F
1
観戦
ツアーのお見積りはこちら
background cloud

F1 フランスGP観戦ツアー | 海外ツアー専門のWST

F1フランスGP観戦ツアー

1.F1観戦ツアーのお見積り

2.F1フランスGP開催日程

3.スタンドからコースの景色

4.F1開催国情報

5.F1観戦ツアーを楽しむ方法

9.過去の予選とレース結果は?

F1フランスGPチケット

STAND AREA(金土日)
Starting Grid 2,3 屋根あり
Sainte Baume 2 屋根なし
Sainte Baume 3,6 屋根なし
Chicane 3,4,5,6 屋根なし
Le Beausset 屋根なし
Village Du Pont 1,2,3,4 屋根有り
General Admission 屋根なし

F1フランスGP 開催日程

日程開催レース開催地
2022/07/22 (金)F1フランス グランプリ(GP)・フリー走行1
F1フランス グランプリ(GP)・フリー走行2
ポールリカール
2022/07/23 (土)F1フランス グランプリ(GP)フリー走行3、予選
ポールリカール
2022/07/24 (日)F1フランス グランプリ(GP)決勝レースポールリカール

お客様独自のオリジナルプランの見積りをお作りします。

WORLD SPORTS TRAVEL

06-4303-4364

MAIL:info@f1world.net

土日祝、夏季、年末年始

受付時間:10:00-18:00 定休日:土日祝

F1フランスGPスタンドからコースの景色

Starting Grid 2,3

目の前がピットになります。ピットイン作業の様子を間近で見ることが出来ます。決勝レース前のスターティンググリッドに整列するマシンの姿を見ることが出来ます。決勝レースの開始30分前からスターティンググリッドに各チームのマシンが整列していきます。各マシンにはチーム監督、エンジニア、メカニックなどが周囲を取り囲み、ドライバーとレース戦略について最終確認をします。TVカメラやインタビュアー、報道関係者などもグリッドに集まってきて、一層華やかな雰囲気になります。その華やかな雰囲気の様子を写真に撮りたい人にはおススメのスタンドです。スタンドの正面は各チームのピットになっていますので、タイヤ交換などのピット作業も、近い距離で観ることが出来ます。望遠レンズをデジカメに装着すればピットイン作業の様子の写真を撮ることも出来ます。メイングランドスタンドは屋根があるので、太陽の強い日差しや、雨などからも守ってくれます。

Sainte Baume 2

典型的な低速コーナーですので、撮影向きのポイントになります。ここでのオーバーテイクはあまり見られません。このコーナーは低速コーナーなので、マシンが低速で走るので、撮影がしやすいスタンドになります。コースレイアウト的にはストレートエンドのコーナーでもないので、オーバーテイクはなく、ただコーナーを走っていくだけのポイントになりますので、オーバーテイクを観たい人はバックストレートのシケインの前にあるスタンドで観戦されるのが良いでしょう。

Sainte Baume 3,6

典型的な低速コーナーですので、撮影向きのポイントになります。ここでのオーバーテイクはあまり見られません。このコーナーは低速コーナーなので、マシンが低速で走るので、撮影がしやすいスタンドになります。コースレイアウト的にはストレートエンドのコーナーでもないので、オーバーテイクはなく、ただコーナーを走っていくだけのポイントになりますので、オーバーテイクを観たい人はバックストレートのシケインの前にあるスタンドで観戦されるのが良いでしょう。

Chicane 3,4,5,6

ポール・リカールで最もオーバーテイクが見られるポイントになります。逆にドライバーからは不評で、このシケインを撤去するべきだとの意見が多いのも事実。理由はシケインを撤去してロングストレートにしたほうがスリリングなバトルが繰り広げられるとのことですが、充分に現在シケインが設置されているストレートの長さで十分にオーバーテイクが繰り広げられています。オーバーテイクをたくさん観たい人にはおススメです。

Le Beausset

バックストレートエンドを300kmオーバーでコーナーを旋回して、一気に2速までフルブレーキングするポイント。タイヤとブレーキにヘビーなコーナーです。バックストレート2本目で前車のイン側についたマシンがこのスタンド前でオーバーテイクを仕掛けていくことが出来る箇所になります。ビッグブレーキングで一気に減速してイン側をついてオーバーテイクを仕掛けていくのでスリリングなシーンを観ることが出来るスタンドです。

Virage Du Pont

最終コーナーエリア。最終コーナーを立ち上がればホームストレート。この最終コーナーをクイックにクリアーすればホームストレートの加速でオーバーテイクがしやすくなるので重要なコーナーになります。

F1フランスGP・ポールリカール

首都:パリ。
人口:6,699万人。
物価:日本より割高感がある。
通貨:ユーロ。
時差:+7時間。
気温:F1開催時の平均気温13度~22度。
公用語:フランス語。
サーキット:ポールリカール・サーキット。
開催期間:2022年7月22日~2022年7月23日。
開始時刻:15時00分(日本時間22時00分)。
観戦時の服装:半袖シャツもしくは長袖シャツ
マルセイユ近郊の観光名所:旧港、ノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院、イフ城塞がおススメです。

2008年のマニクール・サーキットでの開催を最後に途絶えていたフランス・グランプリがポールリカール・サーキットで復活する。1990年までのフランスGPの舞台はポールリカールであった。南フランスの最大都市であるマルセイユの東部40キロにポールリカール・サーキットはある。2000年代、トヨタがF1参戦していた頃、テストコースとしてよく使用されていた。長いストレートと低中速コーナーが織り交ぜられている。6月の南フランスは1年で最も日照時間が長く初夏の季節にあたる。サーキットからさらに東へ150キロほど移動すればモナコに行ける。南フランスは観光地としての立地に恵まれており、アルル、カルカソンヌといった有名な観光地がほど近い距離にある。

F1フランスGP過去の予選とレース結果は???

