F
1
観戦
ツアーのお見積りはこちら
background cloud

F1 ハンガリーGP観戦ツアー | 海外ツアー専門のWST

F1ハンガリーGP観戦ツアー

・F1ハンガリーGP開催日程

・スタンドからコースの景色

・F1開催国情報

・F1ハンガリーGP観戦ツアーを楽しむ方法

・過去の予選とレース結果は?

F1ハンガリーGPチケット

STAND AREA(金土日)
Super Gold
Gold 1 上段
Gold 1 下段
Gold 2 上段
Gold 2 下段
Gold 3
Gold 4
Silver 1
Silver 2
Silver 3
Silver 4
Silver 5
Silver 6
Podium
Bronze 1
Bronze 2
Super Bronze
General Admission

F1ハンガリーGP 開催日程

日程開催レース開催地
2024/07/19 (金)F1ハンガリー グランプリ(GP)・フリー走行1
F1ハンガリー グランプリ(GP)・フリー走行2
ハンガロリンク
2024/07/20 (土)F1ハンガリー グランプリ(GP)フリー走行3、予選
ハンガロリンク
2024/07/21 (日)F1ハンガリー グランプリ(GP)決勝レースハンガロリンク

お客様独自のオリジナルプランの見積りをお作りします。

WORLD SPORTS TRAVEL

06-4303-4364

MAIL:info@f1world.net

土日祝、夏季、年末年始

受付時間:10:00-18:00 定休日:土日祝

F1ハンガリーGPスタンドからコースの景色

Gold 2

最終コーナーからホームストレートを立ち上がったエリアにスタンドがあります。スタンドの目の前がスターティンググリッドになりますので、間近な距離でマシンを観ることが出来ます。決勝レース開始30分前からグリッドにマシンが整列していくので、チーム監督やデザイナー、エンジニア、メカニックなどがマシンの周囲を取り囲み、ドライバーと最終確認をする様子などが観ることが出来ます。もちろんこの時は写真を撮るチャンスですので、このスタンドはおススメです。表彰台はやや左斜めの方角になり、少し距離が離れています。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策や雨対策が必要になります。

Gold 1

スタンドの目の前がスターティンググリッドになります。スターティンググリッドの中団からポールポジションあたりのエリアになります。予選順位が上位のマシンが整列しているエリアになるので、人気のあるチームやドライバーがこのスタンド前のエリアを占めています。決勝レース開始前はマシンの周囲をチーム関係者が取り囲んで、ドライバーと最終確認をしているので、その様子を間近な距離で写真を撮ることが出来ます。表彰台は比較的に近いので、表彰式の様子を観ることが出来ます。各チームのピットも近い距離で観ることが出来ますので、ピットインの際のタイヤ交換作業なども近い距離で観ることが出来ます。華やかな雰囲気を味わいたい人にはおススメのスタンドですがスタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策や雨対策が必要になります。

Super Gold

スタンドの目の前が各チームのピットになります。ピットインでのタイヤ交換などの作業の様子などが近い距離で見ることが出来ます。スタンドの正面が表彰台になるので、表彰式の様子を間近な距離で観ることが出来ます。華やかな雰囲気を楽しみたい人にはおススメのスタンドです。オーバーテイクを仕掛けるマシンがこのスタンド前を通過する際に前を走るマシンに対して巧みなライン取りでバトルを仕掛けていくので、その様子を楽しむことも出来ます。スタンドには屋根が設置されているので、陽射しや雨から守ってくれます。

Gold 3

ホームストレートから1コーナーにかけてのオーバーテイクやバトルの駆け引きが展開されるエリアになります。ピットロード出口がこのエリアになります。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので決勝レースの展開が解りやすいのが魅力です。バトルシーンを楽しみたい人にはおススメのスタンドです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策や雨対策が必要になります。

Gold 4

ホームストレートから1コーナーにかけてのオーバーテイク、サイド・バイ・サイドとブレーキング競争でのバトルが展開されるエリアになります。このサーキットで最もオーバーテイクシーンを観ることが出来るスタンドになります。このサーキットで唯一のオーバーテイクポイントなので、オーバーテイクシーンを楽しみたい人にはおススメのスタンドです。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので、決勝レースの展開が解りやすいです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、雨対策が必要になります。

Bronze 2

スタンドの前は低中速の6コーナーの立ち上がりになります。マシンの旋回性能がチェックできるエリアになります。この6コーナーは低中速コーナーの性能をチェックするぐらいです。スタンドには屋根も設置されていないので、陽射し対策や雨対策が必要になります。ホームストレートのエリアから最も離れたエリアのスタンドになります。

