F
1
観戦
ツアーのお見積りはこちら
background cloud

F1 メキシコGP観戦ツアー | F1観戦ツアー専門のWST

F1メキシコGP観戦ツアー

・F1メキシコGP開催日程

・スタンドからコースの景色

・F1開催国情報

・F1メキシコGP観戦ツアーを楽しむ方法

・過去の予選とレース結果は?

F1メキシコGPチケット

F1メキシコGP観戦ツアー2021001
STAND AREA(金土日)
Main GrandStand
GOLD 3
GOLD 4
GOLD 5
GOLD 6
General Admission 6-A
Grada 9
Grada 10
Grada 11
Grada 14
Grada 15
Speed Lounge Yellow
Speed Lounge Green

F1メキシコGP 開催日程

日程開催レース開催地
2024/10/25 (金)F1メキシコ グランプリ(GP)・フリー走行1
F1メキシコ グランプリ(GP)・フリー走行2
メキシコシティ
2024/10/26 (土)F1メキシコ グランプリ(GP)フリー走行3、予選
メキシコシティ
2024/10/27 (日)F1メキシコ グランプリ(GP)決勝レースメキシコシティ

お客様独自のオリジナルプランの見積りをお作りします。

お客様独自のオリジナルプランの見積りをお作りします。

①観戦したいレース。

②日本を出発する日付、現地で宿泊する日数(何泊)、現地を出発する日付、日本に帰着する日付。

①②を事前に決めれば見積り依頼をしやすいです。

WORLD SPORTS TRAVEL

06-4303-4364

MAIL:info@f1world.net

土日祝、夏季、年末年始

受付時間:10:00-18:00 定休日:土日祝

F1メキシコGPスタンドからコースの景色

F1メキシコGP観戦ツアー11

Main Grand Stand

近い距離でスターティング・グリッドに並ぶマシンを観ることが出来ます。スタンド正面が各チームのピットになっているので、タイヤ交換などでマシンがピットインしてきた時のタイヤ交換作業が非常に近い距離で観ることが出来ます。スタンド前のスターティンググリッドにはポールポジションを先頭に20台のマシンがグリッドに整列します。決勝レース開始の30分前から各マシンがコースに出てきてスターティンググリッドに整列していきます。マシン周辺にはチーム代表やエンジニア・デザイナー・メカニックなどのチーム関係者が集まり、ドライバーと決勝レースの戦略について最終確認します。マシン周辺にはドライバーをはじめ、チーム関係者などが多数取り囲んでいるので、写真を撮影するチャンスです。TVカメラやメディア関係者なども多数、スターティンググリッド詰めかけていて、チーム代表やドライバーにインタビューをします。標高が2000mを越えているので空気抵抗が低く、F1が開催されるサーキットの中で最も最高速が計測されるのでスタンド前はゆうに300kmオーバーのスピードで疾走していきます。スタンドには屋根が設置されていますので、陽射しや雨からも守ってくれます。ジャイアントスクリーンがスタンドの前に設置されています。F1の華やかな雰囲気やF1マシンのスピード感などを楽しみたい人にはおススメのスタンドです。

F1メキシコGP観戦ツアー12

GOLD 3

標高2000mの空気抵抗の薄いメキシコGPはイタリアのモンツァサーキット以上に最高速が出ます。このGOLD3スタンドはホームストレートの終盤エリアにあるスタンドで、このGOLD3スタンド前あたりからブレーキングを開始します。このGOLD3スタンド前では時速370kmに達しており、このホームストレートの終盤あたりでオーバーテイクが数多く繰り広げられます。ホームストレートで前のマシンのスリップストリームに入った後ろのマシンがオーバーテイクを仕掛けるシーンは見物です。抜きつ抜かれつの接近戦バトルが繰り広げられます。時速370kmで繰り広げられるオーバーテイクは手に汗を握るバトルシーンです。オーバーテイクやバトルをたくさん観たい人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

