F1 中国グランプリ(GP)観戦ツアーならWST

F1中国海外観戦ツアー
2018年11月1日から、
2019年中国GP
のツアー受付を開始します。


INDEX
 
 
 




F 1 2019 シーズン第3戦!
F1 中国GP観戦ツアー 上海4日間


旅行代金 40,000円から + 観戦券代


当社のツアーのメリット

F1-Tour_merit_rafu06



当社のツアーのメリット
お安く・お得なお値段でF1ツアー観戦出来ます。
お好きなスタンド席で観戦出来ます。
延泊などのアレンジも可能です。
空港からホテルまでの送迎車はお客様専用車になります。
お客様で航空券の準備可能(マイレージポイントなど)
燃油サーチャージなどの追加料金は不要です。

【F1 中国】コースマップ

レース観戦券はどこでもお好きな席を手配いたします。

F1中国海外観戦ツアー
※クリックするとコースマップ(PDF)の拡大版がご覧いただけます。


毎日同じスタンドからの観戦 3日通し券(金土日)
A-Platinum55,000円
Grandstand A+ High 34,000円
Grandstand A+ Low31,000円
Grandstand A High 25,000円
Grandstand A Low24,000円
Grandstand H21,000円
Grandstand K21,000円
Grass Zone J14,000円
Grass Zone L15,000円
Grass Zone C13,000円
Grass Zone F11,000円
好きなスタンドの観戦券を選んでください。
※観戦券の表示価格は為替相場の影響で変動する場合がございます。





スタンドからコースの景色

F1中国海外観戦ツアー
グランドスタンドA Platinum
グランドスタンドの上段(2階)中央エリア。 ホームストレート全体を見渡せる眺望の良さ。 決勝レース開始前は各マシンがグリッドに整列する様子も見ることが出来る。
F1中国海外観戦ツアー
グランドスタンドA+ High
グランドスタンドの上段(2階)中央の右エリアと左エリアになる。 ホームストレート全体を見渡せる眺望の良さ。 決勝レース開始前は各マシンがグリッドに整列する様子も見ることが出来る。


F1中国海外観戦ツアー
グランドスタンドA High 
グランドスタンドの上段(2階)中央の最右エリアと最左エリアになる。
F1中国海外観戦ツアー
グランドスタンドA+ Low  
グランドスタンドの下段(1階)中央エリアなる。 決勝レース開始前は各マシンがグリッドに整列する様子も見ることが出来る。


F1中国海外観戦ツアー
グランドスタンドA Low
グランドスタンドの下段(1階)最右、最左エリアなる。
F1中国海外観戦ツアー
グランドスタンドH
F1屈指のロングバックストレート箇所。330キロオーバーからのフルブレーキングとオーバーテイクシーンが繰り広げられる。レースの醍醐味を楽しむならこのスタンドがおススメ。


F1中国海外観戦ツアー
グランドスタンドK
ヘアピンからの立ち上がりでクロスサイドで抜き返すシーンがたびたび繰り広げられ、最終コーナーへの進入で決着がつく。
F1中国海外観戦ツアー
Grass Zone B
ホームストレートエンドから時計回りで旋回するマシンが見れる自由席エリア。コース設計者であるヘルマンティルケの個性が滲み出たコーナーである。


F1中国海外観戦ツアー
Grass Zone F  
1000mを越えるバックストレート区間。DRSが作動する区間でオーバーテイクへの駆け引きが展開される箇所である。
F1中国海外観戦ツアー
Grass Zone J
前車を追い抜く際のインへの切り込みや、アウト側に走行ラインを取り、最終コーナーでクロスサイドでオーバーテイクする駆け引きの一部始終が見れる箇所である。


