F
1
観戦
ツアーのお見積りはこちら
background cloud

F1 カナダGP観戦ツアー | 海外ツアー専門のWST

F1カナダGP観戦ツアー

・F1観戦ツアーのお見積り

・F1カナダGP開催日程

・スタンドからコースの景色

・F1開催国情報

・F1カナダGP観戦ツアーを楽しむ方法

・過去の予選とレース結果は?

F1カナダGPチケット

STAND AREA(金土日) 「税込」 
Main Straight
スタンド1
スタンド11 Sections1,2,3
スタンド11 Sections4,5,6,7,8
スタンド12 Sections2,3,4
スタンド12 Sections5,6,7
スタンド15
スタンド16
Lance Stroll
スタンド34
スタンド21
スタンド31
スタンド46
スタンド47
GENERAL ADMISSION

F1カナダGP 開催日程

日程開催レース開催地
2024/06/07 (金)F1カナダ グランプリ(GP)・フリー走行1
F1カナダ グランプリ(GP)・フリー走行2
モントリオール
2024/06/08 (土)F1カナダ グランプリ(GP)フリー走行3、予選
モントリオール
2024/06/09 (日)F1カナダ グランプリ(GP)決勝レースモントリオール

お客様独自のオリジナルプランの見積りをお作りします。

WORLD SPORTS TRAVEL

06-4303-4364

MAIL:info@f1world.net

土日祝、夏季、年末年始

受付時間:10:00-18:00 定休日:土日祝

F1カナダGPスタンドからコースの景色

グランドスタンド 1

目の前がピットになります。ピットイン作業の様子を間近で見ることが出来ます。決勝レース前のスターティンググリッドに整列するマシンの姿を見ることが出来ます。スタンドの目の前がスターティンググリッドになっているので、決勝レース開始直前の様子が楽しめます。決勝レース開始30分前ぐらいからマシンがピットに整列していきます。マシンの周囲をチーム監督、エンジニア、クルーが取り囲みます。TVカメラやインタビュアーもスターティンググリッドに集まってきて、レース開始直前のインタビューをドライバーにします。そのような華やかな様子の写真を撮ることが出来ます。ホームストレートを挟んで各チームのピットが正面にあり、タイヤ交換などのピットインの様子も観ることができます。ホームストレートはDRS区間でオーバーテイクのバトルも繰り広げられます。華やかな雰囲気やオーバーテイクシーンを観たい人にはおススメのスタンドです。

スタンド 12

ホームストレートから1コーナーでのオーバーテイクシーンと2コーナーの旋回が見れます。ピットストップでレーンから出てきたマシンの順位変動で交錯するシーンが見ることが出来ます。ホームストレートの後半部分から、1コーナー、2コーナーまでが見渡せます。ホームストレートはオーバーテイクを促進する為にDRS作動区間として設定されているので、このスタンドから1コーナーでのオーバーテイクシーンを観ることが出来ますので、オーバーテイクシーンを観たい人にはおススメのスタンドです。2コーナーはピットロード出口と交錯するので、ピットインしたマシンがコースを走行するマシンとの順位争いがこの2コーナーで決着するので楽しめます。毎年、完売になる時期が早いので、早めに観戦券を購入されることをおススメします。

スタンド11

チャンピオンズウォール・シケインからホームストレート、1・2コーナーまでの長い区間が見ることが出来る絶好のロケーションのスタンドです。コース全体の4分の1ほどを見渡せます。このスタンド11はコースの広範囲を見渡せるので、非常に人気があります。13-14コーナーのチャンピオンズウォールでのオーバーテイクや、1コーナーでのオーバーテイクの2か所のオーバーテイクシーンがこのスタンド11から観ることが出来るのが人気の要因ですので、毎年、このスタンド11の観戦券が完売するのが一番早いです。2コーナーから3コーナーへかけての区間まで見渡せるので非常にお得感にあるスタンドです。2コーナーでピットロード出口と交錯するので、ピットイン時の順位争いの決着シーンも目の前で観ることが出来ます。オーバーテイクを観たい人にはおススメのスタンドです。このスタンド11が最も地下鉄の駅から遠い距離になります。徒歩で大体40分くらい掛ります。

