F
1
観戦
ツアーのお見積りはこちら
background cloud

F1 モナコGP観戦ツアー | 海外ツアー専門のWST

F1モナコGP観戦ツアー

・F1観戦ツアーのお見積り

・F1モナコGP開催日程

・スタンドからコースの景色

・F1開催国情報

・F1モナコ観戦ツアーを楽しむ方法

・過去の予選とレース結果は?

F1モナコGPチケット

STAND AREA
スタンド A1 (金)
スタンド A1 (土)
スタンド A1 (土日)
スタンド A1 (金土日)
スタンド B (金)
スタンド B (土)
スタンド B (日)
スタンド C (金)
スタンド C (土)
スタンド C (日)
スタンド C (土日)
スタンド C (金土日)
スタンド Z1 (金)
スタンド Z1 (土)
スタンド Z1 (日)
スタンド K (金)
スタンド K (土)
スタンド K (日)
スタンド K (土日)
スタンド K (金土日)
スタンド M (金)
スタンド M (土)
スタンド M (日)
スタンド M (土日)
スタンド M (金土日)
スタンド L (金)
スタンド L (土)
スタンド L (日)
スタンド L (土日)
スタンド L (金土日)
スタンド N (金)
スタンド N (土)
スタンド N (日)
スタンド N (土日)
スタンド N (金土日)
スタンド O (金)
スタンド O (土)
スタンド O (日)
スタンド O (土日)
スタンド O (金土日)
スタンド P (金)
スタンド P (土)
スタンド P (日)
スタンド P (土日)
スタンド P (金土日)
スタンド T 上段 (金)
スタンド T 上段 (土)
スタンド T 上段 (日)
スタンド T 上段 (土日)
スタンド T 上段 (金土日)
スタンド V (金)
スタンド V (土)
スタンド V (日)
スタンド V (土日)
スタンド V (金土日)
ROCHER(自由席) (金)
ROCHER(自由席) (土)
ROCHER(自由席) (日)
スタンド X1 (金)
スタンド X1 (土)
スタンド X1 (日)
スタンド X2 (金)
スタンド X2 (土)
スタンド X2 (日)

F1モナコGP 開催日程

日程開催レース開催地
2024/05/24 (金)F1モナコグランプリ(GP)・フリー走行1
F1モナコグランプリ(GP)・フリー走行2
モンテカルロ市街地
2024/05/25 (土)F1モナコグランプリ(GP)フリー走行3、予選
モンテカルロ市街地
2024/05/26 (日)F1モナコグランプリ(GP)決勝レースモンテカルロ市街地

お客様独自のオリジナルプランの見積りをお作りします。

WORLD SPORTS TRAVEL

06-4303-4364

MAIL:info@f1world.net

土日祝、夏季、年末年始

受付時間:10:00-18:00 定休日:土日祝

F1モナコGPスタンドからコースの景色

スタンド A1

ホームストレートから1コーナーへの進入。決勝レース1周目の多重クラッシュ発生ゾーン。減速ミスでエスケープゾーンに多くのマシンがコースオフする。スタート直後の1コーナーは見物である。1コーナー(サンデボテ)前にあるスタンド。ピットロード出口も目の前にある。モナコGPで唯一、DRSが設定されるのがホームストレートだが区間があまりにも短くオーバーテイクを仕掛けることは非常に難しいので、実質的には前車との距離を縮める為のものとなっている。この1コーナーから先は上りこう配がきつい坂になっている。収容人数の小さなスタンドなのですぐに完売になるので早めに観戦券の購入をしたほうが良いでしょう。

スタンド B  

モナコの象徴的エリア。目の前には有名はカジノスクエア、右側にはホテル・ド・パリがあり、この間の道路がモナコGPのコースの一部になっている。カジノ前に設営されたスタンド。ゴージャスで優雅なモナコの雰囲気を味わって観戦したい人におススメのスタンドです。レースが開催されていない時は一般道なので、路面舗装はバンピー。そのようなコースを走るのでマシンには強烈な縦振動が伝わってきて一瞬でも気を緩めるとマシンはコントロール不能状態に陥り、ガードレールの餌食なりかねません。モナコGPで設営されている各スタンドでは最も早く完売します。レース開催の半年前には既に完売している。このスタンドで観戦したい場合は、金曜日券・土曜日券ならば半年前ぐらいならば完売になっていない場合があるので、フリー走行と予選はカジノ前スタンドで観戦出来る。日曜の決勝レースは他のスタンドで観戦するのも1つの方法。モナコGP開催中もカジノは営業されているので、マシンの走行が終わった後は、カジノで遊んでいくというプランも十分に楽しめる。

スタンド C

ローズヘアピンを下ってくれば、モナコ名物のトンネルへの進入。2速ギヤから立ち上がって加速してトンネル出口では7速までシフトアップ。1988年、アイルトン・セナはトップ独走中にここでガードレールの餌食になりリタイヤした。モナコ名物のトンネル入り口前に設営されたスタンド。ローズヘアピンを下ってきたマシンが2速ギヤでコーナーをクリアーして加速しながらトンネルの中へ消えていきます。ここでのオーバーテイクはまずないでしょう。

