F1 ハンガリーGP(グランプリ)観戦ツアー 2021 ならWST

F 1 2021 シーズン
F1 ハンガリーGP観戦ツアー ブダペスト7日間


旅行代金 135,000円~ + 観戦券代




新型コロナCOVID-19 旅行サポート

2021年4月現在、外務省の感染症危険レベルは、レベル3の「渡航は止めてください(渡航中止勧告)。」となります。加え、ハンガリー政府は、一部の例外を除いて、全ての外国人のハンガリー入国を一時的に禁止していますので、この措置が適応されている期間は、観光旅行や短期出張としての目的では入国する事ができない為、お申込み頂け無い場合も御座います。

又、ハンガリー入国には、入国後当局の管理の下、ハンガリー政府指定の施設や自宅等で10日間隔離が必要となり、隔離場所までの移動手段については特に制限されておりませんが、空港を出た後は速やかに隔離場所に向かうことが求められ、隔離期間中は外出することができません。但し、入国後5日以内に、2回のPCR検査を最低48時間空けて受け、検査結果が2回とも陰性の場合隔離措置は免除となります。
尚、ハンガリー出国の際の制限はありませんが、日本帰国の際、PCR検査が実施され、結果が出るまで自宅や空港内のスペース等の検疫所が指定した施設で待機となります。又、検疫におけるPCR検査の結果が陰性でも、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機が必要となり、さらに、保健所等による健康確認の対象となる為、入国後に待機する滞在先と空港からの移動手段についての登録や、空港からの移動や待機中の期間も含め、公共交通機関の使用は不可となりますのでご注意ください

当社のツアーのメリット

F1-Tour_merit_rafu06



当社のツアーのメリット
お安く・お得なお値段でF1観戦ツアー出来ます。
お好きなスタンド席でF1観戦ツアー出来ます。
延泊などのアレンジも可能です。
空港からホテルまでの送迎車はお客様専用車になります。
お客様で航空券の準備可能(マイレージポイントなど)
燃油サーチャージなどの追加料金は不要です。

F1ハンガリーGPチケットの価格

F1ハンガリーGP観戦ツアー2021001


STAND AREA(金土日) 「税込」
Super Gold64,000円
Gold 1 上段51,000円
Gold 1 下段35,000円
Gold 2 上段44,000円
Gold 2 下段35,000円
Gold 344,000円
Gold 451,000円
Silver 131,000円
Silver 231,000円
Silver 331,000円
Silver 431,000円
Silver 525,000円
General Admission17,000円
好きなスタンドの観戦券を選んでください。
※観戦券の表示価格は為替相場の影響で変動する場合がございます。
(円高・円安の影響で、安くなる場合または高くなる場合、の両方があります。






F1ハンガリーGPツアーの料金

●航空券も旅行会社が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代 + 航空券代


●航空券はお客様が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代
TourPrice_Btn3





F1ハンガリーGPツアー費用の無料お見積り

Btn_Estimate10





F1ハンガリーGPスタンドからコースの景色

F1ハンガリーGP観戦ツアー11
Gold 2
最終コーナーからホームストレートを立ち上がった
エリアにスタンドがあります。
スタンドの目の前がスターティンググリッドになりますので、
間近な距離でマシンを観ることが出来ます。
決勝レース開始30分前からグリッドにマシンが整列していくので、
チーム監督やデザイナー、エンジニア、メカニックなどが
マシンの周囲を取り囲み、ドライバーと最終確認をする様子
などが観ることが出来ます。もちろんこの時は写真を撮る
チャンスですので、このスタンドはおススメです。
表彰台はやや左斜めの方角になり、少し距離が離れています。
スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策や
雨対策が必要になります。


GOLD2 上段 観戦券:43,000円(税込)
GOLD2 下段 観戦券:34,000円(税込)

観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。






F1ハンガリーGP観戦ツアー12
Gold 1
スタンドの目の前がスターティンググリッドになります。
スターティンググリッドの中団からポールポジション
あたりのエリアになります。予選順位が上位の
マシンが整列しているエリアになるので、人気のある
チームやドライバーがこのスタンド前のエリアを
占めています。決勝レース開始前はマシンの周囲を
チーム関係者が取り囲んで、ドライバーと最終確認をしている
ので、その様子を間近な距離で写真を撮ることが出来ます。
表彰台は比較的に近いので、表彰式の様子を観ることが
出来ます。各チームのピットも近い距離で観ることが
出来ますので、ピットインの際のタイヤ交換作業なども
近い距離で観ることが出来ます。
華やかな雰囲気を味わいたい人にはおススメのスタンドで
すがスタンドには屋根が設置されていないので、
陽射し対策や雨対策が必要になります。

GOLD1 上段 観戦券:49,000円(税込)
GOLD1 下段 観戦券:34,000円(税込)

観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。







F1ハンガリーGP観戦ツアー13
Super Gold
スタンドの目の前が各チームのピットになります。
ピットインでのタイヤ交換などの作業の様子などが近い距離で
見ることが出来ます。スタンドの正面が表彰台になるので、
表彰式の様子を間近な距離で観ることが出来ます。
華やかな雰囲気を楽しみたい人にはおススメのスタンドです。
オーバーテイクを仕掛けるマシンがこのスタンド前を
通過する際に前を走るマシンに対して巧みなライン取り
でバトルを仕掛けていくので、その様子を楽しむこと
も出来ます。スタンドには屋根が設置されているので、
陽射しや雨から守ってくれます。

Super Gold 上段 観戦券:62,000円(税込)
Super Gold 下段 観戦券:37,000円(税込)