F1中国海外観戦ツアー
Grass Zone L
最終コーナーを立ち上がってホームストレートへ。







F1中国海外観戦ツアー・上海

首都:北京。
人口:13億7,642万人。
物価:日本より割安感がある。(ものによっては同等程度もある)
通貨:元。
時差:+1時間。
気温:F1開催時の平均気温11度~17度。
公用語:中国語。
サーキット:上海国際・サーキット。
開催期間:4月12日~14日。
開始時刻:14時10分(日本時間15時10分)。
観戦時の服装:長袖シャツ+上着(雨天時は防寒服が望ましいでしょう)。
上海近郊の観光名所:バンド(外灘)、豫園(庭園)、上海ディズニーリゾートがおススメです。


中国の大都市である上海。2004年からF1中国GPは上海で開催されるようになった。上海郊外の北西部にヘルマン・ティルケの設計でサーキットは建設された。近年は4月に開催されている。上海最大の繁華街である人民広場から地下鉄で1時間強の場所にある。バックストレートの長さはF1で最長クラスの部類でありストレートエンドでのブレーキング競争でのオーバーテイクシーンが多くみられる。開幕数戦で各チーム間の序列、競争力を見極める上で上海国際サーキットでの予選、決勝順位はシーズン序盤の見どころになる。


サーキットまで日本語係員がご同行しますので、フォローアップもご安心

お客様のご希望をお聞きしながら、ホテル+観戦券をオーダーメイド(受注企画型旅行)して作っていく旅行になります。

モデルプランの日程をご参考にしていただいて、ホテルランク(3ッ星、4ッ星、5ッ星)をご希望していただきましたら、旅行代金の見積もりをさせていただきます。

ご希望の観戦券もお申しつけください。

ホテル+観戦券は受注型企画旅行契約となります。

航空券はお客様ご自身で購入してください。
弊社にて航空券購入の手配をさせていただくことも可能です。(燃油サーチャージ、空港使用料、旅客保安サービス料、現地出入国税など空港諸税などを込みで航空券手配をお手伝いいたします)
その場合は航空券は手配型旅行契約となります。

成田は中国東方航空、名古屋関空福岡から中国国際航空の飛行機をご利用されると便利です。

現地集合・現地解散という形式になりますが、現地日本語係員がホテルチェックイン、空港での手続きなどお手伝いをさせていただきます。

ホテルとモデルプランのツアー代金

ホテルグレードスタンダードクラス
(3ッ星)★★★
朝食の有無
3名1室3名1室不可
旅行代金40,000円
1名1室の追加代金20,000円
ホテルグレードスーペリアクラス 
(4ッ星)★★★★
朝食の有無
3名1室3名1室不可
旅行代金119,000円
1名1室の追加代金35,000円
【3名1室利用について】
※現地事情により3名1室利用の場合、人数分のベットがご用意出来ない場合がございます。
ベッドの台数が2台もしくは、1台のご利用で3名同室のご承諾が頂ける場合のみ承っております。予めご了承下さい。

【サーキット会場までのアクセス】

お客様ご自身で地下鉄を利用してホテルとサーキット間を移動してください。(上海最大の繁華街(人民広場)から約1時間です。)
日本語係員もホテル~サーキット間を地下鉄を利用して移動しますので、ご心配の方は日本語係員に同行なさって下さい。

※お申込み後、航空会社の申請により燃油サーチャージの増減又は廃止又はかからなくなった際も旅行代金に変更はございません。
また、為替レートの変動による過不足についても追加徴収またはご返金はいたしません。


F1海外観戦ツアーの費用(料金)を安プランく仕上げる際にご用命下さい。



お見積り

お見積もり
●航空券も旅行会社が手配の場合
   40,000円から + 観戦券代 + 航空券代
●航空券はお客様が手配の場合
   40,000円から + 観戦券代

