2020 F1 ブラジルGP(グランプリ)観戦ツアーならWST

F 1 2019 シーズン第20戦!
F1 ブラジルGP観戦ツアー サンパウロ6日間


旅行代金 189,000円から + 観戦券代


当社のツアーのメリット

F1-Tour_merit_rafu06


当社のツアーのメリット
お安く・お得なお値段でF1観戦ツアー出来ます。
お好きなスタンド席でF1観戦ツアー出来ます。
延泊などのアレンジも可能です。
空港からホテルまでの送迎車はお客様専用車になります。
お客様で航空券の準備可能(マイレージポイントなど)
燃油サーチャージなどの追加料金は不要です。

レース観戦券はどこでもお好きな席を手配いたします。

F1ブラジルGP観戦ツアー2

F1観戦券の価格

毎日同じスタンドからの観戦 3日通し券(金土日)
Stand A***円
Stand B***円
Stand M***円
Stand R***円
Stand Q***円
TicketPrice_Btn3





ツアーの料金

●航空券も旅行会社が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代 + 航空券代


●航空券はお客様が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代
TourPrice_Btn3





ツアー費用のお見積り

Btn_Estimate10





スタンドからコースの景色

F1ブラジルGP観戦ツアー11
Stand A
最終コーナーからホームストレートにかけての区間にある
スタンド。ピットロード入口が目の前にあります。
実質的にストレートになるコーナーで前車のスリップに入れ
れば、続くホームストレートでDRSを使えば1コーナーで
オーバーテイクが可能。インテルラゴスで最もオーバーテイクが
繰り広げられる区間の始まりにあるスタンドになります。
スタンドには屋根がりませんので、陽射し対策や
雨対策が必要です。

Stand A観戦券:38,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。






F1ブラジルGP観戦ツアー12
Stand B
近い距離でスターティング・グリッドに整列するマシンを観
ることが出来ます。スタンド正面が各チームのピットになっ
ているので、タイヤ交換などでマシンがピットインしてきた
時のタイヤ交換作業なども近い距離で観ることが出来ます。
スタンド前のスターティンググリッドには
決勝レース開始の30分前から各マシンがコースに出てきて
グリッドに整列していきます。マシンの周辺には
チーム代表やエンジニア・デザイナー・メカニックなどが集ま
り、ドライバーと決勝レースの作戦や注意事項を最終確認
しますので、その時の様子は絶好の撮影チャンスです。
TVカメラや報道関係者などもスターティンググリッドに
詰めかけてきて各チームのドライバー達にインタビュー
をしていきます。こういったことからとても華やかな
雰囲気がこのStand Bでは味わえます。
目の前がピットになります。
またピットイン作業の様子を間近で見ることが出来ます。
タイヤ交換でピットインしてきたマシンのタイヤ交換は
とてもスリリングでピットクルーの一糸乱れぬ統率の
とれた集団作業は非常に見物です。
ホームストレートを挟んでスタンドの正面が表彰台なので
表彰式の様子も近い距離で観ることが出来ます。
表彰式の様子をデジカメで撮影することが出来ます。
スタンドには屋根が設置されているので、陽射しや雨から
守ってくれます。スタンド前にはジャイアントスクリーン
が設置されているので、決勝レースの順位などの状況
が分かりやすいです。
華やかな雰囲気を味わいたい人にはおススメのスタンドです。
スタンド裏のエリアはグッズが販売
される売り場が軒を連ねている。インテルラゴスの一般観客席
では最も高額なスタンドになります。

Stand B観戦券:118,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。






F1ブラジルGP観戦ツアー13
Stand M
ホームストレートエンド区間のスタンドになる。
ストレートエンドでのオーバーテイクが目の前で繰り広げられる。
サンパウロのサーキットでオーバーテイクが一番多い箇所。
ただ路面がバンピーでドライバーのマシンコントロール能力と
ブレーキングの技術が要求されます。
その駆け引きが存分に楽しめるスタンドです。
スタンドには屋根が設置されているので、陽射しや雨から
守ってくれます。スタンド前にはジャイアントスクリーン
が設置されているので、決勝レースの順位などの状況
が分かりやすいです。
オーバーテイクシーンやマシン同士のバトルシーンを
楽しみたい人にはおススメのスタンドです。
ホームストレートエンドは急な下り坂になっています。

Stand M観戦券:70,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。



F1ブラジルGP観戦ツアー14
Stand R
3コーナーを立ち上がってバックストレートに向かうマシンが
加速していく様子が楽しめるスタンドです。
ギヤをシフトアップしていく時の様子が音で伝わってきます。
スタンドには屋根があるので、ブラジル特有の突然の豪雨対策にも
なりますが、横風がふいているとびしょ濡れになります。
インテルラゴスサーキットのバックストレート区間の始まりの
エリアにスタンドはあります。このスタンド前あたりを通過する
時に前のマシンのスリップストリームに入ることが出来れば、
バックストレートエンドのブレーキング競争でバトルを仕掛け
ていくことが可能になります。コーナーに対してイン側のライン
をキープ出来ればオーバーテイクの確率は非常に高くなります。
スタンドには屋根が設置されているので、陽射しや雨から守って
これます。スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されて
いないので、決勝レースの順位を知りたい人は
スマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておく
と良いでしょう。

Stand R観戦券:46,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。






F1ブラジルGP観戦ツアー15
Stand Q
バックストレート区間のスタンドです。屋根が設置されてない
分、席の値段はリーズナブルですが、強い日差しによる日焼
けと突然の豪雨の際にはびしょ濡れになりますが、
気になさらない方にはおススメのスタンドです。
スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されて
いないので、決勝レースの順位を知りたい人は
スマートフォン用のF1アプリをダウンロードしておく
と良いでしょう。

Stand Q観戦券:29,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。






F1ブラジルGP観戦ツアー・ブラジル

首都:ブラジリア。
人口:2億768万人。
物価:日本より割安感がある。
通貨:レアル。
時差:+12時間。
気温:F1開催時の平均気温18度~27度。
公用語:ポルトガル語。
サーキット:ホセ・カルロス・パーチェサーキット。
開催期間:11月15日~17日。
開始時刻:15時10分(日本時間27時10分)。
観戦時の服装:長袖シャツまたは半袖シャツ。
サンパウロの観光名所:サンパウロ美術館、パウリスタ通り、メトロポリターナ、サンパウロ中央市場、オスカル・フレイレ通り、リベルダージ地区、ブラジル日本移民資料館がおススメです。


1990年からブラジルGPの舞台はサンパウロ郊外のホセ・カルロス・パーチェサーキットで開催されている。サーキット周辺の治安は非常に悪く、F1開催国の中では間違いなく一番悪い。サンパウロ市内中心から南へ30~40キロ郊外のエリアは湖が点在しており、サーキットはその湖に挟まれる地域にあり、周辺は沼地や湿地が散らばっている。サーキットの標高も約700mでメキシコ、オーストリアに次いで3番目であることから、エンジンパワーの差が出にくい特徴がある。標高が高くなるにつれ空気が薄くなり、エンジンに流入される空気の質量が低下する為が主な要因である。モータースポーツが盛んな国で、ブラジル出身のF1ドライバーにはフィッティパルディ、ピケ、セナをはじめ、歴代の名ドライバーが名を連ねるが、2018年からはブラジル出身の現役ドライバーは不在になった。この数年はブラジル経済の低迷からF1開催が危ぶまれるようになっていきている。



1室を2名でご利用の場合

ホテルとモデルプランのツアー代金

ホテルグレードスタンダードクラス
(3ッ星)★★★
朝食の有無
3名1室3名1室不可
旅行代金 ***円~
1名1室の追加代金 ***円
ModelPrice_Btn3

【3名1室利用について】
※現地事情により3名1室利用の場合、人数分のベットがご用意出来ない場合がございます。
ベッドの台数が2台もしくは、1台のご利用で3名同室のご承諾が頂ける場合のみ承っております。予めご了承下さい。

【サーキット会場までのアクセス】

お客様ご自身でホテルとサーキット間を移動してください。

観戦スタンドにより、入場ゲートも異なります。

※お申込み後、航空会社の申請により燃油サーチャージの増減又は廃止又はかからなくなった際も旅行代金に変更はございません。
また、為替レートの変動による過不足についても追加徴収またはご返金はいたしません。