F1メキシコGP観戦ツアー13

GOLD 4

標高2000mの空気抵抗の薄いメキシコGPはイタリアのモンツァサーキット以上に最高速が出ます。このGOLD4スタンドはホームストレートの終盤エリアから1コーナーにかけてあるスタンドで、このGOLD4スタンド前の1コーナーの飛び込みでオーバーテイクが繰り広げられます。イン側のラインから抜き去るパターンと、アウト側から横のマシンを被せて、続く2コーナーとの複合で抜き去るパターンがあります。370kmを越える最高速からのブレーキング競争は手に汗を握る白熱シーンです。ブレーキングを目一杯遅らせて、前のマシンを抜き去ろうとするあまり、ブレーキングミスをしてしまい、コース外にはみ出してしまうケースもしばしばあります。2018年のフェラーリのベッテルと、レッドブルのフェルスタッペンのバトルシーンは一時期、両者の関係を悪化させたほど。このメキシコGPで一番、ハードブレーキング競争が繰り広げられるのが、このGOLD4スタンドです。

オーバーテイクやブレーキング競争、バトルなどをたくさん観たい人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

F1メキシコGP観戦ツアー14

GOLD 5

ホームストレートの終盤エリアから、1コーナー、2コーナー、3コーナーまでの区間を見渡せることが出来るスタンドになります。ホームストレートの終盤エリアでは時速370kmオーバーのスピードからビッグブレーキングで時速120kmくらいまで急減速がされます。マシン同士が順位を争っている場合はホームストレートの終盤エリアからバトルが繰り広げられ、1コーナーの飛び込みで熱戦が展開されます。アウト側からオーバーテイクを仕掛けたマシンは、1コーナーと2コーナーの複合でオーバーテイクを試みてくるのでそのような勝負もこのスタンドから観ることが出来ます。1コーナーではアウト側のラインでも、2コーナーではイン側になるので、その組み合わせでオーバーテイクが繰り広げられます。マシン同士のブレーキング競争や、オーバーテイクシーンをたくさん観たい人にはおススメのスタンドです。

スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

F1メキシコGP観戦ツアー15

GOLD 6

このGOLD6のスタンドからは、1コーナー、2コーナー、3コーナーと4コーナーまでのストレート区間が見渡せます。1コーナーの飛び込みから、2コーナーにかけてはオーバーテイクが繰り広げられますので、一部始終の状況を観ることができるスタンドです。3コーナーを立ち上がってからはストレート区間になるのでF1マシンは全開で加速していきます。続く4コーナーにかけてオーバーテイクを試みるマシンは前のマシンのスリップに入ろうと巧みにライン取りを変えて接近していきます。そのようなシーンを観ることも出来るスタンドです。オーバーテイクが繰り広げられる1コーナー、2コーナーからは少し離れたスタンドになりますが、見渡せるエリアは広いので、バランス重視の人にはおススメのスタンドになります。

スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

F1メキシコGP観戦ツアー16

General Admission 6-A

ホームストレートに次ぐ長さのストレート区間にあるスタンドになります。このストレートの先の4コーナーの飛び込みでオーバーテイクが繰り広げられるので、前を走るマシンのスリップストリームに入ろうと後ろのマシンは巧みにライン取りを変えて前にマシンに接近していきます。このスタンド前を通過する時速は330kmを越えるスピードですので、F1マシンのスピード感を味わいたい人にはおススメのスタンドです。このスタンドの観戦券の価格は安く、お得感があります。

スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されていませんので決勝レースの順位を知りたい人はスマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておくと良いでしょう。

F1メキシコGP観戦ツアー17

Grada 9

4コーナー、5コーナー、6コーナー、7コーナーにかけては低速コーナーが続くエリアで、F1マシンの低中速性能を観ることが出来ます。空力性能よりはメカニカルグリップが重要なエリアになります。低速コーナーが連続するのでF1マシンを長い時間、観ることが出来るメリットがあります。マシンが低速で走行するので、写真も撮りやすいでしょう。F1マシンを長く観たい、メカニカルグリップ性能をチェックしたい、写真を撮りたい、という人にはおススメのスタンドです。スタンドの観戦券価格は、Main GrandStandに次いで高い価格になっています。

その辺りの様子を見ることが出来ます。4コーナーはオーバーテイクポイントになります。

スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

F1メキシコGP観戦ツアー18

Grada 10

4コーナー、5コーナー、6コーナー、7コーナーにかけては低速コーナーが続くエリアで、F1マシンの低中速性能を観ることが出来ます。空力性能よりはメカニカルグリップが重要なエリアになります。低速コーナーが連続するのでF1マシンを長い時間、観ることが出来るメリットがあります。マシンが低速で走行するので、写真も撮りやすいでしょう。F1マシンを長く観たい、メカニカルグリップ性能をチェックしたい、写真を撮りたい、という人にはおススメのスタンドです。スタンドの観戦券価格は、Main GrandStandに次いで高い価格になっています。

