IMG_6573
F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!


今週末のアメリカGPでベッテルに8ポイント以上多く獲得すればハミルトンの5回目のドライバーズタイトルが確定します。フランスーオーストリアードイツの3連戦でメルセデスを凌駕した感のあったフェラーリですが、FIAからバッテリーからのエキストラパワー疑惑があってから失速し、異常なまでのストレートでの加速は影を潜め、メルセデスが息を吹き返しました。フェラーリの失速の原因がいろいろと取り沙汰されていますが、マルキオンネ会長逝去も大きな要因なのではないでしょうか。

結果を残せなかった場合、容赦のない制裁で恐怖政治を敷いた故マルキオンネ会長。成績が残せなくても責任を取らなくてもよくなった雰囲気でフェラーリチーム内部に気の緩みが生じているのではないでしょうか。

その積み重ねが現在のハミルトンとベッテルのポイント差になったのではないでしょうか。

メルセデスは着実にチーム組織が機能していて、きっちりと仕事をしています。フェラーリは組織が上手く機能しておらず、作戦面でもドタバタしていて結果を残しにくい負のスパイラルに陥っています。その象徴的なシーンが日本GPのQ3でした。ベッテルをインターミディエイトで出させてしまい、無駄なドタバタでQ3を完全に戦いきれませんでした。予選9番手ではなくもっと前からスタートしていればフェルスタッペンと順位を争って3位か4位でフィニッシュ出来ていたのではないでしょうか。

今シーズンもあと残り4戦ですが、ハミルトンが2戦か3戦ノーポイントにでもならない限り、ベッテルの逆転は非常に難しくなってきました。確かに何がおきるかはわからないですが、ドイツのリタイヤで今シーズンの潮目が変わったと思います。ベッテルはあれで32ポイントをフイにしたわけです。あれがなければその後のシーズンをもっと楽に戦えたわけですし、無理をすることも焦って自滅することもなかったわけです。

次からのアメリカーメキシコーブラジルは時差の関係で生中継を見るのが非常に眠たい時間帯ですが、ハミルトンが5度目の戴冠を手にする可能性が非常に高いですね。

トップ3チームで来季は2つのシートが変わります。ガスリーがレッドブルへ、ルクレールがフェラーリへ。昨年と今シーズンはトップ3チームの顔ぶれに変更はなく新鮮味がなかったのですが、フェラーリとレッドブルのチーム内の序列がどうなるのかにも注目したいですね。若手に追われるベッテルですが、ルクレールの挑戦をどう退けるのか?フェルスタッペンも年齢は自身が1才若いですが、ガスリーの挑戦をどう受け止めるのか?

早くも来季に関心が行ってしまいそうですが、まだ今シーズンのドライバーズもコンストラクターズも決まってはいませんので、しっかりと見届けたいです。
IMG_6687
F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!

2018年日本GPが終了しました。心配されていた台風は鈴鹿を直撃せず、辛うじて日本海の進路で抜けて行っていくれました。日本GPの観客数は昨年を大きく上回りましたが、台風がなければもう少し多い観客数だったのではないでしょうか。

来年はレッドブル・ホンダが誕生します。
2015年にマクラーレン・ホンダでF1に復帰して以来、まだ一度も表彰台に上がっていないホンダ系のチームですが、来年はレッドブルなだけに大きく期待が出来ます。

エンジンパワーもスペック3でどうやらルノーを越えたと、しきりにF1関係者は口を揃えて云うようになるまでになりました。現行ルノーPUでもあれだけのパフォーマンスを発揮しているのだから、表彰台圏内でレースをして、場合によっては優勝を狙える位置でレースをしてくれる可能性大ですね。

後は日本人ドライバーの誕生を待つばかりです。さすがに2019年の日本人F1ドライバー誕生は現実的に非常に厳しい状況ですが、2020年は可能性を含んでいます。2014年にケータハムに参戦した小林可夢偉選手を最後に、日本人ドライバーはF1にはいません。本当に寂しい限りです。

日本人ドライバーが不在の理由はいろいろとありますが、やはりF1チーム数が減少(10チーム)したことと、メーカー系のジュニアプログラムである程度シートが先約されてしまっていること、レッドブルジュニアプログラムも同様です。