●eVISA申請料2,200円/お一人様※ブラジル渡航の際は必ず必要になります。



F1海外観戦ツアーの費用(料金)を安プランく仕上げる際にご用命下さい。





ツアーの料金

●航空券も旅行会社が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代 + 航空券代


●航空券はお客様が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代
TourPrice_Btn3

モデルプラン

旅行はサンパウロ集合、サンパウロ解散になります。
現地では日本語係員がお世話します。
日程 成田発着 宿泊地
2020/11/11 (水) 羽田(15:20)発
フランクフルト(19:10)着
フランクフルト(20:20)発
 
機中泊
2020/11/12 (木) サンパウロ(04:25)着
現地集合 着後係員と専用車でホテルへ。
着後、自由行動。(お部屋の入室は15時以降となります。)
市内観光等、ご自身でご自由にお過ごし下さい。
 
サンパウロ
2020/11/13 (金) F1ブラジルグランプリ(GP)フリー走行1・2観戦
専用車が観戦初日の往路にホテルからサーキットまで同行し行き方を説明致します。 復路はご自身で移動して下さい。
 
サンパウロ
2020/11/14 (土) F1ブラジルグランプリ(GP)フリー走行3、予選観戦
ご自身でホテル~サーキット間をご移動下さい。
 
サンパウロ
2020/11/15 (日) F1ブラジルグランプリ(GP)決勝レース観戦
ご自身でホテル~サーキット間をご移動下さい。
 
サンパウロ
2020/11/16 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
サンパウロ(22:40)発
 
機中泊
2020/11/17 (火) フランクフルト(14:30)着
フランクフルト(19:40)発
 
機中泊
2020/11/18 (水) 成田(15:00)着
 
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
航空券はお客様で購入されるか、弊社にお任せ頂く場合は手配型契約とさせていただきます。
【3名1室利用について】
※現地事情により3名1室利用の場合、人数分のベットがご用意出来ない場合がございます。ベッドの台数が2台もしくは、1台のご利用で3名同室のご承諾が頂ける場合のみ承っております。予めご了承下さい。
●お客様の安心と安全を考慮しますと傷害保険にご加入されることをおススメします。(傷害保険の代行を承ります)
●航空券はお客様で準備していただきますが、弊社にて手配させて頂くことも可能です。
 その場合、航空券は手配型旅行契約とさせていただきます。
 お申込み後、航空会社の申請により燃油サーチャージの増減又は廃止又はかからなくなった際も
 旅行代金に変更はございません。
 また、為替レートの変動による過不足についても追加徴収またはご返金はいたしません。
●尚、国内空港施設使用料・空港保安料及び海外空港諸税は別途必要となります

モデルプラン

集合・解散に便利な航空会社
ルフトハンザ航空+LATAMチリ航空
ホテル
スタンダードクラス(3ッ星)
ルフトハンザの手荷物重量について 手荷物料金機内持ち込み : 無料 預入手荷物 :1個・23kgまで無料 2個目は有料。
LATAM航空の手荷物重量について 手荷物料金機内持ち込み : 無料 預入手荷物 :1個・23kgまで無料 2個目は有料。

【モデルプランに含まれないもの】

(前項のほかは旅行代金に含まれません。その一部を例示します。)

1.    超過手荷物料金
2.    クリーニング代、電報・電話料、ホテルのボーイ・メイド等に対する心付け
3.    その他の追加飲料等個人的性質の諸費用及びそれに伴う税・サ ービス料金
4.    渡航手続き関係諸費用
5.    お一人部屋を利用される場合の追加料金
6.    日本国内における交通・宿泊費
7.    観光オプショナル料金。
8.    F1観戦券
9.   航空券
10. 傷害保険
11. ブラジル入国ビザ申請費用(eVISA)





ツアー費用の無料お見積り お問合せ

Btn_Estimate10




お問い合わせ




application1




他のF1観戦ツアーもあります。

F1アブダビGP観戦ツアー201
アブダビGPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。


F1オーストラリアGP観戦ツアー1
オーストラリアGPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。


F1バーレーンGP観戦ツアー201
バーレーンGPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。


F1日本GP観戦ツアー201
日本GPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。


F1観戦ツアーを現地で楽しむ方法(ブラジル編)

F1ブラジルGPの開催予定日がついに決定!
F1ブラジルGPは2020シーズン第21戦でしたが、
コロナウィルスの影響で開催自体が危ぶまれています。
感染の影響から無観客開催になるのか、開催中止になるのか。
FIAからの発表が近日中にされるものと予想されます。

年間15戦以上開催しなければ世界各国のTV局との契約履行
条件を満たせない事情も相まって、ブラジルGPの開催をした
いFIAの本音があるのですが、果たしてどのような決断がされ
るのでしょうか。

ホセ・カルロス・パーチェ・サーキットは長いストレート
が2本あり、ホームストレートと、2コーナーから4コーナーへ
かけての2本目のストレート区間で数多くのバトルやオーバー
テイクが繰り広げられます。

F1ブラジルGPは1973年からこのサーキットでF1開催が始まり、
1回も欠かすことなく現在まで連続開催を続けています。
途中、開催地が変更になったことがありました。
1978年、1981年~1989年にはジャカレパグアでF1ブラジルGPが
開催されましたが、それ以外はずっとこのサンパウロ郊外にあ
るホセ・カルロス・パーチェ・サーキットでF1ブラジルGPが開
催されています。1987年に日本でF1開催が再開された時は、
ジャカレパグアサーキット(ネルソン・ピケ・サーキット)で
のF1ブラジルGP開催であり、往年のF1ファンの方には懐かしい
サーキットなのではないでしょうか。このジャカレパグア・サ
ーキットは現在は取り壊されています。というのも2016年のブ
ラジルオリンピックの主要建物がこのサーキットの敷地に建設
されることが決まったことで、ジャカレパグアサーキットは取
り壊しされました。

ブラジルのF1ドライバーで有名なのが、アイルトン・セナ、
ネルソン・ピケ、エマーソン・フィッティパルディであります
が、とりわけ日本でも人気が絶大なのが、アイルトン・セナで
あるのですが、ホンダエンジンともゆかりが深く、通算3度の
チャンピオンを全てホンダエンジン搭載のマクラーレン・ホン
ダで獲得をしました。最初のチャンピオン獲得が1988年で、当
時の日本は中嶋悟選手のF1参戦、フジテレビのF1全戦中継、
空前のバブル景気による多数の日本企業のF1への参入などの好
条件が揃って、1980年代後半~1990年代前半の日本は空前のF1
ブームであり、当時のF1最強エンジンの名を欲しいままにして
いたホンダエンジンの活躍も相乗効果に拍車をかけて、ホンダ
エンジン搭載車のマクラーレンのマシンをドライブするアイル
トン・セナは日本国内で一気にスターになりました。
同じホンダエンジンをドライブしたネルソン・ピケは人気とい
う点では圧倒的にアイルトン・セナ差をつけられており、
アイルトン・セナには人を惹きつけるカリスマ性というものが
あったことは疑いの余地がありません。

ブラジルはこれまでに数多くのF1ドライバーを輩出してきてい
る国であり、これまでに26人を数えます。
ブラジルはサッカー王国としても有名ですが、モータースポー
ツが盛んな国でもあり、モータースポーツ人口の多さが、これ
までに多くのF1ドライバーを輩出した理由の1つとして考えて
いられますが、2016年のフェリッペ・ナッセのF1参戦を最後に
F1のグリッドからはブラジル人F1ドライバーはいなくなりまし
た。