Bronze 1

低中速の6コーナーの立ち上がりでのマシンの旋回性能がチェックできるエリアになります。7・8の複合コーナーになっているシケインへの突っ込みと低速からの加速がチェック出来ます。低速区間であるので、マシンの写真が比較的に撮りやすいのがメリットです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策や雨対策が必要になります。

Silver 5

6コーナーから最終コーナーまで、サーキットの約半分が見渡せる見晴しの良いスタンドになります。マシンを長い時間観たいという人にはおススメのスタンドになります。このスタンド前でのオーバーテイクは皆無なので、サーキットの広い範囲を楽しみたい場合にこのスタンドで観戦すると良いでしょう。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので、決勝レース展開が解りやすいです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策や雨対策が必要になります。

Silver 3

低中速での180度旋回の最終コーナーの前にスタンドはあります。マシンの旋回性能と立ち上がりのシフトアップ時のエンジン音が楽しめます。この最終コーナーのライン取りや、前車に接近すればホームストレートでオーバーテイクの成功につながります。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているのでレース展開が解り易いです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策や雨対策が必要になります。

Silver 4

低中速での180度旋回の最終コーナーの前にスタンドはあります。マシンの旋回性能と立ち上がりのシフトアップ時のエンジン音が楽しめます。この最終コーナーのライン取りや、前車に接近すればホームストレートでオーバーテイクの成功につながります。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているのでレース展開が解り易いです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策や雨対策が必要になります。

Silver 1

低中速での180度旋回の最終コーナーの前にスタンドはあります。マシンの旋回性能と立ち上がりのシフトアップ時のエンジン音が楽しめます。この最終コーナーのライン取りや、前車に接近すればホームストレートでオーバーテイクの成功につながります。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているのでレース展開が解り易いです。スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策や雨対策が必要になります。

Silver 2

最終コーナーからの立ち上がってきたマシンのシフトアップのエンジン音が楽しめます。このスタンド前はただマシンが加速していくだけですが、このスタンド前を通過するときに前車に接近することが出来ていればホームストレートエンドの1コーナーへの飛び込みでオーバーテイクに成功する確率が高くなるので、そのあたりにポイントを絞って観戦するのも楽しみ方の1つです。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので、決勝レースの展開が解りやすいです。スタンドには屋根が設置されていないので陽射し対策、雨対策が必要になります。

F1ハンガリーGP・ブダペスト

首都:ブダペスト。
人口:980万人。
物価:日本より割安感がある。
通貨:フォリント。
時差:+7時間。
気温:F1開催時の平均気温16度~27度。
公用語:ハンガリー語。
サーキット:ハンガロリンク・サーキット。
開催期間:2024年07月19日~2023年07月21日。
開始時刻:15時00分(日本時間22時00分)。
観戦時の服装:半袖シャツまたは長袖シャツ(雨天時は防寒服が望ましいでしょう)。
ブダペスト近郊の観光名所:王宮の丘、国会議事堂、セーチェニ鎖橋、国立歌劇場がおススメです。

ハンガリーGPは1986年からこのサーキットで連続開催され続けている。1986年は社会主義体制下であり、F1が社会主義の政治体制の国での初開催であったことは画期的であった。1992年にはナイジェル・マンセル、2001年にミハエル・シューマッハーがこのハンガリーでチャンピオンを獲得した。ブダペスト郊外の北東30キロにサーキットはある。典型的は低中速コーナーの個性のサーキットであるが、近年のマシンの性能向上で1ラップの平均時速が200キロに近付いており、その低中速サーキットの評価は過去のものとなりつつある。

ブダペストは世界遺産の街で観光には大変向いており、物価も安価で気軽に有名レストランでの食事も楽しめる。ハンガリー東部のエリアは大平原が広がっており、かつてこの国に遊牧民が生活を営んでいたことを偲ばせる。

F1ハンガリーGP観戦ツアーを現地で楽しむ方法

F1ハンガリーGPが行われるハンガロリンクは、すり鉢状となっているため、どの観客席からもほぼコース全体を見渡せるのが特徴です。空港や首都ブダペストからもアクセスがよく、歴史的な建造物やグルメなど観光スポットも数多いハンガリーでF1観戦ツアーを楽しむ方法をお伝えします。

F1観戦ツアーのなかでも人気のあるハンガリーGPは、ハンガリーの首都ブダペスト郊外にある「ハンガロリンク」という名前のサーキットで行われます。
ハンガロリンクは、ブダペストにあるリスト・フェレンツ国際空港から車で1時間ほどとアクセスに便利な立地です。
また、ハンガロリンクから車で1時間以内のブダペスト中心部には、歴史ある世界遺産などの建造物や絶品グルメなど、訪れたい観光スポットがたくさんあります。ハンガリーでF1観戦ツアーを楽しむ方法をまとめました。