F1観戦ツアーの料金って幾らだろうと思われてませんか?
意外とお客様が思われているほど高くはないと思います。
お気軽にお見積りの依頼をしてください。




モデルプラン

各地の主要空港(成田、名古屋、関空、福岡)から直行で行けます。

旅行は上海空港集合、上海空港解散になります。

日程 成田発着 宿泊地
2019/4/12 (金) 成田(08:55)発
浦東(11:20)着
浦東空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。
上海
2019/4/13 (土) フリー走行3、予選
往路(行き)のみ日本語アシスタントがホテルからサーキットまで地下鉄で同行し、
移動のお手伝いをします。サーキットまでは約1時間。
上海
2019/4/14 (日) 決勝レース
ご自身で地下鉄にてホテル~サーキット間をご移動下さい。
上海
2019/4/15 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
浦東(17:20)発
成田(21:00)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 羽田発着 宿泊地
2019/4/12 (金) 羽田(11:35)発
浦東(13:45)着
浦東空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。
上海
2019/4/13 (土) フリー走行3、予選
往路(行き)のみ日本語アシスタントがホテルからサーキットまで地下鉄で同行し、
移動のお手伝いをします。サーキットまでは約1時間。
上海
2019/4/14 (日) 決勝レース
ご自身で地下鉄にてホテル~サーキット間をご移動下さい。
上海
2019/4/15 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
浦東(13:05)発
羽田(16:45)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 名古屋発着 宿泊地
2019/4/12 (金) 名古屋(13:35)発
浦東(15:30)着
浦東空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。
上海
2019/4/13 (土) フリー走行3、予選
往路(行き)のみ日本語アシスタントがホテルからサーキットまで地下鉄で同行し、
移動のお手伝いをします。サーキットまでは約1時間。
上海
2019/4/14 (日) 決勝レース
ご自身で地下鉄にてホテル~サーキット間をご移動下さい。
上海
2019/4/15 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
浦東(11:50)発
名古屋(15:20)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 関空発着 宿泊地
2019/4/12 (金) 関空(11:55)発
浦東(13:30)着
浦東空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。
上海
2019/4/13 (土) フリー走行3、予選
往路(行き)のみ日本語アシスタントがホテルからサーキットまで地下鉄で同行し、
移動のお手伝いをします。サーキットまでは約1時間。
上海
2019/4/14 (日) 決勝レース
ご自身で地下鉄にてホテル~サーキット間をご移動下さい。
上海
2019/4/15 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
浦東(07:55)発
関空(10:55)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 福岡発着 宿泊地
2019/4/12 (金) 福岡(15:40)発
浦東(16:25)着
浦東空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。
上海
2019/4/13 (土) フリー走行3、予選
往路(行き)のみ日本語アシスタントがホテルからサーキットまで地下鉄で同行し、
移動のお手伝いをします。サーキットまでは約1時間。
上海
2019/4/14 (日) 決勝レース
ご自身で地下鉄にてホテル~サーキット間をご移動下さい。
上海
2019/4/15 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
浦東(12:10)発
福岡(14:40)着
 
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
航空券はお客様で購入されるか、弊社にお任せ頂く場合は手配型契約とさせていただきます。
【3名1室利用について】
※現地事情により3名1室利用の場合、人数分のベットがご用意出来ない場合がございます。ベッドの台数が2台もしくは、1台のご利用で3名同室のご承諾が頂ける場合のみ承っております。予めご了承下さい。
●お客様の安心と安全を考慮しますと傷害保険にご加入されることをおススメします。(傷害保険の代行を承ります)
●航空券はお客様で準備していただきますが、弊社にて手配させて頂くことも可能です。
 その場合、航空券は手配型旅行契約とさせていただきます。
 お申込み後、航空会社の申請により燃油サーチャージの増減又は廃止又はかからなくなった際も
 旅行代金に変更はございません。
 また、為替レートの変動による過不足についても追加徴収またはご返金はいたしません。
●尚、国内空港施設使用料・空港保安料及び海外空港諸税は別途必要となります。


【サーキット会場までのアクセス】

お客様ご自身で地下鉄を利用してホテルとサーキット間を移動してください。(上海最大の繁華街(人民広場)から約1時間です。)
日本語係員もホテル~サーキット間を地下鉄を利用して移動しますので、ご心配の方は日本語係員に同行なさって下さい。