F1ブラジルGPが開催されるサンパウロ市は、比較的に亜熱帯に
近い気候帯であることから、土砂降りのような強烈な雨がよく
降ります。これまでに決勝レースで土砂降りの雨が絡んだこと
が多く、これまでに多くのドラマを演出してきました。
このF1ブラジルGPの大雨はF1関係者を毎年のように悩ませる頭
痛の種であり、時にはこの大雨を味方にして、優勝をもぎとっ
ていったドライバーも多くいました。1993年のアイルトン・セ
ナの優勝はまさにその典型例であり、雨が降るまでは、1993年
の最強マシンであったウィリアムズ・ルノーの2台が1-2で決勝
レースを大きくリードしていました。非力なマシンをドライブ
していたアイルトン・セナは周回遅れになる寸前にまで後方に
順位を落としていましたが、レース中盤に突然の大雨が降りだ
し、トップを走行していたウィリアムズ・ルノーのアラン・プ
ロストがコースオフしてグラベルにはまり、コース復帰出来ず
にリタイヤ。マシン撤去する為にセーフティーカーが出動する
ことになり、その一瞬の隙にアイルトン・セナは順位を大きく
挽回し、セーフティーカー解除後、得意のレインレースで他を
圧倒するドライビングで優勝をもぎ取るというミラクルを演じ
ました。これには地元のブラジル人ファン達も大いに熱狂し、
決勝レース終了と同時にスタンドから大勢のファンがコースに
なだれ込み、アイルトン・セナを祝福する為に、マシンの周囲
を取り囲み、その為、アイルトン・セナのマシンは動けなくな
るという事態になり、急遽、セーフティーカーがコースの現場
までアイルトン・セナを迎えに行くというハプニングに。
当時は衛星生中継で1993年のF1ブラジルGPは日本で放送されて
いて、眠いのを我慢して深夜の4時頃の出来事を観ておられた
人も多いのではないでしょうか。


サンパウロ市の郊外にホセ・カルロス・パーチェ・サーキット
はあります。1周4309mで決勝レースは71周で行われます。
実質的な最終コーナーである12コーナーを立ち上がってからは
アクセル全開で加速していきます。15コーナーを過ぎれば、
ホームストレートですので、このホームストレートエンドの1
コーナーへのブレーキング競争で数多くのオーバーテイクが繰
り広げられます。F1が開催される22のサーキットの中では1番
多くのオーバーテイクが繰り広げられるサーキットであります



この記事では、F1観戦ツアー会社のF1観戦ツアーを活用して
F1ブラジルGPの現地での生観戦を楽しみたい人の為に
F1観戦ツアーの予約する方法や注意すべき点、F1観戦ツアーを
主催しているF1観戦ツアー会社の選択方法などを説明していき
ます。

F1ブラジルGPのF1観戦ツアーはいつ頃から予約出来る?

F1シーズンの開催時期は3月中旬頃から11月下旬頃までです。
例年、10月頃に翌年の日程スケジュールが決まります。
F1ブラジルGPは11月中旬頃の日曜日で開催されることが多いで
す。F1ブラジルGPは11月開催としての認識が定着していますの
で、4月頃からF1観戦ツアーの予約の受付が開始されます。
ブラジルGP開催の1か月前頃にはブラジルF1観戦ツアーの予
約の受付が締め切られます。F1観戦ツアー会社によっては安い
価格で、F1ブラジルGP観戦ツアーを主催している会社も何社
かあるので一般の方々でも気軽に行きやすい価格の
ブラジルF1観戦ツアーです。

2020年のブラジルGPは、
2020年11月13日(金)~11月15日(日)
に開催されることが決定していましたが、
コロナウィルスの影響で、まずは開催延期になりました。
無観客開催になるのか、開催中止になるのかは、
後日、FIAから正式発表があるものと予想されます。

F1ブラジルGPのF1観戦チケットの入手する方法について  
F1ブラジルGPには、メインストレートのグランドスタンド席
をはじめ、各コーナーエリアに指定席スタンドが設けられてい
ます。全てのスタンドが席屋根付きのスタンドではないので、
日焼けや雨が心配な方は屋根付きのスタンドで観戦することが
ベターでしょうが、メインストレートのグランドスタンドは屋
根付きでおススメのスタンドですが、その分、ブラジルGPの
F1観戦チケットの価格は一番高くなります。F1観戦ツアー会社
によっては、ブラジルGPのF1観戦チケットがあらかじめ決め
られていたり、選択したブラジルGPのF1観戦チケットによっ
ては追加の別料金がチャージされたりすることもあるので、
ブラジルGPのF1観戦チケットの代金込みの価格であるのか
チェックしましょう。

F1観戦ツアー会社を決める前に、どのスタンドのブラジルGP
のF1観戦チケットにするのか予定は決めておくことが大切です


ブラジルGPのF1観戦チケットの種類
F1ブラジルGPのF1観戦チケットには大きく分けて、
「各スタンド席の指定席」
「自由エリア席エリア」
があります。それぞれ価格が違うので、予算に応じて決める
ようにしましょう。全てのブラジルGPのF1観戦チケットは3
日券なので、どのスタンドのブラジルGPのF1観戦チケット
が良いのか価格も考えて慎重に考えましょう。

F1観戦ツアーでは、自由エリア席券かスタンド席を選ばなけ
ればなりません。スタンド席券の場合は3日通し券になります
ので3日間同じスタンドでの観戦になります。
ブラジルGPには熱狂的なF1ファンが数多く来場します。
自由席ゾーンはかなり混雑し、立ち見観戦しなければなりませ
んし、夏の陽射し対策や、雨対策もあらかじめ準備しておく必
要があります。また、雨天時は足元が汚れることを覚悟しなけ
ればなりません。

おすすめのスタンド指定席は?
F1ブラジルGPの観戦で最もポピュラーなスタンド席といえば
メインストレートのグランドスタンドではないでしょうか。
ブラジルGPではグランドスタンドの前が各チームのピットに
なっていて、決勝レース開始前の華やかな雰囲気や、F1マシン
がピットインしてきた時のタイヤ交換作業などが近い距離で観
ることが出来ますし、緊迫した雰囲気やスリリングな気分が堪
能出来ます。
ブラジルGPの表彰台はグランドスタンドの正面にあるので、
表彰式の様子を凄く近い距離で観ることが出来ます。
表彰式の様子を写真に撮ることも出来るおススメのスタンドで
す。メインストレートよりもF1ブラジルGPの迫力を堪能した
いという人には、バックストレートスタンドで観戦されてはい
かがでしょうか。
バトルやオーバーテイクシーンが数多く観るこ
とが出来るのでこちらのスタンドもおススメのスタンドです。

F1ブラジルGP観戦ツアーのF1観戦ツアー会社の選択方法。  
F1ブラジルGP観戦ツアーの金額の目安は、
飛行機チケットや3ッ星ホテル代、往復送迎車代、日本語アシ
スタント、F1観戦チケット代などすべて込みで、
1名あたり47万円~49万円程度です。
F1観戦ツアー会社によっては現地集合・現地解散のブラジル
F1観戦ツアーを主催している会社もあります。その場合、飛行
機チケットの価格を除いて35~38万円ぐらいの価格のバーレー
ンF1観戦ツアーが多いでしょう。

価格が違う理由としては、まずブラジルGPのF1観戦チケット
のスタンドや種類が違うことが挙げられますが、それ以外には
どのような理由があるのでしょうか。
ここからはブラジルF1観戦ツアーを選ぶ時にチェックすべき
点について解説していきます。

F1ブラジルGPの開催スケジュールは金曜日から日曜日までの
3日間ですので、ブラジルF1観戦ツアーは、
どのF1観戦ツアー会社を選んでも
F1観戦ツアー日程など大体は似通っています。
F1ブラジルGPが開催される前日の木曜日にはF1レーサーの
サイン会が開催される為、F1レーサーと記念撮影したり、
F1レーサーからサインを貰うために多くのF1ファンが木曜日か
らホセ・カルロス・パーチェ・サーキットを訪れます。
木曜日のサイン会イベントに参加したい場合は、飛行機の
ブラジル到着日をチェックして、
水曜日にブラジル国際空港に到着する飛行機で
F1観戦ツアーに参加出来るようにブラジルF1観戦ツアーの
スケジュール調整をするようにしましょう。
飛行機は日本からの乗継便で約22時間で
サンパウロ空港に到着します。

宿泊するホテルのグレードや場所などをチェック 
ブラジルF1観戦ツアーの価格を大きく左右するのが、現地の
ホテル価格とブラジルGPのF1観戦チケットの種類です。ホテ
ルの星ランクによっては数万円単位で価格が変わるので、慎重
に選ぶようにしましょう。
サンパウロ市内からサーキットまでは車を
使って移動するブラジルF1観戦ツアーが多いですので
サーキットまでの大体の所要時間を計算しておきましょう。