1950年に始まるF1世界選手権においては1955年以外は毎年開催されており、イギリスGPとイタリアGPに次ぐ歴史を持つ。多くのサーキットを利用して開催されてきたが、1991年以降はマニクール・サーキットに定着していた。

しかし、マニクールの交通の便の悪さに加えて、F1におけるフランスの影響力の低下(ドライバー・チームの激減、ルノーチームのフランス色の弱さ)といった理由から消滅の危機にさらされ続け、2008年10月15日にフランス自動車連盟 (FFSA) が2009年度の開催をキャンセルしたと発表した。これにより、グランプリ発祥国のレースが消滅することになった。

その後、アラン・プロストらの協力を得て開催復活を目指し、2013年からベルギーGPとフランスGPを隔年開催する形で、ポール・リカール・サーキットでフランスGPが行われると伝えられた。しかし、フランスGP開催の支援を約束していたサルコジ政権が2012年の大統領選挙で敗北した。後任のオランド大統領はF1開催の復活には積極的ではなく、財政援助を否定した。結果、ベルギーGPのプロモーターも隔年開催案が終了したと認めたことによりフランスGPの復活は幻となる。

しかし、3年後の2016年12月、ポール・リカール・サーキットと2018年から5年契約を結んだことが発表され、2008年以来、10年ぶりにフランスGPが復活することが決定した。

F1フランスGP2022年シーズンの予選とレース結果は???

F1フランスGP観戦ツアー2023102

2022年シーズン

スタートタイヤは大半がミディアムを選択。アルファタウリの角田はミストラル・ストレートの中間にあるシケインでアルピーヌのオコンに接触され、最後尾まで後退。のちに接触時のマシンへのダメージによりリタイアした。17周目にはレッドブルのフェルスタッペンがピットインしハードタイヤへ交換。その直後にレースをリードしていたフェラーリのルクレールがコースアウトしリタイア。フェラーリのルクレールのマシンの撤去のためにセーフティカーが導入された。トップに立ったレッドブルのフェルスタッペンは、レースが再開されるとタイヤを労りながらも2位のメルセデスのハミルトンに対し、10秒の差をつけて優勝。シーズン7勝目、自身27勝目を挙げた。

2022年 フランスGP予選
PosNoドライバーチームQ1Q2Q3Grid
116シャルル・ルクレールフェラーリ1:31.7271:31.2161:30.8721
21マックス・フェルスタッペンレッドブル-RBPT1:31.8911:31.9901:31.1762
311セルジオ・ペレスレッドブル-RBPT1:32.3541:32.1201:31.3353
444ルイス・ハミルトンメルセデス1:33.0411:32.2741:31.7654
54ランド・ノリスマクラーレン-メルセデス1:32.6721:32.7771:32.0325
663ジョージ・ラッセルメルセデス1:33.1091:32.6331:32.1316
714フェルナンド・アロンソアルピーヌ-ルノー1:32.8191:32.6311:32.5527
822角田裕毅アルファタウリ-RBPT1:33.3941:32.8361:32.7808
955カルロス・サインツフェラーリ1:32.2971:31.08119
1020ケビン・マグヌッセンハース-フェラーリ1:32.7561:32.64920
113ダニエル・リカルドマクラーレン-メルセデス1:33.4041:32.9229
1231エステバン・オコンアルピーヌ-ルノー1:33.3461:33.04810
1377バルテリ・ボッタスアルファロメオ-フェラーリ1:33.0341:33.05211
145セバスチャン・ベッテルアストンマーティン・アラムコ-メルセデス1:33.2851:33.27612
1523アレクサンダー・アルボンウィリアムズ-メルセデス1:33.4231:33.30713
1610ピエール・ガスリーアルファタウリ-RBPT1:33.43914
1718ランス・ストロールアストンマーティン・アラムコ-メルセデス1:33.43915
1824周冠宇アルファロメオ-フェラーリ1:33.67416
1947ミック・シューマッハハース-フェラーリ1:33.70117
206ニコラス・ラティフィウィリアムズ-メルセデス1:33.79418
2022年 フランスGP 決勝
PosNoドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGridPoints
11マックス・フェルスタッペンレッドブル-RBPT531:30:02.112225
244ルイス・ハミルトンメルセデス53+10.587418
363ジョージ・ラッセルメルセデス53+16.495615
411セルジオ・ペレスレッドブル-RBPT53+17.310312
555カルロス・サインツフェラーリ53+28.8721911FL
614フェルナンド・アロンソアルピーヌ-ルノー53+42.87978
74ランド・ノリスマクラーレン-メルセデス53+52.02656
831エステバン・オコンアルピーヌ-ルノー53+56.959104
93ダニエル・リカルドマクラーレン-メルセデス53+60.37292
1018ランス・ストロールアストンマーティン・アラムコ-メルセデス53+62.549151
115セバスチャン・ベッテルアストンマーティン・アラムコ-メルセデス53+64.49412
1210ピエール・ガスリーアルファタウリ-RBPT53+65.44814
1323アレクサンダー・アルボンウィリアムズ-メルセデス53+68.56513
1477バルテリ・ボッタスアルファロメオ-フェラーリ53+76.66611
1547ミック・シューマッハハース-フェラーリ53+80.39417
1624周冠宇アルファロメオ-フェラーリ47+6 Laps1216
Ret6ニコラス・ラティフィウィリアムズ-メルセデス40DNF18
Ret20ケビン・マグヌッセンハース-フェラーリ37DNF20
Ret16シャルル・ルクレールフェラーリ17DNF19
Ret22角田裕毅アルファタウリ-RBPT17DNF8