2020 F1 中国GP(グランプリ)観戦ツアーならWST

2020年2月12日にFIAから開催延期が発表されました。
開催正式日程が決まれば、再募集致します。

F 1 2020 シーズン第4戦!
F1 中国GP観戦ツアー 上海4日間


旅行代金 40,000円から + 観戦券代


当社のツアーのメリット

F1-Tour_merit_rafu06



当社のツアーのメリット
お安く・お得なお値段でF1観戦ツアー出来ます。
お好きなスタンド席でF1観戦ツアー出来ます。
延泊などのアレンジも可能です。
空港からホテルまでの送迎車はお客様専用車になります。
お客様で航空券の準備可能(マイレージポイントなど)
燃油サーチャージなどの追加料金は不要です。

【F1 中国】コースマップ

レース観戦券はどこでもお好きな席を手配いたします。

F1中国GP観戦ツアー2
※クリックするとコースマップ(PDF)の拡大版がご覧いただけます。


毎日同じスタンドからの観戦 3日通し券(金土日)
Grandstand A GOLD+***円
Grandstand A GOLD***円
Grandstand A SILVER+ ***円
Grandstand A SILVER***円
Grandstand H***円
Grandstand K***円
Grass Zone J***円
Grass Zone L***円
Grass Zone F***円
TicketPrice_Btn3

ツアーの料金

●航空券も旅行会社が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代 +  航空券代
(4ッ星)***円から + 観戦券代 +  航空券代


●航空券はお客様が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代
(4ッ星)***円から + 観戦券代


TourPrice_Btn3





ツアー費用の無料お見積り

Btn_Estimate10





スタンドからコースの景色

F1中国GP観戦ツアー11
グランドスタンドA Platinum
グランドスタンドの上段(2階)中央エリア。
ホームストレート全体を見渡せる眺望の良さ。
決勝レース開始前は各マシンがグリッドに
整列する様子も見ることが出来る。

決勝レース開始30分前からピットゲートがオープンされて
各チームのマシンがスターティンググリッドにマシンを
停めていきます。チーム関係者はマシンを取り囲むように
集まり、ドライバーとレースの戦略について最終確認を
します。レース開始前のスターティンググリッドはとても
華やかな雰囲気でTVカメラやインタビュアーなどが
大勢ひしめき合っており、その様子を近い距離で観る
事が出来るスタンドです。マシンが走る姿だけでなく、
そのような華やかな雰囲気、チーム関係者などの写真
を摂りたい方にはおススメのスタンドです。
また目の前が各チームのピットになるので、
ピットインしてきたマシンのタイヤ交換などの作業
なども観ることが出来ます。表彰台も目の前にあり、
表彰式の様子も見ることが出来ます。
このスタンドで観る人は望遠レンズを持参したら、
ヘルメットを被っていないドライバーの表情などの
拡大写真が撮れます。





F1中国GP観戦ツアー12
グランドスタンドA GOLD+
グランドスタンドの上段(2階)中央の右エリアと左エリアになる。
ホームストレート全体を見渡せる眺望の良さ。
決勝レース開始前は各マシンがグリッドに
整列する様子も見ることが出来る。

グランドスタンドの最上部の右エリアと左エリアがGOLD+
の観戦券エリアになります。PLATINUMエリアとほぼ同様
の位置になりますので、各チームのピットも目の前になり
ますので、ピット作業も近い距離で観ることが出来ます。
決勝レース開始前にスターティンググリッドに並ぶ
マシンの様子も観れますし、写真を撮るには抜群
のスタンドです。表彰台は若干、斜めの角度になります。
スタンドの上段部エリアになるので、見晴しが良く、
ホームストレートのほとんどの区間が見渡せます。

観戦券の価格はPLATINAMに次いで高価になりますが、
日本より中国のほうが物価が安いので、
日本GPのグランドスタンドと比較すれば、
かなりの割安です。

グランドスタンドA GOLD+観戦券
40,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1中国GP観戦ツアー13
グランドスタンドA GOLD
グランドスタンドの上段(2階)中央の最右エリアと
最左エリアになる。

グランドスタンドの中段エリアの右エリアと左エリア
がグランドスタンドA GOLDになります。

目の前が各チームのピットになります。
表彰台は斜めの角度になりますが、
比較的に近い距離で観ることが出来ます。
中段エリアということもあって、ホームストレート
区間は最初の部分と1コーナーの入り口部分が少し
見づらい難がありますが、グランドスタンドの華やか
な雰囲気は味わえます。
決勝レース前、スターティンググリッドに整列する
マシン、マシンを取り囲むチーム関係者、報道関係者、
TVカメラなどを近い距離で観ることが出来ます。

観戦券の価格はGrand Stand A GOLD+より数千円
安い価格になっています。

グランドスタンドA GOLD観戦券
37,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1中国GP観戦ツアー15
グランドスタンドA SILVER +  
グランドスタンドの下段(1階)中央エリアなる。
決勝レース開始前は各マシンがグリッドに
整列する様子も見ることが出来る。

グランドスタンドの中段より、やや前段よりのエリア
になります。スタンド上段部より地上よりの高さが
低いので、マシンのスピード感がより一層に肌で感じ
られるぐらいに伝わってきます。マシンとの距離も
近いので、これぐらいの距離になってくると、
決勝レース開始前にスターティンググリッドに並んで
いるマシンを取り囲むドライバーやチーム関係者の
表情が肉眼でも分かります。一般的にはスタンド上段
のほうがコース全体を見渡せる範囲が広いので人気
がありますが、
マシンをもっと近い距離で観たい!
ドライバーの表情なども観たい!
という方にはおススメのスタンドです。

観戦券の価格は比較的、リーズナブルです。

グランドスタンドA SILVER +観戦券
33,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1中国GP観戦ツアー16
グランドスタンドA SILVER
グランドスタンドの下段(1階)エリアなる。

グランドスタンドの一番下段エリアになります。
このエリアはメリットとデメリットは両極端です。

メリットはレース開始前にスターティンググリッドに整列
するマシンが近い距離で観れること、表彰台が近い距離
なので表彰式の様子が観やすいこと、
地上からの高さが低いのでコースを走るマシンのスピード
感が味わえることです。

デメリットとしては、席の位置が低いエリアなので、
ホームストレート区間の半分程度しか見渡せないところです。
ホームストレートでオーバーテイクが繰り広げられる場合、
バトルの一部始終を観ることが出来ないところです。

グランドスタンドA SILVER観戦券
30,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1中国GP観戦ツアー17
グランドスタンドH
F1屈指のロングバックストレート箇所。
330キロオーバーからのフルブレーキングと
オーバーテイクシーンが繰り広げられる。
レースの醍醐味を楽しむならこのスタンドがおススメ。

上海サーキットで一番長いロングストレート、
バックストレートエンドのエリアに設営されて
いるスタンドになります。上海サーキットでは一番多くのバトル
がこのバックストレートエンドのエリアで繰り広げられます。
長いストレート&DRS区間の組み合わせで一番多くの
オーバーテイクが繰り広げられるので、バトルやオーバー
テイクのシーンを観たいという方にはおススメのスタンドです。
スタンドには屋根が設営されていますが、このスタンドの屋根は
さほど大きくないので、横風の強い雨の場合は雨具が必要に
なります。観戦券の価格はリーズナブルです。
買いやすい価格になっています。

グランドスタンドH観戦券
24,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1中国GP観戦ツアー18
グランドスタンドK
ヘアピンからの立ち上がりでクロスサイドで
抜き返すシーンがたびたび繰り広げられ、
最終コーナーへの進入で決着がつく。

バックストレートエンドのオーバーテイクの
シーンが観たい人にはおススメのスタンドです。
バックストレートエンドは180度のヘアピンになっており、
サイドバイサイドで併走してヘアピンをクリアーし、
16コーナーまでバトルが続く場合があります。
その場合は一部始終、バトルを観ることが出来るスタンドになり
ます。スタンドHで観るか、このスタンドKで観るかの判断の
分かれ目はバックストレート部分をなるべく観たい人は
スタンドHで、16コーナーまでのバトルを観たい人はスタンド
Kで観たら良いと思います。観戦券の価格はリーズナブルで
スタンドHと同じ価格になります。