そして日本企業のF1離れもその要因の1つでしょう。日本企業がF1から離れていった理由は高騰したスポンサー料金と、無料放送がなくなったこと、そして一番大きな要因は日本企業が市場最高収益の業績であるにも関わらず、内部留保をして宣伝にお金を使わなくなったこと。これが一番の要因ではないでしょうか。

日本国内で無料放送されなくても、世界展開している日本企業はたくさんあります。企業買収で現地法人を買収している日本企業はたくさんあります。知名度の向上、ブランディングの確立を勧めるのならば、F1という宣伝ツールは非常に効果的だと思うのですが、日本企業は宣伝にお金を使いたがりません。史上最高収益を上げても、社員に給与を弾みません。F1もそのしわ寄せを喰らっています。

M&Aをしても、知名度を上げるには宣伝が必要だと思うのですが、スポンサーにはなってくれません。
私の知る限りでは現在、F1に参入している日本の企業は5社ですが、あえて社名は書かないでおきます。
確かに昔のF1ならば5億も出せば大きくロゴをマシンに貼ってくれましたが、現在は倍以上です。

メーカーが自前のチームで参戦するようになって以降は予算規模が倍以上になりました。当然、スポンサー相場も倍以上になった訳で、且つ、ジュニアプログラムでシートが先約されているという現実で、空いているシートは数えるぐらい。

その少ないシートを30億ぐらいないと獲得出来ない訳です。この辺りに日本人ドライバーがF1に参戦出来なくなった要因だと思うのです。

ですが、2020年にはその状況も大きく風向きが変わり、日本人ドライバーがF1に参入出来そうな環境が整ってきているように思います。

あともう少しのピースが噛み合えば、という所まで来ているように感じるのですが。

IMG_3530
F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!


2018ロシアGPに投入されたホンダスペック3ですが、初日のFP1とFP2だけのセッションでの投入に留まり、2日目からはスペック2に戻されました。理由はマッピング調整となっていますが、おそらく信頼性に関する事象があったのかもしれません。もしエンジンが壊れると、次の日本GPではペナルティを受けるわけにはいかないので、そうすればスペック2で戦わざるをえなくなります。このままで走行していたらエンジンがクラッシュするという予兆があったのかもしれません。

その辺りの調整をさくら研究所で解析して、万全を整えて日本GPを迎える。

こういう対応なのではないでしょうか。

パワーは確かに向上したのではないでしょうか。予選まで戦ったわけではなく、初日のFP1とFP2のタイムから推測するしかないのですが、ルノーPUに対しては明らかに同等以上に見えました。

ロシアGPの決勝では早々に2台がリタイヤしてしまった訳ですが、これが日本GPではなくて本当に良かったです。

今週末の日本GPは金曜から日曜まで雨が予報されています。そして台風25号が発生していて、もしかすると進路予想が外れで東に向きを変えた場合、日曜日には直撃するかもしれない、という状況であります。

過去に2度、日本GP開催中に台風が来たのは土曜日でありました。
日曜日の午前が予選に繰り下がり、午後は決勝レースというとんでもない1日であったのですが、決勝日に直撃になるとどうなるのでしょうか?

予選は行われるとしても、決勝リザルトが残るわけでもなく、全員、全チーム無得点で1戦消化になるのでしょうか?
その辺りのスポーティングレギュレーションはどのように明記されているのでしょうか?

2007年に富士で日本GPが開催された時、濃霧でスタートからずっとセーフティーカー先導でレースは周回を重ねていくという展開でありましたが、あの時、富士で日本GPが開催され続けたら、いつの日か、日本GPは天候上の理由でキャンセルされる可能性が高いと思ったものです。

今回の台風25号の進路が非常に気になるところであります。
そして願わくば、週間天気予報は外れてほしいものです。
ドライコンディションでの予選1発のスーパーラップを見たい。
今年のマシンでドライコンディションならば1分25秒台に突入する可能性があります。

初日は1・2コーナーからS字、シケインでマシンの挙動特性を見るつもりです。
IMG_6670
F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!


今日から開幕される2018ロシアGPでホンダスペック3が投入されることが決定しましたね。事前の噂では35馬力UPでルノーのスペックCを上回るとのこと。

ICE単体でホンダ750馬力、ルノー730馬力とのことですが、フェラーリ790馬力、メルセデス780馬力を信じるのならば、トップの背中が少し見えてきた感じです。

35馬力UPがタイムに換算してどれぐらいのゲインがあるのかはコースによって差異はあると思いますが、コンマ3秒~4秒ぐらいはあるのでしょうか?