スタンド31

このシケインをスムーズにクリアー出来れば最終シケインでオーバーテイクを仕掛けることが可能になります。シケインの立ち上がりを失敗すると後続のマシンに最終シケインで追い抜かれることになります。8コーナー、9コーナーのシケイン前に設営されたスタンドになります。この8-9コーナーでのオーバーテイクはほとんどありませんが、次の10コーナーのヘアピンはオーバーテイクポイントなので、この8-9コーナーのシケインをいかに速いスピードで通過するかがポイントになるので、各ドライバーはこの8-9コーナーを限界ギリギリで攻めてきます。限界を超えてコースオフしてしまい、結果的に順位を落とすマシンも多いです。2019年にトップを快走していたベッテルが2位を走行中のハミルトンからのプレッシャーに耐えきれずに、この8-9コーナーをコースオフしてショートカットでコース復帰した為に5秒ペナルティが下されて優勝を逃したことは記憶に新しい。オーバーテイクを観たい人は、10コーナーに設営されているスタンド15、スタンド34で観戦されることをおススメします。

スタンド15

10コーナー・ヘアピンのスタンドになります。ブレーキング競争でのバトルが繰り広げられオーバーテイクのシーンが多く見られるポイントです。レコードラインを外せばタイヤカスがコースを覆っており、オーバーテイクを仕掛ける際はイン側のラインを取るのが常道。このスタンド15のヘアピンでは毎年、数多くのオーバーテイクシーンが繰り広げられます。スタンド34で観戦するか、スタンド15で観戦するか悩むところですが、観戦券の料金はスタンド15のほうが1万円ほど割高ですが、その理由はヘアピンに進入してくるまでの区間と、ヘアピンを立ち上がった後の区間も見渡せるからです。スタンド15、スタンド34のいずれもオーバーテイクシーンが観れますが、観戦券の料金にこだわらず、もう少し、コースを見渡せる範囲がひろいほうが良いという考えのひとには、このスタンド15がおススメです。

スタンド34

最終ヘアピンのバトルとオーバーテイクが見られるスタンドです。ヘアピンを立ち上がって加速してシフトアップしていく「音」が聞き取れます。この10コーナーのヘアピンで毎年多くのオーバーテイクがスタンド34とスタンド15で観れます。スタンド34はヘアピンと、その前後部分しか見ることが出来ませんが、観戦券の料金はスタンド15より1万円ほど安いです。オーバーテイクも観たい。観戦券の料金も安いほうが良い、という人におススメのスタンドです。

ランス・ストロールスタンド

地元カナダのランスストロール応援団のスタンドになります。10コーナーヘアピンでのオーバーテイクシーンも見ることが出来ます。スタンド名からこのスタンドは地元カナダ人のランス・ストロールの大応援団のスタンドになりますので、ストロールのファンの人ならば、このスタンドで観戦すれば楽しいでしょうが、ストロールのファンでなければ、他のスタンドで観戦されることをおススメします。

スタンド46

最終ヘアピンを立ち上がってチャンピオンズウォールのシケインまでのストレート区間になります。カナダGPで一番長いストレート区間の前半部分に設営されたスタンドになります。このスタンドからは10コーナーヘアピンのオーバーテイクを観ることは出来ません。このスタンド46の前を通過するマシンはアクセル全開で一瞬で通過していきますので、ゆっくりマシンの姿を観たい、オーバーテイクシーンを観たい、という人には向いていませんので、他のスタンドで観戦されたほうが良いでしょう。

F1カナダGP・モントリオール

首都:オタワ。
人口:3,515万人。
物価:日本よりやや割高感がある。
通貨:カナダドル。
時差:+14時間。
気温:F1開催時の平均気温12度~24度。
公用語:英語、フランス語。
サーキット:ジル・ビルヌーヴ・サーキット。
開催期間:2024年06月07日~2024年06月09日。
開始時刻:14時00分(日本時間27時00分)。
観戦時の服装:長袖シャツ(雨天時は防寒服が望ましいでしょう)。
モントリオール近郊の観光名所:ノートルダム聖堂、オールドモントリオール、モントリオール美術館がおススメです。