グランドスタンドK観戦券
24,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1中国GP観戦ツアー19
Grass Zone B
ホームストレートエンドから時計回りで旋回する
マシンが見れる自由席エリア。
コース設計者であるヘルマンティルケの
個性が滲み出たコーナーである。

ホームストレートエンドから1・2コーナーにかけて
の自由席エリアですので、椅子はありません。下は地面
や芝生になりますので、晴天時はレジャーシートを敷い
ての観戦になりますが、雨天時は足元が緩く、泥汚れが
激しいので、それでも良い場合はこのエリアでの
観戦をしても良いのではないでしょうか。
ホームストレートでのバトルから1コーナーへの
進入でオーバーテイクが繰り広げられるので、
それを観たい人にはおススメの観戦エリアです。

観戦券の価格はリーズナブルです。

Grass Zone B観戦券
15,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1中国GP観戦ツアー20
Grass Zone F  
1000mを越えるバックストレート区間。
DRSが作動する区間でオーバーテイクへの
駆け引きが展開される箇所である。

バックストレートの前半から中盤にかけてのエリアになります。
11-12-13の270度の複合コーナーを立ち上がってきたマシンが
前車に1秒以内に接近していればこのバックストレートでDRS
を使用できますが、この自由席エリアFではまずオーバーテイク
には至らないです。オーバーテイクを仕掛ける直前のマシンの
動きまでは確認出来る観戦エリアです。
オーバーテイクを観たい人は、このエリアでの観戦はせずに、
他のエリアでの観戦を検討されることをおススメします。
同じ自由席エリアのチケットであれば、1コーナー付近
のFエリアが良いでしょう。バックストレートエンドの
ヘアピンのエリアであるJエリアでもオーバーテイクを
観ることが出来ます。

Grass Zone F観戦券
15,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1中国GP観戦ツアー21
Grass Zone J
前車を追い抜く際のインへの切り込みや、
アウト側に走行ラインを取り、
最終コーナーでクロスサイドでオーバーテイクする
駆け引きの一部始終が見れる箇所である。

バックストレートで前車に近付いてオーバーテイクをしていく
シーンを観ることが出来ます。コースのイン側を確保したマシ
ンがこのヘアピンで主導権を持って追い抜いて行くのが一般的
にセオリーなオーバーテイクですが、アウト側のラインに押し
出されたマシンがこのヘアピンでイン側のマシンと併走して
続く16コーナーまで併走していけば、16コーナーではイン側
になるので、そこまでバトルが続く場合があります。
その一部始終を観ることが出来る自由席アリアになります。
デメリットは足元は芝生、土になるので雨が降った場合
は大変です。

Grass Zone J観戦券
15,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1中国GP観戦ツアー22
Grass Zone L
最終コーナーを立ち上がってホームストレートへ。

最終コーナーを立ち上がってホームストレートの前半部分。
このエリアではバトルもなく、ただマシンが通過していく
だけなので、他の自由席エリアが全て埋まった場合は
ここで観戦するしかありません。足元は芝生、土なので
雨が降った場合は大変です。

Grass Zone L観戦券
15,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





過去の予選とレース結果は???

Result_btn2





F1中国GP観戦ツアー・上海

首都:北京。
人口:13億7,642万人。
物価:日本より割安感がある。(ものによっては同等程度もある)
通貨:元。
時差:+1時間。
気温:F1開催時の平均気温11度~17度。
公用語:中国語。
サーキット:上海国際・サーキット。
開催期間:2020年4月17日~2020年4月19日。
開始時刻:14時10分(日本時間15時10分)。
観戦時の服装:長袖シャツ+上着(雨天時は防寒服が望ましいでしょう)。
上海近郊の観光名所:バンド(外灘)、豫園(庭園)、上海ディズニーリゾートがおススメです。


中国の大都市である上海。2004年からF1中国GPは上海で開催されるようになった。上海郊外の北西部にヘルマン・ティルケの設計でサーキットは建設された。近年は4月に開催されている。上海最大の繁華街である人民広場から地下鉄で1時間強の場所にある。バックストレートの長さはF1で最長クラスの部類でありストレートエンドでのブレーキング競争でのオーバーテイクシーンが多くみられる。開幕数戦で各チーム間の序列、競争力を見極める上で上海国際サーキットでの予選、決勝順位はシーズン序盤の見どころになる。


サーキットまで日本語係員がご同行しますので、フォローアップもご安心

お客様のご希望をお聞きしながら、ホテル+観戦券をオーダーメイド(受注企画型旅行)して作っていく旅行になります。

モデルプランの日程をご参考にしていただいて、ホテルランク(3ッ星、4ッ星、5ッ星)をご希望していただきましたら、旅行代金の見積もりをさせていただきます。

ご希望の観戦券もお申しつけください。

ホテル+観戦券は受注型企画旅行契約となります。

航空券はお客様ご自身で購入してください。
弊社にて航空券購入の手配をさせていただくことも可能です。(燃油サーチャージ、空港使用料、旅客保安サービス料、現地出入国税など空港諸税などを込みで航空券手配をお手伝いいたします)
その場合は航空券は手配型旅行契約となります。

成田は中国東方航空、名古屋関空福岡から中国国際航空の飛行機をご利用されると便利です。

現地集合・現地解散という形式になりますが、現地日本語係員がホテルチェックイン、空港での手続きなどお手伝いをさせていただきます。

1室を2名でご利用の場合

ホテルとモデルプランのツアー代金

ホテルグレードスタンダードクラス
(3ッ星)★★★
朝食の有無
3名1室3名1室不可
旅行代金***円~
1名1室の追加代金***円


ホテルグレードスーペリアクラス 
(4ツ星)★★★★
朝食の有無
3名1室3名1室不可
旅行代金***円~
1名1室の追加代金***円
ModelPrice_Btn3



【3名1室利用について】
※現地事情により3名1室利用の場合、人数分のベットがご用意出来ない場合がございます。
ベッドの台数が2台もしくは、1台のご利用で3名同室のご承諾が頂ける場合のみ承っております。予めご了承下さい。

【サーキット会場までのアクセス】

お客様ご自身で地下鉄を利用してホテルとサーキット間を移動してください。(上海最大の繁華街(人民広場)から約1時間です。)
日本語係員もホテル~サーキット間を地下鉄を利用して移動しますので、ご心配の方は日本語係員に同行なさって下さい。

※お申込み後、航空会社の申請により燃油サーチャージの増減又は廃止又はかからなくなった際も旅行代金に変更はございません。
また、為替レートの変動による過不足についても追加徴収またはご返金はいたしません。


F1海外観戦ツアーの費用(料金)を安プランく仕上げる際にご用命下さい。






ツアーの料金

●航空券も旅行会社が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代 +  航空券代
(4ッ星)***円から + 観戦券代 +  航空券代


●航空券はお客様が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代
(4ッ星)***円から + 観戦券代


TourPrice_Btn3





モデルプラン

2020年2月12日にFIAから開催延期が発表されました。
開催正式日程が決まれば、再募集致します。
各地の主要空港(成田、名古屋、関空、福岡)から直行で行けます。