スタンド Z1

タバココーナーへの進入。ここでのクラッシュやアクシデントの発生率は低い。ここを立ち上がってプールシケインへ向かう。ヌーベルシケインからタバココーナー手前に設営されているスタンド。スタンドの目の前はモナコの湾内が広がっており、所狭しでヨットやクルーザーが停泊しており、モナコらしさの雰囲気が味わえる。F1ドライバー所有のヨット・クルーザーも停泊されているので、マシン走行終了後に所有するヨットやクルーザーで休憩するF1ドライバーもいるので、チャンスがあれば記念撮影に応じてくれる場合もある。

スタンド K 上段

タバココーナーからプールシケインまでの区間。湾岸にはクルーザーが所狭しで停泊している。左側にはモンテカルロの街並みが広がる。

KスタンドはモナコGPで一番大きなスタンドです。下段スタンドのほうが上段スタンドよりも値段が安いですが、その分、見渡せる景色がやや劣ります。目の前にはモナコの湾内が広がり、所せましで船舶が停泊しています。タバココーナーからプールまでの区間にスタンドは設営されている。決勝レース終了後、湾内に停泊しているヨットやクルーザーが一斉に汽笛を鳴らす様は圧巻です。

スタンド N

目の前はプールシケイン。低速コーナーを俊敏に駆け抜けていくマシンの姿が間近で見れる。コース改修される以前はプール前のシケインにはランオフエリアはなく、ガードレールすれすれでマシンは走っていた。現在はランオフエリアがあるので、積極的に急な角度でマシンはプール前のシケインのコーナーを攻めていくことが可能になり、コーナー通過速度が劇的に向上したので、ラップタイムの短縮に大きく寄与することにつながった。このNスタンドは海側の突堤上に設営されたスタンドで、プールシケイン1つ目のコーナーを目の前でみることが出来るスタンドです。

スタンド O

目の前はプールシケイン。低速コーナーを俊敏に駆け抜けていくマシンの姿が間近で見れる。コース改修される以前はプール前のシケインにはランオフエリアはなく、ガードレールすれすれでマシンは走っていた。現在はランオフエリアがあるので、積極的に急な角度でマシンはプール前のシケインのコーナーを攻めていくことが可能になり、コーナー通過速度が劇的に向上したので、ラップタイムの短縮に大きく寄与することにつながった。このOスタンドは海側の突堤上に設営されたスタンドで、プールシケイン1つ目のコーナーと2つ目のコーナーを目の前でみることが出来るスタンドです。

スタンド P

プールシケイン出口から、左側はピットエリアのゾーン。ガードレールすれすれで駆け抜けるが、数センチ切り込み過ぎてクラッシュが多発するエリアでもある。コース改修される以前はプール前のシケインにはランオフエリアはなく、ガードレールすれすれでマシンは走っていた。現在はランオフエリアがあるので、積極的に急な角度でマシンはプール前のシケインのコーナーを攻めていくことが可能になり、コーナー通過速度が劇的に向上したので、ラップタイムの短縮に大きく寄与することにつながった。このPスタンドは海側の突堤上に設営されたスタンドで、プールシケイン2つ目のコーナーを目の前でみることが出来るスタンドです。

スタンド L

プールシケイン出口から、目の前はピットエリアのゾーン。ガードレールすれすれで駆け抜けるが、数センチ切り込み過ぎてクラッシュが多発するエリアでもある。クラッシュすればマシンの破片がコースに散乱するので、すぐにセーフティーカーの出動になり、それまでに先頭を走っていたマシンは後続車との差が一気になくなり、レース展開に大きく左右することになる。このLスタンドのイン側はマシンを攻めすぎたがゆえにガードレールにヒットする多発地帯になっている。主催者側もそれを考慮してガードレールの内側に緩衝剤を設置しており、若干程度の接触ならばガードレールが揺れるように細工しており、マシンへのダメージは及ばないようにしている。

スタンド T(下段)

プールからラスカスへ。コースの向こう側はピットエリア。各チームのピット作業が見れるスタンドでもある。

コースを挟んで目の前が各チームのピットになっています。タイヤ交換等でピットインした際の作業を見たければTスタンド下段では死角になってしまうので、上段席にしたほうが良いでしょう。その分、下段席の観戦券のほうが値段が安くなっています。

スタンド T(上段)

プールからラスカスへ。コースの向こう側はピットエリア。各チームのピット作業が見れるスタンドでもある。

コースを挟んで目の前が各チームのピットになっています。タイヤ交換等でピットインした際の作業を見たければTスタンド上段席がおススメです。同じTスタンドでも下段席だとピット作業を観るには死角になるので、Tスタンド上段席にしましょう。

スタンド V

ラスカスを立ち上がって、最終コーナーへの進入エリアだが、アクセルワークを間違えてガードレールの餌食になるマシンが多い場所でもある。モナコの実質的な最終コーナーの前にスタンドはあります。少しでもタイムを短縮する為にアクセルを早いタイミングで踏んでしまうとマシンのリヤ部分が膨らんでしまい、たびたびこのコーナーのガードレールでマシンが接触をおこしてしまいます。

スタンド X1

最終コーナーを立ち上がって、アクセル全開で駆け抜けていく。1秒以内に前車に接近していればDRSを作動させることが出来るが、オーバーテイクするのは非常に難しい。最終コーナーを立ち上がったマシンがホームストレートを駆け抜けて行きますが、マシンが加速していることもあってこのスタンド前は一瞬で通過していきますので、写真の撮影には不向きなスタンドです。