モデルプラン

集合・解散に便利な航空会社
中国国際航空(成田、名古屋、関空、福岡)
係員
日本語係員がお世話します。
ホテル
スタンダードクラス(☆☆☆)
スーペリアクラス(☆☆☆☆)
中国国際航空の手荷物重量について 手荷物料金機内持ち込み : 無料 預入手荷物 :2個まで  1個あたり23kgまで無料(縦・横・高さの和が158cm以内) 中国東方航空の手荷物重量について 手荷物料金機内持ち込み : 無料 預入手荷物 :2個まで  1個あたり23kgまで無料(縦・横・高さの和が158cm以内)

【モデルプランに含まれないもの】

(前項のほかは旅行代金に含まれません。その一部を例示します。)

1.    超過手荷物料金
2.    クリーニング代、電報・電話料、ホテルのボーイ・メイド等に対する心付け
3.    その他の追加飲料等個人的性質の諸費用及びそれに伴う税・サ ービス料金
4.    渡航手続き関係諸費用
5.    お一人部屋を利用される場合の追加料金
6.    日本国内における交通・宿泊費
7.    観光オプショナル料金。
8.    F1観戦券
9.   航空券
10. 傷害保険
11. ホテルからサーキットまでの交通費(地下鉄代)


お見積り

お見積もり
●航空券も旅行会社が手配の場合
   40,000円から + 観戦券代 + 航空券代
●航空券はお客様が手配の場合
   40,000円から + 観戦券代

F1観戦ツアーの料金って幾らだろうと思われてませんか?
意外とお客様が思われているほど高くはないと思います。
お気軽にお見積りの依頼をしてください。



お問い合わせ





過去の予選とレース結果は?

F1中国海外観戦ツアー

概要

中国グランプリは2004年に上海インターナショナル・サーキットでの初開催された。


サーキットの建設には実におよそ2億4000万ドルもの巨費が投じられた。中国近代化の国家的プロジェクトの位置づけになるが、それ以前に作られた世界中のあらゆるサーキットの中でも建設費として最高額であるとされている。 2011年2月、開催契約が2017年まで延長されたと地元上海の上海日報が報じた。2017年9月に開催契約が2020年まで延長された。