旅行は上海空港集合、上海空港解散になります。

日程 成田発着 宿泊地
2020/4/17 (金) 成田(08:55)発
浦東(11:30)着
浦東空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。
上海
2020/4/18 (土) F1中国グランプリ(GP)フリー走行3、予選観戦
往路(行き)のみ日本語アシスタントがホテルからサーキットまで地下鉄で同行し、
移動のお手伝いをします。サーキットまでは約1時間。
上海
2020/4/19 (日) F1中国グランプリ(GP)決勝レース観戦
ご自身で地下鉄にてホテル~サーキット間をご移動下さい。
上海
2020/4/20 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
浦東(17:15)発
成田(20:40)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 羽田発着 宿泊地
2020/4/17 (金) 羽田(10:05)発
浦東(12:15)着
浦東空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。
上海
2020/4/18 (土) F1中国グランプリ(GP)フリー走行3、予選観戦
往路(行き)のみ日本語アシスタントがホテルからサーキットまで地下鉄で同行し、
移動のお手伝いをします。サーキットまでは約1時間。
上海
2020/4/19 (日) F1中国グランプリ(GP)決勝レース観戦
ご自身で地下鉄にてホテル~サーキット間をご移動下さい。
上海
2020/4/20 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
浦東(08:25)発
羽田(12:20)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 名古屋発着 宿泊地
2020/4/17 (金) 名古屋(14:15)発
浦東(16:10)着
浦東空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。
上海
2020/4/18 (土) F1中国グランプリ(GP)フリー走行3、予選観戦
往路(行き)のみ日本語アシスタントがホテルからサーキットまで地下鉄で同行し、
移動のお手伝いをします。サーキットまでは約1時間。
上海
2020/4/19 (日) F1中国グランプリ(GP)決勝レース観戦
ご自身で地下鉄にてホテル~サーキット間をご移動下さい。
上海
2020/4/20 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
浦東(09:55)発
名古屋(13:15)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 関空発着 宿泊地
2020/4/17 (金) 関空(13:30)発
浦東(14:50)着
浦東空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。
上海
2020/4/18 (土) F1中国グランプリ(GP)フリー走行3、予選観戦
往路(行き)のみ日本語アシスタントがホテルからサーキットまで地下鉄で同行し、
移動のお手伝いをします。サーキットまでは約1時間。
上海
2020/4/19 (日) F1中国グランプリ(GP)決勝レース観戦
ご自身で地下鉄にてホテル~サーキット間をご移動下さい。
上海
2020/4/20 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
浦東(17:30)発
関空(20:30)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 福岡発着 宿泊地
2020/4/17 (金) 福岡(13:55)発
浦東(14:55)着
浦東空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。
上海
2020/4/18 (土) F1中国グランプリ(GP)フリー走行3、予選観戦
往路(行き)のみ日本語アシスタントがホテルからサーキットまで地下鉄で同行し、
移動のお手伝いをします。サーキットまでは約1時間。
上海
2020/4/19 (日) F1中国グランプリ(GP)決勝レース観戦
ご自身で地下鉄にてホテル~サーキット間をご移動下さい。
上海
2020/4/20 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
浦東(18:10)発
福岡(20:50)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
航空券はお客様で購入されるか、弊社にお任せ頂く場合は手配型契約とさせていただきます。
【3名1室利用について】
※現地事情により3名1室利用の場合、人数分のベットがご用意出来ない場合がございます。ベッドの台数が2台もしくは、1台のご利用で3名同室のご承諾が頂ける場合のみ承っております。予めご了承下さい。
●お客様の安心と安全を考慮しますと傷害保険にご加入されることをおススメします。(傷害保険の代行を承ります)
●航空券はお客様で準備していただきますが、弊社にて手配させて頂くことも可能です。
 その場合、航空券は手配型旅行契約とさせていただきます。
 お申込み後、航空会社の申請により燃油サーチャージの増減又は廃止又はかからなくなった際も
 旅行代金に変更はございません。
 また、為替レートの変動による過不足についても追加徴収またはご返金はいたしません。
●尚、国内空港施設使用料・空港保安料及び海外空港諸税は別途必要となります。


【サーキット会場までのアクセス】

お客様ご自身で地下鉄を利用してホテルとサーキット間を移動してください。(上海最大の繁華街(人民広場)から約1時間です。)
日本語係員もホテル~サーキット間を地下鉄を利用して移動しますので、ご心配の方は日本語係員に同行なさって下さい。



モデルプラン

集合・解散に便利な航空会社
中国国際航空(成田、名古屋、関空、福岡)
係員
日本語係員がお世話します。
ホテル
スタンダードクラス(3ッ星)
スーペリアクラス(4ッ星)
中国国際航空の手荷物重量について 手荷物料金機内持ち込み : 無料 預入手荷物 :2個まで  1個あたり23kgまで無料(縦・横・高さの和が158cm以内) 中国東方航空の手荷物重量について 手荷物料金機内持ち込み : 無料 預入手荷物 :2個まで  1個あたり23kgまで無料(縦・横・高さの和が158cm以内)

【モデルプランに含まれないもの】

(前項のほかは旅行代金に含まれません。その一部を例示します。)

1.    超過手荷物料金
2.    クリーニング代、電報・電話料、ホテルのボーイ・メイド等に対する心付け
3.    その他の追加飲料等個人的性質の諸費用及びそれに伴う税・サ ービス料金
4.    渡航手続き関係諸費用
5.    お一人部屋を利用される場合の追加料金
6.    日本国内における交通・宿泊費
7.    観光オプショナル料金。
8.    F1観戦券
9.   航空券
10. 傷害保険
11. ホテルからサーキットまでの交通費(地下鉄代)






ツアー費用の無料お見積り お問合せ

Btn_Estimate10





お問い合わせ





application1

他のF1観戦ツアーもあります。

F1アゼルバイジャンGP観戦ツアー201
アゼルバイジャンGPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。


F1スペインGP観戦ツアー201
スペインGPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。


F1モナコGP観戦ツアー201
モナコGPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。


F1日本GP観戦ツアー201
日本GPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。


F1観戦ツアーで現地観戦を楽しむ方法(中国GP編)

F1中国GPの日程がついに決定!
F1中国GPは2020シーズン第4戦目です。
経済発展著しい中国最大の商業都市である、上海郊外に
サーキットはあります。
オーバーテイクが比較的に多いことから、
ドライバーのテクニック、マシン性能のトータルバランス
が要求されるコースであります。
この記事では、F1観戦ツアーを利用して
F1中国GPの現地観戦を楽しみたい人の為に、
F1観戦ツアーへの申し込み時期や注意点、F1観戦ツアーを
主催している旅行会社の選び方などを紹介していきます。

F1中国GPの観戦ツアーはいつから申し込めるのか?
F1の開催時期は例年3月下旬から11月下旬迄です。
毎年、前年の10月ごろに開催スケジュールが決定します。
中国GPは例年、4月頃の開催です。
最近は開催数が増加傾向にありますが、F1中国GPは春ごろ
の開催として定着していますので、前年の10月頃から
F1観戦ツアーの募集が始まり、開催1か月前頃にツアー
募集が締め切られます。
日本から近いということもあって、他のGPのF1観戦ツアー
と比較して一番値段が安く、気軽に行きやすいF1観戦ツアー
です。

2020年の中国GPは、
2020年 4月17日(金)~4月19日(日)に開催される
ことが決定しました。

F1中国GPの観戦券事情について  
F1中国GPには、グランドスタンドやバックストレート
スタンドなど、チケットの種類がたくさんあります。
旅行会社によっては、選べる観戦券があらかじめ決められて
いたり、選んだ観戦券によって追加料金がかかったりする
場合もあるので注意しましょう。

旅行会社を選択する前に、どの観戦券にするか、
ある程度決めておくことが大切です。

観戦券の種類
    F1中国GPのチケットには、
「自由席券」
「スタンド観戦券」
があります。それぞれ値段が異なるため、予算に応
じて選ぶとよいでしょう。観戦券は3日券だけですので、
どのスタンドの観戦券が良いのか慎重に考えましょう。

F1観戦ツアーでは、自由席券か、スタンド観戦券がメインと
なります。スタンド観戦券の場合、3日通し券になりますので
毎日同じスタンドで観戦することになります。
自由席券はサーキット内にエリアが複数あるので、
どこで観戦しても良いですが、地面や芝生に座るか、
立ち見での観戦になります。雨天時は座ることが出来ない
ので後ろや周囲の人の邪魔にならないように立ち見観戦
するしかありません。

おすすめのスタンドは?
F1中国GPの観戦で最もポピュラーなスタンドと
いえば、グランドスタンドです。
決勝レース開始時にスターティンググリッドに並んでいる
各マシンが良く観え、初めて観戦する人はその圧倒的迫力に
驚くこと間違いなしです。また、表彰式の様子を最も近くで
観られるスタンドでもあるので、レースを最後まで
満喫することができます。ドライバーのステアリング操作に
注目したい人は、1コーナーの自由席エリアがおススメです。
270度の旋回コーナーとなっており、横Gに耐えながら
タイヤを傷めずにコーナーを旋回できるかが、
勝敗を分ける重要なポイントになります。