スタンド X2

最終コーナーを立ち上がって、アクセル全開で駆け抜けていく。1秒以内に前車に接近していればDRSを作動させることが出来るが、オーバーテイクするのは非常に難しい。最終コーナーを立ち上がったマシンがホームストレートを駆け抜けて行きますが、マシンが加速していることもあってこのスタンド前は一瞬で通過していきますので、写真の撮影には不向きなスタンドです。

木曜日、土曜日の観戦券は別売になります。

モナコの観光とグルメ情報

現地情報

F1モナコ観戦ツアーを楽しむ方法

F1モナコGP編

F1モナコGPの日程がついに決定!F1モナコGPは2024シーズン第8戦目です。ヨーロッパ最高級リゾート地のモナコ公国、モンテカルロ市街地コースを使ってF1モナコGPは開催されます。F1が開催される24のコースの中で最もオーバーテイクの難易度が高いことで有名で、唯一、オーバーテイクの可能性があるとされているのが、トンネル出口の先に設置されているヌーベル・シケイン。トンネルの入口手前から前のマシンに接近してスリップストリームに入らないと、まずオーバーテイクは無理。性能の劣るマシンに前を走られてしまうと、オーバーテイクが出来ない為、レースの順位結果に重大な影響を及ぼすことから、予選からレースが始まっているといっても過言ではない。F1モナコGPは最も人気が高く、世界中に知名度があることから、自分のリクエストを旅行会社に伝えて、手配型のF1観戦ツアーへの参加者が非常に多い。オーバーテイクが比較的に多いことから、この記事では、F1観戦ツアーを利用してF1モナコGPの現地観戦を楽しみたい人の為に、自分の要望を旅行会社に伝えて、手配型のF1観戦ツアーへの申し込み時期や注意点、F1観戦ツアーを手配しているツアー会社の選択方法などを説明していきます。 F1モナコGPの観戦ツアーはいつ頃から申し込めるのか?F1の開催時期は例年3月下旬から11月下旬迄です。毎年、前年の10月ごろに開催スケジュールが決定します。モナコGPは例年、5月の一番最後の日曜日の開催です。F1モナコGPは5月の開催として定着していますので、前年の10月頃からF1観戦ツアーの受付が始まり、開催1か月前頃にツアー募集の受付が締め切られます。F1の24の開催地の中で、最も人気と格式が高いのですが、旅行会社によってはリーズナブルな価格でF1モナコGP観戦ツアーを手配してくれるので、一般の方でも気軽に行きやすいF1観戦ツアーです。 2024年のモナコGPは、2024年 5月24日(金)~5月26日(日)に開催されることが決定しました。 F1モナコGPのF1観戦券事情について  F1モナコGPには、カジノ前スタンドやモナコ湾内エリアの各スタンドなど、王宮前の坂道ゾーンの自由席エリアなど、チケットの種類がたくさんあります。ツアー会社によっては、選べるF1観戦券があらかじめ決められていたり、選んだF1観戦券によって追加料金がかかったりする場合もあるので気を付けましょう。 ツアー会社を選択する前に、どのF1観戦券にするか、幾つかの候補などは決めておくことが大切です。

F1モナコGPの観戦券の種類

F1観戦券の種類 F1モナコGPのチケットには、「各スタンドF1観戦券」「自由席券」があります。それぞれ値段が異なるため、予算に応じて選ぶとよいでしょう。F1観戦券は1日券や2日券、3日券など多種多彩ですので、どのスタンドのF1観戦券が良いのか慎重に考えましょう。 手配型のF1観戦ツアーでは、自分が要望したスタンド観戦券がメインとなります。スタンド観戦券の場合、1日券や2日券、3日券などになりますので、毎日違うスタンドで観戦することが出来ます。自由席券は王宮前の坂道エリアになります。自由席エリアはかなりの人混みになり、立ち見で2時間弱の決勝レースを観なければならないので、覚悟が必要です。 おすすめのスタンドは?F1モナコGPの観戦で最もポピュラーなスタンドといえば、カジノ前のスタンドです。最もモナコらしさを感じられる眺望が目の前に広がっており、そこをF1マシンが疾走していく様は惚れ惚れします。ドライバーのステアリング操作に注目したい人は、1コーナーのスタンドがおススメです。約90度のコーナーとなっており、減速のブレーキングにミスれば1コーナーのランオフエリアに突っ込んでしまい、ウォールにヒットすれば即リタイヤ、ヒットしなくてコースに復帰できたとしても相当のタイムをロスするので、大きく順位を落としてしまい、トップを走行していた場合、即、そこで優勝争いから脱落してしまします。

手配型のF1モナコGP観戦ツアーの楽しみ方

F1モナコGP観戦ツアーは、一般の会社で勤務されている方でも十分に参加出来る金額です。ツアー会社によっては現地集合・現地解散のF1観戦ツアーを実施している会社もあります。その場合、航空券の料金を除いて割安のツアープランが多いでしょう。 金額が違うとする要素としては、まずF1観戦券の種類が挙げられますが、それ以外にはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、満足度の高い手配型のF1観戦ツアーにする為の注意すべき点について紹介していきます。 F1の開催日程は週末ですので基本的に4日間で、木曜日から日曜日にかけて開催されます。その為、手配型のF1観戦ツアーは、どのツアー会社を依頼しても大体同じような日程です。木曜日の休日にはイベントがサーキットで開催される為、ドライバーとの記念撮影やサインを貰う為に大勢のファンが木曜日の休日にモンテカルロのコースを訪れます。参加したい場合は、飛行機の現地到着日時を確認して、水曜日にニース空港に到着出来る飛行機で参加出来るようにアレンジするようにすると良いでしょう。