その辺りの様子を見ることが出来ます。4コーナーはオーバーテイクポイントになります。

スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

F1メキシコGP観戦ツアー19

Grada 11

4コーナー、5コーナー、6コーナー、7コーナーにかけては低速コーナーが続くエリアで、F1マシンの低中速性能を観ることが出来ます。空力性能よりはメカニカルグリップが重要なエリアになります。低速コーナーが連続するのでF1マシンを長い時間、観ることが出来るメリットがあります。マシンが低速で走行するので、写真も撮りやすいでしょう。F1マシンを長く観たい、メカニカルグリップ性能をチェックしたい、写真を撮りたい、という人にはおススメのスタンドです。スタンドの観戦券価格は、Main GrandStandに次いで高い価格になっています。

その辺りの様子を見ることが出来ます。4コーナーはオーバーテイクポイントになります。

スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要です。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの順位や展開が解りやすいです。

F1メキシコGP観戦ツアー20

Grada 14

サーキットがコース改修される以前はこの場所に野球場があり、その野球場のスタンドを現在、Grada14スタンドとして引き継いで活用しています。Grada15スタンドと複合セットでのスタンドであることから3万人の大規模スタンドとなっています。スタンド前のコースレイアウトは低速ヘアピンが組み込まれており、このスタンド前をマシンが走行する時間が比較的に長いのが特徴であることと、スタンドが3万人規模の収容人員を誇ることから、Main GrandStandではなく、こちらのGrada14-15のスタンド側に表彰台が設置されており、表彰式がこのスタンド前と執り行われます。他のF1開催国とは一味違った趣向の華やかな表彰式が執り行われます。マシンは低速で走行するので、写真が撮りやすいメリットもあります。マシンをじっくり観たい人や、写真をたくさん撮りたい人、表彰式を観たい人にはおススメのスタンドです。

F1メキシコGP観戦ツアー21

Grada 15

サーキットがコース改修される以前はこの場所に野球場があり、その野球場のスタンドを現在、Grada15スタンドとして引き継いで活用しています。Grada14スタンドと複合セットでのスタンドであることから3万人の大規模スタンドとなっています。スタンド前のコースレイアウトは低速ヘアピンが組み込まれており、このスタンド前をマシンが走行する時間が比較的に長いのが特徴であることと、スタンドが3万人規模の収容人員を誇ることから、Main GrandStandではなく、こちらのGrada14-15のスタンド側に表彰台が設置されており、表彰式がこのスタンド前と執り行われます。他のF1開催国とは一味違った趣向の華やかな表彰式が執り行われます。マシンは低速で走行するので、写真が撮りやすいメリットもあります。マシンをじっくり観たい人や、写真をたくさん撮りたい人、表彰式を観たい人にはおススメのスタンドです。

F1メキシコGP観戦ツアー19

Platinum Plus E

最終コーナーのスタンドになります。garada14とgarada15スタンドのインフィールドセクションから立ち上がってきたマシンがホームストレートへ向かっていくエリアにあるスタンドなります。この最終コーナーをうまく立ち上がって、ホームストレートへの加速につなげていくことにドライバーは全神経を集中させます。2019年にレッドブルホンダのフェルスタッペンはこの最終コーナーで出されていたイエローフラッグを見落としてしまい減速せず、予選最速タイムの取り消し処分で5グリッド降格処分を受けてしまい、前のアタックで最速タイムを計測していたポールポジションタイムを抹消され、5グリッドペナルティを受ける羽目になってしまった箇所である。このスタンド前のコース幅は非常に狭く、ランオフエリアも狭いので、このスタンド前の最終コーナーでクラッシュすると、すぐにイエローフラッグもしくはレッドフラッグが出される場合が非常に多い。

F1メキシコGP・メキシコシティ

首都:メキシコシティ。
人口:12,701万人。
物価:日本より割安感がある。
通貨:ペソ。
時差:+15時間。
気温:F1開催時の平均気温9度~22度。
公用語:スペイン語。
サーキット:エルマノス・ロドリゲス・サーキット。
開催期間:2024年10月25日~2024年10月27日。
開始時刻:13時00分(日本時間28時00分)。
観戦時の服装:長袖シャツ+上着(雨天時は防寒服が望ましいでしょう)。
メキシコ・シティ近郊の観光名所:テオティワカン遺跡、ソカロ、メキシコ国立人類学博物館がおススメです。