カナダ第2の大都市であるモントリオール。1978年からF1カナダGP開催の地となる(1987年、2009年は未開催)。毎年、ほぼ6月初旬の開催である。セントローレンス川の中州であるノートルダム島の周遊道路の一部をサーキットコースとして使用。モントリオールのセントラルからは地下鉄でアクセス出来る。典型的はストップ&ゴーのコースレイアウトでヘアピンを立ち上がってから1000mを越えるカジノストレートがオーバーテイクポイントとなる。カジノストレートエンドの最終シケインの出口の壁に直撃するマシンが毎年のように見られる。別名・チャンピオン・ウォールと呼ばれている。ランオフエリアの幅が狭く、すぐ横が壁になっているなどのコース特性もありセーフティーカーの出動率が非常に高いのも特徴である。モントリオール周辺には中規模以上の街は皆無で宿泊するにはモントリオール市のみしかないのが実情である。夏のカナダの観光は人気度が高く期間が短い為にホテルの宿泊価格の相場は高騰し、F1開催地ではおそらくモントリオールが一番宿泊費が高いのも特徴である。自然が残されており、ノートルダム島に限らずモントリオールの市街地でもリスが闊歩していて人間と共生している。

F1カナダGP観戦ツアーを現地で楽しむ方法

カナダGPが行われるジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、緑豊かな景観とスリル満点のコース設定が人気です。主要駅からのアクセスも便利で、周辺にはモントリオール・ノートルダム大聖堂をはじめとした観光スポットが数多くあります。カナダGPを楽しむ方法をぎゅっとまとめました。

カナダGPは、緑に包まれたスリル満点のコース設定が人気のジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで行われます。
サーキットは主要駅からのアクセスが便利で、サーキット脇の芝生でピクニックが楽しめるほか、周辺にはモントリオール・ノートルダム大聖堂をはじめとした観光スポットも数多くあります。
カナダGPのF1観戦ツアーを現地で楽しむ方法をお伝えします。

F1カナダGPの特徴と観戦ツアーの楽しみ方

カナダGPは、モントリオールにあるジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで開催されます。
このサーキットは、1982年以前は「サーキット・イル・ノートルダム」という名称でした。
しかし、この年に地元の名F1ドライバーであるジル・ヴィルヌーヴが亡くなったことから、その業績をたたえて現在のサーキット名となりました。

緑とスリルが満点のサーキット

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、セント・ローレンス川に作られた人工の島「ノートルダム島」のなかにあります。
ノートルダム島は、1967年のモントリオール万博の会場となった場所です。
緑豊かなこの島の外縁を、一周するようにコースが設定されています。
距離は4.361kmと長くはないものの、ストレートが長く続く後の鋭いヘアピンカーブといったストップ&ゴータイプのレイアウトが特徴です。
また、コース脇のウォールとの距離が近いのもポイントで、一瞬の気のゆるみがクラッシュを招いてしまうシビアさがスリル満点といえるでしょう。
そのためレース展開が荒れることでも有名で、その番狂わせを楽しみにF1観戦ツアーに参加する「通」の方も多くいらっしゃいます。
なお、緑が多いため、木々が邪魔になってコースがよく見えない場所も少なくありません。
せっかくF1観戦ツアーに参加するなら、観戦場所を選ぶ際には注意しておきましょう。

アクセスが便利

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットの最寄り駅はJean-Drapeau駅です。ここからサーキットまでは、徒歩約15分。
観戦スタンドの番号によって左右に分かれて進むよう、駅の正面に案内板が立っているため、迷うことなく向かえます。
最寄り駅から近い駅にホテルが充実していることも、嬉しいポイントです。

周辺のおすすめ観光スポット&グルメ

サーキットのあるモントリオール周辺には、訪れてみたい観光スポットや魅力的なグルメが数多くありF1観戦ツアーの思い出を一層の彩りを与えてくれます。

サーキット周辺の広場

上空から見るとよくわかりますが、ノートルダム島は緑に覆われた美しい島です。
そのため、ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットの周辺にも、気持ちよくくつろげる緑の広場がたくさんあります。
レースの合間に散策したり、屋台で購入したピザやホットドッグなどを芝生の上で食べたりと、のんびり過ごせます。

セント・ローレンス川の観光クルーズ

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットをかこむセント・ローレンス川には、モントリオールの歴史ガイドが付いた観光クルーズがあります。
この街の歴史を学びつつ、観光スポットとしても有名なジャックカルティエ橋やブーシャーヴィル島などの美しい光景を楽しむことは、最高のF1観戦ツアーとなるでしょう。

