IMG_6521


F1ツアー


10年ぶりにフランスGPが復活。
今日、開幕されます。

開催地はマニクールからポールリカールへ戻ってきました。
28年前はセナ・プロが現役で、マクラーレンホンダが全盛の時代でした。

懐かしいです。
当時の日本のF1人気は凄まじく、バブル時代でした。笑

今と違って、いろいろな企業がスポンサー活動に積極的な時代でした。
現在の日本の企業はスポンサー活動に消極的。
サッカーのワールドカップにすらスポンサー参入していない有り様です。
中国はバブル時代の日本を彷彿させるが如く、消費に旺盛で、スポンサー活動にも積極的です。

1990年の頃の日本と2018年の現在の景色・風景は様変わりしましたが、
F1が再び、ポールリカールへ戻ってきました。

そして先日、レッドブルホンダの正式発表がありました。
企業宣伝活動に積極的なレッドブルエナジーが日本の企業(ホンダ)と提携してくれたお蔭で、もしかすると日本国内への広告活動を積極的に展開してくれるかもしれません。

2008年を最後にフランスでF1が開催されなくなって、ちょうど10年の空白期間になります。
といってもフランスの近隣諸国(ベルギー・ドイツ・モナコなど)でF1が開催されているので、車を5,6時間も運転すれば近隣諸国に観戦に行けます。ちょうど関東から鈴鹿に行くような距離感覚です。

今日からフランスで開催される訳ですが、ルノーにとっては顧客を1つ失った訳ですが、自らがコンストラクターとして再出発した時点で、近い将来にレッドブルがルノーと決別することは既定路線でありました。

レッドブルにしてみれば、実質的ワークスの地位から、カスタマーへ格落ちになった訳です。
F1の過去の歴史を振り返れば、ワークスの地位を無くすと、数年先に凋落していったチームは多数あります。

ウィリアムズは2度経験しています。ウィリアムズ・ルノーの決別とウィリアムズ・BMWの決別。いずれも数年後にチームは凋落しました。マクラーレン・メルセデスもそうです。凋落しました。

それを考えるとレッドブルはよく踏ん張ってきたと思いますが、そろそろワークスの地位を取り戻しておかないと、いつまでも持ちこたえられない、という危機感が当然あったわけで、今回のレッドブルホンダの提携に至った訳です。

IMG_6518


F1ツアー


2019年は第4期F1参戦5年目になるわけですが、チャンピオン争いに加われるのか?
レッドブルがパートナーですから、可能性は大いにあると思われるのです。

にわかに周辺が慌ただしくなり始めてきました。
鈴鹿のF1開催権は2018年までですが、こちらもおそらく更新されるのでしょう。

レッドブルがホンダと組むわけですから、HONDA+レッドブル+CASIOで地上波放送のスポンサーになってくれればと願うばかりです。
IMG_6517


F1ツアー


ついに発表されました。
2019年にレッドブル・ホンダ誕生。

両者の交渉は公然の噂となってましたが、ようやく昨日の夕方に正式発表されました。
2チーム供給体制になり、日本人ドライバー誕生へ弾みがつきます。

3チーム目はどこなのかと、早くも考えてしまうのですが。。。笑

ようやくトップチームとの契約を勝ち取りましたね。
この日を首を長くして待っておりました。
IMG_6516
F1ツアー


2018年のルマン優勝で2冠を達成したアロンソですが、今年のルマンのワークス体制は実質、トヨタだけです。勝って当然の状況だったわけで、ライバルは同じトヨタの可夢偉チームだけでありました。このルマン勝利は値打ち(価値)がイマイチではないかと思うのです。ポルシェもアウディもいない2018ルマンのLMP1。要するにトヨタのチームに加入出来るか否かが最大のハードルだったわけです。

ルマン勝者の称号を手にしたアロンソですが、このようなLMP1クラスの参戦チームの状況で心底、納得しているのか?

並みいる競合(強豪)を倒してこそ本当の意味での勝者なのではないかと思うのです。

2021年からのF1エンジンルール改訂に照準を合わせて、アウディもポルシェもルマンを撤退して、F1参戦に準備を進めていると噂されて久しいわけですが、アロンソのルマン優勝(2冠達成)は本当の価値が低いと思います。

アロンソの目標である3冠で、残るはインディ500だけですが、2019年の居場所をF1に留まるのか、マクラーレンと共にインディ500参戦プロジェクトに参加するのか?
IMG_6461


F1ツアー


どうやらフランスGPでルイスの新契約が発表されるとの報道がありましたが、気になるのは契約年数です。
2年契約+オプション2年

もちろんオプション2年はルイス側が保有。
付帯条項、、、つまりチームメイトの拒否権などが盛り込まれているのか?