F1ハンガリーGPの特徴

F1ハンガリーGPが開催されるハンガロリンクは、サーキットの中央になるほど低くなる「すり鉢状」になっているのが特徴です。
これは、もともと丘陵地だった場所にサーキットが造られたためですが、この形状により、ほとんどの観客席からサーキットのほぼ全体を見渡すことができるのが魅力といえます。
訪れるのが初めてでも観戦席の選択に失敗が少なく、海外でのF1観戦ツアー初心者にもおすすめのサーキットです。
コースは1週4.381kmと短く、908mのホームストレート以外にストレートがないため、全体としては低速コースといわれていましたが、最近のF1マシンの劇的なコーナリング速度の向上によって、もはや低速サーキットではなく中速サーキットへと評価は変化してきています。コーナリング速度が向上した要因はまずマシンのトレッド幅が1800mmから2000mmへとサイズがアップしたことによる重心位置の低下とタイヤサイズの幅サイズがアップしたことによる路面への接地面積がアップしたことによって劇的にコーナリング速度が向上しました。1980年代後半のF1マシンと比較するとコーナリング速度は30kmから40kmほど向上しています。それによって横Gの負荷が増大してドライバーの身体的能力、とりわけ首周辺の筋力がいっそう求められるようになりました。
追い抜きが難しいコース設計であるいっぽうで、高速コーナーも3ヵ所あるため、ドラマチックな展開も多く、見どころ満載のコースとして人気です。

アクセスが便利

ハンガロリンクは、リスト・フェレンツ国際空港から車で1時間ほどと、比較的アクセスの便利な立地です。また、首都ブダペスト中心部へも車で1時間なので、F1観戦ツアーにブダペスト観光を組み込みやすいのも嬉しいポイント。なお、F1ハンガリーGP開催時は、市内のバスターミナルから運行される無料送迎バス(※)を利用すると便利です。

※無料送迎バスの利用には、F1観戦チケットの提示が必要な場合があります。F1観戦ツアー参加の際には、事前に確認することをおすすめします。

紫外線対策が必須

ハンガリーは比較的気候が安定していますが、ハンガロリンクは立地的に天気が不安定になることがあるため、念のため雨対策をしておくと安心です。
また、ハンガリーの夏は平均気温が20℃と比較的過ごしやすいのも特徴です。とはいえ、F1ハンガリーGPの開催される7月、8月は日差しが強いため、紫外線対策をしっかりと行って観戦ツアーに参加することをおすすめします。

周辺のおすすめ観光スポット&グルメ

ハンガリーの面積は日本の約1/4とかなり小さいですが、首都ブダペスト周辺には、観戦ツアーの合間に訪れてみたい観光スポットや魅力的なグルメが数多くあります。

歴史を感じさせる数々の建造物

ハンガリー国王の住まいとして使用されてきた「ブダ王宮」や、ハンガリーでは2番目に大きな教会「聖イシュトバーン大聖堂」、歴代の国王の戴冠式が行われた「マーチャーシ教会」など、荘厳さを感じさせる歴史的建造物も、観戦ツアーでぜひ訪れたいスポットです。
また、時間的に余裕がある場合は、ブダペストから1時間半ほどバスに乗った場所にある「ホッローケー村」もおすすめです。世界遺産に登録されているこの村は、ハンガリーで最も美しい村ともいわれています。おしゃれな古民家が立ち並ぶ石畳をのんびり散策すれば、思い出に残るひとときを過ごせるでしょう。

ドナウ川クルーズ

ヨーロッパで2番目に長いドナウ川は全長2,860kmにおよび、ドイツ、オーストリア、スロバキア、ハンガリーなどを経て、ルーマニアの下流で黒海に流れ込みます。静かに流れる川面と、両岸にたたずむ歴史を感じさせる建物との調和は見事の一言。
ハンガリーでのF1観戦ツアーには、ぜひこのドナウ川のナイトクルーズも組み込みたいです。
ドナウ川にかかる最古の橋といわれるセーチェニー鎖橋や、中世のお城をほうふつさせる国会議事堂などの夜景は、まるで宝石をちりばめたように幻想的です。ワンドリンクプランやディナープランなどが選べるので、ロマンチックなドナウ川沿いの夜景を堪能してください。