モントリオール・ノートルダム大聖堂

ノートルダム島の西の対岸に位置するモントリオール・ノートルダム大聖堂は、モントリオールを訪れたときには外せない観光スポットです。
ノートルダム大聖堂といえばパリが有名ですが、フランス語で「聖母マリア」を意味する「ノートルダム」を冠した教会は、実は世界各地にあります。
このモントリオール・ノートルダム大聖堂は世界遺産にも登録されており、中に入ると、その美しさに圧倒されること間違いなしです。
色とりどりのステンドグラスや精緻な彫刻を施された祭壇などは、見るだけで敬虔な気持ちにさせられます。ぜひ一度は訪れて欲しいスポットです。
また、世界最大級のパイプオルガンの音色も、きっと感動を呼ぶことでしょう。

目も舌も大満足のグルメ

見た目も味も満足間違いなしのグルメが数多くあるのも、モントリオールの魅力のひとつです。
セント・ローレンス川沿いには景色を楽しみながら食事のできるレストランが立ち並び、モン・ロワイヤル公園周辺にもおしゃれなレストランが点在しているので、レースや観光の合間におなかも満たせます。
オンラインでの注文やデリバリーに対応しているレストランも増えているので、楽しみ方が広がります。

初心者にも楽しみやすいカナダGP

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットの周辺には、観光スポットやグルメが数多く揃っています。
そのうえ、清潔で居心地のよいホテルも近隣に多く見つかるので、レース観戦以外の時間も有意義に過ごせるので、人気のF1観戦ツアー先となっています。
つまり、モントリオールで開催されるカナダGPは、海外でF1観戦ツアーを楽しむのが初めての人にもおすすめのレースといえます。
ぜひカナダGPのF1観戦ツアーで一生の思い出を作って下さい!

F1カナダGP過去の予選とレース結果は?

1961年に国内スポーツカー選手権として開催されたのが始まりである。1967年からF1世界選手権の一戦となった。1970年まではモスポート・パークとモントランブランで交互に開催されていたが、1971年から1977年まではモスポート・パークで開催された。オンタリオ湖近くにあるモスポート・パークは1961年にオープンしてF1でも利用されたが、安全性が低いという判断がされたこともあり、近年では大きなレースではあまり利用されていない。1964年にオープンしたモントランブランはケベック州のモントリオール北方にあるサーキットで、コース幅が狭く曲がりくねっていることから追い抜きは難しい上、コースの狭さとバンピーな路面で、2回限りでF1は開催されなくなった。

1978年以降はモントリオールにあるジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで開催されている。このサーキットはセント・ローレンス川に浮かぶ人工島のノートルダム島に作られたものである。このノートルダム島は1967年にはモントリオール万国博覧会の会場、1976年にはモントリオールオリンピック会場であった。当時カナダの国民的ヒーローであったジル・ヴィルヌーヴが1982年のベルギーGP予選で事故死したことを悼み、同年に「サーキット・イル・ノートルダム」から改称されたもので、コース上には彼を讃えるメッセージが書かれている。コースの基本的なコース特性は変わっておらず、高速サーキットである。ストップアンドゴーの典型的なコースでブレーキに相当なストレスが掛る。現在のコースレイアウトになったのは、1996年からである。

当初はF1レースを行うにはいささか肌寒いシーズン終盤に日程が組まれていたが、1982年からは春から初夏にかけて行われるようになった。2009年は開催されず長いヨーロッパラウンドが続く事になった。2010年のF1世界選手権で2年ぶりに復活した。開催期間中で30万人を超える観客が訪れ、F1屈指の観客動員数を誇っている。