サンパウロ市内観光もしたいならオプショナル
ツアーへの参加を検討。
F1観戦ツアー会社のブラジルF1観戦ツアーはF1観戦がメイン
なので、自由行動や自由時間はほとんどありません。
しかし、せっかくブラジルで宿泊するのならば、
サンパウロの市内観光も楽しみたいという人もいるでしょ
う。そのような人は、オプショナルツアーへの参加を
ご検討されてはいかがでしょうか。
3日間全部をF1観戦しなければ、サンパウロ市内観光をし
っかり楽しむ時間もある程度は確保出来ます。オプショナルツ
アーには別途価格が掛りますが、意外に安価に楽しめる多様な
コースがあります。延泊をすればその分、
さらにブラジル観光が出来るので
予算と日数を考えながら検討してみましょう。

ブラジルはビザ(eVISA)必要!
パスポートの有効期間に注意すべき!
パスポートの有効期限が3か月未満だとブラジルに
入国が出来ないので気を付けしましょう。残存有効期間は、
6か月あれば大丈夫です。

ブラジルF1観戦ツアーならF1ツアー専門のWSTへおまかせ! 
ブラジルF1観戦ツアーはさまざまなF1観戦ツアー会社が企画
していますが、どこで申し込もうか迷っている方は、
F1ツアー専門のWSTがおすすめです。

F1ツアー専門のWSTはお得な価格でブラジルF1観戦ツアーを
主催しており、好きなスタンド席から観戦出来るのが特徴です
。燃油サーチャージ、諸税などの別途価格も不要なので、
安心して利用できます。 さらに必要に応じて減泊・延泊な
どのアレンジも可能で、自由エリア度の高いF1観戦ツアーを
組むことが可能です。F1ブラジルGP観戦ツアーを検討して
いる人は、まずは無料見積もりを申し込まれてはいかがでし
ょうか。

F1ツアーで現地観戦を楽しむ方法2

ブラジルGPでF1観戦をする場合、現地の日本語アシスタント
、ホテル~空港間の往復送迎車、ホテル、ブラジルGPの
F1観戦チケット、飛行機チケット現地での移動、など色々な心
配があると思います。
自分で全てを準備しようとすると、ブラジル国内
の治安などの基本情報やF1が開催されるブラジル・インター
ナショナル・サーキット周辺の地理や治安などをチェックして
おく必要がありますし、手配・準備にはかなりの労力が必要に
なってくるので心配も多いでしょう。
そこで非常に便利なのがF1ツアー会社が主催して
いるブラジルF1観戦ツアーです。

例年、11月にはホセ・カルロス・パーチェ・サーキットで
F1ブラジルGPが開催されます。世界中からF1ファンが
ブラジルを訪れて、このF1ブラジルGPを楽しみます。

1973年からF1ブラジルGPが開催されるようになり、途切れるこ
となく現在にまで至っていますが、近年、ブラジル経済が不安
定であることから、F1の開催権料が支払えなくなるかもしれな
いと噂されるようになり、今後、ブラジルでのF1開催が不安定
な状況になりつつあります。2016年までブラジル人のF1ドライ
バーがいましたが、2017年以降はF1にブラジル人ドライバーは
不在になりました。ブラジル系企業が相次いでF1から撤退し、
ブラジルマネーがF1へ流入しなくなったことが大きな要因です
。かつてはアイルトン・セナやネルソン・ピケ、エマーソン・
フィッティパルディといった歴代のチャンピオンを輩出してき
たブラジルであります。ブラジル国内ではサッカーに次いで人
気が高いスポーツでありますが、自国ブラジル人ドライバーの
不在がこの数年続いており、F1ブラジルGPのF1観戦チケットの
販売状況にも影響をおよぼしているようです。

F1ブラジルGPの魅力は、なんといってもオーバーテイクの多さ
ではないでしょうか。F1が開催される22のサーキットの中では
オーバーテイク数が群をぬいて一番多く、マシン同士の抜きつ
抜かれつのバトルが数多く観られるサーキットであります。
コースのレイアウトが大きく影響しているのですが、実質的な
最終コーナーである12コーナーからホームストレートエンドま
で20秒あり、前のマシンのスリップストリームに容易に入るこ
とが出来ることから、オーバーテイクが成功する確率や頻度が
高くなるのでしょう。レースの醍醐味であるオーバーテイクや
サイドバイサイドのバトルを沢山観たい人にはおススメのレー
スであります。

日本からブラジルへは直行便の飛行機はありません。
一般的にはアメリカの主要都市を経由するか、中東のドバイを
経由するかのいずれかで行けば、約34時間~36時間でサンパウ
ロ国際空港に到着します。

F1ブラジルGPが開催されるホセ・カルロス・パーチェ・サーキ
ットはサンパウロ市の中心部から南へ約20kmの郊外にあります
。サーキット周辺は湿地帯で近隣には湖が複数あります。
サーキットの周辺は貧困街であることから治安面では問題があ
り、これまでにF1関係者が何度も被害を受けています。
地元民から移動車が囲まれて金品を要求されたり、拳銃を付け
つけられたりと、およそ治安面だけをみればF1を開催するには
相応しいサーキットとはいえません。

F1は世界選手権を名乗っている以上、世界の各国を転戦するこ
とがテーマの1つでもあるので、現在、唯一、南米大陸でF1が
開催されているのがブラジルだけですので、このブラジルでの
開催を取りやめると、南米大陸ではF1が開催されなくなるとい
う事情がF1側にはあり、現在まで開催がされてきた要因の一つ
になっています。かつてはアルゼンチンのブエノスアイレスで
も開催されてはいましたが、今後、F1側がブラジルでのF1開催
を継続していくのかは不透明です。

ホセ・カルロス・パーチェ・サーキットの標高はメキシコGPに
次いで高く、パワーユニットのターボチャージャーの耐久性が
タイム差に大きく影響してくることでも知られています。

ホンダF1のパワーユニットのターボチャージャーの耐久性の良
さは他のパワーユニットメーカーと比較して秀逸であり、ホン
ダパワーユニット搭載車であるレッドブルのマシンがメキシコ
やブラジルで好成績をおさめる傾向があります。

コースにはストレートが2本あり、まず1本目はホームストレート
、2本目は1コーナーから4コーナーに至るまでのバックストレー
トであり、いずれのストレートでもオーバーテイクが数多く繰
り広げられ、飽きることはありません。
サーキット周辺は湖や湿地帯が広がっており、その為、地盤沈下
に悩まされており、コースが年々、バンピーになってきており、
ドライビングしにくくなってきているというドライバーからの声
が多くなってきています。


F1ブラジルGPに「強い・速い」F1マシンに求められるものとは
現代のF1マシンには、F1ブラジルGPの決勝レースのロングラ
ンのペースも高いレベルで安定して速く、F1ブラジルGPの予
選1周で速く、というニーズが求められます。現代のF1マシンの
デザイナー達は、F1ブラジルGPの決勝レースのロングランペ
ースの一貫性とF1ブラジルGPの予選1周の速さとを最重要テー
マに考えてマシンを設計・開発していきます。F1ブラジルGP
の決勝レース・予選の最適バランスを徹底的にまで突き詰めて
いき、予選1周の速さを可能な限り残し、決勝レースのロングラ
ンペースの一貫性を重視したマシンに仕上げていきます。最適
な妥協点を見つけだしたマシンが最速マシンになります。F1バ
ーレーンGPで安定して速いマシンは他のチームが模倣するスタ
ンダードモデルになっていきます。
いわば開発目標の指針になるわけです。

マシンのトータル空力性能など、パワーユニット、F1マシンの
戦闘力が鮮明になるのがF1ブラジルGPと云っても過言ではな
いでしょう。このブラジルではトータル空力バランス、パワ
ーユニット、メカニカルグリップなどが要求されてくることで
有名なサーキットです。

低速・中速・高速コーナーでの空力バランス、メカニカルグリ
ップ、F1レーサーのテクニックのトータルパッケージング、パ
ワーユニット、が高いレベルで要求されるのが
F1ブラジルGPなのです。