観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。







F1ハンガリーGP観戦ツアー14
Gold 3
ホームストレートから1コーナーにかけてのオーバーテイクや
バトルの駆け引きが展開されるエリアになります。
ピットロード出口がこのエリアになります。
スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されている
ので決勝レースの展開が解りやすいのが魅力です。
バトルシーンを楽しみたい人にはおススメのスタンドです。
スタンドには屋根が設置されていないので、
陽射し対策や雨対策が必要になります。

Gold3観戦券:43,000円(税込
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。







F1ハンガリーGP観戦ツアー15
Gold 4
ホームストレートから1コーナーにかけてのオーバーテイク、
サイド・バイ・サイドとブレーキング競争でのバトルが
展開されるエリアになります。このサーキットで最も
オーバーテイクシーンを観ることが出来るスタンド
になります。このサーキットで唯一のオーバーテイク
ポイントなので、オーバーテイクシーンを楽しみたい人
にはおススメのスタンドです。
スタンド前にはジャイアントスクリーンが設置されているので、
決勝レースの展開が解りやすいです。
スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策、
雨対策が必要になります。

Gold4観戦券:49,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。







F1ハンガリーGP観戦ツアー16
Bronze 2
スタンドの前は低中速の6コーナーの立ち上がりになります。
マシンの旋回性能がチェックできるエリアになります。
この6コーナーは低中速コーナーの性能をチェックする
ぐらいです。スタンドには屋根も設置されていないので、
陽射し対策や雨対策が必要になります。
ホームストレートのエリアから最も離れたエリアの
スタンドになります。

Bronze2観戦券:20,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。







F1ハンガリーGP観戦ツアー17
Bronze 1
低中速の6コーナーの立ち上がりでのマシンの旋回性能が
チェックできるエリアになります。7・8の複合コーナー
になっているシケインへの突っ込みと低速からの加速が
チェック出来ます。低速区間であるので、マシンの写真
が比較的に撮りやすいのがメリットです。
スタンドには屋根が設置されていないので、
陽射し対策や雨対策が必要になります。

Bronze1観戦券:20,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。







F1ハンガリーGP観戦ツアー18
Silver 5
6コーナーから最終コーナーまで、サーキットの約半分が見渡せ
る見晴しの良いスタンドになります。マシンを長い時間観たい
という人にはおススメのスタンドになります。
このスタンド前でのオーバーテイクは皆無なので、
サーキットの広い範囲を楽しみたい場合にこのスタンドで
観戦すると良いでしょう。スタンド前にはジャイアント
スクリーンが設置されているので、決勝レース展開が
解りやすいです。スタンドには屋根が設置されていないので、
陽射し対策や雨対策が必要になります。

Silver 5観戦券:25,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。







F1ハンガリーGP観戦ツアー19
Silver 3
低中速での180度旋回の最終コーナーの前にスタンドはありま
す。マシンの旋回性能と立ち上がりのシフトアップ時のエン
ジン音が楽しめます。この最終コーナーのライン取りや、
前車に接近すればホームストレートでオーバーテイクの
成功につながります。スタンド前にはジャイアントスク
リーンが設置されているのでレース展開が解り易いです。
スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策
や雨対策が必要になります。

Silver 3観戦券:30,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1ハンガリーGP観戦ツアー20
Silver 4
低中速での180度旋回の最終コーナーの前にスタンドはありま
す。マシンの旋回性能と立ち上がりのシフトアップ時のエン
ジン音が楽しめます。この最終コーナーのライン取りや、
前車に接近すればホームストレートでオーバーテイクの
成功につながります。スタンド前にはジャイアントスク
リーンが設置されているのでレース展開が解り易いです。
スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策
や雨対策が必要になります。

Silver 4観戦券:30,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1ハンガリーGP観戦ツアー21
Silver 1
低中速での180度旋回の最終コーナーの前にスタンドはありま
す。マシンの旋回性能と立ち上がりのシフトアップ時のエン
ジン音が楽しめます。この最終コーナーのライン取りや、
前車に接近すればホームストレートでオーバーテイクの
成功につながります。スタンド前にはジャイアントスク
リーンが設置されているのでレース展開が解り易いです。
スタンドには屋根が設置されていないので、陽射し対策
や雨対策が必要になります。

Silver 1観戦券:30,000円(税込
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。





F1ハンガリーGP観戦ツアー22
Silver 2
最終コーナーからの立ち上がってきたマシンの
シフトアップのエンジン音が楽しめます。
このスタンド前はただマシンが加速していくだけですが、
このスタンド前を通過するときに前車に接近することが
出来ていればホームストレートエンドの1コーナー
への飛び込みでオーバーテイクに成功する確率が高く
なるので、そのあたりにポイントを絞って観戦するのも
楽しみ方の1つです。スタンド前にはジャイアント
スクリーンが設置されているので、決勝レースの展開
が解りやすいです。スタンドには屋根が設置されていない
ので陽射し対策、雨対策が必要になります。

Silver 2観戦券:30,000円(税込)
観戦券の価格は為替相場の影響で
高くなる場合と安くなる場合があります。







F1ハンガリーGP観戦ツアー・ブダペスト

首都:ブダペスト。
人口:980万人。
物価:日本より割安感がある。
通貨:フォリント。
時差:+7時間。
気温:F1開催時の平均気温16度~27度。
公用語:ハンガリー語。
サーキット:ハンガロリンク・サーキット。
開催期間:2021年7月30日~2021年8月1日。
開始時刻:15時00分(日本時間22時00分)。
観戦時の服装:半袖シャツまたは長袖シャツ(雨天時は防寒服が望ましいでしょう)。
ブダペスト近郊の観光名所:王宮の丘、国会議事堂、セーチェニ鎖橋、国立歌劇場がおススメです。