ホテルのグレード・場所をチェック

手配型のF1観戦ツアーの料金を大きく左右するのが、現地で宿泊するホテル代です。ランクによっては数万円単位で値段が変わるので、予算のバランスを考えながら選びましょう。ニースからモンテカルロまでは電車を使って移動するのが一般的です。 モナコはビザ不要!パスポートの有効期間に注意!パスポートの有効期限が6か月未満だとEUに入国が出来ないので注意しましょう。残存有効期間は、6か月あれば大丈夫です。

F1モナコGPの開催予定日がついに決定

F1モナコGPはモンテカルロ市街地・サーキットで開催されます。 地中海の真珠としてヨーロッパ随一の高級リゾート地として世界にモナコ公国の名前は知られています。バチカン市国に次ぐ、世界で2番目に小さい国土の公道を利用して開催されるのがF1モナコGPです。 モナコ公国は人口3万人の小国ですが、観光を自国の基幹産業にしており、コート・ダ・ジュールの地中海、豪華なホテル、カジノを観光の目玉にしており、国土が非常に狭いこともあって、モナコの地価は東京の地価よりも高くなっています。 19世紀末にはさびれた漁村にしか過ぎなかったモナコが現在のように有名になったのは前モナコ公国の大公であるレーニエ3世のカジノ建設等の観光促進政策と、ハリウッドのトップ女優であったグレース・ケリーとの結婚、F1グランプリの誘致成功などが相乗効果としてモンテカルロの市内に次々と高級ホテルの建設につながっていくことになり、瞬く間にモナコ公国はヨーロッパ屈指の高級リゾート地として世界に知られるようになっていきました。 F1が開催されており市街地コースのデザインは、モナコ出身のドライバーであるルイ・シロンが協力してモナコ自動車クラブとの共同作業で出来上がりました。 通例では各国のF1主催者はF1の商業管理団体(FOM)に莫大な開催権料を支払ってF1を開催していますが、F1モナコGPは特例で開催権料を免除されており、しかもコースサイドに設置されている看板広告の収入を得ています。通常は看板広告の一部はFOMに支払わなければならないのですが、F1モナコGPの主催者はそれすらも免除されています。そういった諸事情からF1モナコGPで販売されている帽子やキーホルダーなどをはじめとするグッズ等にF1の開催コストが上乗せされていないので、他の国のF1のグッズ価格と比較して30パーセントから40パーセントほど安い価格になっています。高級なイメージがあるF1モナコGPなので、グッズが他の国のグッズよりも安いことに驚かれる人が多いのも事実です。

F1モナコGPの広告収入

F1モナコGPは2007年までヨーロッパ圏内で唯一、たばこ広告規制がされていないF1レースでもありました。タバコ広告のロゴ名は消されるか、バーコードなどの模様に置き換えられていたのですが、F1モナコGPに関しては許可されていたので、MarlboroなどのロゴステッカーがF1マシンに貼られていたわけです。

F1モナコGPの平均時速

F1が開催されるサーキットの中では最も平均時速が遅いレースですが、その理由として市街地サーキットの特性上、コース幅が非常に狭く、急なカーブが多い、ストレートが短い、などの理由が重なって平均時速が遅くなってしまいます。またF1のレースで決められている1レースで305kmから310kmの範囲内の距離を満たしていないのもF1モナコGPであります。その距離を走行するには2時間以上が掛ること、F1マシンの燃量タンク容量をもっと大きくする必要が有る為です。特例としてF1モナコGPに関しては1レースの距離を45kmぐらい短縮することで、2時間オーバーと、燃量タンクの問題をクリアーしています。 2008年から始まったF1シンガポールGPも市街地コースであるので、たびたび2時間超えルールが適用されるケースが出ており、F1関係者方面からF1モナコGPと同様に1レースの距離を短くしてはどうか、という問題提起がされています。

F1モナコGPは他のF1レースの3勝分の価値がある

このF1モナコGPの歴代優勝者には、F1チャンピオン経験者の名が多く連なります。このF1モナコGPはドライバーの運転テクニックが他のF1レースよりも比重が高く、このF1モナコGPで運だけで勝利するのは非常に難しいのですが、確率はゼロではなく、1996年のリジェのマシンをドライブしていたオリビエ・パニスが唯一の例外でしょう。1996年のF1モナコGPは雨のレースであったこともあり、続々と多くのマシンがウォールに接触などでリタイヤしていき、完走したのが僅かに6台だけであったこともあって、いつもなら中団に埋もれるはずのオリビエ・パニスが優勝を飾りました。 手配型のF1観戦ツアーでは、自由エリア席券かスタンド席を選ばなければなりません。F1モナコGPには熱狂的なF1ファンが数多く来場します。自由席ゾーンはかなり混雑し、立ち見観戦しなければなりませんし、夏の陽射し対策や、雨対策もあらかじめ準備しておく必要があります。また、雨天時は足元が汚れることを覚悟しなければなりません。