2018年シーズン

F1中国海外観戦ツアー
F1中国海外観戦ツアー
F1中国海外観戦ツアー
2018年シーズン
スタートでメルセデスのボッタスがフェラーリのライコネンを抜いて2位に順位を上げ、レッドブルのフェルスタッペンもライコネンを抜いて順位を3位に上げた。フェラーリのベッテルは順調にトップを走りレースをリードする。 18周目にレッドブルの2台が同時ピットイン。両者ミディアムタイヤにチェンジ。19周目にメルセデスのハミルトン、20周目にボッタスもミディアムタイヤにチェンジした。21周目にベッテルもミディアムタイヤにチェンジしたが、アウトラップで猛ダッシュしていたボッタスがベッテルをアンダーカットに成功した。ライコネンはピットインを送らせてソフトタイヤで走行を続けたが、27周目にボッタスに抜かれた。 マクラーレンのアロンソが1ストップ作戦を敢行する。30周目のターン14でトロロッソ・ホンダの2台が同士討ちしてしまう。この接触でコース上に多数のパーツが飛び散ったため、SCが出動した。このタイミングでレッドブルの2台がソフトタイヤへ交換する為にピットインし、タイムロスもなくコースへ復帰した。この時フェラーリ勢とメルセデス勢はタイヤ交換を行わなかったが、この判断が後に勝敗を分けることになった。 レース再開後、ボッタスがベッテルとの差を拡げていった。ハミルトンもベッテルに迫っていくが、タイヤを交換したばかりのレッドブルの2台がハミルトンに迫ってくる。レッドブルのリカルドは40周目にハミルトンを抜き、42周目にはベッテルを抜いていった。同じ周にフェルスタッペンもハミルトンのオーバーテイクに成功し、次の43周目にベッテルを強引に抜きにかかるがターン14で接触してしまう。その後方にいたハミルトンはマシンをアウト側へかわし、ライコネンはイン側へかわしたが、結果的にハミルトンはライコネンに抜かれてしまう。フェルスタッペンはすぐにコースへ復帰するものの、10秒のタイムペナルティを科されることになった。ベッテルは接触の影響でマシンにダメージを負い、ペースが上がらず、みるみるうちに順位を落としていく。フェルスタッペンは猛追を開始し、再びハミルトンを抜いて4位まで順位を戻した。 45周目、リカルドはついにボッタスをオーバーテイクしてトップに躍り出て優勝した。タイヤが摩耗して厳しくなっていたボッタスはライコネンに迫られるが、辛うじて最後まで2位を守り通した。フェルスタッペンは4位でフィニッシュするも10秒加算ペナルティでハミルトンが4位、フェルスタッペンが5位。1ストップ作戦が成功したアロンソは7位、ベッテルは8位でレースを終えた。トロロッソ・ホンダ勢は同士討ちもありガスリーは18位、ハートレイは51周でリタイアで終わる。メルセデス勢は2014年のレギュレーション変更以来、まさかの開幕3連敗となった。なお、ハートレイは90%以上走行したため最下位の20位で完走扱いとされ、2016年日本GP以来8回目の全車完走となった。
2018年 中国GP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:42.977 1:41.553 1:58.179 1
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:43.035 1:41.501 1:58.905 2
3 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:44.003 1:43.302 2:01.851 3
4 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:44.004 1:43.014 2:01.894 4
5 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:43.597 1:43.042 2:02.122 5
6 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:42.585 1:41.533 2:02.671 6
7 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:43.199 1:42.554 2:02.769 7
8 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:43.604 1:43.126 2:02.939 8
9 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:43.834 1:43.320 2:04.933 9
10 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:42.805 1:42.191 No Time 17
11 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:44.221 1:43.844   10
12 28 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 1:44.153 1:43.865   11
13 16 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 1:43.654 1:44.062   12
14 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:43.846 1:44.301   13
15 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:44.145 No Time   18
16 55 カルロス・サインツ ルノー 1:44.489     19
17 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1:44.917     14
18 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 1:44.998     15
19 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:45.134     16
20 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 1:45.307     20
2018年 中国GP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 44 1:23:34.476 2 25
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 44 +11.061 1 18
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 44 +31.372 7 15
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 44 +1:08.6052 17 12
5 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 44 +1:11.023 4 10
6 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 44 +1:19.520 3 8
7 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 44 +1:25.953 5 6
8 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 44 +1:27.639 9 4
9 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 44 +1:45.892 10 2
10 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 43 +1 Lap 13 1
11 55 カルロス・サインツ ルノー 43 +1 Lap 19  
12 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 43 +1 Lap 15  
13 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 43 +1 Lap 16  
14 28 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 43 +1 Lap 11  
15 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 43 +1 Lap 20  
Ret 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 28 接触ダメージ 8  
Ret 7 キミ・ライコネン フェラーリ 8 接触ダメージ 6  
Ret 16 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 0 接触 12  
Ret 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 0 接触 14  
Ret 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 0 接触 18  

