずはしっかりと適した手段を見極めることから始めましょう。

個人と旅行会社との大まかな違いとしては、やはり自由度の高さとコストです。
もちろん個人ですべて計画するのであれば、自分の好きなようにスケジュールが組めます。

なおかつホテルが柔軟に選べたり、手配料が抑えられたりするので、コストを削りやすいのも利点です。

一方で旅行会社に依頼するのであれば、準備の手間を大幅に省けるメリットがあります。
さらにサポートも充実しているため、現地でのF1観戦ツアーに慣れていない場合でも安心です。

そのほか例えばイタリアのF1観戦ツアーであれば、フェラーリ本社・マラネロのオプションツアーがあるなど、特別なサービスがついている場合もあります。

個人で準備する際にはスケジュール調整が必須

ではここからは、実際にF1観戦ツアーに行くまでの流れについてご紹介します。

そもそも押さえておきたいのが、F1レースのスケジュールです。
F1レースの開催時期は3月中旬~12月上旬で、前年の10月頃には詳細が決まりますが、中でもイタリアGPは毎年9月に開催されるのが通常です。

またイタリアGPは基本的に金曜・土曜・日曜の3日間で行われ、前日となる木曜にレーサーとふれあえるイベントがあります。
個人でF1観戦ツアーを手配するには、まずはこの点を踏まえてスケジュールを組み、少なくともチケット・航空券・ホテルの予約が必要です。

ちなみにF1の観戦チケットは、指定のスタンド席と自由席があり、指定席なら場所によって料金が変わってきます。
また指定席は、レース開催3日間の通し券になる点も特徴です。

もちろん自由席ならかなり価格は安く抑えられますが、立ち見になるケースも多いので注意しておきましょう。

旅行会社に依頼するなら何社かで比較

イタリアのF1観戦ツアーを企画している旅行会社はいくつもあるので、もし依頼するのであれば、それぞれの料金やサービス内容を比較して検討するのがベストです。

例えば見比べるポイントとしては、ホテルのグレードやサーキットまでの交通アクセスをはじめ、旅程、観光オプションの内容、旅行時のサポートなど。
そのほか航空券の取り扱いにも違いがあるので、飛行機のマイルを使いたい場合には現地集合・解散ができる旅行会社を選ぶのもおすすめです。

また旅行会社によっては、各社で提供している通常のツアープランからアレンジできるケースもあります。
もっとイタリアの街を楽しみたかったり、F1観戦以外にも観光したい目的地がある際には、ある程度柔軟性のあるサービスを選ぶのも良いでしょう。

イタリアでのF1観戦ツアーを満喫するための注意点

大前提としてイタリア旅行の際に覚えておきたいのが、入国のビザが必要ない代わりに、パスポートの有効期限が6ヶ月以上のルールがある点です。
入国時点で6ヶ月未満だと許可されないので、予約の時点できちんと確認しておきましょう。

また安全面で考慮しておきたいのが、常備薬や日焼け止めの準備です。
いずれも海外製品だと日本人の体質に合わないケースも少なくないので、注意しておかなければなりません。

特にF1観戦で屋根のない席だと、強い日差しを直接浴びてしまいます。
ちなみ日傘は、ほかの観客の邪魔になるため使えません。

スキンケアに気をつかっていないと忘れがちですが、必ず日焼け止めも用意していきましょう。
そのほかにも、急な気候の変化もあるため、F1観戦時用の雨具も持っていくのがベストです。

先ほども出てきたように観戦中に傘は使えませんし、現地調達しようと思っても売り切れの可能性もあるので、雨合羽やポンチョも持参したほうが無難でしょう。

イタリアでのF1観戦ツアーを満喫するなら万全の準備が大切

どんな旅行でも同じですが、思う存分に現地を楽しむためには、しっかりとした計画や準備が欠かせません。
特にF1観戦ツアーの場合は、チケットの予約やサーキットまでの交通手段など、レースを観に行くための手配も必要です。

せっかくの楽しい旅で後悔しないためにも、まずは入念な段取りを整えてから、当日を迎えることをおすすめします。

F1イタリアGP過去の予選とレース結果は?

ヨーロッパのグランプリとしては、フランスGP(1906年-2008年)に次いで1921年に創設された伝統あるイベントであり、第2次世界大戦などによる途中中断を経て継続開催され続けている。1950年以降は、同年に発足したF1世界選手権のカレンダーに組み込まれ、F1において同一名称のグランプリが1年も欠かさず開催され続けているのは、このイタリアグランプリとイギリスグランプリのみである。

1921年にはブレシアで開催、1937年にはリボーノ(現モンテネーロ・サーキット)で開催、1948年にはヴァレンチノパークで開催、1980年にはイモラで開催され、途中1929年〜1930年(世界的な経済不況)と1939年〜1946年(第2次世界大戦)には中断されているが、それ以外は毎年モンツァ・サーキットで開催され続けてきた。

1981年から2006年までイタリア国内のイモラでもF1グランプリが開催されていたが、こちらはサンマリノ共和国から名称を使用する形で、サンマリノグランプリとして開催されてきた。グランプリには「1ヶ国につき1年に1開催」が原則とされている為、このような仮措置で開催をしていた。(かつてドイツやスペイン、アメリカ、日本での1国2開催が例外的にある。

近年のカレンダーではヨーロッパラウンドの最終戦にスケジュールされており、シーズン終盤の9月に開催されることから、翌年のシーズンに関しての重大発表が行われることが多い。フェラーリの契約に関する発表がされることもしばしばある。