おすすめのスタンド指定席

F1モナコGPの観戦で最もポピュラーなスタンド席といえばカジノ前のグランドスタンドではないでしょうか。華やかなモナコらしさが味わえるスタンドであります。カジノの横は道路を挟んで、ゴージャスで知られている世界的に有名なホテル・ド・パリがあります。カジノとホテル・ド・パリの間のコースを走ってくるF1マシンは絵になります。写真を撮るには抜群のロケーションです。 F1モナコGPの開催スケジュールは金曜日から日曜日までの3日間ですので、F1モナコGPが開催されている木曜日の休日にはF1レーサーのサイン会が開催される為、F1レーサーと記念撮影したり、F1レーサーからサインを貰うために多くのF1ファンが休日の木曜日にはモンテカルロ市街地・サーキットを訪れます。木曜日のサイン会イベントに参加したい場合は、土曜日と日曜日をF1観戦することが前提条件です。日曜日だけのF1観戦の場合は、木曜日のイベントには参加出来ませんので注意をして下さい。

F1モナコGPの開催中の様子

モナコGPでF1観戦をする場合、色々な不安・心配があると思います。自分で全てを予約しようとすると、モナコの基本情報やF1が開催されるモナコ周辺の地理や治安などを最低限は確認しておかなければなりませんし、かなりの時間と労力が必要になってきまので心配なことも多いでしょう。例年、5月にはモンテカルロ市街地コースでF1モナコGPが開催されます。世界各国から大勢のF1ファンがこのモナコを訪れてF1モナコGPを楽しみます。F1モナコGPの見どころは何と言っても、豪華で壮麗な街並み、湾内には高級クルーザーや大型船が停泊しており、世界中のVIPや著名人が多数訪れてくるところでしょう。近隣のカンヌでモナコGPの直前に映画祭が連日開催されていることもあり、ハリウッドの俳優や女優、映画監督なども数多く、このF1モナコGPの観戦に訪れます。コースレイアウト的には、グネグネと曲がりくねった低速コーナーやシケイン、ヘアピンが多く配置されており、F1マシンの最高速もトンネル出口付近でせいぜい290kmに達する程度であることから、最高速のスピード感よりかは、小さなコーナーの通過速度の俊敏性に驚くことでしょう。普段の一般市街地をF1のコースとしているので、コース幅も狭く、カーブもきついので、よくこんな狭くてきついカーブを150kmや200kmものスピードで駆け抜けられるものだと驚愕することでしょう。モナコはエンジンパワーより、マシンの空力性能やメカニカルグリップの性能の比重が大きいコース、ドライバーの運転テクニックの割合も他のコースより大きく影響することで有名なので、他のコースでは最速マシンではあっても、このモナコではドライバーのテクニックが活きてくることで有名です。低速コーナー・中速コーナーでの空力、メカニカルグリップのバランスが鮮明になるのがF1モナコGPなのです。F1モナコGPはイベントが目白押しであります。

F1ドライバーのサイン会

木曜日にはサイン会などのイベントが開催され、ドライバーも気軽に記念撮影に応じてくれるので、飽きることはありません。

ツアー会社に手配を依頼する

そんなF1モナコGPを楽しむにはやはり旅行会社が手配している手配型のF1ツアーに参加することをおすすめします。旅行会社が手配するF1ツアーは、お客様に河って全て手配してくれます。自分で手配しようとすると時間と労力がかなり必要になります。英語のサイトに名前や住所などを入力しなければならず、語学力が要求されるので大変です。旅行会社が手配するF1ツアーならば、ワンストップで必要なものを全て手配してくれるので非常に楽です。ここでは旅行会社が手配するF1ツアーについて解説します。F1ツアーのメリットって何なの?F1ツアーと聞くと自由時間がほとんどないのではと思う人も多いのではないでしょうか。自分のプランに合った旅行日程を作ってもらいましょう。F1ツアーはいつ頃から旅行会社へ手配の連絡が可能なの?F1世界選手権は3月中旬から11月下旬頃にかけて世界22か国で開催されます。毎年、秋頃にF I Aより来年度の開催スケジュールが発表となり、F1ツアーの予約は基本的に10月頃から予約申込みが始まります。3月のオーストラリアGPから11月のアブダビGPまで順次、開催の約半年前ぐらいから予約受付開始となりますが、旅行会社のWEBサイトを確認しておくと良いでしょう。オーストラリアGP、モナコGP、イタリアGP、ベルギーGP,シンガポールGPなどの人気が高いレースは予約が殺到します。手配が取れないということが無いようになるべく早くしましょう。F1ツアーを手配する方法は?手配は電話やWEBサイトで可能です。一般の大手旅行会社ではF1ツアーを募集しています。F1ツアー手配をする前に確認することF1ツアーといっても、各会社の料金やプランの違いもあるので、他の旅行会社と比較しながら自分のプランと予算に合った旅行会社を選びましょう。

【まとめ】

自分のプランを旅行会社へ出しましょう。お得に不安無く現地で楽しむためにも、手配型のF1ツアーを検討してみてはいかがでしょうか。例年、5月にはモンテカルロ市街地・サーキットでF1モナコGPが開催されます。世界中からF1ファンがモナコを訪れて、このF1モナコGPを楽しみます。