ハンガリーGPは1986年からこのサーキットで連続開催され続けている。1986年は社会主義体制下であり、F1が社会主義の政治体制の国での初開催であったことは画期的であった。1992年にはナイジェル・マンセル、2001年にミハエル・シューマッハーがこのハンガリーでチャンピオンを獲得した。ブダペスト郊外の北東30キロにサーキットはある。典型的は低中速コーナーの個性のサーキットであるが、近年のマシンの性能向上で1ラップの平均時速が200キロに近付いており、その低中速サーキットの評価は過去のものとなりつつある。

ブダペストは世界遺産の街で観光には大変向いており、物価も安価で気軽に有名レストランでの食事も楽しめる。
ハンガリー東部のエリアは大平原が広がっており、かつてこの国に遊牧民が生活を営んでいたことを偲ばせる。



自由時間は2日間あります。

自由時間を使って世界遺産の街
ブダペストを楽しんでください。
F1ハンガリーGP観戦ツアー101
フリータイムで世界遺産の街を観光

王宮の丘から
ドナウ河と鎖橋、
国会議事堂
F1ハンガリーGP観戦ツアー102
ドナウ河クルーズ
で王宮の丘を望む。

ナイトクルーズもあります。
F1ハンガリーGP観戦ツアー103
オペラ座

館内の施設を見学
するツアーもあります。
F1ハンガリーGP観戦ツアー104
ハンガリーは温泉大国

ブダペスト市内でも
温泉が楽しめます。

サーキットまで日本語係員がご同行しますので、フォローアップもご安心

お客様のご希望をお聞きしながら、ホテル+観戦券をオーダーメイド(受注企画型旅行)して作っていく旅行になります。

モデルプランの日程をご参考にしていただいて、ホテル番号と、観戦券をご希望していただきましたら、旅行代金の見積もりをさせていただきます。

ホテル+観戦券は受注型企画旅行契約となります。

航空券はお客様ご自身で購入してください。
弊社にて航空券購入の手配をさせていただくことも可能です。(燃油サーチャージ、空港使用料、旅客保安サービス料、現地出入国税など空港諸税などを込みで航空券手配をお手伝いいたします)
その場合は航空券は手配型旅行契約となります。

現地集合・現地解散という形式になりますが、現地日本語係員がホテルチェックイン、空港での手続きなどお手伝いをさせていただきます。

1室2名でご利用の場合

F1ハンガリーGPホテルとモデルプランのツアー代金

ホテルグレードスタンダードクラス
(3ッ星)★★★
朝食の有無
3名1室3名1室不可
旅行代金***円~
1名1室の追加代金***円
ModelPrice_Btn3



【3名1室利用について】
※現地事情により3名1室利用の場合、人数分のベットがご用意出来ない場合がございます。
ベッドの台数が2台もしくは、1台のご利用で3名同室のご承諾が頂ける場合のみ承っております。予めご了承下さい。

【サーキット会場までのアクセス】
ホテルからサーキットまではバスまたは電車で日本語アシスタントが同行し、行き方をご説明します。(片道約50分)

※お申込み後、航空会社の申請により燃油サーチャージの増減又は廃止又はかからなくなった際も旅行代金に変更はございません。
また、為替レートの変動による過不足についても追加徴収またはご返金はいたしません。



F1海外観戦ツアーの費用(料金)を安プランく仕上げる際にご用命下さい。







F1ハンガリーGPツアーの料金

●航空券も旅行会社が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代 + 航空券代


●航空券はお客様が手配の場合
(3ッ星)***円から + 観戦券代
TourPrice_Btn3





F1ハンガリーGPモデルプラン

旅行はブダペスト(ブダペスト空港)集合、ブダペスト(ブダペスト空港)解散になります。


日程 成田発着 宿泊地
2021/7/29 (木) 成田(昼)発 ブダペスト
2021/7/30 (金) ヨーロッパ乗継 ブダペスト(夜)着 ブダペスト空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。
市内観光、各種オプショナルツアーにご参加される等、
ご自身でご自由にお過ごし下さい。
F1ハンガリーグランプリ(GP)フリー走行1、フリー走行2観戦。
往路(行き)のみ日本語アシスタントもサーキットまで同行します。
サーキットまでの行き方をご案内します。
ブダペスト
2021/7/31 (土) F1ハンガリーグランプリ(GP)フリー走行3、予選観戦
ご自身でサーキットまで移動して下さい。
ブダペスト
2021/8/1 (日) F1ハンガリーグランプリ(GP)決勝レース観戦
ご自身でサーキットまで移動して下さい。
ブダペスト
2021/8/2 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
ブダペスト(昼)発
ヨーロッパ乗継(夜)
機中泊
2021/8/3 (火) 成田(朝)着  
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 関空発着 宿泊地
2021/7/28 (水) 関空(23:45)発 機中泊
2021/7/29 (木) ドバイ乗継(04:50着/08:50発) ブダペスト(12:45)着 ブダペスト空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。(お部屋の入室は、15時以降となります。)
ブダペスト
2021/7/30 (金) 市内観光、各種オプショナルツアーにご参加される等、
ご自身でご自由にお過ごし下さい。
F1ハンガリーグランプリ(GP)フリー走行1、フリー走行2観戦。
往路(行き)のみ日本語アシスタントもサーキットまで同行します。
サーキットまでの行き方をご案内します。
ブダペスト
2021/7/31 (土) F1ハンガリーグランプリ(GP)フリー走行3、予選観戦
ご自身でサーキットまで移動して下さい。
ブダペスト
2021/8/1 (日) F1ハンガリーグランプリ(GP)決勝レース観戦
ご自身でサーキットまで移動して下さい。
ブダペスト
2021/8/2 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
ブダペスト(16:00)発
ドバイ乗継(23:20着/翌日03:00発)
機中泊
2021/8/3 (火) 関空(17:15)着  
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。