1987年 – ホンダ、マクラーレンに対し、翌年よりエンジン供給。アイルトン・セナのマクラーレン入り。
1989年 – アラン・プロスト、翌シーズンからフェラーリに加入。
1992年 – ホンダ、F1撤退(第2期の終了)。ナイジェル・マンセル、今シーズン限りでウイリアムズ離脱。
2006年 – ミハエル・シューマッハ、1度目の引退。
2016年はオランダのビール醸造会社ハイネケンがタイトルスポンサーとなった。

モンツァでのイタリアグランプリの開催継続に関して、バーニー・エクレストンとイタリア自動車クラブの交渉が長引き、高騰する開催権料について一時的に妥結することが困難な状況になったことから、2017年はイモラへの移転やイタリアグランプリの消滅も噂されていたが、最終的には2019年までモンツァで開催されることになった。しかし、イタリアグランプリ開催への政府支援に関してイモラサーキット側が不服を異議申し立てたため正式契約が遅れたが、訴状を取り下げたためモンツァでの開催が確実となり、2019年までの開催が正式決定した。その後、新オーナーのリバティメディア社と2024年までの開催について契約合意をしたが、ローテーション制の導入でより多くの国、サーキットを取り込みたいリバティメディアの方針によってもしかしたらモンツァでの開催は2年に1回、もしくは3年に1回のF1開催になってしまう可能性がある。

2023 F1イタリアGPの予選とレース結果は?

F1イタリアGP観戦ツアー1004

開始20分遅れで3回目のフォーメーションラップが行われた結果、51Lapで争われる事となった。レッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンの猛追を受けるフェラーリのカルロス・サインツは15Lap目のターン1でロックアップに見舞われた。その場ではポジションを守ったものの、続くターン4に向けてサイドバイサイドとなり首位を奪われた。ハードタイヤタイヤスタートのメルセデスのルイス・ハミルトンは誰よりも長く第1スティントを引っ張り、27Lap目にミディアムタイヤタイヤ・タイヤに交換して10位でコースに復帰した。45Lap目、2位争いを繰り広げるフェラーリのカルロス・サインツとレッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスが接触。レッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスのクルマからパーツが脱落したがパフォーマンスに大きな影響はなく、レッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスはその翌週にようやくフェラーリのカルロス・サインツを交わし、レッドブルが1-2体制を築いた。

終盤はフェラーリ勢同士による激しい3位バトルが繰り広げられた。

レッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスに2位の座を奪われたフェラーリのカルロス・サインツは、その翌Lapのターン1でフェラーリのシャルル・ルクレールにポジションを奪われ、一旦は4位に後退するも続くターン4に向けて3位を奪還。最後まで手に汗握る防衛戦を展開した。

2023 F1イタリアGP 予選

2023 F1イタリアGP 予選
PosNoドライバーチームQ1Q2Q3Grid
155サインツフェラーリ1:21.9651:20.9911:20.2941
21フェルスタッペンレッドブル・ホンダRBPT1:21.5731:20.9371:20.3072
316ルクレールフェラーリ1:21.7881:20.9771:20.3613
463ラッセルメルセデス1:22.1481:21.3821:20.6714
511ペレスレッドブル・ホンダRBPT1:21.9111:21.2401:20.6885
623アルボンウィリアムズ・メルセデス1:21.6611:21.2721:20.7606
781ピアストリマクラーレン・メルセデス1:22.1061:21.5271:20.7857
844ハミルトンメルセデス1:21.9771:21.3691:20.8208
94ノリスマクラーレン・メルセデス1:21.9951:21.5811:20.9799
1014アロンソアストンマーチン・メルセデス1:22.0431:21.5431:21.41710
1122角田裕毅アルファタウリ・ホンダRBPT1:21.8521:21.594 11
1240リアム・ローソンアルファタウリ・ホンダRBPT1:22.1121:21.758 12
1327ヒュルケンベルグハース・フェラーリ1:22.3431:21.776 13
1477ボッタスアルファロメオ・フェラーリ1:22.2491:21.940 14
152サージェントウィリアムズ・メルセデス1:21.9301:21.944 15
1624アルファロメオ・フェラーリ1:22.390 16
1710ガスリーアルピーヌ・ルノー1:22.545 17
1831オコンアルピーヌ・ルノー1:22.548 18
1920マグヌッセンハース・フェラーリ1:22.592 19
2018ストロールアストンマーチン・メルセデス1:22.860 20

2023 F1イタリアGP 決勝

2023 F1イタリアGP 決勝
PosNoドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGridPoints
11フェルスタッペンレッドブル・ホンダRBPT501:12:13.618225
211ペレスレッドブル・ホンダRBPT50+7.686s518
355サインツフェラーリ50+11.674s115
416ルクレールフェラーリ50+12.119s312
563ラッセルメルセデス50+18.925s410
644ハミルトンメルセデス50+39.111s88
723アルボンウィリアムズ・メルセデス50+45.198s66
84ノリスマクラーレン・メルセデス50+45.549s94
914アロンソアストンマーチン・メルセデス50+46.424s102
1077ボッタスアルファロメオ・フェラーリ49+65.950s141
112サージェントウィリアムズ・メルセデス49+71.398s15
1281ピアストリマクラーレン・メルセデス49+72.240s7
1340リアム・ローソンアルファタウリ・ホンダRBPT49+73.268s12
1418ストロールアストンマーチン・メルセデス49+81.658s20
1524Lapアルファロメオ・フェラーリ49+81.913s16
1610ガスリーアルピーヌ・ルノー49+82.236s17
1727ヒュルケンベルグハース・フェラーリ49+1 lap13
1820マグヌッセンハース・フェラーリ49+1 lap19
NC31オコンアルピーヌ・ルノー39DNF18
NC角田裕毅アルファタウリ・ホンダRBPT0DNF11