モナコ出身のF1ドライバー

モナコ人F1ドライバーで最も成功しているのは、シャルル・ルクレールでしょう。2018年にザウバーF1チームからデビューを果たし、開幕からの数戦はF1に適応するのに苦戦しましたが、シーズン中盤に入った頃から、めきめきと速さを発揮し始め、トップチーム首脳から注目される存在になっていきました。フェラーリのジュニアプログラムに所属していたシャルル・ルクレールは当時のフェラーリ社長であったセルジオ・マルキオンネ氏の目に留まることになり、翌2019年のフェラーリF1ドライバーとして契約されることになりました。その数か月後に手術後の感染症でセルジオ・マルキオンネ氏が急逝することになりましたが契約は順守され、正式に2019年にフェラーリF1チームのレギュラードライバーになり、ナンバーワン待遇の4度のチャンピオン経験を誇るセバスチャン・ベッテルを上回る年間成績を収め、2020年からはフェラーリのナンバーワンドライバーの待遇になりました。今後、2024年までフェラーリF1チームとの間に契約があるので勝利数を伸ばすでしょうし、将来のワールドチャンピオン候補の一角を占めています。目下のところ、レッドブルF1チームに所属しているマックス・フェルスタッペン選手とチャンピオンを争っていく逸材として多くのF1関係者から注目を集めています。

F1モナコGPの歴代優勝ドライバー

第1回目のF1モナコGPは1950年5月21日に開催されました。優勝ドライバーはファン・マヌエル・ファンジオです。1951年から1954年の4年間は残念ながらF1モナコGPは開催されませんでしたが、1955年から2019年までにかけて65年連続で開催され続けてきました。F1モナコGPで最も多くの優勝を成し遂げたのがアイルトン・セナであります。F1モナコGPで6勝をしたアイルトン・セナはモナコマイスターの異名があります。1992年のナイジェル・マンセルとの激しい優勝争いは現在では伝説のように語られています。1992年のシーズンで開幕5連勝をしていたナイジェル・マンセルは第6戦目のモナコGPでも決勝レース開始から2位以下を30秒以上引き離し、トップ独走で優勝間違いなしと思われていたレースでありましたが、残り9周のところでタイヤがスローパンクするトラブルに見舞われ、緊急ピットインする羽目になり、2位を走行していたアイルトン・セナがトップに躍り出ることになりました。タイヤ交換をしたナイジェル・マンセルが1周2秒以上速いペースで先頭のアイルトン・セナを猛追し、瞬く間に追いつきました。オーバーテイクすることが非常に困難とされるモンテカルロ市街地コースで激しいバトルを仕掛けていきましたが、ついにオーバーテイクするには至らずアイルトン・セナがナイジェル・マンセルの猛追を振り切ることに成功し、見事に優勝を果たしました。2020年開幕時点でF1最多通算勝利の91勝を誇るミハエル・シューマッハーはモナコでは5勝を挙げています。2004年のモナコGPではトップを独走していました。モナコGP通算6勝のアイルトン・セナに並ぶと誰もが見守っていましたが、セーフティーカーが出動している最中にガードレールにフロントウィングを当てて緊急ピットインすることになり、優勝戦線から脱落し、モナコ通算6勝目はお預けになりました。グラハム・ヒルもモナコGP通算5勝を挙げています。現役ではルイス・ハミルトンの3勝が最多でありますが、アイルトン・セナの通算6勝に追いつくのは非常に困難でしょう。

F1モナコGPのコース1周の紹介

F1モナコGPレースの舞台となるのは、モンテカルロ市街地エリアです。市街地エリアなのでレースが開催されていない時は一般公道なので、住民や観光者が普通に往来をしています。1周3,340mのコースで、F1が開催される22のサーキットの中で最も1周の距離が短く、平均速度も最も遅くなるコースであります。「1レースの距離が305kmを超える最低の周回数」がレースの規定周回数・総走行距離として規定されていますが、モナコGPは260㎞しかありません。305kmの距離を走行するには2時間をオーバーしてしまい、また、燃量タンクの容量も足らないことなどから、F1モナコGPだけは特例で1レース260km以内の周回数で定められています。コーナー数が19、ホームストレートが約550m。市街地サーキットであることからほとんどのコーナーが低速、中速のコーナーであります。このモンテカルロ市街地・サーキットの見所はなんといっても、現実離れした高級感漂う街並みではないでしょうか。カジノ、高級ホテルが並びたつエリアがサーキット敷地内にありその中を疾走するF1マシンはまさに絵になります。どこを切り取っても抜群に美しい景観の街並みで、F1が開催されるサーキットの中でも最高のステータスです。湾内には高級クルーザーが停泊し、世界中のセレブが1年に1回のお祭りであるF1モナコGPを楽しむ為に集まってきます。まさに華やかな社交場の一面もあるF1モナコGP。近隣にはニースやカンヌといった高級感をイメージさせる都市があり、F1モナコGPが開催される2週間ぐらい前から毎年、カンヌでは映画祭が催しされ、世界のトップ映画俳優が集まり、ついでにF1モナコGPに訪れる世界のトップ映画俳優も数多くおり、毎年、F1モナコGPの決勝前のスターティンググリッドには世界の著名人が数多く訪れます。

日本からモナコへの行き方

日本の主要空港からニース国際空港へは直行便はなく、中東やヨーロッパ圏内の主要空港を乗り継いでいく必要があります。約16時間~18時間でニース国際空港に到着するので、日本からとても行きやすい都市です。

F1モナコGPに勝利するのはどんなマシン?