市内観光や、お好みのオプショナルツアーに参加されるなどをしてブダペストを満喫して下さい。
オプショナルツアーはリーズナブルな価格で多種多様のコースがあります。


【ブダペスト発のオプショナルツアー】
http://www.traveldonkey.jp/hungary/budapest/



F1ハンガリーGPオプショナルツアー

F1ハンガリーGP観戦ツアー107
世界遺産パンノンハルマ大修道院
(絶景パノラマレストランでのランチ付)
F1ハンガリーGP観戦ツアー108
世界遺産を訪ねて、ブダペスト市内半日観光ツアー
他にもいろいろとあります。

F1ハンガリーGPモデルプラン

集合・解散に便利な航空会社
エミレーツ航空、トルコ航空
係員
日本語係員がお世話します。
ホテル
スタンダードクラス(3ッ星)
トルコ航空の手荷物重量について 手荷物料金機内持ち込み : 無料 預入手荷物 :1個の重量が23kgまで無料(縦・横・高さの和が158cm以内)で2個まで無料。

エミレーツ航空の手荷物重量について 手荷物料金機内持ち込み : 無料 預入手荷物 :1個の重量が23kgまで無料(縦・横・高さの和が150cm以内)で2個まで無料。

【モデルプランに含まれないもの】

(前項のほかは旅行代金に含まれません。その一部を例示します。)

1. 超過手荷物料金
2. クリーニング代、電報・電話料、ホテルのボーイ・メイド等に対する心付け
3. その他の追加飲料等個人的性質の諸費用及びそれに伴う税・サ ービス料金
4. 渡航手続き関係諸費用
5. お一人部屋を利用される場合の追加料金
6. 日本国内における交通・宿泊費
7. 観光オプショナル料金。
8. F1観戦券
9. 航空券
10.傷害保険
11.ホテルからサーキットまでの交通費(電車代)
12.宿泊税(1泊お一人様3~7ユーロ)お客様ご自身にてチェックイン又はチェックアウト時にお支払いただきます。)

「F1日本グランプリの公式ページはこちら」https://www.suzukacircuit.jp/f1/







F1ハンガリーGPツアー費用の無料お見積り お問合せ

Btn_Estimate10




お問い合わせ




application1




他のF1観戦ツアーもあります。

F1ベルギーGP観戦ツアー2021011
ベルギーGPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。



F1イタリアGP観戦ツアー2021011
イタリアGPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。



F1シンガポールGP観戦ツアー2021011
シンガポールGPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。



F1日本GP観戦ツアー201
日本GPツアーをご覧の際は、画像をクリックして下さい。



F1観戦ツアーを現地で楽しむ方法(ハンガリー編)を知りたい人

F1ハンガリーGPの開催予定日がついに決定!
F1ハンガリーGPは2020シーズン第13戦目でしたが、
コロナウィルスの影響で開催予定日が変更になり、
しかも無観客で開催されるという事態に至りました。
当初の8月の開催から、7月に変更になり、
年間15戦以上開催しなければ世界各国のTV局との契約履行
条件を満たせない事情も相まって、イギリスでの8月以降での
開催を可能にする為に、このハンガリーのハンガロリンクレー
シングコースでの開催日をイギリスと入れ替える形で開催日程
を変更しました。ハンガリーGPも無観客での開催になる見込
みです。チケット収入が見込めなくなった交換条件として、
FIAは「ハンガリーGPのF1開催権利を1年延長」ということで
ハンガリーGP主催者と妥結しました。

ハンガロリンク・レーシングコースは低速コーナーと中速コー
ナーが多く配置されていたのですが、近年のF1マシンのコーナ
リング性能の劇的な向上でコーナリングスピードも飛躍的に向
上し、低速レーシングコースではなくなってきました。
ストレートエリアは各チームのピットがあるグランドスタンド
前のホームストレート1本のみで、実質的にオーバーテイクが
可能なのは、このホームストレートエンドの1コーナーでのブ
レーキング競争しかありません。ホームストレートの距離も約
900mですが、2002年に改修工事がされる以前は800mしかあり
ませんでした。ホームストレートの距離が約100m延長された
訳ですが、それでもオーバーテイクの難易度は非常に高く、1
周あたりのラップタイムが2秒程度速くても、オーバーテイク
するには非常に困難を極めます。

ハンガリーの最大都市・ブダペスト市の北東約30kmの場所にあ
るハンガロリンクレーシングコースを使ってF1ハンガリーGPは
開催されるのですが、F1が開催される22のコースの中で、
モナコGP、シンガポールGPに次いで、1周の平均時速が遅いレ
ーシングコースであります。1周の距離が約4.4kmしかないのに
コーナー数が14個もあるのが原因として挙げられます。
レーシングコースは丘陵地帯のくぼんだ比較的に平坦はエリア
に建設されています。

1986年に第1回目のハンガリーGPは開催されたのですが、1986
年当時は旧ソビエト連邦の影響が色濃く残る社会主義国であり
ました。社会主義の国々の中から先駆けていち早くF1を開催し
たのがハンガリーで、第1回目の1986年当時は西側の資本主義
国の象徴的な文化であるF1を誘致出来たと話題になりました。
1986年以降、一貫してこのハンガロリンク・レーシングコース
でハンガリーGPは1回も欠かすことなく開催され続け、現在に
至っています。