F1ブラジルGPはイベントが毎日、目白押しであります。
木曜日にはF1レーサーのサイン会などのイベントが開催され、
F1レーサーやチーム関係者も気軽に記念撮影に応じてくれる
ので、F1ブラジルGPを思いっきり楽しめるでしょう。

そんなF1ブラジルGPを存分に楽しむには、
F1ツアー会社が主催しているブラジルF1ツアーに申込みする
ことをおススメします。F1ツアー会社が主催するブラジルF1
ツアーは、ホテル~空港間の往復送迎車、ホテル、飛行機チケ
ット、現地の日本語アシスタント、F1観戦チケット、
など全て手配してくれます。

自分でF1ブラジルGPのF1ツアー手配をするとかなり大変です
。時間や手間は掛かりますし、海外のサイトに名前や住所など
を自分で入力しなければならず、
英語力がそこそこ必要なのでかなり大変です。

F1ツアー会社が主催するブラジルF1ツアーならば、
ワンストップでF1ブラジルGPのF1観戦チケット、ホテル~空
港間の往復送迎車、現地での日本語アシスタント、飛行機チケ
ット、ホテル、を手配・準備してくれるので非常に心強いです。

F1ツアー会社が主催するブラジルF1ツアーについて説明します
。F1ツアーに参加するメリットって何なの?

ブラジルF1ツアーと聞くと個人行動・自由行動がほとんど出来
ないので、非常に不便だと思う人も多いのではないでしょうか。
ここではF1ツアー専門会社のWSTの便利なブラジルF1ツアー
のメリットをチェックしていきましょう。

ワンストップで全ての準備・手配がしてもらえます。
F1ツアー専門会社のWSTのブラジルF1ツアーに申込みをすれ
ば、現地の日本語アシスタント、ホテル、ホテル~空港間の往復
送迎車、ブラジルGPのF1観戦チケット、飛行機チケット、全て
においてワンストップで準備・手配をしてくれます。
自分で準備・手配することは可能ですが、
ホテル~サーキット間の交通手段や、現地での言葉の問題
など自分で全て準備しなければならず、非常に面倒ですが、
F1ツアー専門会社のWST主催のブラジルF1ツアーならば、
日本語アシスタントによるフォロー現地での交通手段など手配・
準備してくれるので非常に楽で安心です。
それらの手間や負担などを考えると、F1ツアー専門会社の
WST主催のブラジルF1ツアーへ申込み・参加を
するメリットは大いにあるでしょう。

お得な価格でブラジルF1ツアーへの参加が可能。
F1ツアー専門会社のWSTのブラジルF1ツアーは、
ツアー費用が非常にお得になる場合があります。
2人以上でブラジルF1ツアーへ予約をすると1室を
2人で利用・宿泊するので、ホテル費用が1人で宿泊するより安
価になります。空港使用税や入出国税などの諸税も不要です。
さらに航空機の燃油サーチャージも不要で、予定よりも
ブラジルF1ツアー代金に追加費用が掛るということはありませ
ん。飛行機チケット、ホテル、ブラジルGPのF1観戦チケット、
減泊や延泊などの宿泊日数のアレンジも可能です。
ブラジルF1ツアーといっても、自由にF1観戦し、個人行動出来
るところが人気になっているポイントです。
ブラジルGPのF1観戦チケットやホテルの前泊・延泊のアレンジ
も可能です。良い席で観戦したい、もっとブラジルを観光した
ければ、予算や自分のプランに沿ったブラジルF1ツアー日程を
作ってもらいましょう。

飛行機チケットはF1ツアー会社に手配・準備してもらう事も出
来ますし、自分自身で購入することも出来ます。
マイレージポイントを沢山持っている人は
自分自身で飛行機チケットを購入したほうがブラジルF1ツアー
費用がその分、割安になるので断然にお得です。
ブラジルGPのF1ツアーでの飛行機チケットも同じです。
必要な時だけ日本語アシスタントにアシストしてもらい、
団体行動や時間的制約などに縛られることなく、
F1観戦もブラジル観光も楽しむことができます。

ブラジルF1ツアーはいつ頃から受付がされている?
F1世界選手権は3月中旬頃から12月上旬頃にかけて
世界22か国を周遊し、順次開催されていきます。
10月頃にFIAより来年度の開催予定日が発表となり、
ブラジルF1ツアーの予約の受付は基本的に3月頃から
スタートします。3月の開幕戦オーストラリアGPから
12月の最終戦アブダビGPまで、レースが開催される約半年前
から予約の受付がされていきます。
ブラジルGPも約半年前から予約受付が開始されます。
F1ツアー会社のWEBサイトを
随時、チェックしておくと良いでしょう。

早期に予約をすれば、その分、飛行機チケットが安く購入でき
るブラジルF1ツアーには早めに予約申込みをしたほうが良い
でしょう。ブラジルGPのF1観戦チケットは完売するのがとて
も早く、条件の良い席ほど早く完売していきます。ブラジル
GPもその例外ではなく、良い席から完売していきます。
ホテルや飛行機チケットは自分で手配出来ても、条件の良い
ブラジルGPのF1観戦チケットが買えない場合があるので、
なるべく早目に予約するようにしましょう。

日本GP、イタリアGP、
ベルギーGP、イギリスGP、
モナコGP、ハンガリーGP、
ブラジルGP、中国GP、
シンガポールGP、ベトナムGP、

などの人気が高いF1レースは問合せ・予約が殺到しますので、
なるべく早く予約をするようにしたほうが無難です。

ブラジルF1ツアーを予約・申込みするにはどうしたら良い?
WEBサイト上で申込みしたり、直接電話しても大丈夫です。
F1ツアー専門会社のWSTはブラジルF1ツアーに関して独自の経
験・ノウハウがあるのできめの細かいアドバイスやサービスを提
供してくれます。価格も割安なのでチェックしておくと良いでし
ょう。疑問点はすぐに電話やメールなどで聞くようにしましょう


ブラジルF1ツアーへ予約する方法をする前に確認すること。
ブラジルF1ツアーといっても、F1ツアー会社に全てを任せてお
けば確実・安心という訳ではありません。
F1ツアー会社毎の価格やブラジルF1ツアー日程の違いなどもあ
りますので、他のF1ツアー会社との内容を比較しながら自分の予
定と予算に合ったF1ツアー会社を選ぶようにしましょう。

ブラジルF1ツアー代金とブラジルGPのF1観戦チケット代金
を合わせたツアープランなのか?
F1ツアー会社によってはブラジルF1ツアー代金のみの価格という
会社もあり、ブラジルGPのF1観戦チケット代や飛行機チケット代
は別途で追加ということもあるので飛行機チケット代、ブラジル
F1観戦チケット代、ホテル代、燃油サーチャージ代、空港税や入
出国税などの諸税などの総額の価格をF1ツアー会社にきちんと聞
いた上で、どこのF1ツアー会社にするのか決めましょう。

【まとめ】
自分のプランやスタイルにあったF1ツアー会社を選びましょう
F1ツアー会社のツアープランは様々です。
F1ツアー専門会社のWSTのブラジルF1ツアーならば自由行動も
可能で、前泊・延泊などのアレンジをすることも可能です。
自分ですべて手配・準備することも可能ですが、お得に心配無く
現地で楽しむ為にも、F1ツアー会社のブラジルF1ツアーを検討
してみてはいかがでしょうか。




過去の予選とレース結果は???