減速時にマシンから噴き出る煙は迫力満点で、
F1好きの方もきっと満足することでしょう。
マシンが轟音とともに走り抜ける爽快感を重視したい人は、
バックストレートのHスタンドがおススメです。
この上海サーキットで最高速が計測される地点であり、
F1マシンの凄さを実感出来るスタンドで、
ストレートエンドの先にある180度ヘアピンにむけて、
時速330kmから60kmまでの急減速のブレーキング性能
の凄さも実感出来るでしょう。
F1の醍醐味を感じられるスタンドです。

F1中国GP観戦ツアーの選び方  
F1中国GP観戦ツアーの金額の目安は、
航空券や3ッ星ホテル代などすべて込みで、
1名あたり12万円程度です。
ただし、旅行会社によっては、
現地集合・現地解散のF1観戦ツアーを実施している
会社もあります。その場合、航空券の料金を除いて
8~9万円程度のプランが多いでしょう。

金額が違うする要素としては、まず観戦券の種類が
挙げられますが、それ以外にはどのようなものがあるの
でしょうか。ここからは、F1観戦ツアーを選ぶ際に注意すべ
き点について紹介していきます。

ツアー行程は大体同じ
F1の開催日程は基本的に3日間で、金曜日から日曜日にかけて
開催されます。その為、F1観戦ツアーは、どの旅行会社を
選んでも大体同じような日程です。木曜日には
GP開幕前のイベントがサーキットで開催される為、
参加したい場合は、飛行機の現地到着日時を確認して
水曜日か木曜日の早朝に上海空港に到着出来る飛行機で
ツアーに参加出来るようにアレンジするようにしましょう。
飛行機は日本の主要空港である千歳・成田・羽田・名古屋・
関西・福岡から直行便が就航されていますので、
約2時間~3時間程度で上海空港に行けます。

ホテルのグレード・場所をチェック 
F1観戦ツアーの料金を大きく左右するのが、現地で宿泊する
ホテルです。グレードによっては数万円単位で値段が変わる
場合もあるので、予算と希望のバランスを考えながら
選びましょう。なお、サーキットまでは地下鉄を
使って自力で移動するツアーが多くなっています。
ホテルを決める際は、
サーキットまでのアクセスも確認しておきましょう。

観光もしたいならオプショナルツアーへの参加を検討
F1観戦ツアーはF1観戦がメインなので、自由時間
はあまりありません。しかし、せっかく中国に
行くのならば、周辺の観光も楽しみたいという人も
いるでしょう。そのような人は、オプショナルツアーの
あるプランを選ぶのがおすすめです。3日間全部を観戦
しなければ、観光をしっかり楽しむ時間もそれなり
に取れるでしょう。 オプショナルツアーには追加料金が
発生しますが、中国ではリーズナブルに
楽しめる多種多様なコースがあります。
予算と相談しながら検討してみましょう。

中国はビザ不要!
 パスポートの残存有効期間に注意!
荷物などの準備を万全にしていても、パスポートの有効期限が
切れていると中国に入国が出来ないので注意しましょう。
残存有効期間は、6か月分あれば問題ありません。

F1観戦ツアーならWSTへおまかせ! 
F1観戦ツアーはさまざまな旅行会社が企画していますが、
どこで申し込もうか迷っている方は、
WSTがおすすめです。

WSTはお得な価格でF1観戦ツアーを企画しているうえ、
好きなスタンドから観戦できるのが特徴です。
燃油サーチャージなどの追加料金もかからないため、
安心して利用できます。 さらに、必要に応じて延泊などの
アレンジもでき、自由度の高い観戦ツアーを組むこと
が可能です。F1中国GP観戦ツアーを検討している人は、
まずは無料見積もりを申し込んでみてはいかがでしょうか。






F1中国GPの開催予定日がついに決定!
F1中国GPは2020シーズン第4戦でしたが、
コロナウィルスの影響で開催自体が危ぶまれています。
感染の影響から無観客開催になるのか、開催中止になるのか。
FIAからの発表が近日中にされるものと予想されます。

年間15戦以上開催しなければ世界各国のTV局との契約履行
条件を満たせない事情も相まって、メキシコGPの開催をしたい
FIAの本音があるのですが、果たしてどのような決断がされる
のでしょうか。

上海市街地サーキットは長いストレート
が2本あり、ホームストレートと、13コーナーから14コーナー
へかけての1200mを越える2本目のストレート区間で
数多くのバトルやオーバー
テイクが繰り広げられることが予想されます。

F1中国GPが開催される上海インターナショナル・サーキットは
上海市中心から北西へ約25kmのエリアにあります。
総工費2億4000万ドルの巨費を投じで2004年にサーキットは
完成しました。その2004年からF1中国GPの開催が始まり、現在
に至っています。上海の「上」の字をあしらったデザインで
サーキットがレイアウトされています。
この上海インターナショナルサーキットも前F1最高権威の
バーニー・エクレストン氏と親密な関係で知られている
ヘルマン・ティルケ氏がサーキットのコースデザインをしまし
た。ヘルマン・ティルケ氏の個性が随所に表れており、
長いストレートのトリッキーな低速コーナーとを組み合わせた
デザインになっているのが特徴です。
オーバーテイクやバトルを効果的に促進させるコースレイアウ
トになっており、オーバーテイクが年々困難になりがちな
近代F1マシンにとってこの上海インターナショナルサーキット
は比較的にバトルがしやすいので、オーバーテイクが数多く
観られるサーキットであります。

世界最大の人口を擁する中国でのF1開催はFIAにとって長年の
目標でありました。モータースポーツの文化がないこの中国で
のF1開催地をどこの都市で開催するのか、1990年代後半から
候補地の選定が議論され、当初は香港近郊の殊海にサーキット
を建設して開催する案が有力視されていました。
しかし中国最大の商業都市の上海での開催を望む声が日々大き
くなっていき、最終的には現在開催されている上海での開催に
正式決定致しました。

開催初年度の2004年は7度の世界チャンピオンに輝いていた、
フェラーリのミハエル・シューマッハーが優勝の最有力候補で
したが、予選でのアクシデントが尾を引き、タイムアタックを
行えず最後尾からの決勝レーススタートに沈んでしまい、
結局はチームメイトのバリチェロが優勝をしました。

F1中国GPの見所は何と言っても、
上海インターナショナル・サーキットの1200mを越える
バックストレートでは数多くのバトルやオーバーテイクが繰り
広げられるので、バックストレートエンドのスタンドでの観戦
が見応えあるでしょう。

F1中国GPを観戦する場合は、上海市で宿泊するのがベタ
ーであります。上海中心地の市街地エリアにはたくさんの
ホテルがありますので、そこからサーキットまでは小一時間も
あれば行くことが出来ます。

中国人F1ドライバーはまだ誕生しておらず、F1の下のカテ
ゴリーであるFIA-F2に参戦しているドライバーの中にも中国
人が含まれていないことから、まだしばらくは中国人の
F1ドライバーが誕生するまではしばらく時間が掛りそうです。

上海市の郊外に上海インターナショナル・サーキット
はあります。1周5451mで決勝レースは56周で行われることに
なります。

この記事では、F1観戦ツアー会社のF1観戦ツアーを活用して
F1中国GPの現地での生観戦を楽しみたい人の為に
F1観戦ツアーの予約する方法や注意すべき点、F1観戦ツアーを
主催しているF1観戦ツアー会社の選択方法などを説明していき
ます。

F1中国GPのF1観戦ツアーはいつ頃から予約出来る?