今年で35回目を数えるハンガリーGPですが、これまでに唯一
、ハンガリー出身のゾルト・バウムガルトナーが2003年~
2004年にかけての2シーズンをジョーダン、ミナルディからF1
参戦を果たしました。

ハンガロリンクレーシングコースがあるハンガリーの首都、
ブダペストには世界文化遺産の宮殿や建造物が数多くあり、
中世のヨーロッパの雰囲気が色濃く残る観光都市でもあります
。ブダペストの街の中心にはドナウ川が流れ、クルーズ船が行
きかいます。

この記事では、F1観戦ツアー会社のF1観戦ツアーを活用して
F1ハンガリーGPの現地での生観戦を楽しみたい人の為に
F1観戦ツアーの予約する方法や注意すべき点、F1観戦ツアーを
主催しているF1観戦ツアー会社の選択方法などを説明していき
ます。

F1ハンガリーGPのF1観戦ツアーはいつ頃から予約出来る?

F1の開催時期は3月下旬頃から12月上旬頃までです。
例年、10月頃に翌年の日程スケジュールが決まります。
ハンガリーGPは8月上旬頃の日曜日で開催されることが多いで
す。F1ハンガリーGPは8月開催としての認識が定着しています
ので、1月頃からF1観戦ツアーの予約の受付が開始されます。
ハンガリーGP開催の1か月前頃にはF1観戦ツアーの予約の受付が
締め切られます。F1観戦ツアー会社によっては安い料金で、
F1ハンガリーGP観戦ツアーを主催している会社も何社かあるの
で一般の方々でも気軽に行きやすい料金のF1観戦ツアーです。

2020年のハンガリーGPは、
2020年 7月31日(金)~8月2日(日)
に開催されることが決定していましたが、
コロナウィルスの影響で、
2020年 7月17日(金)~7月19日(日)
に日程変更され、
無観客で開催されることに決定しました。

F1ハンガリーGPのF1観戦チケットの入手する方法について  
F1ハンガリーGPには、メインストレートのグランドスタン
ド席をはじめ、各コーナーエリアに指定席スタンドが設けられ
ています。全てのスタンドが席屋根付きのスタンドではないの
で、日焼けや雨が心配な方は屋根付きのスタンドで観戦するこ
とがベターでしょうが、メインストレートのグランドスタンド
は屋根付きでおススメのスタンドですが、その分、
F1ハンガリーGPのF1観戦チケットの価格は
一番高くなります。F1観戦ツアー会社によっては、
F1ハンガリーGPのF1観戦チケットがあらかじめ決められて
いたり、選択したF1ハンガリーGPのF1観戦チケットによっ
ては追加の別料金がチャージされたりすることもあるので、
F1ハンガリーGPのF1観戦チケットの代金込みの価格である
のかチェックしましょう。

F1観戦ツアー会社を決める前に、どのスタンドの
F1ハンガリーGPのF1観戦チケットにするのか
予定は決めておくことが大切です。

ハンガリーGPのF1観戦チケットの種類
F1ハンガリーGPのF1観戦チケットには大きく分けて、
「各スタンド席の指定席」
「自由エリア席エリア」
があります。それぞれ価格が違うので、予算に応じて決める
ようにしましょう。全てのF1ハンガリーGPの
F1観戦チケットは3日券なので、どのスタンドの
F1ハンガリーGPのF1観戦チケット
が良いのか価格も考えて慎重に考えましょう。

F1観戦ツアーでは、自由エリア席券かスタンド席を選ばなけ
ればなりません。スタンド席券の場合は3日通し券になります
ので3日間同じスタンドでの観戦になります。
F1ハンガリーGPには熱狂的なF1ファンが
数多く来場します。自由席ゾーンはかなり混雑し、
立ち見観戦しなければなりませんし、
夏の陽射し対策や、雨対策もあらかじめ準備しておく必要
があります。また、雨天時は足元が汚れることを覚悟しなけ
ればなりません。

おすすめのスタンド指定席は?
F1ハンガリーGPの観戦で最もポピュラーなスタンド席とい
えばメインストレートのグランドスタンドではないでしょうか。
F1ハンガリーGPではグランドスタンドの前が各チームの
ピットになっていて、決勝レース開始前の華やかな雰囲気や、
F1マシンがピットインしてきた時のタイヤ交換作業などが近い
距離で観ることが出来ますし、緊迫した雰囲気やスリリングな
気分が堪能出来ます。
F1ハンガリーGPの表彰台はグランドスタンドの正面にある
ので表彰式の様子を凄く近い距離で観ることが出来ます。
表彰式の様子を写真に撮ることも出来るおススメのスタンドで
す。メインストレートよりもF1ハンガリーGPの迫力を堪能
したいという人には、バックストレートスタンドで観戦されて
はいかがでしょうか。
バトルやオーバーテイクシーンが数多く観ることが
出来るのでこちらのスタンドもおススメのスタンドです。

F1ハンガリーGP観戦ツアーのF1観戦ツアー会社の選択方法。  
F1ハンガリーGP観戦ツアーの金額の目安は、
飛行機チケットや3ッ星ホテル代、往復送迎車代、日本語アシ
スタント、F1観戦チケット代などすべて込みで、
1名あたり28万円~30万円程度です。
F1観戦ツアー会社によっては現地集合・現地解散の
ハンガリーF1観戦ツアーを主催している会社もあります。
その場合、飛行機チケットの価格を除いて22~25万円ぐらいの
価格のF1観戦ツアーが多いでしょう。

