F
1
観戦
ツアーのお見積りはこちら
background cloud

F1 スペインGP観戦ツアー | 海外ツアー専門のWST

F1スペインGP観戦ツアー

・F1スペインGP開催日程

・スタンドからコースの景色

・F1開催国情報

・F1スペインGP観戦ツアーを楽しむ方法

・過去の予選とレース結果は?

F1スペインGPチケット

3日通し券(金土日)
Main GrandStand
Stand F
Stand L
Stand A
Stand H
Stand I
Stand E
Stand K
Stand J
Stand G
Stand C
Stand N
GENERAL ADMISSION

F1スペインGP 開催日程

日程開催レース開催地
2024/06/21 (金)F1スペイングランプリ(GP)・フリー走行1
F1スペイングランプリ(GP)・フリー走行2
バルセロナ
2024/06/22 (土)F1スペイングランプリ(GP)フリー走行3、予選
バルセロナ
2024/06/23 (日)F1スペイングランプリ(GP)決勝レースバルセロナ

お客様独自のオリジナルプランの見積りをお作りします。

WORLD SPORTS TRAVEL

06-4303-4364

MAIL:info@f1world.net

土日祝、夏季、年末年始

受付時間:10:00-18:00 定休日:土日祝

スタンドからコースの景色

Main Grand Stand

メイングランドスタンド。決勝レース前にグリッドに整列するマシンや表彰式の様子が見れる。ホームストレートでDRSが解放されるので、前車へ接近しオーバーテイクへの駆け引きが展開される場所でもある。決勝レース開始前に各チームのピットからマシンがコースに出てきてスターティンググリッドに整列していきます。マシンの周囲にはチーム監督をはじめデザイナーやエンジニア、クルーが取り囲み、ドライバーとレース戦略を最終確認します。インタビュアーやTV、報道関係者、カメラマンなどが賑やかにスターティンググリッドに詰めかけており、その様子を間近な距離で観ることが出来ますし、自分のカメラで写真と撮ることも出来ます。スタンドの目の前はホームストレート区間ですので、オーバーテイクが繰り広げられます。スタンドからコースを挟んで正面には各チームのピットが軒を連ねており、タイヤ交換などによるマシンのピット作業なども観ることが出来ます。華やかな雰囲気、バトル、オーバーテイクなどを満喫したい人にはおススメのスタンドです。観戦券の価格はスペインGPの他のスタンドと比較して一番高価になります。

Stand J

ホームストレート区間で、ピットアウトしてくるマシンの様子が間近で見れる場所である。マシンを横に振ってオーバーテイクの駆け引きが展開される。ホームストレートの終盤区間でピットロード出口付近に位置するスタンドになります。ピットインしたマシンがコースに復帰する箇所になります。またホームストレートでバトルを繰り広げたマシンがサイドバイサイドでこのスタンド前を通過していきます。オーバーテイクの決着はもう少し1コーナー寄りのホームストレートエンドあたりになります。オーバーテイクシーンを観たい人はホームストレートエンドあたりにあるFスタンド、Eスタンドあたりで観戦することをおススメします。このスタンドの観戦券の価格はスペインGPの指定席で一番安価です。値段重視の方にはおススメのスタンドです。

Stand K

ストレートエンドでのブレーキング競争の様子が見れる場所。イン側のラインを占有したマシンが圧倒的に優位だが、2コーナーへの複合コーナーでアウト側からもオーバーテイクが稀に発生する。ホームストレートの後半部分になります。ずばり、このスタンドで観戦するメリットはオーバーテイクが観れる!最終コーナーから前車のスリップストリームに入ったマシンがこのKスタンドの前を通過するあたりでサイドバイサイドになり、もう少し1コーナー寄りの箇所のブレーキング競争で追い抜いていくパターンが多いです。このスタンドから1コーナーまでは見渡せるので、少し遠い距離にはなりますがバトルの決着を観ることが出来ます。このスタンド前で追い抜きがある場合は、周回遅れのマシンを追い抜いていく場合がほとんどで、同一周回でのオーバーテイクはあまりありませんので、観戦券の価格も指定席の中では一番安いです。