1981年から1989年はリオデジャネイロの郊外にあるジャカレパグアで実施されていたブラジルGPは1990年からサンパウロ郊外にあるインテルラゴスで開催されるようになった。

1991年にはアイルトン・セナが母国初優勝を達成し、スタンドの大観衆は熱狂に包まれた。
2005年から2009年まで5年連続でワールドチャンピオン決定戦の舞台にもなった。

ブラジルグランプリのみの「お約束」として、表彰式後のシャンパンファイトで通常の曲ではなく、サンバのリズムが流れ、それとともに大量の紙ふぶきが飛び出すようになった。

最多勝記録は1980年代から1990年にかけ6勝を挙げたアラン・プロストが最多勝記録を保持している(シューマッハは4勝を挙げた)。チームとしては、マクラーレンが強く通算で12勝を挙げており、フェラーリ(11勝)、ウィリアムズ(6勝)がそれに続いている。

2007年までのブラジル人のF1チャンピオンは、いずれもブラジルGPを制している。エマーソン・フィッティパルディは初の公式戦として開催された1973年、ネルソン・ピケは5度目の挑戦となる1983年、アイルトン・セナは8度目の挑戦となる1991年に、初の母国GP制覇を達成している。

2017年以降の開催については、スポンサーを失った主催者とFOMが開催権料を巡って折り合いがついておらず、不透明な状況となっている。理由としてブラジル国内の景気がリオデジャネイロオリンピック以降急激に悪化していることと、サンパウロ市の市長交代によるもので、ドリア新市長は当選直後に「サーキットの民営化を積極的に進めたい」と語っている。このため、2016年9月に出された2017年の暫定カレンダーでは「暫定扱い」とされていたが、11月30日の正式カレンダーでは開催が確定している。

2019年5月、ボルソナーロ大統領が、翌2020年からはリオデジャネイロに建設される新サーキットで開催する意向を明らかにしたが、インテルラゴスは2020年まで開催契約を結んでおり、サーキットの民営化がサンパウロ市議会で否決されたため、同地での開催継続に意欲を見せている。一方、ボルソナーロ大統領もインテルラゴスとの契約が切れる2021年からリオでの開催要望を繰り返し述べている。


2019年シーズン

F1ブラジル観戦ツアー
2018年のブラジルGPでフォースインディアのオコンの接触の影響で優勝を逃し、レース終了後の体重測定でオコンの胸ぐらを突き飛ばすという暴力的な行為を行ったことに対し、社会奉仕2日間のペナルティを受けたレッドブルのフェルスタッペンが大波乱のレースを制し、今季3勝目を初のポール・トゥ・ウィンで達成した。2位には混乱をかいくぐったトロロッソのガスリーが入り、ホンダ製パワーユニット勢によるワンツーフィニッシュとなった。特にファイナルラップでのハミルトンとのサイドバイサイドのデッドヒートは見応え十分でメルセデスPUに遜色のないパワーをホンダPUが発揮している証明になった。2019シーズンのホンダPUの性能向上には目を見張るものがあり、フェラーリPUとメルセデスPUに対抗出来る実力をつけつつあるとの印象をF1関係者に思わせた。これに異を唱えるルノーPUの責任者であるアブデヒールの言葉には説得力がない感は否めず、もはやホンダPUがルノーを凌駕していると多くのF1関係者は見ている。
2019年 ブラジルGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:08.242 1:07.503 1:07.508 1
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:08.556 1:08.050 1:07.631 2
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:08.614 1:08.088 1:07.699 3
4 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:08.496 1:07.888 1:07.728 14
5 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:08.545 1:08.232 1:07.874 4
6 23 アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 1:08.503 1:08.117 1:07.935 5
7 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:08.909 1:08.770 1:08.837 6
8 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:09.197 1:08.705 1:08.854 7
9 7 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 1:09.276 1:08.858 1:08.984 8
10 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:08.875 1:08.803 1:09.037 9
11 4 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 1:08.891 1:08.868
10
12 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:09.086 1:08.903
11
13 99 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 1:09.175 1:08.919
12
14 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:09.050 1:08.921
13
15 11 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:09.288 1:09.035
15
16 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 1:09.320

16
17 18 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:09.536

17
18 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 1:10.126

18
19 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 1:10.614

19
NC 55 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー No Time

20
2019年 ブラジルGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 71 1:33:14.678 1 25
2 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 71 +6.077 6 18
3 55 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 71 +8.896 20 15
4 7 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 71 +9.452 8 12
5 99 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 71 +10.201 12 10
6 3 ダニエル・リカルド ルノー 71 +10.541 11 8
7 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 71 +11.139 3 6
8 4 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 71 +11.204 10 4
9 11 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 71 +11.529 15 2
10 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 71 +11.931 16 1
11 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 71 +12.732 9
12 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 71 +13.599 18
13 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 71 +14.247 7
14 23 アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 71 +14.927 5
15 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 71 +18.059 13
16 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 70 +1 Lap 19
17 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 65 接触 2
18 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 65 接触 14
19 18 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 65 サスペンション 17
Ret 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 56 ハイドロリクス 4


2018年シーズン

F1ブラジル海外観戦ツアー
2018年シーズン
大接戦の中、メルセデスのハミルトンが左フロントタイヤのブリスターに苦しみながらも、レッドブルのフェルスタッペンの猛追に耐えポール・トゥ・ウィンで今季10勝目。2014年のV6ターボ導入以来メルセデスが5年連続5回目のコンストラクターズチャンピオンをこのインテルラゴスで獲得した。2位のレッドブルのフェルスタッペンはフェラーリのベッテルやライコネン、メルセデスのボッタスをオーバーテイクしながら、タイヤ交換作戦を的中させてメルセデスのハミルトンからトップの座を奪ったが、周回遅れのレーシングポイントのオコンが首位のフェルスタッペンを追い越す行為に及び、その際に両者が接触、フェルスタッペンは優勝のチャンスを逃した。怒りの収まらないフェルスタッペンは、レース終了後の体重測定でオコンに言い寄っていき、胸ぐらを軽く突き飛ばした。これが紳士協定に反する危険行為とジャッジされ、フェルスタッペンには社会奉仕活動2日間の罰則が科せられた。それでもフェルスタッペンは3戦連続でドライバー・オブ・ザ・デーに選出され、6戦連続でレッドブル勢がドライバー・オブ・ザ・デーを独占することとなった。

3位のフェラーリのライコネンは追いすがるレッドブルのリカルドを抑えきって表彰台を獲得した。5位はメルセデスのボッタス、6位はフェラーリのベッテル。7位はザウバーのルクレール、来季フェラーリ入りが確定した中でまたも安定した成績を残した。
2018年 ブラジルGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:08.464 1:07.795 1:07.281 1
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:08.452 1:07.776 1:07.374 2
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:08.492 1:07.727 1:07.441 3
4 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:08.452 1:08.028 1:07.456 4
5 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:08.205 1:08.017 1:07.778 5
6 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:08.544 1:08.055 1:07.780 11
7 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:08.754 1:08.579 1:08.296 6
8 16 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 1:08.667 1:08.335 1:08.492 7
9 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:08.735 1:08.239 1:08.517 8
10 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:09.046 1:08.616 1:09.029 9
11 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:08.474 1:08.659
10
12 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:09.217 1:08.741
12
13 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:09.264 1:08.770
18
14 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:09.009 1:08.834
13
15 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 1:09.259 1:10.381
14
16 55 カルロス・サインツ ルノー 1:09.269

15
17 28 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 1:09.280

16
18 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1:09.402

17
19 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:09.441

19
20 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 1:09.601

20
2018年 ブラジルGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 71 1:27:09.066 1 25
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 71 +1.469 5 18
3 7 キミ・ライコネン フェラーリ 71 +4.764 4 15
4 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 71 +5.193 11 12
5 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 71 +22.943 3 10
6 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 71 +26.997 2 8
7 16 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 71 +44.199 7 6
8 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 71 +51.230 8 4
9 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 71 +52.857 10 2
10 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 70 +1 Lap 12 1
11 28 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 70 +1 Lap 16
12 55 カルロス・サインツ ルノー 70 +1 Lap 15
13 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 70 +1 Lap 9
14 31 エステバン・オコン 1 フォース・インディア-メルセデス 70 +1 Lap 18
15 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 70 +1 Lap 2 20
16 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 69 +2 Laps 14
17 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 69 +2 Laps 3 17
18 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 69 +2 Laps 19
Ret 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 32 パワーユニット 13
Ret 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 20 接触ダメージ 6