価格が違う理由としては、
まずF1ハンガリーGPのF1観戦チケット
のスタンドや種類が違うことが挙げられますが、それ以外には
どのような理由があるのでしょうか。
ここからはハンガリーF1観戦ツアーを選ぶ時に
チェックすべき点について解説していきます。

F1ハンガリーGPの開催スケジュールは金曜日から
日曜日までの3日間ですので、
ハンガリーF1観戦ツアーは、
どのF1観戦ツアー会社を選んでも
F1観戦ツアー日程など大体は似通っています。
F1ハンガリーGPが開催される前日の木曜日には
F1レーサーのサイン会が開催される為、
F1レーサーと記念撮影したり、
F1レーサーからサインを貰うために多くのF1ファンが
木曜日からシルバーストーン・サーキットを訪れます。
木曜日のサイン会イベントに参加したい場合は、飛行機の
ハンガリー到着日をチェックして、
水曜日にロンドン国際空港に到着する飛行機で
F1観戦ツアーに参加出来るように
ハンガリーF1観戦ツアーの
スケジュール調整をするようにしましょう。
飛行機は日本からの乗継便で約16時間で
ロンドン空港に到着します。

宿泊するホテルのグレードや場所などをチェック 
ハンガリーF1観戦ツアーの価格を大きく左右するのが、
現地のホテル価格とF1ハンガリーGPの
F1観戦チケットの種類です。
ホテルの星ランクによっては数万円単位で価格が変わるので
、慎重に選ぶようにしましょう。
ロンドン市内からサーキットまでは車を使って
移動するハンガリーF1観戦ツアーが多いですので
サーキットまでの大体の所要時間を計算しておきましょう。

ロンドン市内観光もしたいならオプショナル
ツアーへの参加を検討。
F1観戦ツアー会社のハンガリーF1観戦ツアーは
F1観戦がメインなので、
自由行動や自由時間はほとんどありません。
しかし、せっかくロンドンで宿泊するのならば、
ロンドンの市内観光も楽しみたいという人もいるでしょう。
そのような人は、オプショナルツアーへの参加を
ご検討されてはいかがでしょうか。
3日間全部をF1観戦しなければ、ロンドン市内観光
をしっかり楽しむ時間もある程度は確保出来ます。
オプショナルツアーには別途価格が掛りますが、
意外に安価に楽しめる多様なコースがあります。
延泊をすればその分、
さらにハンガリー観光が出来るので
予算と日数を考えながら検討してみましょう。

ハンガリーはビザ不要!
パスポートの有効期間に注意すべき!
パスポートの有効期限が6か月未満だとハンガリーに
入国が出来ないので気を付けしましょう。残存有効期間は、
6か月あれば大丈夫です。

ハンガリーF1観戦ツアーなら
F1ツアー専門のWSTへおまかせ! 
ハンガリーF1観戦ツアーはさまざまなF1観戦ツアー会社
が企画していますが、どこで申し込もうか迷っている方は、
F1ツアー専門のWSTがおすすめです。

F1ツアー専門のWSTはお得な価格で
ハンガリーF1観戦ツアーを主催しており、
好きなスタンド席から観戦出来るのが特徴です。
燃油サーチャージ、諸税などの別途価格も不要なので、
安心して利用できます。 さらに必要に応じて減泊・延泊な
どのアレンジも可能で、自由エリア度の高いF1観戦ツアーを
組むことが可能です。
F1ハンガリーGP観戦ツアーを検討している人は、
まずは無料見積もりを申し込まれてはいかがでしょうか。




F1観戦ツアーを現地で楽しむ方法(ハンガリー編)

F1観戦ツアーを現地で楽しむ方法(ハンガリー編)

F1ハンガリーGPが行われるハンガロリンクは、すり鉢状となっ
ているため、どの観客席からもほぼコース全体を見渡せるのが
特徴です。空港や首都ブダペストからもアクセスがよく、
歴史的な建造物やグルメなど観光スポットも数多いハンガリー
でF1観戦ツアーを楽しむ方法をお伝えします。

F1観戦ツアーのなかでも人気のあるハンガリーGPは、
ハンガリーの首都ブダペスト郊外にある「ハンガロリンク」
という名前のサーキットで行われます。
ハンガロリンクは、ブダペストにあるリスト・フェレンツ
国際空港から車で1時間ほどとアクセスに便利な立地です。
また、ハンガロリンクから車で1時間以内のブダペスト中心部
には、歴史ある世界遺産などの建造物や絶品グルメなど、訪れ
たい観光スポットがたくさんあります。
ハンガリーでF1観戦ツアーを楽しむ方法をまとめました。