F1モナコGPに「強い・速い」F1マシンに求められるものとは現代のF1マシンには、F1モナコGPの決勝レースのロングランのペースも高いレベルで安定して速く、F1モナコGPの予選1周で速く、というニーズが求められます。現代のF1マシンのデザイナー達は、F1モナコGPの決勝レースのロングランペースの一貫性とF1モナコGPの予選1周の速さとを最重要テーマに考えてマシンを設計・開発していきます。F1モナコGPの決勝レース・予選の最適バランスを徹底的にまで突き詰めていき、予選1周の速さを可能な限り残し、決勝レースのロングランペースの一貫性を重視したマシンに仕上げていきます。最適な妥協点を見つけだしたマシンが最速マシンになります。F1モナコGPで安定して速いマシンは他のチームが模倣するスタンダードモデルになっていきます。いわば開発目標の指針になるわけです。マシンのトータル空力性能など、パワーユニット、F1マシンの戦闘力が鮮明になるのがF1モナコGPと云っても過言ではないでしょう。このモナコではトータル空力バランス、パワーユニット、メカニカルグリップなどが要求されてくることで有名なサーキットです。低速・中速・高速コーナーでの空力バランス、メカニカルグリップ、F1レーサーのテクニックのトータルパッケージング、パワーユニット、が高いレベルで要求されるのがF1モナコGPなのです。F1モナコGPはイベントが毎日、目白押しであります。木曜日にはF1レーサーのサイン会などのイベントが開催され、F1レーサーやチーム関係者も気軽に記念撮影に応じてくれるので、F1モナコGPを思いっきり楽しめるでしょう。

一番有名なスポットと言えば「グランカジノ」です。

道路を挟んで斜め前には、世界的に有名なホテル・ド・パリが建っており、モナコ(モンテカルロ)を象徴するエリアであります。カジノへはカジュアルな服装で入場することが出来ます。ドレスコードが決められている訳ではありません。カジノ内には豪華な宝飾品や、絵画などの美術品が数多く展示されています。大公宮殿夏季(4月~9月)のみ内部を見学することができる大公宮殿は、フレスコ画や肖像画で彩られ観光名所となっています。大公宮殿に隣接している歴史博物館はモナコやナポレオンについての貴重な資料が展示されています。宮殿前の広場では、毎日、午前11時55分から行われている衛兵交代式は見所があり、F1観戦ツアー先の一つとして検討の余地ありのスポットです。モナコ港モンテカルロ中心部の「モナコ港」は、多くの豪華客船やクルーザーが停泊しており贅沢な風景が広がっています。F1開催中は遠方から、多くのクルーザーや客船がモナコ港に来航します。F1が開催される時期の停泊料金はかなり高額であり、モナコ公国の収入源になっています。F1モナコGPの決勝レースが終了した時には、モナコ港に停泊している客船やクルーザーが一斉に汽笛を鳴らし、レースのフィナーレを祝います。

モナコGPがオススメな理由

モナコは豪華で華やかなイメージがあるからか、物価が高いというイメージが先行しています。そんな人の為に、「F1モナコGPの魅力」をお伝えします。モナコは富裕層が多く、とても治安が良い。モナコの人口1万人あたりの警察官の人数は群を抜いて多く、とても治安が良いです。警察官は身長が180cm以上で、制服のデザインもとても洗練されており、ハンサムな人が多いのが特徴です。警察官を多く抱えることが出来るのは、モナコ公国が観光立国として財源が豊かであること、富裕層向けに税制が優遇されていることから、入居税で莫大な収入を得ていることから成り立っています。警察官が多いことから安心して暮らせるメリットがあり、その相乗効果で外国人富裕層が多く生活をしているのが特徴です。マンション価格も数億円が平均価格であり、相当な資産家出なければ外国人は暮らせません。F1観戦ツアーの開催地の中でも、モナコは特に治安が良いことで有名です。モナコ公国は、タックス・ヘイブンであることから富裕層の外国籍の人間が80%以上を占めるため、非常に治安がいいのです。 F1やカジノで外国人富裕層を呼び込み、観光業にも力を入れている国なのです。モナコは基本的に英語が通じる国モナコ公国の公用語はフランス語です。しかし、F1やカジノといった観光名所を抱えていることや、移住者が多いことから英語も日常的に使われています。そのため、F1観戦ツアーで立ち寄る飲食店や、ホテルの従業員は英語で意思疎通ができるのでフランス語が出来なくても困ることは少ないでしょう。

F1モナコGP 過去の予選とレース結果は?

1929年に第1回大会を開催した。第2次世界大戦前後の中断(1938年~1947年、1949年)と、1950年代前半を除き毎年開催されてきている。1950年のF1世界選手権発足よりシリーズに組み込まれている。

GP 期間中、人口3万人の小国に20万人の観客が訪れる。モナコ王室や政財界の協力で行われる国家的な観光イベントでもある。近年はF1スケジュール過密化 で、キリスト教の復活祭と一致しないこともあるが、木曜日からスケジュールが始まるという伝統は続いており、他のグランプリでは初日となる金曜日が、モナ コGPでは休息日となる。

モナコのモンテカルロ区とラ・コンダミーヌ区の公道を閉鎖してレイアウトされた1周3,340mのモンテカルロ 市街地コースである。現在のF1では「305kmを超える最低の周回数」がレースの規定周回数・総走行距離として定められているが、モナコだけは例外とし て、総走行距離が1968年から約260kmに減らされている。