Stand F

ストレートエンドでのブレーキング競争の様子が見れる場所。イン側のラインを占有したマシンが圧倒的に優位だが、2コーナーへの複合コーナーでアウト側からもオーバーテイクが稀に発生する。

ホームストレートエンドの前にあるスタンドで、スペインGPで最もオーバーテイクが観られるスタンドです。バトルやオーバーテイクをたくさん観たい人にはおススメのスタンドです。バトルが多い分、マシン同士のクラッシュが多発する箇所でもあります。スペインGPでオーバーテイクがある箇所は他に4コーナーと10コーナーになるが、断然、1コーナーのほうがオーバーテイクは多いので、その分、観戦券価格はグランドスタンドと同額に設定されており、スペインGPでは最も高額の観戦券になります。

Stand A

2018年まではアロンソ応援団が陣取っていたスタンド。1-2コーナーの複合コーナーを立ち上がって高速3コーナーへ向かう場所。1-2コーナーは中速コーナーでこのAスタンド前を通過する時は3コーナーの向こうにある4コーナーへのオーバーテイクに向けて最適な加速をしていくことにドライバーは集中をする。このスタンドからは1-2コーナーが見渡せるので、オーバーテイクのバトルシーンから3コーナーまでの様子を観ることが出来る。見渡せる範囲がとても広いので、その分、観戦券価格は割高になっている。マシンの中速コーナーのコーナリング性能を確認することが出来るスタンドでもあります。

Stand L

6コーナーのスタンド。ここでのオーバーテイクはほぼ皆無に等しいが、マシンの中低速の挙動性能が肉眼でも解り易い。F1マシンの性能差は中低速コーナーで顕著に出るので、玄人の人向きのスタンドであります。また、このLスタンドから1-2コーナー、3コーナーまでの区間も観ることが出来るので、あまり知られていない穴場的なスタンドでもあります。このLスタンド前は低速の5コーナーで速いマシンほど素早くコーナーのクリッピングにつく。そしてアクセルをオンにするタイミングも早い。この5コーナーだけで速いマシンと遅いマシンでは、0.5秒ほどのギャップがある。肉眼でもその差がわかるほどでマシン性能差をチェックするのに向いているスタンド。1-2コーナーのオーバーテイクも観ることが出来て、トータルバランスの優れたスタンドです。

Stand G

中低速でのマシンの旋回性能の差が出やすい。メカニカルグリップが低いマシンは挙動が安定しない場所。2コーナー前にあるスタンドです。12コーナーは低速コーナーで空力性能はあまり関係なく、メカニカルグリップの性能が必要とされます。オーバーテイクポイントは皆無のスタンド。マシンの低速コーナーの性能をチェックしたい人にはおススメのスタンド。

観戦券は中間ぐらいの価格で設定されています。

Stand C

中低速でのマシンの旋回性能の差が出やすい。メカニカルグリップが低いマシンは挙動が安定しない場所。13コーナーから14コーナーにかけてのエリアに設営されているスタンドになります。2007年に13-14コーナーにかけてのエリアがコースが改修されて現在に至っている。2007年以前は14コーナーは存在せず、13コーナーから最終コーナーにかけては短い距離ではあるが、ストレート区間であった。14コーナーが設けられた理由は、最終コーナーで前車に近付きやすいように促進し、ホームストレートでのオーバーテイクを増やす為であったが、目標通りにまでは至っておらず、若干のオーバーテイク増にとどまっている。