F1ハンガリーGPの特徴


ここでは、F1観戦ツアーのなかでも人気がある
F1ハンガリーGPの特徴を3つご紹介します。

1. どの場所からでも観戦しやすい


F1ハンガリーGPが開催されるハンガロリンクは、
サーキットの中央になるほど低くなる「すり鉢状」になってい
るのが特徴です。これは、もともと丘陵地だった場所に
サーキットが造られたためですが、この形状により、
ほとんどの観客席からサーキットのほぼ全体を見渡すことがで
きるのが魅力といえます。
訪れるのが初めてでも観戦席の選択に失敗が少なく、
海外でのF1観戦ツアー初心者にもおすすめのサーキットです。
コースは1週4.381kmと短く、908mのホームストレート以外に
ストレートがないため、全体としては低速コースといわれてい
ましたが、最近のF1マシンの劇的なコーナリング速度の向上に
よって、もはや低速サーキットではなく中速サーキットへと
評価は変化してきています。コーナリング速度が向上した要因
はまずマシンのトレッド幅が1800mmから2000mmへとサイズが
アップしたことによる重心位置の低下とタイヤサイズの
幅サイズがアップしたことによる路面への接地面積が
アップしたことによって劇的にコーナリング速度が
向上しました。1980年代後半のF1マシンと比較すると
コーナリング速度は30kmから40kmほど向上しています。
それによって横Gの負荷が増大してドライバーの身体的能力、
とりわけ首周辺の筋力がいっそう求められるようになりました
。追い抜きが難しいコース設計であるいっぽうで、
高速コーナーも3ヵ所あるため、ドラマチックな展開も多く、
見どころ満載のコースとして人気です。

2. アクセスが便利


ハンガロリンクは、リスト・フェレンツ国際空港から車で
1時間ほどと、比較的アクセスの便利な立地です。
また、首都ブダペスト中心部へも車で1時間なので、
F1観戦ツアーにブダペスト観光を組み込みやすいのも嬉しい
ポイント。なお、F1ハンガリーGP開催時は、市内のバスター
ミナルから運行される無料送迎バス(※)
を利用すると便利です。

※無料送迎バスの利用には、F1観戦チケットの提示が必要な
場合があります。F1観戦ツアー参加の際には、
事前に確認することをおすすめします。

3. 紫外線対策が必須


ハンガリーは比較的気候が安定していますが、
ハンガロリンクは立地的に天気が不安定になることがあるた
め、念のため雨対策をしておくと安心です。
また、ハンガリーの夏は平均気温が20℃と比較的過ごしやす
いのも特徴です。とはいえ、F1ハンガリーGPの開催される
7月、8月は日差しが強いため、紫外線対策をしっかりと行って
F1観戦ツアーに参加することをおすすめします。

周辺のおすすめ観光スポット&グルメ


ハンガリーの面積は日本の約1/4とかなり小さいですが、
首都ブダペスト周辺には、観戦ツアーの合間に訪れてみたい
観光スポットや魅力的なグルメが数多くあります。

歴史を感じさせる数々の建造物


ハンガリー国王の住まいとして使用されてきた「ブダ王宮」
や、ハンガリーでは2番目に大きな教会
「聖イシュトバーン大聖堂」、歴代の国王の戴冠式が行われた
「マーチャーシ教会」など、荘厳さを感じさせる歴史的建造物
も、F1観戦ツアーでぜひ訪れたいスポットです。
また、時間的に余裕がある場合は、ブダペストから1時間半ほど
バスに乗った場所にある「ホッローケー村」もおすすめです。
世界遺産に登録されているこの村は、
ハンガリーで最も美しい村ともいわれています。
おしゃれな古民家が立ち並ぶ石畳をのんびり散策すれば、
思い出に残るひとときを過ごせるでしょう。

ドナウ川クルーズ


ヨーロッパで2番目に長いドナウ川は全長2,860kmにおよび、
ドイツ、オーストリア、スロバキア、ハンガリーなどを経て、
ルーマニアの下流で黒海に流れ込みます。
静かに流れる川面と、両岸にたたずむ歴史を感じさせる建物
との調和は見事の一言。
ハンガリーでのF1観戦ツアーには、ぜひこのドナウ川の
ナイトクルーズも組み込みたいです。
ドナウ川にかかる最古の橋といわれるセーチェニー鎖橋や、
中世のお城をほうふつさせる国会議事堂などの夜景は、
まるで宝石をちりばめたように幻想的です。
ワンドリンクプランやディナープランなどが選べるので、
ロマンチックなドナウ川沿いの夜景を堪能してください。

フォアグラも楽しめるハンガリー料理


ハンガリーでもっともポピュラーな料理といえば、牛肉と
野菜を煮込んだ「グヤーシュスープ(牛飼いのスープ)」
です。また、日本では高級食材として人気のフォアグラは、
実はハンガリーが世界第一位の生産量を誇ります。
日本よりずっと安い値段で食べられるので、ぜひいろいろ
味わってみましょう。
さらに、ハンガリーはワインが豊富で、そのうえ手ごろな
値段で楽しめることも魅力のひとつです。
ワインと相性のよい料理も数多くあるので、
ワイン片手にF1観戦ツアーを楽しむというのもおすすめです。

【まとめ】

美しい街並みも魅力的なハンガリーでのF1観戦ツアー


青い空や静かに流れるドナウ川、美しく威厳のある建物など、
ハンガリーは街全体がひとつの美しい風景といえます。
また、どの場所からもレースの興奮を余すところなく楽しめる
ハンガロリンクは、F1観戦ツアー初心者からマニアまでを満足
させるコースです。今回の記事を参考に、
ぜひハンガリーでのF1観戦ツアーを楽しんでください。



F1観戦ツアーを現地で楽しむ方法(ハンガリー編)2

F1観戦ツアーを現地で楽しむ方法(ハンガリー編)2
ハンガリーで開催されるF1グランプリを現地で楽しむなら、
F1観戦ツアーがおすすめです。
F1観戦を最優先に旅程が組まれているだけでなく、
ハンガリーでの観光やグルメに、温泉まで!
ハンガリーGPを思い切り楽しめるF1観戦ツアーの楽しみ方
をご紹介します。