トロロッソ・ホンダがコンマ3~4秒速くなれば、予選でかなりの順位がUP出来ますね。

今日から開幕される2018ロシアGPのフリー走行、予選、決勝が見物です。
IMG_6674
F1ツアー


エリクソンはなぜサードドライバー待遇でザウバーに残留したのか?エリクソンには年間20億円以上とも噂されるスポンサーが控えています。それを背景に他チームへレースドライバーとして移籍する道をなぜ模索しなかったのでしょうか?

ウィリアムズならば受け入れてくれたのではないかと思うのですが、あまりにも早期決着でザウバーにサードドライバーで残留。もしかすると年間20億円でもウィリアムズは受け入れてくれないのか?

ペイドライバーの持参金はもっと値上がりしているのでしょうか?
IMG_6614
F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!



今週末のロシアGPにスペック3が投入されるのか?
2015年にホンダがF1に復帰してから、2017年までの日本GPではまだ一度も入賞していないのですが、そのことを考えるとロシアでニューエンジン(スペック3)を投入するのが最善の策ではないか?

巷の噂では35馬力UP。
ラップタイムに換算するとコンマ3秒からコンマ4秒のゲイン。
予選順位でみればそれだけのタイムが向上すればQ3に進出可能なところに位置してきます。

当初、アメリカGPでの投入予定であったスペック3.
最終的な信頼性の確保のテストスケジュールが完了していないのかもしれないですが。

日本GPで入賞する姿を見たいのですが。
IMG_6669
F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!


フェラーリのエアインテーク付近の新デバイスは違法な冷却装置ではないとジャッジされたようですが、仮に噂通りに冷却された空気をとりこんでいるのだとしたら、馬力に換算して寄与はどれぐらいなのか?と考えるのですが、理論では冷たい空気が取り込まれると馬力はUPします。温度差にもよりますが。

ターボで空気を圧縮すると高温になりますが、元の空気の温度が低いほど、同じ温度に圧縮されても圧縮率は高くなるので、馬力はUPします。その効果を狙っての新デバイスなのでしょうが、ドイツGPでフェラーリPUのストレートスピードがいろいろと話題になりましたが、この冷却デバイスがその一因であったのではないでしょうか。
IMG_6672
F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!


フェラーリ新CEOのカミレリ氏が2021年のF1大改革でリバティメディアと駆け引きをしているらしいです。なかなか2021年のPU骨子が発表されないのも、その辺りが要因になっているものと思われます。

前CEOのマルキオンネ氏は強硬にリバティメディアと対峙していたわけですが、今度の新CEOも自社(フェラーリ)の利益を最優先に考えるタイプなのかもしれません。

F1全体の利益をバランス良く考えてくれると良いのですが、目先の自身(自社)の利益を優先し、長期的視野での利益を考える経営者というのは少ないのかもしれません。
IMG_6670
F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!


35馬力UP
と噂(推測)されているホンダのスペック3エンジンですが、当初はアメリカGPで投入とのことでしたが、予定を早めてロシアGPで投入されると噂が出ていますね。日本GPでニューエンジン(スペック3)を投入するとグリッドダウンペナルティを受けるので、それならば前戦のロシアで投入しようか?ということなのかもしれません。このスペック3はルノーPUを15~20馬力ほど上回るとあちこちで噂されています。

現在、F1のPUで最大出力を誇ると噂されているフェラーリに対して40~50馬力ダウンの領域に近付いてきたということになります。

昨シーズンでは100馬力劣っている、と酷評されていましたが、ようやく先頭の背中が見えてきたのではないでしょうか。
IMG_6671
F1ツアー
←F1グランプリ(GP)ツアーのプラン案内は
 左の画像バナーからご覧ください!


数日前、トトウォルフがニキ・ラウダを入院先に見舞ったそうです。軽快な会話のキャッチボールで、いつものユーモアで笑顔のラウダであったそうです。2019年にはF1の現場でラウダの姿が見れることを心待ちにしています。

まだ69歳ですし、老け込む年ではないですから。笑
無料見積もりはこちら
scroll-to-top