1992年の開催を最後になっていたメキシコGPは2016年に24年ぶりに復活した。標高2250mのメキシコシティは空気の密度が薄く、よって空気抵抗が低い為、F1の開催サーキットではモンツァを越える最高速度をマークする。第1期ホンダF1の初優勝の地でもある。市街地にサーキットはあり地下鉄でサーキットにアクセス出来る。長いホームストレートでは意外にもオーバーテイクの難易度は高い。それは最終コーナーで前車からのタービュランスで近付けないのが要因になっている。F1開催のサーキットでは抜群の収容を誇る。メキシコ人の盛り上がりにかけてはモンツァのティフォシにも匹敵する。成田から直行便が出ており日本からのアクセスも便利である。

F1メキシコGP観戦ツアーを現地で楽しむ方法

この記事では、旅行会社のF1観戦ツアーを活用してF1メキシコGPの現地生観戦を楽しみたい人の為に、
F1観戦ツアーの予約方法や注意点、F1観戦ツアーを催行しているF1観戦ツアーの旅行会社の選択方法などを説明していきます。

予約をするには?

毎年、F1シーズンの開かれる時期は3月中旬頃から12月上旬頃になることが多いですが、
前年の9月~10月頃に翌年の開催日程が決定します。F1メキシコGPは11月上旬頃の日曜日で開かれるされることが多いです。F1メキシコGPは11月に開催されるグランプリとしての認識が定着していますので、4月頃からF1メキシコGPのF1観戦ツアーの予約受付が開始されます。F1メキシコGPが開催される1か月前頃にはF1メキシコGPのF1観戦ツアーの予約の受付が締め切られます。

F1観戦ツアーに参加するメリットは?

F1観戦ツアーは安い料金で、F1メキシコGPのF1観戦ツアーを催行している旅行会社が何社かあるので、リーズナブルな料金でF1観戦ツアーに参加しやすいのが特徴です。

メキシコシティとサーキットの特徴

F1メキシコGPはメキシコシティ市内のエルノマノスロドリゲスサーキットを利用して開催されます。
メキシコシティ市内から東へ約10kmにエルノマノスロドリゲスサーキットがあり、市内中心地からは地下鉄を乗り継いで行けます。サーキットの北5kmの距離には国際空港がある関係で、サーキット周辺の道路は慢性的に大渋滞を引き起こしています。メキシコシティ市内には日本の大都市のような高速道路が整備されていないことも渋滞を引き起こす要因になっています。数百年前にはメキシコシティには大きなテスココ湖がありましたが、その湖は埋め立てられて近代化されたメキシコシティが建設されました。メキシコシティは湖を埋め立てたということもあり、非常に平坦な地形をしています。

そういったことからエルマノスロドリゲスサーキットの標高差は小さく、上り勾配や下り勾配の小さいサーキットの特徴を持り合わせています。宿泊するのはメキシコシティ市内のホテルになることと思われますが、メキシコシティは1000万人を超える大きな街ですので、ホテルがたくさんありますので、市内の全てのホテルが満室になることは、まずありませんが、価格など条件の良いホテルから満室になっていきますので注意をして下さい。

メキシコシティの観光地

メキシコシティの街にはたくさんの観光名所の建築物があります。国立宮殿やメキシコシティ・メトロポリタン大聖堂(カテドラル)などスペイン統治時代から続く歴史ある建物も多い。また、テノチティトラン時代のアステカ帝国の神殿跡であるテンプロ・マヨール遺跡もこの地区にある。をはじめ、オペラハウスや英雄広場なども観光名所になっています。メキシコシティ市内はレストランも数多くありますが、メキシコ名物のタコス料理を楽しんでみるのも良いでしょう。価格的にもリーズナブルでお財布にも優しいです。

メキシコシティ発着の日帰りツアーに参加してみるのも良いでしょう。メキシコシティ郊外には世界遺産で有名な「テオティワカン遺跡」があります。エジプトのギザ王ピラミッドに次いで、世界で2番目に大きい太陽のピラミッドがあります。テオティワカン遺跡には月のピラミッドもあります。両方のピラミッドの頂上部まで登ることが許可されているので、是非、登ってみることをお勧めします。遺跡保存の観点から将来は登れなくなることが予想されています。