レース中の追い抜きは困難を極めるため、予選結果が重要視される。モナコ では無理な追い抜きで接触する場面がよく見られる。PPを獲得したドライバーがそのまま優勝することが多い。2018年現在で28回ポール・トゥ・ウィン が達成されている。1933年にグリッドの決め方がくじ引きから、現在の方式である予選タイムの早い順に変更された。

ここで際立って強い ドライバーは「モナコ・マイスター」と賞賛される。過去3勝以上を挙げたドライバーには、スターリング・モス(3勝)、グラハム・ヒル(5勝)、ジャッ キー・スチュワート(3勝)、アラン・プロスト(4勝)、アイルトン・セナ(6勝)、ミハエル・シューマッハ(5勝)、ニコ・ロズベルグ(3勝)といった 名手が名を連ねている。

ファン・マヌエル・ファンジオは出走4戦中2勝をあげ、4戦全てでPPとFLを記録している。一方、ジム・クラークは出走6戦中4回PPを獲得しながら、4位が最高で1勝も出来なかった。

2023 F1モナコGPの予選とレース結果は?

決勝開始直前に降り出した雨により、フォーメーションラップは16分遅れで始まったが、2Lap目に赤旗が掲示され中断となった。40分後にローリングスタートで77Lapのレースが再開。序盤はフェラーリ勢が先行していたが、徐々に路面が乾き始めた17Lap目に3位のレッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスがピットインし、インターミディエイトへ交換。トップのフェラーリのシャルル・ルクレールは2Lap後にピットへ向かったものの、その時点でレッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスとの差は20秒弱しかなくアンダーカットを許してしまう。この時点でトップはフェラーリのカルロス・サインツ、2位レッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレス、3位フェラーリのシャルル・ルクレール、4位レッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンとなった。レーシングラインは更に乾いたため、
22Lap目にフェラーリ勢はハードタイヤタイヤへ交換、レッドブル勢も翌Lapにハードタイヤタイヤへ交換した。しかし、フェラーリ勢はピット作業に手間取ったことやタイヤの温まりの悪さなどから、レッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスとレッドブルホンダRBPTのマックス・フェルスタッペンがそれぞれオーバーカットを成功させ、1,3位へ順位を上げた。24Lap目にはターン14で姿勢を乱したミック・シューマッハがクラッシュ、マシンの撤去とバリアの修復のために2度目の赤旗が振られた。31Lap目にSC先導により再開したが、3時間ルールが適用されたため64Lapにてレースは終了。レース終盤には1分18秒台まで落ち込んだレッドブルホンダRBPTのセルジオ・ペレスだったがフェラーリのカルロス・サインツからポジションを守り切り、シーズン初優勝。また、メキシコ人としても初めてモナコGPで優勝を果たした。

2023 F1モナコGP 予選

2023 F1モナコGP 予選
PosNoドライバーチームQ1Q2Q3Grid
116ルクレールフェラーリ1:12.5691:11.8641:11.3761
255サインツフェラーリ1:12.6161:12.0741:11.6012
311ペレスレッドブル1:13.0041:11.9541:11.6293
41フェルスタッペンレッドブル1:12.9931:12.1171:11.6664
54ノリスマクラーレン1:12.9271:12.2661:11.8495
663ラッセルメルセデス1:12.7871:12.6171:12.1126
714アロンソアルピーヌ1:13.3941:12.6171:12.2477
844ハミルトンメルセデス1:13.4441:12.5951:12.5608
95セバスチャン・ベッテルアストンマーティン1:13.3131:12.6131:12.7329
1031オコンアルピーヌ1:12.8481:12.5281:13.04710
1122角田裕毅アルファタウリ1:13.1101:12.79711
1277ボッタスアルファロメオ1:13.5411:12.90912
1320マグヌッセンハース1:13.0691:12.92113
143ダニエル・リカルドマクラーレン1:13.3381:12.96414
1547ミック・シューマッハハース1:13.4691:13.08115
1623アルボンウィリアムズ1:13.61116
1710ガスリーアルファタウリ1:13.66017
1818ストロールアストンマーティン1:13.67818
196ニコラス・ラティフィウィリアムズ1:14.40319
2024アルファロメオ1:15.60620

2023 F1モナコGP 決勝

2023 F1モナコGP 決勝
PosNoドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGridPoints
111ペレスレッドブル641:56:30.265325
255サインツフェラーリ64+1.154218
31フェルスタッペンレッドブル64+1.491415
416ルクレールフェラーリ64+2.922112
563ラッセルメルセデス64+11.968610
64ノリスマクラーレン64+12.23159FL
714アロンソアルピーヌ64+46.35876
844ハミルトンメルセデス64+50.38884
977ボッタスアルファロメオ64+52.525122
105セバスチャン・ベッテルアストンマーティン64+53.53691
1110ガスリーアルファタウリ64+54.28917
1231オコンアルピーヌ64+55.644210
133ダニエル・リカルドマクラーレン64+57.63514
1418ストロールアストンマーティン64+60.80218
156ニコラス・ラティフィウィリアムズ63+1 Lap19
1624アルファロメオ63+1 Lap20
1722角田裕毅アルファタウリ63+1 Lap11
Ret23アルボンウィリアムズ48DNF116
Ret47ミック・シューマッハハース24DNF15
Ret20マグヌッセンハース19DNF13