F1シーズンの開催時期は3月中旬頃から11月下旬頃までです。
例年、10月頃に翌年の日程スケジュールが決まります。
F1中国GPは4月中旬頃の日曜日で開催されることに
なりそうです。F1中国GPは4月開催としての認識が定着
していきそうなので、10月頃からF1観戦ツアーの予約の受付が
開始されます。F1中国GP開催の1か月前頃には
中国F1観戦ツアーの予約の受付が締め切られます。
F1観戦ツアー会社によっては安い価格で、
F1中国GP観戦ツアーを主催している会社も何社
かあるので一般の方々でも気軽に行きやすい価格の
中国F1観戦ツアーです。

2020年の中国GPは、
2020年4月17日(金)~4月19日(日)
に開催されることが決定していましたが、
開幕直前にコロナウィルスの影響で、
開催延期になりました。

F1中国GPのF1観戦チケットの入手する方法について  
F1中国GPには、メインストレートのグランドスタン
ド席をはじめ、各コーナーエリアに指定席スタンドが設けられ
ています。全てのスタンドが席屋根付きのスタンドではないの
で、日焼けや雨が心配な方は屋根付きのスタンドで観戦するこ
とがベターでしょうが、メインストレートのグランドスタンド
は屋根付きでおススメのスタンドですが、その分、
F1中国GPのF1観戦チケットの価格は
一番高くなります。F1観戦ツアー会社によっては、
F1中国GPのF1観戦チケットがあらかじめ決められて
いたり、選択したF1中国GPのF1観戦チケットによっ
ては追加の別料金がチャージされたりすることもあるので、
F1中国GPのF1観戦チケットの代金込みの価格である
のかチェックしましょう。

F1観戦ツアー会社を決める前に、どのスタンドの
F1中国GPのF1観戦チケットにするのか
予定は決めておくことが大切です。

中国GPのF1観戦チケットの種類
F1中国GPのF1観戦チケットには大きく分けて、
「各スタンド席の指定席」
「自由エリア席エリア」
があります。それぞれ価格が違うので、予算に応じて決める
ようにしましょう。全てのF1中国GPの
F1観戦チケットは3日券なので、どのスタンドの
F1中国GPのF1観戦チケット
が良いのか価格も考えて慎重に考えましょう。

F1観戦ツアーでは、自由エリア席券かスタンド席を選ばなけ
ればなりません。スタンド席券の場合は3日通し券になります
ので3日間同じスタンドでの観戦になります。
F1中国GPには熱狂的なF1ファンが
数多く来場します。自由席ゾーンはかなり混雑し、
立ち見観戦しなければなりませんし、
夏の陽射し対策や、雨対策もあらかじめ準備しておく必要
があります。また、雨天時は足元が汚れることを覚悟しなけ
ればなりません。

おすすめのスタンド指定席は?
F1中国GPの観戦で最もポピュラーなスタンド席といえば
メインストレートのグランドスタンドではないでしょうか。
F1中国GPではグランドスタンドの前が各チームの
ピットになっていて、決勝レース開始前の華やかな雰囲気や、
F1マシンがピットインしてきた時のタイヤ交換作業などが近い
距離で観ることが出来ますし、緊迫した雰囲気やスリリングな
気分が堪能出来ます。
F1中国GPの表彰台はグランドスタンドの正面にある
ので表彰式の様子を凄く近い距離で観ることが出来ます。
表彰式の様子を写真に撮ることも出来るおススメのスタンドで
す。メインストレートよりもF1中国GPの迫力を堪能
したいという人には、バックストレートスタンドで観戦されて
はいかがでしょうか。
バトルやオーバーテイクシーンが数多く観ることが
出来るのでこちらのスタンドもおススメのスタンドです。

F1中国GP観戦ツアーのF1観戦ツアー会社の選択方法。  
F1中国GP観戦ツアーの金額の目安は、
航空券や3ッ星ホテル代、往復送迎車代、日本語アシ
スタント、F1観戦チケット代などすべて込みで、
1名あたり11万円~13万円程度です。
F1観戦ツアー会社によっては現地集合・現地解散の
中国F1観戦ツアーを主催している会社もあります。
その場合、航空券の価格を除いて7~9万円ぐらいの
価格のF1観戦ツアーが多いでしょう。

価格が違う理由としては、
まずF1中国GPのF1観戦チケット
のスタンドや種類が違うことが挙げられますが、それ以外には
どのような理由があるのでしょうか。
ここからは中国F1観戦ツアーを選ぶ時に
チェックすべき点について解説していきます。

F1中国GPの開催スケジュールは金曜日から
日曜日までの3日間ですので、
中国F1観戦ツアーは、
どのF1観戦ツアー会社を選んでも
F1観戦ツアー日程など大体は似通っています。
F1中国GPが開催される前日の木曜日には
F1レーサーのサイン会が開催される為、
F1レーサーと記念撮影したり、
F1レーサーからサインを貰うために多くのF1ファンが
木曜日から上海インターナショナル・サーキットを訪れます。
木曜日のサイン会イベントに参加したい場合は、飛行機の
中国到着日をチェックして、
水曜日に上海国際空港に到着する飛行機で
F1観戦ツアーに参加出来るように
中国F1観戦ツアーの
スケジュール調整をするようにしましょう。
飛行機は日本からの直行便で約3時間で
上海空港に到着します。

宿泊するホテルのグレードや場所などをチェック 
中国F1観戦ツアーの価格を大きく左右するのが、
現地のホテル価格とF1中国GPの
F1観戦チケットの種類です。
ホテルの星ランクによっては数万円単位で価格が変わるので
、慎重に選ぶようにしましょう。
上海市内からサーキットまでは車を使って
移動する中国F1観戦ツアーが多いですので
サーキットまでの大体の所要時間を計算しておきましょう。

上海市内観光もしたいならオプショナル
ツアーへの参加を検討。
F1観戦ツアー会社の中国F1観戦ツアーは
F1観戦がメインなので、
自由行動や自由時間はほとんどありません。
しかし、せっかく上海で宿泊するのならば、
上海の市内観光も楽しみたいという人もいるでしょう。
そのような人は、オプショナルツアーへの参加を
ご検討されてはいかがでしょうか。
3日間全部をF1観戦しなければ、上海市内観光
をしっかり楽しむ時間もある程度は確保出来ます。
オプショナルツアーには別途価格が掛りますが、
意外に安価に楽しめる多様なコースがあります。
延泊をすればその分、
さらに中国観光が出来るので
予算と日数を考えながら検討してみましょう。

中国はビザ不要!
パスポートの有効期間に注意すべき!
パスポートの有効期限が6か月未満だと中国に
入国が出来ないので気を付けしましょう。残存有効期間は、
6か月あれば大丈夫です。

中国F1観戦ツアーなら
F1ツアー専門のWSTへおまかせ! 
中国F1観戦ツアーはさまざまなF1観戦ツアー会社
が企画していますが、どこで申し込もうか迷っている方は、
F1ツアー専門のWSTがおすすめです。

F1ツアー専門のWSTはお得な価格で
中国F1観戦ツアーを主催しており、
好きなスタンド席から観戦出来るのが特徴です。
燃油サーチャージ、諸税などの別途価格も不要なので、
安心して利用できます。 さらに必要に応じて減泊・延泊な
どのアレンジも可能で、自由エリア度の高いF1観戦ツアーを
組むことが可能です。
F1中国GP観戦ツアーを検討している人は、
まずは無料見積もりを申し込まれてはいかがでしょうか。

中国はF1の開催国のなかで最も日本から近く、
日本の主要空港(成田・羽田・名古屋・関西・福岡)から
3時間程度で上海国際空港に到着します。
会場の上海インターナショナルサーキットはコースレイアウト
が非常に凝っていて、バトルやオーバーテイクが数多く観るこ
とが出来ます。バックストレートが最も頻繁にバトルやオーバ
ーテイクシーンが数多く観ることが出来ます。
上海の市内中心エリアには地下鉄が張り巡らされていますので
、市内中心エリアのホテルで宿泊をすれば、
地下鉄でサーキットまで行くことが出来ます。
最寄駅を出たら数百メートルでサーキットのグランドスタンド
がありますので、最寄駅からサーキットまでは徒歩で5分くら
いで行けます。

上海市内の中心エリアは中国屈指の商業エリアでもあり、
郊外には上海ディズニーランドもありますので、
観光も楽しむことが出来ます。

この記事では中国へのF1ツアーの楽しみ方をご紹介します。

中国GPが人気のF1観戦ツアー先である5つの理由



F1を海外で観戦するというのは、
F1ファンにとって憧れでしょう。
一生に一度は海外でF1観戦をしたいと考えておられる方も
多いことでしょう。
そのなかでも中国F1のF1観戦券は比較的に購入しやすい
価格です。一番高価なグランドスタンド席でも5万円前後で
購入出来ますし、自由席ならば2万円以下で購入出来ます。