観戦券の入手方法

F1メキシコGPのF1観戦券の入手方法についての説明をします。F1メキシコGPは、各チームのピットがあるホームストレートのメイングランドスタンドをはじめ、各コーナーエリアに指定席スタンドが設置されています。全てのスタンドが屋根付きスタンドではないので、強い日差しによる日焼けや、雨が心配な方は屋根付きのスタンドで観戦することが良いのではないでしょうか。
ホームストレートのグランドスタンドは屋根付きで各チームの作業や表彰式の様子を見ることが出来るのでお勧めのスタンドですが、その分、F1メキシコGPのF1観戦券の料金は一番割高になります。
F1観戦ツアーの旅行会社によっては、観戦するスタンドが何種類かにあらかじめ決められているので、
F1メキシコGPを自分の好きなスタンド席で観戦することが出来ない場合があります。F1メキシコGPのF1観戦券によっては別途追加料金が必要になることもあるので、F1メキシコGPのF1観戦券の料金込みの価格であるのか事前に必ずチェックするようにしましょう。

F1メキシコGPを現地で観戦するにはどうしたらいい?

F1メキシコGPのF1観戦ツアーの旅行会社を決める前に、どのスタンドのF1観戦券にするか決めておく事が大事です。F1メキシコGPのF1観戦券の種類について。F1メキシコGPのF1観戦券には大きく分けて、
「自由エリア席エリア」
「各スタンド席の指定席」
の2種類があります。それぞれ料金が違うので、自分の予算に合わせて決めましょう。
全てのF1メキシコGPのF1観戦券は3日券なので、どのスタンドのF1メキシコGPのF1観戦券が良いのか料金を判断材料にして良く考えましょう。

おすすめのスタンド指定席は?

F1メキシコGPの観戦で最も人気が高いスタンド席はホームストレートのグランドスタンド席です。
F1メキシコGPではグランドスタンドの正面が各F1チームのピットで、レース開始前の独特の雰囲気や、F1マシンがピットインしてきた時のスリリングなタイヤ交換作業などが非常に近い距離で観ることが出来ます。極限の緊迫した雰囲気やスリリングな気分が堪能出来ます。
F1メキシコGPの表彰台はグランドスタンド席の真正面にあるので表彰式の様子を非常に近い距離で観ることが出来ます。グランドスタンド席は表彰式の様子を写真撮影出来るおススメのスタンドです。
グランドスタンド席よりもっとF1メキシコGPの迫力を味わいたいという人には、バックストレートのスタンドで観戦することをお勧めします。バトルやオーバーテイクシーンが数多く観ることが出来るのでこちらのスタンドもお勧めのスタンドです。

F1観戦ツアーの旅行会社を選択する方法について

F1メキシコGP観戦ツアーの料金の目安は、航空券やホテル代、日本語アシスタント、空港~ホテル間の送迎車代、F1観戦券代などが料金に含まれます。その時の為替相場や原油相場によって値段は数万円から10数万円の差がありますので、円高や原油安の時にはリーズナブルな価格になります。

料金が違う理由としては、まずF1メキシコGPのF1観戦券のスタンドや種類が違うことが挙げられますが、それ以外にはどのような理由があるのでしょうか。ここからはメキシコF1観戦ツアーを選ぶ時に
チェックすべき点について説明していきます。

出発日を決める基準は何?

F1メキシコGPの開催される日程は金曜日のフリー走行から日曜日の決勝レースまでの3日間ですので、
メキシコF1観戦ツアーは、どこのF1観戦ツアーの旅行会社を選んでもF1観戦ツアーの日程など大体は同じになっている場合が多いです。F1メキシコGPが開催される週の金曜日にはF1ドライバー達のサイン会が開催されます。F1チーム関係者やF1ドライバーと記念撮影したり、サインを貰うために多くのF1ファン達が木曜日からサーキットにやってきます。
木曜日のF1ドライバーのサイン会に参加したい場合は、飛行機のメキシコ到着日を確認して、水曜日にメキシコシティ国際空港に到着する飛行機でF1観戦ツアーに参加出来るようにメキシコF1観戦ツアーの
日程調整をするようにしてもらいましょう。
飛行機は日本の主要空港からの直行便で約13時間でメキシコシティ空港に到着します。

ホテルを決める基準は何?