観戦券は中間ぐらいの価格で設定されています。

Stand H

マシンの高速化を抑制する為にシケインにコース改修されたが、それでも最終コーナーで前車に近付くことは難しい。オーバーテイクは皆無に等しい場所。

14コーナー(シケイン)前に設営されたスタンド。最終コーナーで前車に近付きやすくする為に2007年のコース改修の際にこのシケイン(14コーナー)は作られた。結果、最終コーナーは中速コーナーの性質が強くなり、通過する際に大きなダウンフォースを必要としなくなったので2007年以前と比較したら、前車に近付きやすくなったが、ホームストレート上での劇的なオーバーテイク増にまでは至っていない。理由は1-2コーナーが中速で通過出来るコーナーであるためにフルブレーキングしてまで減速をする必要がないので、ブレーキング競争によるオーバーテイクまでは1-2コーナーでは見られないからである。このHスタンドのメリットは、コースがシケインであるがゆえに低速で通過するので、ゆっくりマシンを観ることが出来るところ。

トータルバランスを考えると、このスタンドの価格は髙いといわざるをえない。

Stand I

最終コーナーのスタンド。DRS圏内時、この立ち上がりの間隔でオーバーテイクの勝敗が決する場合が多い。このコーナーをクリアーすれば、ホームストレート。ホームストレートでオーバーテイクするには出来るだけこのコーナー前車に接近しておく必要がある。このスタンドからは15コーナーの脱出から最終コーナー、ホームストレートの前半部分を観ることが出来ます。バトルやオーバーテイクも観れないスタンドです。

観戦券は中間ぐらいの価格で設定されています。

現地情報

F1スペインGP観戦ツアーを現地で楽しむ方法

スペインで行われるF1グランプリを堪能できるF1観戦ツアーを楽しむ方法を紹介します。スペインのF1グランプリを観戦するなら、チケットの手配が楽なF1観戦ツアーの参加がおすすめです。テクニカルが要求されるコースでF1ならではの魅力を楽しめます。

F1のファンにとって一度は体験してみたい現地での観戦。それが楽しめるのがチケットもパッケージになったF1観戦ツアーです。今回はヨーロッパラウンドが開催される最初の地であるスペインでF1観戦ツアーを楽しむ方法を解説します。せっかく現地まで行くならF1観戦はもちろん、現地の魅力も思いっきり楽しみましょう。来シーズンこそスペインまで行きたいと考えている方必見です。

F1スペインGPの特徴

F1スペインGPは1986年に初開催されました。1991年からはバルセロナ近郊にあるカタロニア・サーキットで開催されています。初開催以降毎シーズン開催されており、女性F1ドライバーが初めてポイントを獲得した場所としてF1のファンの間でも知られている大会です。
アジア・オセアニア地域でのGPののち、このカタロニア・サーキットからヨーロッパラウンドの火蓋が切って落とされます。カタロニア・サーキットはシーズン前のテスト走行でも使用されるサーキットです。テスト走行との成績を比べる目安ともなり、スペインGPからマシンのアップデートを行うチームもあります。スペインGPの結果次第でそのシーズンの力関係も変わってくるため、スペインGPを現地観戦して順位予想を立てるのも楽しいでしょう。

F1観戦ツアー・スペインGPが開催されるカタロニア・サーキットとは

スペインGPが開催されるカタロニア・サーキットは、スペインのカタルーニャ州にあるサーキットです。カタルーニャ市の州都はバルセロナから北に25kmの位置にあり、正式名称はシルクイート・デ・バルセロナ・カタルーニャ(Circuit de Barcelona-Catalunya)と呼ばれます。シーズン前のテストだけでなく、ウィンターテストでも使用されるサーキットなので、各チームもデータを豊富に持っているのが特徴です。F1観戦ツアーの際は、過去の成績と比較しながらシーズン中のアップデートレベルを体感でき
るのも魅力と言えるでしょう。カタロニア・サーキットはテクニカルコースとして知られており、F1関係者の間では「このコースで速いマシンはどのコースでも速い」と言われています。高速・中速・低速がそれぞれ求められるコーナーと、高低差が30cmあるポイント、長いストレートが特徴です。レース中のスピードラップは時速340kmに達します。また海岸に近いロケーションのため風向きが不安定で、パフォーマンスに大きな影響を及ぼすのも特徴です。セッティングを詰めすぎることでバランスを崩してしまうマシンも多く、その点もスペインでのF1観戦ツアーの魅力となっています。