フォアグラも楽しめるハンガリー料理

ハンガリーでもっともポピュラーな料理といえば、牛肉と野菜を煮込んだ「グヤーシュスープ(牛飼いのスープ)」です。また、日本では高級食材として人気のフォアグラは、実はハンガリーが世界第一位の生産量を誇ります。日本よりずっと安い値段で食べられるので、ぜひいろいろ味わってみましょう。
さらに、ハンガリーはワインが豊富で、そのうえ手ごろな値段で楽しめることも魅力のひとつです。ワインと相性のよい料理も数多くあるので、ワイン片手にF1観戦ツアーを楽しむというのもおすすめです。

美しい街並みも魅力的なハンガリーでのF1観戦ツアー

青い空や静かに流れるドナウ川、美しく威厳のある建物など、ハンガリーは街全体がひとつの美しい風景といえます。また、どの場所からもレースの興奮を余すところなく楽しめるハンガロリンクは、F1観戦ツアー初心者からマニアまでを満足させるコースです。今回の記事を参考に、ぜひハンガリーでのF1観戦ツアーを楽しんでください。

F1ハンガリーGP過去の予選とレース結果は?

1986年のF1初開催時は、共産主義の東欧諸国での唯一のグランプリとして注目された。開催コースのハンガロリンクは超低速コースであり、オーバーテイクが非常に難しいコースレイアウトである。エンジン性能差が縮まるが、抜けないコースで有名で、モナコと同様に超低速でオーバーテイクが非常に困難を極めるコースとして名高い。2002年から2008年まで毎年別々の勝者が生まれており、そのうち3人が初優勝である。チャンピオン経験者ではアロンソ、バトンがこのハンガリーで初優勝を挙げている。最近ではサマーブレイク前の最後のレースとなることが慣例化している。

ウェットレースが少ないことでも有名である。ウェットの決勝レースは2006年と2011年の2回しかない。真夏の開催である上、盆地に位置することから、30度を超す高温のレースになる事が多く、ドライバーへの身体的負担及び、ブレーキ負担、エンジンの熱負担が非常に高くなる事が多いが、完走率はそれとは反して高い特徴があるが、シフト回数が多いので、ギアボックスへの負担が非常に大きい。ドライバー、マシンの両面で非常に厳しいレースの1つとされる。そのため、予選の順位が決勝レースに及ぼす影響が大きいグランプリである。だが、これまでのハンガロリンクのPPからの戦績は32戦14勝であり勝率は5割を切っている。マシンの安定性や速さも当然の事ながら、チーム戦略や采配、スムーズなピット作業などで勝敗を左右する事が多い。

例年、シーズン中盤戦に実施されている為、タイトル争いの正念場となるレースになることが多いが、チャンピオン争いが独走となった1992年のウィリアムズのナイジェル・マンセルと2001年のフェラーリのミハエル・シューマッハはこのレースでチャンピオンを確定させた。

ハンガロリンクでは、2027年まで継続開催される予定である。

2023 F1ハンガリーGPの予選とレース結果は?

F1ハンガリーGP観戦ツアー1003

レッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンは、スタートでポールシッターのメルセデスのルイス・ハミルトンをターン1でオーバーテイク、最初はマクラーレンのピアストリを従えて残り70Lapのレースを快適にリードした。また、ターン 1 では、Lapがスタートに失敗した後、アルピーヌのエステバン・オコンの後ろに押し込まれたダニエル・リカルドに追突してしまいました。これによりアルピーヌのエステバン・オコンがアルピーヌのピエール・ガスリーに押し込まれ、アルピーヌのピエール・ガスリーの2人はリタイアとなった。これはリカルドが一時的に最下位に位置することを意味した。

タイヤ交換によりポジションは大きく変動し、レッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスは快適にトップを走っていたレッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンに次ぐ2位となった。レッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンは自らピットに入り、リードを維持することになる。フェラーリのシャルル・ルクレールはアストンマーティンのランス・ストロールとフェラーリのカルロス・サインツの攻撃を受けていたが、アストンマーティンのフェルナンド・アロンソが抜き去ったためアストンマーティンのランス・ストロールは後退した。レッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスが止まったことでマクラーレンのランド・ノリスが2位となり、レッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスはすぐにマクラーレンのピアストリを芝生に少し押し込んだだけでマクラーレンのランド・ノリスのチームメイトのマクラーレンのピアストリをオーバーテイク4位となったが、スチュワードは調査しなかった。すぐにメルセデスのルイス・ハミルトンがマクラーレンのピアストリのポジションを獲得しましたが、レッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスを捕まえることはできませんでした。フェラーリのシャルル・ルクレールはピットレーンで制限速度80キロ(50mph)に対して80.7キロ(50.1mph)でスピードを出し、5秒のペナルティを受けた。