宿泊するホテルの星ランクや場所などをチェック。メキシコF1観戦ツアーの料金を大きく左右するのが、現地のホテル料金とF1メキシコGPのF1観戦券の種類です。
ホテルの星ランクによっては数万円レベルで料金が変わるので、じっくり選ぶようにしましょう。

ホテルから市内中心地までの距離やサーキットまで公共交通機関で行けるのか?時間はどれぐらいかかるのか?この2つが大きな部分を占めるでしょう。

市内観光もしたいならオプショナルツアーへの参加を検討する価値あり。

F1観戦ツアーの旅行会社のメキシコF1観戦ツアーはF1観戦が一番のメインですから、自由時間はほとんどありません。しかし、せっかくメキシコシティで宿泊するのならば、メキシコシティの市内観光も楽しみたいという人もいるでしょう。そのような人は、現地の旅行会社が催行のオプショナルツアーへの参加をご検討されてはいかがでしょうか。
木金土日の4日間全部をF1観戦しなければ、メキシコシティ市内観光をしっかり楽しむ時間はある程度、確保出来ます。オプショナルツアーには別途料金が必要ですが、安価に楽しめる多種多様なコースがあります。延泊をすればその分、メキシコ観光をする時間が出来るので日数と予算を考えながら検討してみるのも良いでしょう。

メキシコはビザ不要!

パスポートの有効期間に注意すべき!パスポートの有効期限が6か月未満だとメキシコに入国が出来ないので気を付けしましょう。残存期間は、6か月あれば大丈夫です。

F1メキシコGP過去の予選とレース結果は?

サーキットが標高2300メートルを超える高地にあるため空気が約20パーセントほど薄く、NAエンジンの場合エンジン出力が15%程度落ち、更にマシンの空気抵抗が落ちるためにウィングを最大限に立ててもストレートスピードは超高速サーキットで知られるモンツァを変えるサーキットである。ターボとNAエンジンの混走期には、出力面でターボエンジンにとって非常に有利なサーキットであった。1992年のレース後に多くの観客がコースになだれ込む事件が起き、安全上の理由から問題視された上、オーガナイザーの資金不足もあり翌年からメキシコGP中止される。2015年にメキシコGPは23年ぶりに復活した。 ホンダ初優勝の地はこのエルマノス・ロドリゲス・サーキットである。 1965年のメキシコグランプリでホンダRA272改をドライブしたリッチー・ギンサーが勝利。ホンダF1の初優勝となる記念すべき地である。これはタイヤメーカーのグッドイヤーにとっても初勝利となった。当時のチームの相対的な力では優勝どころか入賞すらままならない状況であったが、メキシコグランプリよりホンダ監督に復帰した中村良夫氏が戦闘機エンジンの設計・開発経験者であったことから、ガソリン混合比など低気圧環境下でのエンジンマッピングにおいて知見を有していたことが、優勝を獲得できた大きな要因である。 カンクンにヘルマン・ティルケ設計のサーキットを新設し、2007年から再びメキシコグランプリを開催する計画が持ち上がっていたが、一旦立ち消えとなったが、2011年8月にカルロス・スリム・ドミット氏が近い将来にメキシコGP開催に向けて動き出していることを表明した。2014年シーズンより22年ぶりにメキシコシティで復活開催される予定で計画が進行していたが、サーキットの改修工事の遅延で2015年シーズンに復活となった。

2022 F1メキシコGPの予選とレース結果は?

F1メキシコGP観戦ツアー_2023_203

スタートタイヤにレッドブル、フェラーリ勢などがソフトタイヤ、メルセデス勢はミディアムタイヤを選択した。2位スタートだったメルセデスのラッセルはターン4までに2つポジションを落とし、4位まで後退。14周目にはアルファタウリのガスリーがアストンマーティンのストロールを追い抜く際にコース外へ押し出したとして5秒ペナルティが課された。レッドブル勢は23周目と26周目にピット作業を行いミディアムタイヤへ交換、メルセデス勢は30周目と35周目にピット作業を行いハードタイヤへ交換した。残り23周で11位争いをしていたアルファタウリの角田とマクラーレンのリカルドがターン6で接触、アルファタウリの角田はピットまで自走したが接触の影響によりリタイア。残り9周で9位だったアルピーヌのアロンソがトラブルによりマシンをコース脇に停めたためVセーフティーカーが出動されたが、レース展開に影響はなかった。レース後に「タイヤ戦略は正しくなかった」とコメントしたようにハードタイヤタイヤを選択したメルセデス勢がレッドブル勢に仕掛けられる場面はなく、レッドブルのフェルスタッペンがメルセデスのハミルトン以下に15秒の差をつけて優勝した。
この優勝により、ミハエル・シューマッハー(2004年)とセバスチャン・ベッテル(2013年)が記録した年間13勝の記録を更新したほか、獲得ポイントが416となりシーズン最多ポイントの記録も更新した。