2017年シーズン

F1中国海外観戦ツアー
F1中国海外観戦ツアー
F1中国海外観戦ツアー
2017年シーズン
決勝はウエットコンディションでのスタートとなった。スタートでレッドブルのリカルドがライコネンをパスした以外は上位陣に順位の変動はなかった。後方スタートのフェルスタッペンが9台をごぼう抜きし、アロンソも1周目を終えた時には8位まで順位を上げていた。1周目のターン10でウィリアムズのストロールとフォースインディアのペレスが接触し、ストロールはグラベルにはじき出されそのままリタイアし、ペレスも右フロントタイヤがパンクした。この接触でVSCとなったため、フェラーリ勢と下位チームの各車がピットインしてドライタイヤに交換した。フェラーリにとってはこの決断が裏目に出ることになる。 VSCが解除された直後にジョヴィナッツィがメインストレートでクラッシュし、SCが導入された。ここでVSC導入時にステイしていたドライバーもドライタイヤへ交換を行った。8周目にレースが再開され、フェルスタッペンがエンジントルクの不調を訴えていたライコネンをオーバーテイクして3位にポジションアップ。さらに11周目にはペースが上がらない同僚のリカルドもパスして2位までポジションを上げることに成功した。フェラーリのベッテルがリカルドとライコネンに迫るが、コースがドライコンディションでなかったこともあり、オーバーテイクに苦慮することになり、ようやく20周目にライコネンをパスして4位、続いて22周目にリカルドもパスして3位、さらに28周目にフェルスタッペンもパスして2位まで順位を戻すことに成功した。レッドブルのフェルスタッペンはベッテルに抜かれた次の周で2度目のタイヤ交換を行うと、続々と他車も続いて2度目のタイヤ交換を行い、首位を独走していたメルセデスのハミルトンと2位ベッテルの差は8秒にまで迫っていた。両者ともFLを更新し合い、何とかマージンを築こうとするが、その差は広がることも縮まることもなく推移し、そのままメルセデスのハミルトンが優勝を挙げ、続いてフェラーリのベッテルが2位となった。レース序盤の混乱をかき分け入賞圏内の8位を走行していたアロンソはドライブシャフトのトラブルで33周目にリタイアを喫したが、レース後のインタビューで、前戦オーストラリアGP以上の「人生のベストレース」と自らの走りを評した。
2017年 中国GP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:33.333 1:32.406 1:31.678 1
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:33.078 1:32.391 1:31.864 2
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:33.684 1:32.552 1:31.865 3
4 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:33.341 1:32.181 1:32.140 4
5 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:34.041 1:33.546 1:33.033 5
6 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:34.205 1:33.759 1:33.507 6
7 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:34.453 1:33.636 1:33.580 7
8 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:34.657 1:33.920 1:33.706 8
9 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1:34.440 1:34.034 1:33.719 9
10 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:33.986 1:34.090 1:34.220 10
11 55 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1:34.567 1:34.150   11
12 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:34.942 1:34.164   12
13 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:34.499 1:34.372   13
14 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:34.892 1:35.046   14
15 36 アントニオ・ジョヴィナッツィ ザウバー-フェラーリ 1:34.963 no time   18
16 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 1:35.023     15
17 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:35.223     19
18 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:35.279     20
19 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:35.433     16
20 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:35.496     17
2017年 中国GP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 56 1:37:36 1 25
2 5  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 56 6.25 2 18
3 33  マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 56 45.192 16 15
4 3  ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 56 46.035 5 12
5 7  キミ・ライコネン フェラーリ 56 48.076 4 10
6 77  バルテリ・ボッタス メルセデス 56 48.808 3 8
7 55  カルロス・サインツ トロ・ロッソ 56 1:12.893 11 6
8 20  ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 55 +1 Lap 12 4
9 11  セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 55 +1 Lap 8 2
10 31  エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 55 +1 Lap 17 1
11 8  ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 55 +1 Lap 19  
12 27  ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 55 +1 Lap 7  
13 30  ジョリオン・パーマー ルノー 55 +1 Lap 20  
14 19  フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 55 +1 Lap 6  
15 9  マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 55 +1 Lap 14  
Ret 14  フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 33 ドライブシャフト 13  
Ret 26  ダニール・クビアト トロ・ロッソ 18 油圧 9  
Ret 2  ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 17 燃料圧力 15  
Ret 36  アントニオ・ジョヴィナッツィ ザウバー-フェラーリ 3 アクシデント 18  
Ret 18  ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 0 接触ダメージ 10  