F1スペインGPをF1観戦ツアーで参加する魅力

F1スペインGPのチケットは公式サイトから購入と現地で購入する方法がありますが、F1観戦ツアーに参加するとチケットだけではなくホテルの手配や航空券手配も同時に行ってもらえます。日本にある旅行代理店経由なら基本的に日本語での対応なのでスムーズな予約ができます。またこれも代理店によりますが、日本語を話せる係員が現地対応してくれるツアーなら、英語やスペイン語が話せなくても安心です。

F1スペインGPのおすすめ座席を紹介

F1観戦ツアーでは基本的に3日間の通しチケットで座席を確保します。おすすめの座席の特徴を紹介するので、F1観戦ツアーを予約する際の参考にしてください。

Main Grand Stand

スタンドチケットのなかでは一番価格が高い座席になります。レース前のグリッドに整列する様子やインタビューの様子、マシンの周囲で監督・エンジニア・クルーとドライバーが最終確認をする様子が見られるなど、レース以外の場面でも臨場感のある体験ができる座席です。座席の目の前はホームストレート区間のため、オーバーテイクが繰り広げられる様子も間近で見られます。またスタンド正面には各チームのピットがあるため、レース中のピット作業も見られる座席です。

90年代以降、スペインGPは5月にバルセロナのカタロニア・サーキットで開催されている。ここからヨーロッパラウンドの戦いが始まり、マシンに大掛かりなアップデートを施すチームもある。カタロニア・サーキットはテスト走行でも使用されているため、中盤戦以降の力関係を推測しやすい。ヨーロッパの中でもイタリア・ポルトガルと並びもっとも南に位置する地域で行われるレースであり、開催時期もあいまって酷暑の中での開催となることも多い。

Stand A

ストレートエンドのポイントで、スペインGPで最もオーバテイクを見ることができる座席です。ブレーキングでしのぎを削る様子も見られるため、マシンバトルを見たい方におすすめ。ただバトルが多発する場所なので、マシンクラッシュも起きやすいです。Main Grand Standと同額に設定される人気の座席となります。

F1観戦ツアー・スペインGPが開催されるバルセロナの魅力

スペインのF1観戦ツアーではバルセロナに滞在することになります。バルセロナは街のほどんどが文化遺産となっており、1882年から建造が続けられている有名なサグラダファミリアがあるのもバルセロナです。観光だけでなく、美味しい料理が堪能できるバルやレストランも町中にあるので、F1観戦ツアーに参加するならバルセロナ観光も堪能しましょう。

スペインのF1観戦ツアーはF1好きが一度は行きたいツアー

テスト走行との走りを比べることもでき、テクニカルなコースでマシンバトルが見られるスペインのF1観戦ツアーは、F1好きが一度は参加したいおすすめのツアーです。バルセロナは観光も食事も楽しめる街なので、時間に余裕を持って参加するとより魅力を堪能することができるでしょう。

F1スペインGP過去の予選とレース結果は???

F2023 F1スペインGPの予選とレース結果は?