2017年シーズン

F1ブラジル海外観戦ツアー
2017年シーズン
スタートでフェラーリのベッテルがメルセデスのボッタスを抜いてトップに立ってからレースを支配し優勝。ピットレーンスタートとなったメルセデスのハミルトンは一時はトップを走行するなど驚異的な追い上げを見せ4位入賞を果たした。フォースインディアのオコンは1周目にハースのグロージャンと接触してリタイアとなり、F1デビューから続けていた連続完走記録が27でストップした。これで、レッドブルのフェルスタッペンは今季のランキングが6位に確定し、フェラーリのベッテルとメルセデスのボッタスとのポイント差は22となり、最終戦でボッタスが優勝かつベッテルが9位以下かリタイアすれば、メルセデス勢の4年連続ドライバーズ・ポイントランキング1-2が決定する。
2017年 ブラジルGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:09.452 1:08.638 1:08.322 1
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:09.643 1:08.494 1:08.360 2
3 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:09.405 1:09.116 1:08.538 3
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:09.820 1:09.050 1:08.925 4
5 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:09.828 1:09.533 1:09.330 14
6 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:10.145 1:09.760 1:09.598 5
7 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:10.172 1:09.593 1:09.617 6
8 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:10.078 1:09.726 1:09.703 7
9 55 カルロス・サインツ ルノー 1:10.227 1:09.768 1:09.805 8
10 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:09.789 1:09.612 1:09.841 9
11 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:10.168 1:09.830
10
12 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:10.148 1:09.879
11
13 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 1:10.286 1:10.116
12
14 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:10.521 1:10.154
13
15 28 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ 1:10.625 no time
18
16 94 パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 1:10.678

15
17 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ 1:10.686

19
18 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:10.776

16
19 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:10.875

17
NC 44 ルイス・ハミルトン メルセデス no time

PL
2017年 ブラジルGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 71 1:31:26.262 2 25
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 71 +2.762 1 18
3 7 キミ・ライコネン フェラーリ 71 +4.600 3 15
4 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 71 +5.468 PL 12
5 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 71 +32.940 4 10
6 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 71 +48.691 14 8
7 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 71 +1:08.882 9 6
8 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 71 +1:09.363 6 4
9 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 71 +1:09.500 5 2
10 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 70 +1 Lap 7 1
11 55 カルロス・サインツ ルノー 70 +1 Lap 8
12 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ 70 +1 Lap 19
13 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 70 +1 Lap 17
14 94 パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 70 +1 Lap 15
15 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 69 +2 Laps 11
16 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 69 +2 Laps 16
Ret 28 ニブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ 40 パワーユニット 18
Ret 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 0 アクシデント 10
Ret 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 0 アクシデント 12
Ret 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 0 アクシデント 13


2016年シーズン

F1ブラジル海外観戦ツアー
2016年シーズン
ハースのグロージャンが決勝前のレコノサンスラップでクラッシュ。決勝レースは欠場となった。その影響でレースは10分遅れとなりセーフティカー先導でスタートした。

しかし14周目にザウバーのエリクソンが最終コーナーでクラッシュ。セーフティカーが出動し、20周目にレースが再開されるが、再開直後にフェラーリのライコネンが単独クラッシュを喫し、破片がコースに散乱したため赤旗中断となる。その後、セーフティカー先導でレースが再開されるが大雨のため28周目に再び赤旗中断となる。この時、スタンドからは大きなブーイングが浴びせられた。ほとんどのドライバーはレース続行は危険と訴えるが、さほどの雨量ではなく、タイヤの排水性能の低さからレインコンディションでのドライビングが安定さを欠く有り様で、多くのドライバーはレース続行を取りやめるよう訴えていたが、ロズベルグとのチャンピオン争いを考えてハーフポイントは避けたいハミルトンだけはレース続行は可能と訴える。少し時間が経過して再びセーフティカー先導で32周目よりレースは再開。直後、3位を走っていたレッドブルのフェルスタッペンがメルセデスのロズベルグを追い抜いて2位に浮上する。フェルスタッペンは途中、13コーナーでハーフスピンをするが、リカバーし順位を落とすことなくレースを続行。またロズベルグもスピンを喫するが、こちらもクラッシュすることなくレースを続行する。44周目にレッドブルのフェルスタッペンがインターミディエイトタイヤに交換。46周目にウィリアムズのマッサがターン14でクラッシュ。このクラッシュで再びセーフティカーが出動する。F1引退を表明していたマッサは大きな歓声と拍手を浴びながらブラジル国旗を掲げ、歩いてピットに戻った。この時、メルセデス、そして古巣のフェラーリのメカニックが総出でマッサを出迎えた。55周目にレースは再開。再開直前に8位を走っていたマクラーレンのアロンソがスピンを喫し17位に順位を下げる。またインターミディエイトを履いていたレッドブルの2台も再びウェットタイヤに戻し順位を下げた。終盤はウェットタイヤの性能を活かしレッドブル勢、そしてアロンソが後方から怒涛の追い上げを開始する。特にフェルスタッペンは残り15周の場面で、16位から一気に3位にまで順位を上げてきていた。2度の赤旗中断によりレースは3時間を超える長丁場となったが、ハミルトンが一度も首位を譲ることなくチェッカーを受け3連勝。ロズベルグがなんとか2位を守りきった。母国グランプリとなったザウバーのナッセが9位に入賞し、チームにとって待望の今シーズン初ポイントを獲得。コンストラクターズでもマノーを抜いて10位に上がり、財政的に厳しい局面におかれているザウバーにとって貴重な2ポイントとなった。またスピンを喫したマクラーレンのアロンソも10位にまで順位を上げ1ポイントを獲得した。マノーのオコンも終盤まで入賞圏内を走っていたが12位に終わった。

チャンピオン争いはロズベルグとハミルトンの差が12ポイント差となり最終戦を迎える。ロズベルグは、アブダビで自分が表彰台に上がるか、ハミルトンが表彰台を逃せば何位でもチャンピオンが確定する。ハミルトンのみが表彰台に上がった時は、ロズベルグの順位による。またこの結果により、コンストラクターズ選手権ではレッドブルの2位、フェラーリの3位が確定した。またフォース・インディア勢はセルジオ・ペレスが4位、ニコ・ヒュルケンベルグが7位となり、コンストラクターズポイントで18点を獲得。4位を争うウィリアムズがノーポイントに終わったことで、チーム最高順位となるコンストラクターズ4位獲得へ一気に有利な状況となった。
2016年 ブラジルGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:11.511 1:11.238 1:10.736 1
2 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:11.815 1:11.373 1:10.838 2
3 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:12.100 1:12.301 1:11.404 3
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:11.957 1:11.834 1:11.485 4
5 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:12.159 1:12.010 1:11.495 5
6 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:12.409 1:12.047 1:11.540 6
7 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:12.893 1:12.343 1:11.937 7
8 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:12.428 1:12.360 1:12.104 8
9 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:12.684 1:12.331 1:12.165 9
10 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:12.700 1:12.312 1:12.266 10
11 77 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:12.680 1:12.420
11
12 21 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:13.052 1:12.431
12
13 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:12.432 1:12.521
13
14 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 1:13.071 1:12.726
14
15 55 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:12.950 1:12.920
15
16 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:13.259 1:13.258
16
17 22 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:13.276

17
18 20 ケビン・マグヌッセン ルノー 1:13.410

18
19 94 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 1:13.427

19
20 31 エステバン・オコン MRT-メルセデス 1:13.432

221
21 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:13.623

20
22 12 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:13.681

21
2016年 ブラジルGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 71 3:01:01.335 1 25
2 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 71 +11.455 2 18
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 71 +21.481 4 15
4 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 71 +25.346 9 12
5 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 71 +26.334 5 10
6 55 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 71 +29.160 15 8
7 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 71 +29.827 8 6
8 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 71 +30.486 6 4
9 12 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 71 +42.620 21 2
10 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 71 +44.432 10 1
11 77 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 71 +45.292 11
12 31 エステバン・オコン MRT-メルセデス 71 +45.809 22
13 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 71 +51.192 14
14 20 ケビン・マグヌッセン ルノー 71 +51.555 18
15 94 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 71 +1:00.498 19
16 22 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 71 +1:21.994 17
Ret 21 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 60 電気系統 12
Ret 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 46 アクシデント 13
Ret 30 ジョリオン・パーマー ルノー 20 接触ダメージ 16
Ret 7 キミ・ライコネン フェラーリ 19 アクシデント 3
Ret 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 11 アクシデント 20
DNS 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ - アクシデント 7