ルイスも現在33歳です。シーズン終了後に34歳になります。
銀色のチームでF1キャリアを締めくくる可能性が非常に高く、赤いチームにはどうやら行くことはなさそうですね。赤いマシンをドライブする姿を見たかったのですが。。。

もし赤いチームに移籍したとして、そこでチャンピオンになったとしたら、3チームでチャンピオンを獲得した、という偉業達成になるのですが、もちろん、F1で3チーム以上でチャンピオンを獲得したのはファンジオだけです。

ファンジオは4チームで達成していますが。。。笑

おそらくハミルトンのF1キャリアで最後の契約になると思われるのですが、チームメイトはボッタス?リカルド?
どうなるのでしょうか。。。
2018-05-Spain08


F1ツアー

現在、通算64勝のハミルトンですが、2014年から2017年までの4年間で圧倒的ハイペースで勝利数を伸ばしてきましたが、2018年でそのペースは鈍化しました。今シーズンのフェラーリとレッドブルは強力であり、今年の残り14戦で何勝出来るのかを考えると、それはナンセンスでありますが、おそらく2桁勝利は相当難しいでしょう。シューマッハーの91勝まであと27勝ですが、このところのメルセデスにはかつてのような圧倒的ポテンシャルはなく、このままでは今シーズン終了時点で70勝にすら到達していない可能性がそこそこあるように感じられます。パワーユニット間の格差が小さくなったのが第1要因であります。いまやフェラーリパワーユニットがメルセデスと同等で、ルノーもホンダも徐々にその差を小さくしてきています。

ハミルトンが91勝を越えるにはまだ3~5シーズンはかかるかもしれません。ハミルトンは現在33歳で、シーズン終了後に34歳になるところです。仮にメルセデスが優勝を争えるマシンであったとしても、36,7才でシューマッハーの91勝を越えられる。

来季以降、メルセデスが年間で2、3勝しか出来ないようなチームになったら、越えられない。
もうすぐ締結されるであろう、ハミルトンの契約は現役で最後の契約になるはず。

IMG_6509


F1ツアー

10年ぶりに復活するフランスGP。2008年まではマニクールで開催されていました。ポールリカールでの開催は1990年が最後なので28年ぶり。コースレイアウトが全く別物になっています。このマニクールは以前、トヨタがF1参戦していた頃、プライベートテストでよく使用していたサーキットです。

マルセイユから東へ約40キロほどの場所にサーキットはあります。2008年までのマニクールは近郊にさほど大きな街はなかったので、フランスGPを観戦する時、ディジョンのにホテルに泊まってマニクールまで片道200キロの距離を移動していました。それと比べたらポールリカールはマルセイユから片道40キロの距離です。。。しかし、道が1本しかないので大渋滞は避けられそうにありません。通常は1時間ですが、3~4時間は掛るとマルセイユの交通局は試算しています。
IMG_6481-1


F1ツアー

来季パワーユニット決定交渉の最終局面のおいて、苛立つルノーですが対するホンダは落着いていますね。間もなくレッドブルが来季パワーユニットの発表をしますが、ルノーの焦りと苛立ちは頂点に達している感があります。ルノーパワーユニットの性能とホンダパワーユニットの性能差は?といろいろな記事で飛び交っていますが、ピークパワーでは5~10馬力でルノーがリードしているようですが、ドライバビリティや燃費などの総合で見た場合、どちらが上なのか?

もっと重要なのは今後のノビシロの可能性はホンダに分があると思えるのですが。。。
IMG_6512


F1ツアー


アロンソがF1でトップチームに移籍が困難な理由は、「政治的言動でチーム内を荒らす」ところにあるのだと思います。昨シーズンがその最たる例で、ホンダバッシングは強烈でしたね。過去を振り返ると、2014年末にフェラーリを離脱する際もそうでした。2007年のマクラーレンでもそうでした。

アロンソの過去の政治的言動が現在のトップチームから敬遠される理由だと思うのですが、ひとたびチームが上手くいかなくなると、メディアの前で批判を繰り返して、チームを混乱させる。。。もし、アロンソが過去に強烈な政治的言動をしていなければ、移籍はもっと容易だったと思われます。

彼は自分自身の未来を、自分で台無しにしてしまっているのかもしれない。

F1以外にモチベーションの拠り所を求めているのが、インディとWEC。とりわけインディ500制覇とルマン制覇に情熱を傾け始めています。2018シーズンをもってF1から引退する可能性が現実味を増してきています。
IMG_6514


F1ツアー


2019年のレッドブル・ホンダ誕生が現実味を増してきました。ホンダの躍進で、レッドブルの二股がルノーを苛立たせています。7月1日のオーストリアGP決勝でビッグニュースが舞い込んでくる可能性が高まっています。昨シーズンの今頃はマクラーレンのホンダ追放が吹き荒れる中、F1界におけるホンダの居場所が風前の灯だったことが思い返されます。1年で状況は激変しました。
無料見積もりはこちら
scroll-to-top