F1中国GPには中国国内のみならず、アジア圏内や欧米諸国から
もF1観戦ツアーにやってくるファンがたくさんおられます。
そのため上海のF1は鈴鹿と並んでアジアを代表する
モータースポーツイベントになりつつあります。
F1を統括するFIA側も中国と日本とシンガポールの3つのGPを
重要GPとして位置付けています。

日本以外で世界で21か所あるF1開催国のなかで日本から最も近
い中国は、F1が開催されているどの国よりも費用が一番安価で
行くことが出来るため、F1観戦ツアーの人気の訪問先です。
F1観戦ツアーの費用が安いのが
おすすめポイントのひとつです。

日本から3時間程度で行ける


F1中国GPが開催される上海市は、
日本の主要空港(成田・羽田・名古屋・関西・福岡)から
2時間~3時間程度で行くことが出来ます。
日本の複数の航空会社、中国の複数の航空会社が一日に複数便
を運航しているので、とても行きやすいので
スケジュールが組みやすいのも人気の理由です。

中国でF1を観戦するならグランドスタンド席がおすすめ


F1中国GPでは席にはピットエリアが見える
「グランドスタンド席」とサーキットビジョンがない分、
価格が安価な「自由席」の2種類があります。
中国F1観戦ツアーでは「グランドスタンド席」
をおすすめします。その理由は、他のF1グランプリに比べて
グランドスタンドと自由席の値段差が小さいためです。
予算に余裕があるなら、グランドスタンド席のなかでも
プラチナ席が良いでしょう。
トップチームのピットガレージ前の上段スタンドにあり、
見晴しの良い席でタイヤ交換などのピット作業はもちろん、
表彰台もスタンドの正面なので凄く近い距離で観ることが
出来ます。表彰式の様子をデジカメで撮影することも可能な
ぐらい近い距離ですので、この席はイチオシです。
また、プラチナ席には専用ゲートやラウンジがあり、
ラウンジではソフトドリンクや軽食が無料で提供されます。
優雅な気分に浸りながらのF1観戦は、
素晴らしい思い出になるでしょう。

しかし、自由席席にもメリットがあります。
それは、3日間で1万円程度でレースが楽しめるという圧倒的な
コストパフォーマンスです。デメリットとしては大型スクリー
ンが無いため、レース展開や順位等がわかりづらく、また、
雨天時は足元が汚れたりするところでしょう。足元が土や芝生
なのでどうしても汚れてしまいます。

3.上海インターナショナルサーキットはアジア最大級


F1中国GPの会場となる上海インターナショナルサーキット
(上海国際賽車場)のコースは上海の「上」の字をモチーフにし
て作られています。サーキットの設計者はF1の前最高権威であっ
たバーニー・エクレストンとも親密な関係で知られている、
ヘルマン・ティルケ氏です。上海の他にも、マレーシア・
バーレーン・アメリカ・アブダビなど数多くのF1のサーキットの
設計に携わってきた人物であります。
上海のサーキットはアジア最大級の20万人の収容人数を誇ります
。コースの1周の距離は5451mで決勝レースは56周で行われます。
この上海国際サーキットはヘルマン・ティルケの個性が滲み出た
コースレイアウトで、長いストレートの後に低速のトリッキーな
コーナーが続きます。コース幅も広いのでストレートエンドの
ブレーキング競争でバトルやオーバーテイクを数多く演出される
ようなコースレイアウトになっているのが特徴です。

4.スタンド裏のイベント会場も楽しもう


グランドスタンドの裏にはF1ファンゾーンが設置され、
様々なイベントが催しされます。
またグッズの販売ショップも数多く軒を連ねますので、
スタンド以外でもF1ファンが楽しめます。

メルセデスAMGやフェラーリ、ルノー、ホンダといったメーカー
のブースや、ピットでタイヤ交換体験できるコーナーがあり、
交換タイムのランキングも表示されます。

5.都市部からのアクセスが良好でF1ツアー観光にも便利


上海のF1サーキットは市内中心部からのアクセスもよく観光
にも便利なロケーションにある為、
F1観戦ツアー先として非常に人気が高いです。。
ホテルなどの宿泊施設についても上海市は中国屈指の大都市で
あるので選択肢はバラエティが豊富です。
サーキットから徒歩数分で地下鉄の駅があり、
上海市内中心部のホテルに泊まってもいても、サーキットまでの
アクセスは非常に良く、1時間程度で行くことが出来ます。
上海の市内観光がしやすいです。
F1観戦以外にあまり興味がない場合は、
サーキット周辺の宿泊施設に滞在する選択肢もありますが、
飲食店やスーパーはほとんどありません。

F1観戦ツアーの場合、上海サーキット駅から1駅の嘉定新城駅
(かていしんじょうえき)周辺がおすすめです。
こちらにはコンビニや飲食店もあるので、
F1観戦も現地の食事も移動が少なく楽しむことが出来ます。
F1開催中は市内中心部でも元F1王者が参加したセレモニーなども
行われているので、時間が合えばそちらも楽しみましょう。





F1ツアーで現地観戦を楽しむ方法2

中国のF1を観戦する場合、観戦券、
ホテル、空港~ホテル間の送迎車、
現地の日本語アシスタント、航空券、
移動手段など色々な悩み・心配があると思います。
自分で全てを予約しようとすると、中国の基本情報や
F1が開催される上海の地理や治安などを最低限は
チェックしておかなければなりませんし、
手配・予約には時間と労力が必要になってきます。
それ故に心配なことも多いでしょう。
そこで便利なのが旅行会社が主催しているF1ツアーです。

例年、4月には上海郊外の上海国際サーキットで開催されます。
地元の中国はもちろんのこと、
世界各国から大勢のF1ファンがこの上海を訪れて
F1中国GPを楽しみます。

F1中国GPの見どころは何と言っても、ニューマシンの
出来栄え、完成度をチェック出来るところでしょう。
例年、第3戦か第4戦あたりに開催されるので、
開幕戦からの流れとレース結果などから、
この中国GPあたりで、その年のマシン戦闘力の勢力図が
はっきりとしてきます。

F1の分からない所は予選1周が速いからといって、
決勝レースも同じように速いとは限らない所です。
1周を速く走れてもタイヤの摩耗が激しければ、
決勝レースの長い距離を走るのには適しておらず、
徐々にタイムは遅くなっていってしまい、
最初の数周は速くても、結局はトータルで遅くなってしまう。
タイヤの摩耗具合よってはピットストップでタイヤ交換
の回数が多くなるという場合も出てきます。

F1マシンには、予選1周で速く、
決勝ロングランでも速く、ということが要求されます。

F1マシンのデザイナーは予選1周の速さと、
決勝ロングランペースの両立を目指してマシンを設計します。
予選と決勝の最適バランスを徹底的に練り上げていき、
最終的には予選1周の速さを出来るだけ残しつつ、
決勝ロングランを重視したマシンに仕上げていきます。

F1マシンの素性、つまり戦闘力(速さ)が鮮明になる
のがF1中国GPなのです。

ロングストレート、低速コーナー、中速コーナー、高速コーナー
がバランスよく取り入れられており、マシンの総合力、つまり
性能差がハッキリと鮮明になるのがF1中国GPなのです。

F1中国GPはイベントが目白押しであります。
木曜日からイベントが開催され、飽きることはありません。

そんなF1中国GPを楽しむにはやはり旅行会社が
主催しているF1ツアーに参加することをおすすめします。
旅行会社が主催するF1ツアーは、F1観戦券、航空券、
ホテル、現地の日本語アシスタント、
空港~ホテル間の往復送迎車
など全てワンストップで手配してくれます。

自分で手配しようとすると時間と労力が必要になります。
英語表示のサイトに名前や住所などを自分で入力
しなければならず、語学力が要求されるので大変です。

旅行会社が主催するF1ツアーならば、
ワンストップでF1観戦券、ホテル、空港~ホテル間の往復
送迎車、現地の日本語アシスタント、航空券を手配
してくれるので、安心で時間も掛りませんので楽です。