2016年シーズン

F1中国海外観戦ツアー
F1中国海外観戦ツアー
F1中国海外観戦ツアー
2016年シーズン

スタート直後、フェラーリのベッテルとライコネンとレッドブルのクビアト、ザウバーのナッセとメルセデスのハミルトン、ザウバーのエリクソンとハースのグロージャンがそれぞれ接触する荒れた展開となった。


PPのメルセデスのロズベルグはスタートでレッドブルのリカルドに先行を許してしまったが、3周目にレッドブルのリカルドの左リヤタイヤがパンクして順位を落としたことで首位を取り戻してからは独走状態で開幕3連勝を達成した。2位はフェラーリのベッテル、3位はレッドブルのクビアト。4位はレッドブルのリカルドが入った。最初の接触で順位を落としていたフェラーリのライコネンは5位まで順位を挽回し、メルセデスのハミルトンも下位スタートながら、フロントウィング損傷のハンディがありながらも7位に入賞した。


出走した22台が全車完走したのは2015年日本GP以来の出来事で、現在F1のマシンの信頼性の高さを証明するレースであった。

2016年 中国GP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:37.669 1:36.240 1:35.402 1
2 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:37.672 1:36.815 1:35.917 2
3 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:37.347 1:36.118 1:35.972 3
4 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:37.001 1:36.183 1:36.246 4
5 77 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:37.537 1:36.831 1:36.296 5
6 26 ダニール・クビアト レッドブル-タグ・ホイヤー 1:37.719 1:36.948 1:36.399 6
7 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:38.096 1:37.149 1:36.865 7
8 55 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:37.656 1:37.204 1:36.881 8
9 33 マックス・フェルスタッペン トロ・ロッソ-フェラーリ 1:38.181 1:37.265 1:37.194 9
10 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:38.165 1:37.333 no time 13
11 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:38.016 1:37.347   10
12 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:38.451 1:38.826   11
13 22 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:37.593 1:39.093   12
14 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:38.425 1:39.830   14
15 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:38.321 1:40.742   15
16 12 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:38.654 1:42.430   16
17 20 ケビン・マグヌッセン ルノー 1:38.673     17
18 21 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:38.770     18
19 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:39.528     19
20 88 リオ・ハリアント MRT-メルセデス 1:40.264     20
NC 94 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス no time     21
NC 44 ルイス・ハミルトン メルセデス no time     22
2016年 中国GP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 6  ニコ・ロズベルグ メルセデス 56 1:38:53 1 25
2 5  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 56 37.776 4 18
3 26  ダニール・クビアト レッドブル-タグ・ホイヤー 56 45.936 6 15
4 3  ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 56 52.688 2 12
5 7  キミ・ライコネン フェラーリ 56 1.05.872 3 10
6 19  フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 56 1.15.511 10 8
7 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 56 1.18.230 22 6
8 33  マックス・フェルスタッペン トロ・ロッソ-フェラーリ 56 1.19.268 9 4
9 55  カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 56 1.24.127 8 2
10 77  バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 56 1.26.192 5 1
11 11  セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 56 1.34.283 7  
12 14  フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 56 1.37.253 11  
13 22  ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 56 1.41.990 12  
14 21  エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 55 +1 Lap 18  
15 27  ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 55 +1 Lap 13  
16 9  マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 55 +1 Lap 15  
17 20  ケビン・マグヌッセン ルノー 55 +1 Lap 17  
18 94  パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 55 +1 Lap 21  
19 8  ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 55 +1 Lap 14  
20 12  フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 55 +1 Lap 16  
21 88  リオ・ハリアント MRT-メルセデス 55 +1 Lap 20  
22 30  ジョリオン・パーマー ルノー 55 +1 Lap 19  
scroll-to-top