2017年3月、開催契約を2029年まで延長したことを発表した。

2023 F1カナダGPの予選とレース結果は?

金曜の夕方と土曜の雨により、路面のラバーは全て洗い流された。殆ど全てのクルマがスタートタイヤにミディアムタイヤタイヤを選んだが、レッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレス、アルファロメオのバルテリ・ボッタス、ケビン・マグヌッセンはハードタイヤタイヤを、15番グリッドからの入賞を目指すアルピーヌのピエール・ガスリーは唯一ソフトタイヤタイヤを履いた。オーバーテイクが乏しい展開が続く中、13位を争っていたニック・デ・フリースとケビン・マグヌッセンが接触しながらの激しいサイドバイサイドを展開。35Lap目のターン3への進入の際に、イン側にいたニック・デ・フリースがロックアップしてエスケープに飛び出したため、アウト側のケビン・マグヌッセンもターンインできず、2台揃って仲良くコース外で立ち往生する場面があった。レッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンにとっては後方に注意を払いながら対処するだけのレースだった。ミルトンが40Lap目にミディアムタイヤタイヤに交換すると、アンダーカットを防ぐべくアストンマーティンのフェルナンド・アロンソがその翌Lapにハードタイヤタイヤに交換。ラップをリードするレッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンはそのまた翌Lapにミディアムタイヤタイヤに履き替えトップでレースに復帰した。

5秒ペナルティが確定していたマクラーレンのランド・ノリスはポイントを持ち帰ろうと鬼気迫る走りを披露。残り7Lapでアルファロメオのバルテリ・ボッタスを交わして9位に浮上するとアルピーヌのエステバン・オコンを激しく攻め立て、ファイナルラップの最終シケインで強引に並びかけたが交わすには至らず、必要なギャップを稼ぐことができなかった。

2023 F1カナダGP 予選

2023 F1カナダGP 予選
PosNoドライバーチームQ1Q2Q3Grid
11フェルスタッペンレッドブル・ホンダRBPT1:20.8511:19.0921:25.8581
227ヒュルケンベルグハース・フェラーリ1:22.7301:20.3051:27.1022
314アロンソアストンマーチン・メルセデス1:21.4811:19.7761:27.2863
444ハミルトンメルセデス1:21.5541:20.4261:27.6274
563ラッセルメルセデス1:21.7981:20.0981:27.8935
631オコンアルピーヌ・ルノー1:22.1141:20.4061:27.9456
74ノリスマクラーレン・メルセデス1:21.9981:19.3471:28.0467
855サインツフェラーリ1:22.2481:19.8561:29.2948
981ピアストリマクラーレン・メルセデス1:22.1901:19.6591:31.3499
1023アルボンウィリアムズ・メルセデス1:21.9381:18.725 10
1116ルクレールフェラーリ1:21.8431:20.615 11
1211ペレスレッドブル・ホンダRBPT1:22.1511:20.959 12
1318ストロールアストンマーチン・メルセデス1:22.6771:21.484 13
1420マグヌッセンハース・フェラーリ1:22.3511:21.678 14
1577ボッタスアルファロメオ・フェラーリ1:22.3321:21.821 15
1622角田裕毅アルファタウリ・ホンダRBPT1:22.746 16
1710ガスリーアルピーヌ・ルノー1:22.886 17
1821デ・フリースアルファタウリ・ホンダRBPT1:23.137 18
192サージェントウィリアムズ・メルセデス1:23.337 19
2024アルファロメオ・フェラーリ1:23.342 20

2023 F1カナダGP 決勝

2023 F1カナダGP 決勝
PosNoドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGridPoints
11フェルスタッペンレッドブル・ホンダRBPT701:33:58.348125
214アロンソアストンマーチン・メルセデス70+9.570s318
344ハミルトンメルセデス70+14.168s415
416ルクレールフェラーリ70+18.648s1112
555サインツフェラーリ70+21.540s810
611ペレスレッドブル・ホンダRBPT70+51.028s129
723アルボンウィリアムズ・メルセデス70+60.813s106
831オコンアルピーヌ・ルノー70+61.692s64
918ストロールアストンマーチン・メルセデス70+64.402s132
1077ボッタスアルファロメオ・フェラーリ70+64.432s151
1181ピアストリマクラーレン・メルセデス70+65.101s9
1210ガスリーアルピーヌ・ルノー70+65.249s17
134ノリスマクラーレン・メルセデス70+68.363s7
1422角田裕毅アルファタウリ・ホンダRBPT70+73.423s16
1527ヒュルケンベルグハース・フェラーリ69+1 lap2
1624Lapアルファロメオ・フェラーリ69+1 lap20
1720マグヌッセンハース・フェラーリ69+1 lap14
1821デ・フリースアルファタウリ・ホンダRBPT69+1 lap18
NC63ラッセルメルセデス53DNF5
NC2サージェントウィリアムズ・メルセデス6DNF19