ここでは旅行会社が主催するF1ツアーについて説明します。
F1ツアーのメリットって何なの?
ツアーと聞くと自由時間がほとんどないのではと思う人も多い
のではないでしょうか。
ここではWST(ワールドスポーツトラベルhttps://f1world.net/)
のお得で便利なF1ツアーの
メリットを確認していきましょう。
不安なく手配が可能。
ワールドスポーツトラベルのF1ツアーを利用すれば、
F1観戦券、ホテル、航空券、ホテル~空港間の往復送迎車、
現地の日本語アシスタント、移動全てにおいて、
ワンストップ手配してくれます。
自分で全てを手配することは可能ですが、
ホテルからサーキットまでの移動、
言葉の問題など、全てを自分で対処しなければならず、
その点、WST(ワールドスポーツトラベル)のF1ツアーです
と、現地の移動、日本語アシスタントによるフォロー等、
親切にバックアップしてくれてとても安心です。
それらの事情をトータルに考慮すると、
WST(ワールドスポーツトラベルhttps://f1world.net/)
のF1ツアーへ参加するメリットがあります。
他社よりお得な価格で予約が可能。
WST(ワールドスポーツトラベル)のF1ツアーは、
2人以上で予約すると、旅行代金がお得です。
1室を2人で宿泊するので、ホテル代金が半額
になります。燃油サーチャージが不要で、予定よりも
旅行代金が高くなるということはありません。
宿泊日数、ホテル、F1観戦券、航空券アレンジも可能です。
F1ツアーといっても、自由に観戦し、自由に行動出来ます。
前泊・延泊やF1観戦席のアレンジが可能です。
もっと現地を見たい、もっと良い席で観たければ
自分に合った旅行日程を用意してもらいましょう。

航空券は旅行会社に任せることも、
自分で購入することも出来ます。
マイレージポイントをたくさん持っている人は
自分で購入したほうがお得です。
必要な時だけ日本語アシスタントにアシストしてもらい、
団体行動などの時間制約に縛られることなく、
F1観戦も観光も満喫することができます。

F1ツアーはいつから予約が可能なの?
F1世界選手権は3月中旬から11月下旬頃にかけて
世界22か国で開催されていきます。
毎年、秋頃にF I Aより来年度の開催カレンダーが発表
となり、F1ツアーの予約は基本的に10月頃から
予約受付が始まります。 3月のオーストラリアG Pから
11月のアブダビG Pまで順次、GP開催の約半年前ぐらいから
予約受付開始となるので、確認しておくと良いでしょう。

早めに余裕をすれば航空券が安く購入できる。
F1ツアーの予約は早めに余裕を持って行うようにしましょう。
F1観戦券は発売から完売までがとても早く、
良い席ほどすぐに完売してしまいます。
ホテルや航空券は予約出来ても、良い席が取れない場合が
あるので、早く予約するようにしましょう。

開幕戦、中国G P、モナコG P、ベルギーG P、
イタリアGP,シンガポールGPなどの
人気が高いG Pは予約が殺到します。 予約が取れないとい
うことが無いように観戦券はなるべく早く確保しましょう。

F1ツアーの予約方法は?
予約は電話やインターネットで可能です。
一般の大手旅行会社でもF1ツアーを募集しています。
WST(ワールドスポーツトラベル)
は独自のノウハウがあるので、
料金もお手頃なので確認しておくことをお勧めします。
疑問や不安なことはすぐに
旅行会社に確認しておきましょう。

予約をする前に確認すること
F1ツアーといっても、旅行会社に全て任せておけば
良いという訳ではありません。
各会社の料金やプランの違いもあるので、他社と比較
しながら自分のプランと予算に合った
旅行会社を選びましょう。

予算とF1観戦券を合わせたツアープランなのか?
旅行会社によって、旅行日程は様々です。日程によっては、
ホテル料金のみの価格というところもあります。
航空券、F1観戦券は別途追加費用ということも多く、
トラブルになる場合もあるので、旅行会社に任せるのか、
自分で予約するのかをしっかり判断して決めておきましょう。

【まとめ】
自分にあった旅行プランを選びましょう
各ツアー会社の旅行プランは様々です。 自由行動も
可能なので、自分に合ったプランを選び、前泊、延泊などの
アレンジをすることも可能です。 自分ですべて手配することも
もちろん可能ですが、お得に不安無く現地で楽しむためにも、
F1ツアーを検討してみてはいかがでしょうか。






F1中国GPでF1観戦をする場合、
現地の日本語アシスタント、ホテル~空港間の往復送迎車、
ホテル、F1中国GPのF1観戦チケット、
航空券、現地での移動、など色々な心配があると
思います。自分で全てを準備しようとすると、
中国国内の治安などの基本情報やF1が開催される
上海インターナショナルサーキット周辺の地理や治安などを
チェックしておく必要がありますし、手配・準備にはかなり
の労力が必要になってくるので心配も多いでしょう。
そこで非常に便利なのがF1ツアー会社が主催している
中国F1観戦ツアーです。

例年、4月には上海インターナショナル・サーキットで
F1中国GPが開催されます。世界中からF1ファンが
中国を訪れて、
このF1中国GPを楽しみます。

2004年に完成した上海インターナショナルサーキット。
収容人数は最大20万人ですが、2008年秋のリーマンショック
の影響で2009年からの開催でF1観戦券の販売状況が著しく低
下してしまい、それから数年間、空席が目立つようになり、
一部のスタンド席は販売せずに、14万人規模の観客数で運営
するようになりました。

F1の開催数をもっと増やしたいFIA側としては、中国で第2の
開催地を模索している状況で、香港近辺の殊海サーキットで
開催する案と北京近郊で開催する案が噂で上がっています。

世界最大の13億人の人口を擁する中国での開催を増やして、
F1に中国系のスポンサー企業を呼び込みたい狙いがあります
。成熟したヨーロッパ圏内ではこれ以上の経済成長が見込め
ない状況下で、今後も成長が見込める中国での第2の開催は
F1ビジネスの強化を図り、もっと収入を増やす目標がありま
す。中国国内の最大の商業都市である上海市での開催は必然
であり、第2の開催候補地として北京もしくは香港近郊の
殊海市が上がっていますが、数年前からの香港暴動による
政治的影響から殊海市での開催に黄色信号が灯っています。

2017年からF1の経営権を取得したアメリカの
リバティ・メディアグループはF1の年間開催数を25に掲げて
公然の目標としていますが、中国での2つ目のF1-GPの開催に
向けて追い風になっているのは確かであります。

上海市で開催されるF1中国GPは2020年までの契約となってお
り、2021年以降の開催については話し合い中であります。
2020年までの契約はF1の前オーナーであった、
CVCキャピタルズとの間で締結されたもので、
開催権料は非常に高額な内容での契約でありました。

中国に限らず、F1前オーナー・CVCキャピタルズの契約は
毎年、前年対比で10%ずつ値上がりしていく内容になってり、
7年後には2倍になるというとんでもない契約内容で、
世界中のF1開催サーキットがこの契約見直しを現在のF1オー
ナーであるリバティメディアに対して要求しています。

その流れでF1中国GPの主催者側も2021年以降の契約更新につ
いてギリギリまで交渉を続けているようです。当然ながら
F1オーナーのリバティメディアはこの中国という巨大マーケ
ットを失いたくないのが本音であります。

この上海インターナショナルサーキットの見所はなんといっ
ても、長いストレートエンドでの激しいバトルやオーバーテ
イクシーンが数多く観られそうだということに尽きるでしょ
う。

サーキットは上海市の中心地から北西へ約25kmあたりの場所
にあるので、地下鉄を乗り継げばとても行きやすいです。
上海市中心エリアの旧市街地のホテルに宿泊すれば
上海の市内観光も行きやすいですし、
サーキットへも1時間ぐらいで行けるので非常に便利です。

日本からの主要空港(成田・羽田・名古屋・関西・福岡)から
直行便の飛行機が運航されており、約3時間で上海国際空港
に到着するので、日本からとても行きやすい都市です。