2022 F1メキシコシティGP 予選

2022 F1メキシコシティGP 予選
PosNoドライバーチームQ1Q2Q3Grid
11マックス・フェルスタッペンレッドブル-RBPT1:19.2221:18.5661:17.7751
263ジョージ・ラッセルメルセデス1:19.5831:18.5651:18.0792
344ルイス・ハミルトンメルセデス1:19.1691:18.5521:18.0843
411セルジオ・ペレスレッドブル-RBPT1:19.7061:18.6151:18.1284
555カルロス・サインツフェラーリ1:19.5661:18.5601:18.3515
677バルテリ・ボッタスアルファロメオ-フェラーリ1:19.5231:18.7621:18.4016
716シャルル・ルクレールフェラーリ1:19.5051:19.1091:18.5557
84ランド・ノリスマクラーレン-メルセデス1:19.8571:19.1191:18.7218
914フェルナンド・アロンソアルピーヌ-ルノー1:20.0061:19.2721:18.9399
1031エステバン・オコンアルピーヌ-ルノー1:19.9451:19.0811:19.01010
113ダニエル・リカルドマクラーレン-メルセデス1:20.2791:19.32511
1224周冠宇アルファロメオ-フェラーリ1:20.2831:19.47612
1322角田裕毅アルファタウリ-RBPT1:19.9071:19.58913
1410ピエール・ガスリーアルファタウリ-RBPT1:20.2561:19.67214
1520ケビン・マグヌッセンハース-フェラーリ1:20.2931:19.83319
1647ミック・シューマッハハース-フェラーリ1:20.41915
175セバスチャン・ベッテルアストンマーティン・アラムコ-メルセデス1:20.41916
1818ランス・ストロールアストンマーティン・アラムコ-メルセデス1:20.52020
1923アレクサンダー・アルボンウィリアムズ-メルセデス1:20.85917
206ニコラス・ラティフィウィリアムズ-メルセデス1:21.16718

2022 F1メキシコシティGP 決勝

2022 F1メキシコシティGP 決勝
PosNoドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGridPoints
11マックス・フェルスタッペンレッドブル-RBPT711:38:36.729125
244ルイス・ハミルトンメルセデス71+15.186318
311セルジオ・ペレスレッドブル-RBPT71+18.097415
463ジョージ・ラッセルメルセデス71+49.431213FL
555カルロス・サインツフェラーリ71+58.123510
616シャルル・ルクレールフェラーリ71+68.77478
73ダニエル・リカルドマクラーレン-メルセデス70+1 Lap2116
831エステバン・オコンアルピーヌ-ルノー70+1 Lap104
94ランド・ノリスマクラーレン-メルセデス70+1 Lap82
1077バルテリ・ボッタスアルファロメオ-フェラーリ70+1 Lap61
1110ピエール・ガスリーアルファタウリ-RBPT70+1 Lap14
1223アレクサンダー・アルボンウィリアムズ-メルセデス70+1 Lap17
1324周冠宇アルファロメオ-フェラーリ70+1 Lap12
145セバスチャン・ベッテルアストンマーティン・アラムコ-メルセデス70+1 Lap16
1518ランス・ストロールアストンマーティン・アラムコ-メルセデス70+1 Lap20
1647ミック・シューマッハハース-フェラーリ70+1 Lap15
1720ケビン・マグヌッセンハース-フェラーリ70+1 Lap19
186ニコラス・ラティフィウィリアムズ-メルセデス69+2 Laps18
19114フェルナンド・アロンソアルピーヌ-ルノー63DNF9
Ret22角田裕毅アルファタウリ-RBPT50DNF13
Ret23アレクサンダー・アルボンウィリアムズ-メルセデス0DNF16