2015年シーズン

F1ブラジル海外観戦ツアー
2015年シーズン
ポールポジションのメルセデスのロズベルグが好スタートを決めた。予選2位のチームメイトのハミルトンがそれに続く。フェラーリ勢はメルセデスの牙城を切り崩すべく、ロズベルグとハミルトンを追走しようとするが、レースペースはラップあたりコンマ5秒ほど遅く、徐々にその差は開いて行った。2015シーズンのフェラーリパワーユニットはメルセデスに対してそれなりに性能差を縮めてはいるが、まだその差は歴然としており、デプロイ切れの症状にはまだまだ改善の余地を必要である。フェラーリのベッテルとライコネンが3位ー4位で追走してレースは中盤に差し掛かってきていたが、大きな波乱や見せ場もなく、レースはメルセデスの1-2フィニッシュで幕を閉じた。優勝はロズベルグ、2位はハミルトン。それに続いて3位はフェラーリのベッテル、4位はライコネン。5位はメルセデスパワーユニットの利点を活かしてウィリアムズのマッサが続いた。6位はフォースインディアのヒュルケンベルク、7位はレッドブルのクビアト、8位はロータスのグロージャン、9位はトロロッソのフェルスタッペン、10位はロータスのマルドナードが入賞した。
2015年 ブラジルGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:11.746 1:12.213 1:11.282 1
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:11.682 1:11.665 1:11.360 2
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:12.240 1:11.928 1:11.804 3
4 77 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 1:12.934 1:12.374 1:12.085 7
5 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:12.185 1:12.243 1:12.144 4
6 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 1:12.595 1:12.485 1:12.265 5
7 26 ダニール・クビアト レッドブル・ルノー 1:12.730 1:12.527 1:12.322 6
8 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 1:12.980 1:12.858 1:12.415 8
9 3 ダニエル・リカルド レッドブル・ルノー 1:12.639 1:12.825 1:12.417 19
10 33 マックス・フェルスタッペン トロロッソ・ルノー 1:12.824 1:12.712 1:12.739 9
11 12 フェリペ・ナッセ ザウバー・フェラーリ 1:13.111 1:12.989
10
12 55 カルロス・サインツ トロロッソ・ルノー 1:13.267 1:13.045
PIT
13 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:13.140 1:13.147
12
14 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:13.346 1:13.233
13
15 8 ロマン・グロージャン ロータス・メルセデス 1:13.056 1:13.913
14
16 13 パストール・マルドナド ロータス・メルセデス 1:13.385

15
17 22 ジェンソン・バトン マクラーレン・ホンダ 1:13.425

16
18 53 アレクサンダー・ロッシ マルシャ・フェラーリ 1:16.151

17
19 28 ウィル・スティーブンス マルシャ・フェラーリ 1:16.283

18
- 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ no time

20
2015年 ブラジルGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 71 1:31:09.090 1 25
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 71 +7.756 2 18
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 71 +14.244 3 15
4 7 キミ・ライコネン フェラーリ 71 +47.543 4 12
5 77 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 70 +1 Lap 7 10
6 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 70 +1 Lap 5 8
7 26 ダニール・クビアト レッドブル・ルノー 70 +1 Lap 6 6
8 8 ロマン・グロージャン ロータス・メルセデス 70 +1 Lap 14 4
9 33 マックス・フェルスタッペン トロロッソ・ルノー 70 +1 Lap 9 2
10 13 パストール・マルドナド ロータス・メルセデス 70 +1 Lap 15 1
11 3 ダニエル・リカルド レッドブル・ルノー 71 +1 Lap 19
12 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 70 +1 Lap 11
13 12 フェリペ・ナッセ ザウバー・フェラーリ 70 +1 Lap 13
14 22 ジェンソン・バトン マクラーレン・ホンダ 70 +1 Lap 16
15 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 70 +1 Laps 20
16 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 69 +2 Laps 12
17 28 ウィル・スティーブンス マルシャ・フェラーリ 67 +4 Laps 17
18 53 アレクサンダー・ロッシ マルシャ・フェラーリ 67 +4 Laps 18
Ret 55 カルロス・サインツ トロロッソ・ルノー 0
PIT
失格 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 70
8


2014年シーズン

F1ブラジル海外観戦ツアー
2014年シーズン
スタートでは上位陣に大きな変動はなくロズベルグ、ハミルトン、マッサ、ボッタス、バトンのオーダーで続く。予想よりも気温が上がったこともあり、ソフトタイヤでスタートした車はタイヤの劣化に苦しみ、早々とタイヤ交換でピットに向かう。5周目にウィリアムズのマッサがピットインすると、上位陣は次々とピットインし、ミディアムタイヤに交換。 首位をいくロズベルグと2位のハミルトンのギャップは1秒~2秒で推移していたが、2回目のピットインを控えたタイミングでオーバーカットを狙うハミルトンが少しずつギャップを詰め、25周目にはそのギャップを1.1秒まで縮めると、26周目に首位のロズベルグはピットイン。翌週にピットインすると思われたハミルトンだったが、ファステストラップをたたき出しながら走行を続けるが、ハミルトンのタイヤは限界に達しており、28周目のターン4でスピンし、このスピンでロズベルグとのギャップは7秒まで広がる。その後、再び差を縮めたハミルトンはレース後半にロズベルグに迫ったものの、ロズベルグをオーバーテイクするまでには至らなかった。ロズベルグはハミルトンとの差を17に詰めチャンピオン争いに望みをつないた。 3位には母国グランプリとなるウィリアムズのマッサが入り、観客を大いに沸かす。4位にはマクラーレンのバトンが入り、マクラーレンの復調を感じさせた。レース終盤、バトン、ベッテル、アロンソ、ライコネンらによるチャンピオン経験者による5番手争いが白熱した。ライコネンは果敢に2ストップ作戦を敢行し、一時は3番手を走行。後ろからせまるバトン、アロンソを懸命にブロックしたが、最後は力尽きて7位に終わった。
2014年 ブラジルGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:10.347 1:10.303 1:10.023 1
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:10.457 1:10.712 1:10.056 2
3 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 1:10.602 1:10.343 1:10.247 3
4 77 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 1:10.832 1:10.421 1:10.305 4
5 22 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス 1:11.097 1:11.127 1:10.930 5
6 1 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー 1:11.880 1:11.129 1:10.938 6
7 20 ケビン・マグヌッセン マクラーレン・メルセデス 1:11.134 1:11.211 1:10.969 7
8 14 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:11.558 1:11.215 1:10.977 8
9 3 ダニエル・リチャルド レッドブル・ルノー 1:11.593 1:11.208 1:11.075 9
10 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:11.193 1:11.188 1:11.099 10
11 16 エステバン・グティエレス ザウバー・フェラーリ 1:11.520 1:11.591
11
12 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 1:11.848 1:11.976
12
13 99 エイドリアン・スーティル ザウバー・フェラーリ 1:11.943 1:12.099
13
14 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ルノー 1:11.423 no time
17
15 8 ロマン・グロージャン ロータス・ルノー 1:12.037

14
16 25 ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソ・ルノー 1:12.040

15
17 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:12.076

18
18 13 パストール・マルドナド ロータス・ルノー 1:12.233

17
2014年 ブラジルGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 71 1:30:02.555 1 25
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 71 +1.457 2 18
3 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 71 +41.031 3 15
4 22 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス 71 +48.658 5 12
5 1 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー 71 +51.420 6 10
6 14 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 71 +1:01.906 8 8
7 7 キミ・ライコネン フェラーリ 71 +1:03.730 10 6
8 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 71 +1:03.934 12 4
9 20 ケビン・マグヌッセン マクラーレン・メルセデス 71 +1:10.085 7 2
10 77 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 70 +1 Laps 4 1
11 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ルノー 70 +1 Lap 17
12 13 パストール・マルドナド ロータス・ルノー 70 +1 Lap 16
13 25 ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソ・ルノー 70 +1 Lap 15
14 21 エステバン・グティエレス ザウバー・フェラーリ 70 +1 Lap 11
15 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 70 +1 Lap 18
16 99 エイドリアン・スーティル ザウバー・フェラーリ 70 +1 Lap ピットスタート
Ret 8 ロマン・グロージャン ロータス・ルノー 63 エンジントラブル 14
Ret 3 ダニエル・リチャルド レッドブル・ルノー 39 サスペンション 9


scroll-to-top