F1中国GPに「強い・速い」
F1マシンに求められるものとは
現代のF1マシンには、F1中国GPの決勝レースのロン
グランのペースも高いレベルで安定して速く、
F1中国GPの予選1周で速く、
というニーズが求められます。現代のF1マシンのデザイナー達
は、F1中国GPの決勝レースのロングランペースの
一貫性とF1中国GPの予選1周の速さとを最重要テー
マに考えてマシンを設計・開発していきます。
F1中国GPの決勝レース・予選の最適バランスを
徹底的にまで突き詰めていき、
予選1周の速さを可能な限り残し、決勝レースのロングランペ
ースの一貫性を重視したマシンに仕上げていきます。最適な
妥協点を見つけだしたマシンが最速マシンになります。
F1中国GPで安定して速いマシンは他のチームが
模倣するスタンダードモデルになっていきます。
いわば開発目標の指針になるわけです。

マシンのトータル空力性能など、パワーユニット、F1マシンの
戦闘力が鮮明になるのがF1中国GPと云っても
過言ではないでしょう。この中国では
トータル空力バランス、パワーユニット、メカニカルグリップ
などが要求されてくることで有名なサーキットです。

低速・中速・高速コーナーでの空力バランス、メカニカルグリ
ップ、F1レーサーのテクニックのトータルパッケージング、パ
ワーユニット、が高いレベルで要求されるのが
F1中国GPなのです。

F1中国GPはイベントが毎日、目白押しであります。
木曜日にはF1レーサーのサイン会などのイベントが開催され、
F1レーサーやチーム関係者も気軽に記念撮影に応じてくれる
ので、F1中国GPを思いっきり楽しめるでしょう。

そんなF1中国GPを存分に楽しむには、
F1ツアー会社が主催している中国F1ツアーに申込み
することをおススメします。
F1ツアー会社が主催する中国F1ツアーは、
ホテル~空港間の往復送迎車、ホテル、航空券、
現地の日本語アシスタント、F1観戦チケット、
など全て手配してくれます。

自分でF1中国GPのF1ツアー手配をすると
かなり大変です。時間や手間は掛かりますし、海外のサイトに
名前や住所などを自分で入力しなければならず、
英語力がそこそこ必要なのでかなり大変です。

F1ツアー会社が主催する中国F1ツアーならば、
ワンストップでF1中国GPのF1観戦チケット、
ホテル~空港間の往復送迎車、現地での日本語アシスタント、
航空券、ホテル、を手配・準備してくれるので
非常に心強いです。

F1ツアー会社が主催する中国F1ツアーに
ついて説明します。F1ツアーに参加するメリットって何なの?

中国F1ツアーと聞くと個人行動・自由行動がほとん
ど出来ないので、非常に不便だと思う人も多いのではないでし
ょうか。ここではF1ツアー専門会社のWSTの便利な
中国F1ツアー
のメリットをチェックしていきましょう。

ワンストップで全ての準備・手配がしてもらえます。
F1ツアー専門会社のWSTの中国F1ツアーに申込みを
すれば、現地の日本語アシスタント、ホテル、
ホテル~空港間の往復送迎車、
F1中国GPのF1観戦チケット、航空券、
全てにおいてワンストップで準備・手配をしてくれます。
自分で準備・手配することは可能ですが、
ホテル~サーキット間の交通手段や、現地での言葉の問題
など自分で全て準備しなければならず、非常に面倒ですが、
F1ツアー専門会社のWST主催の中国F1ツアー
ならば、日本語アシスタントによるフォロー現地での交通手段
など手配・準備してくれるので非常に楽で安心です。
それらの手間や負担などを考えると、F1ツアー専門会社の
WST主催の中国F1ツアーへ申込み・参加を
するメリットは大いにあるでしょう。

お得な価格で中国F1ツアーへの参加が可能。
F1ツアー専門会社のWSTの中国F1ツアーは、
ツアー費用が非常にお得になる場合があります。
2人以上で中国F1ツアーへ予約をすると1室を
2人で利用・宿泊するので、ホテル費用が1人で宿泊するより安
価になります。空港使用税や入出国税などの諸税も不要です。
さらに航空機の燃油サーチャージも不要で、予定よりも
中国F1ツアー代金に追加費用が掛るということは
ありません。航空券、ホテル、中国GPの
F1観戦チケット、減泊や延泊などの宿泊日数のアレンジも可能
です。中国F1ツアーといっても、自由にF1観戦し、
個人行動出来るところが人気になっているポイントです。
中国GPのF1観戦チケットやホテルの前泊・延泊の
アレンジも可能です。良い席で観戦したい、もっと
中国を観光したければ、予算や自分のプランに
沿った中国F1ツアー日程を作ってもらいましょう。

航空券はF1ツアー会社に手配・準備してもらう事も出
来ますし、自分自身で購入することも出来ます。
マイレージポイントを沢山持っている人は自分自身で
航空券を購入したほうが中国F1ツアー費用
がその分、割安になるので断然にお得です。
F1中国GPのF1ツアーでの航空券も同じです。
必要な時だけ日本語アシスタントにアシストしてもらい、
団体行動や時間的制約などに縛られることなく、
F1観戦も中国観光も楽しむことができます。

中国F1ツアーはいつ頃から受付がされている?
F1世界選手権は3月中旬頃から12月上旬頃にかけて
世界22か国を周遊し、順次開催されていきます。
10月頃にFIAより来年度の開催予定日が発表となり、
中国F1ツアーの予約の受付は基本的に10月頃から
スタートします。3月の開幕戦オーストラリアGPから
12月の最終戦アブダビGPまで、レースが開催される約半年前
から予約の受付がされていきます。
中国GPも約半年前から予約受付が開始されます。
F1ツアー会社のWEBサイトを
随時、チェックしておくと良いでしょう。

早期に予約をすれば、その分、航空券が安く購入でき
る中国F1ツアーには早めに予約申込みをしたほうが
良いでしょう。中国GPのF1観戦チケットは完売する
のがとても早く、条件の良い席ほど早く完売していきます。
中国GPもその例外ではなく、
良い席から完売していきます。
ホテルや航空券は自分で手配出来ても、条件の良い
中国GPのF1観戦チケットが買えない場合があるので
、なるべく早目に予約するようにしましょう。

日本GP、イタリアGP、
ベルギーGP、イギリスGP、
モナコGP、ハンガリーGP、
中国GP、中国GP、
シンガポールGP、中国GP、

などの人気が高いF1レースは問合せ・予約が殺到しますので、
なるべく早く予約をするようにしたほうが無難です。

中国F1ツアーを予約・申込みするには
どうしたら良い?
WEBサイト上で申込みしたり、直接電話しても大丈夫です。
F1ツアー専門会社のWSTは中国F1ツアーに関して
独自の経験・ノウハウがあるのできめの細かいアドバイスや
サービスを提供してくれます。価格も割安なのでチェックして
おくと良いでしょう。
疑問点はすぐに電話やメールなどで聞くようにしましょう。

中国F1ツアーへ予約する方法を
する前に確認すること。
中国F1ツアーといっても、F1ツアー会社に全てを
任せておけば確実・安心という訳ではありません。
F1ツアー会社毎の価格や中国F1ツアー日程の違い
などもありますので、他のF1ツアー会社との内容を比較
しながら自分の予定と予算に合った
F1ツアー会社を選ぶようにしましょう。

中国F1ツアー代金と中国GPの
F1観戦チケット代金を合わせたツアープランなのか?
F1ツアー会社によっては中国F1ツアー代金のみの
価格という会社もあり、中国GPのF1観戦チケット代
や航空券代は別途で追加ということもあるので飛行機
チケット代、中国F1観戦チケット代、ホテル代、
燃油サーチャージ代、空港税や入出国税などの諸税などの総額
の価格をF1ツアー会社にきちんと聞いた上で、
どこのF1ツアー会社にするのか決めましょう。

【まとめ】
自分のプランやスタイルにあったF1ツアー会社を選びましょう
F1ツアー会社のツアープランは様々です。
F1ツアー専門会社のWSTの中国F1ツアーならば
自由行動も可能で、前泊・延泊などのアレンジをすることも
可能です。自分ですべて手配・準備することも可能ですが、
お得に心配無く現地で楽しむ為にも、F1ツアー会社の
中国F1ツアーを検討してみてはいかがでしょうか。




scroll-to-top