5番グリッドからスタートしたアルファタウリホンダRBPTの角田裕殻裕毅は、この日も称賛に値する走りを見せ9位でチェッカーを受けたものの、Lapをコース外に追いやったとして5秒ペナルティを受け12位に降格となった。2位にはメルセデスのルイス・ハミルトン、3位にはメルセデスのジョージ・ラッセルが続き、メルセデス勢が表彰台に上がった。最前列2番グリッドについた地元出身のフェラーリのカルロス・サインツは5位に終わり、Q2敗退の11番グリッドからスタートしたレッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスが4位にまで巻き返した。トップ5の後にはアストンマーチン勢が続き、アストンマーティンのランス・ストロールが6位、アストンマーティンのフェルナンド・アロンソが7位とダブル入賞を飾った。アルピーヌもアルピーヌのエステバン・オコンが8位、アルピーヌのピエール・ガスリーが10位と2台揃ってポイントを獲得。Lapが9位に割って入った。決勝は時間4日(日)22時にブラックアウトを迎え、1Lap4,657mのコースを66Lapする事で争われた。チャンピオンシップポイントを争うレースのフォーメーションラップは気温23℃、路面36℃のドライコンディションで開始された。降水確率40%と予想されたものの、最後まで雨が降る事はなかった。

優勝はレッドブルのフェルスタッペン。2位にレッドブルのペレス、3位にメルセデスのラッセル。

2023 F1スペインGP 予選

2023 F1スペインGP 予選
PosNoドライバーチームQ1Q2Q3Grid
11フェルスタッペンレッドブル・ホンダRBPT1:13.6151:12.7601:12.2721
255サインツフェラーリ1:13.4111:12.7901:12.7342
34ノリスマクラーレン・メルセデス1:13.2951:12.7761:12.7923
410ガスリーアルピーヌ・ルノー1:13.4711:13.1861:12.8164
544ハミルトンメルセデス1:12.9371:12.9991:12.8185
618ストロールアストンマーチン・メルセデス1:13.7661:13.0821:12.9946
731オコンアルピーヌ・ルノー1:13.4331:13.0011:13.0837
827ヒュルケンベルグハース・フェラーリ1:13.4201:13.2831:13.2298
914アロンソアストンマーチン・メルセデス1:13.7471:13.0981:13.5079
1081ピアストリマクラーレン・メルセデス1:13.6911:13.0591:13.68210
1111ペレスレッドブル・ホンダRBPT1:13.8741:13.334 11
1263ラッセルメルセデス1:13.3261:13.447 12
1324アルファロメオ・フェラーリ1:13.6771:13.521 13
1421デ・フリースアルファタウリ・ホンダRBPT1:13.5811:14.083 14
1522角田裕毅アルファタウリ・ホンダRBPT1:13.8621:14.477 15
1677ボッタスアルファロメオ・フェラーリ1:13.977 16
1720マグヌッセンハース・フェラーリ1:14.042 17
1823アルボンウィリアムズ・メルセデス1:14.063 18
1916ルクレールフェラーリ1:14.079 19
202サージェントウィリアムズ・メルセデス1:14.699 20

2023 F1スペインGP 決勝

2023 F1スペインGP 決勝
PosNoドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGridPoints
11フェルスタッペンレッドブル・ホンダRBPT661:27:57.940126
244ハミルトンメルセデス66+24.090s518
363ラッセルメルセデス66+32.389s1215
411ペレスレッドブル・ホンダRBPT66+35.812s1112
555サインツフェラーリ66+45.698s210
618ストロールアストンマーチン・メルセデス66+63.320s68
714アロンソアストンマーチン・メルセデス66+64.127s96
831オコンアルピーヌ・ルノー66+69.242s74
924Lapアルファロメオ・フェラーリ66+71.878s132
1010ガスリーアルピーヌ・ルノー66+73.530s41
1116ルクレールフェラーリ66+74.419s19
1222角田裕毅アルファタウリ・ホンダRBPT66+75.416s15
1381ピアストリマクラーレン・メルセデス65+1 lap10
1421デ・フリースアルファタウリ・ホンダRBPT65+1 lap14
1527ヒュルケンベルグハース・フェラーリ65+1 lap8
1623アルボンウィリアムズ・メルセデス65+1 lap18
174ノリスマクラーレン・メルセデス65+1 lap3
1820マグヌッセンハース・フェラーリ65+1 lap17
1977ボッタスアルファロメオ・フェラーリ65+1 lap16
202サージェントウィリアムズ・メルセデス65+1 lap20