マクラーレンのランド・ノリスがレッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスを守り続けたため、レースの終わりまでにレッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンは33秒の差を縮め、レッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンの今季最高記録となった。ローガン・サージェントはスピンを喫し、リタイアとなった。レッドブルがレースに勝利し、コンストラクターの最多連勝記録を12回更新し、マクラーレンは1988年以来その記録を保持していた11連勝を達成した。マクラーレンのランド・ノリスが2位、マクラーレンのピアストリが5位となった。アストンマーティンのフェルナンド・アロンソとアストンマーティンのランス・ストロールはそれぞれ9位と10位だった。マクラーレンのランド・ノリスの2位は、彼のF1キャリアにおいて連続表彰台を獲得したのは初めてであり、マクラーレンが第1戦でメルセデスのルイス・ハミルトンとジェンソン・バトンとともに連続優勝を達成して以来初めて連続表彰台を達成したこととなった。それぞれ2012年アメリカGPと2012年ブラジルGP。

表彰台に上がったマクラーレンのランド・ノリスは、祝賀会中にレッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンのトロフィー(約4万5000ドル相当の手作りのヘレンドの花瓶)を誤って割ってしまった。マクラーレンのランド・ノリスはこの事件をからかってレッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンを「非難」したが、その後マクラーレンのランド・ノリスはレッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンとチームに謝罪した。ヘレンドは代わりのトロフィーを無償で製作し、トロフィーの偽の請求書を持ったマクラーレンのランド・ノリス同席のもと、8月下旬にレッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンに贈呈された。

2023 F1ハンガリーGP 予選

2023 F1ハンガリーGP 予選
PosNoドライバーチームQ1Q2Q3Grid
144 ハミルトンメルセデス1:18.5771:17.4271:16.6091
21 フェルスタッペンレッドブル・レーシング-ホンダ RBPT1:18.3181:17.5471:16.6122
34 ノリスマクラーレン1:18.6971:17.3281:16.6943
481 ピアストリマクラーレン1:18.4641:17.5711:16.9054
524アルファロメオ1:18.1431:17.7001:16.9715
616 ルクレールフェラーリ1:18.4401:17.5801:16.9926
777 ボッタスアルファロメオ1:18.7751:17.5631:17.0347
814 アロンソアストンマーティン アラムコ-メルセデス1:18.5801:17.7011:17.0358
911 ペレスレッドブル・レーシング-ホンダ RBPT1:18.3601:17.6751:17.0459
1027 ヒュルケンベルグハース1:18.6951:17.6521:17.18610
1155 サインツフェラーリ1:18.3931:17.703 11
1231 オコンアルピーヌ1:18.8541:17.841 12
133 ダニエル・リカルドアルファタウリ-ホンダ RBPT1:18.9061:18.002 13
1418 ストロールアストンマーティン アラムコ-メルセデス1:18.7821:18.144 14
1510 ガスリーアルピーヌ1:18.7431:18.217 15
1623タイ アルボンウィリアムズ1:18.917 16
1722 角田裕毅アルファタウリ-ホンダ RBPT1:18.919 17
1863 ラッセルメルセデス1:19.027 18
1920 マグヌッセンハース1:19.206 19
202アメリカ ローガンウィリアムズ1:19.248 20

2023 F1ハンガリーGP 決勝

2023 F1ハンガリーGP 決勝
PosNoドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGridPoints
11フェルスタッペンレッドブル・レーシング-ホンダ RBPT701:38:08.634226
24ノリスマクラーレン70+33.731318
311ペレスレッドブル・レーシング-ホンダ RBPT70+37.603915
444ハミルトンメルセデス70+39.134112
581ピアストリマクラーレン70+1:02.572410
663ラッセルメルセデス70+1:05.825188
716ルクレールフェラーリ70+1:10.317 266
855サインツフェラーリ70+1:11.073114
914アロンソアストンマーティン アラムコ-メルセデス70+1:15.70982
1018ストロールアストンマーティン アラムコ-メルセデス69+1Lap141
1123タイアルボンウィリアムズ69+1Lap16
1277ボッタスアルファロメオ69+1Lap7
133ダニエル・リカルドアルファタウリ-ホンダ RBPT69+1Lap13
1427ヒュルケンベルグハース69+1Lap10
1522角田裕毅アルファタウリ-ホンダ RBPT69+1Lap17
1624アルファロメオ69+1Lap5
1720マグヌッセンハース69+1Lap19
182アメリカローガンウィリアムズ67過熱20
Ret31オコンアルピーヌ2衝突被害12
Ret10ガスリーアルピーヌ1衝突被害15