ハンガリーは東欧で初めてF1グランプリが開催された国です。
サーキットのコースの難易度は高く、
多くのF1ドライバーに愛されています。
そんなハンガリーでのF1グランプリを実際に間近で
体験できるのがF1観戦ツアーです。
今回はハンガリーでF1観戦ツアーを楽しむ
方法をご紹介します。
ハンガリーは東欧初のF1グランプリ開催国
ハンガリーは1986年に東欧初のF1グランプリが開催された国で
、レース会場のハンガロリンクはそのコースの難しさから
多くのF1ドライバーに好まれています。
ハンガロリンクのコースは1周4.381kmで周回数は70周。
丘陵地を切り開いてできているため高低差が大きく、
外側から見ると鉢のような形です。 そのため、
どの客席からもサーキットの全貌が見渡せます。
F1観戦ツアーで現地で観戦する場合も臨場感をたっぷり味わえ
るでしょう。 とくにグランドスタンド席やストレートエンドの
スタンド席は、オーバーテイクシーンも楽しめるため、
おすすめです。 ハンガロリンクは、首都ブダペストの
フェレンツリフト国際空港から車で約1時間の距離にあり、
ブダペスト市内からは車で約30分。
電車の場合も市内から30分程度かかり、
最寄駅からは約2㎞あります。

F1グランプリだけじゃもったいない!
F1観戦ツアーの楽しみ方

F1観戦ツアーの楽しみはグランプリ観戦だけではありません。
ハンガリーの魅力もたっぷり味わいましょう。

会場に近いブダペスト市内は観光に便利

ブダペスト市内はドナウ川によって歴史的建造物が多いブダ
地区と、新しい街並みのペスト地区に分かれています。
ブダペスト市内の観光名所同士の距離が近く、
ほとんど徒歩で回れるのは観光客にとって嬉しいところ
です。ゴシック・リヴァイヴァル建築が美しい国会議事堂
に、ブダペストのシンボルともいえるセーチェーニ鎖橋。
ブダペストの街並みを一望する漁夫の砦に世界遺産として
登録されているブダの王宮など見どころがいっぱいです。

世界三大珍味もリーズナブルで味わえるハンガリーのグルメ

旅の楽しみとして食事も欠かせません。 ハンガリー料理は煮込
み料理や揚げ物が多く、ボリュームたっぷりです。
サワークリームやパプリカを多く使うのが特徴です。
牛肉や野菜と煮込んだパプリカ入りのスープ「グヤーシュ」は
ハンガリー料理の代表格で、こってりしていそうな見た目
に反して、意外とさっぱりした味です。 また、パプリカに
米や肉を詰めたもの(ピーマンの肉詰めに近いイメージ)や
チキンのサワークリーム入りシチュー
「チルケパプリカ―シュ」
なども万人受けしやすい味です。 ハンガリーは世界三大珍味の
ひとつ・フォアグラの産地でもあり、かなりリーズナブルな
価格で食べられるのも嬉しいところでしょう。

料理ときたらお酒も気になるところですが、
糖度の高い貴腐ワインが有名です。ブダペストから
車で2時間ほど離れたトカイは世界三大貴腐ワインの産地
でもあります。スイーツのように甘いワインが楽しめますよ。

ハンガリーは温泉も楽しめる

ハンガリーにはゲッレールトやセーチェーニなどの温泉施設も
あります。日本の温泉とは違い、着衣での入浴になりますが、
旅の疲れを癒すにはピッタリです。
F1観戦ツアーで高ぶった気持ちを落ち着かせるのにも役立つ
でしょう。トルコやオーストリア、ドーハ経由など飛行機の
乗り継ぎが多いハンガリーへのF1観戦ツアーですが、
温泉でリフレッシュしてから帰国するのもおすすめです。

F1観戦だけでなくハンガリーの魅力も満喫

ハンガリーは東欧で初めてF1グランプリを開催した国で、
ヨーロッパのなかでもアジア系民族が多い国です。
日本からの直行便はありませんが、多くのF1ドライバーが好む
難しいコースでのレースを直接感じられるのは
F1観戦ツアーの醍醐味です。 レース会場のハンガロリンク
から車で30分ほどの首都・ブダペストは、ほとんどの観光地が
徒歩圏内で、おいしいハンガリー料理やフォアグラ、
貴腐ワインなどを楽しみつつ、温泉にも浸かって旅の疲れを
癒せるのもポイントです。 F1グランプリを楽しむだけでは
なく、まだ日本人にあまり馴染みのないハンガリーで
過ごすF1観戦ツアーは素敵な思い出となるでしょう。
現地でF1グランプリを楽しむのなら、
F1観戦ツアーをおすすめします。



F1ツアーで現地観戦を楽しむ方法2

ハンガリーGPでF1観戦をする場合、現地の日本語ガイド、
ホテル、ホテル~空港間の送迎車、ハンガリーGPのハンガリーGP
のF1観戦券、現地での移動、航空券など色々な心配が
あると思います。自分で全てを準備しようとすると、
ハンガリー国内の治安などの基本情報やF1が開催される
ハンガロリンク周辺の地理や治安などをチェックしてお
く必要がありますし、手配や準備にはかなりの労力が必要
になってくるので心配も多いでしょう。
そこで非常に便利なのがF1ツアー会社が主催して
いるF1観戦ツアーです。

例年、8月にはハンガロリンクレーシングコースで
F1ハンガリーGPが開催されます。世界中からF1ファンが
ハンガリーを訪れて、このF1ハンガリーGPを楽しみます。

ハンガリーの醍醐味は何と言っても、
世界文化遺産の街、中世欧州の雰囲気が色濃く残るブダペストの
魅力溢れる街並みではないでしょうか。
ブダペストの市内はハプスブルク家の威光が現在もたくさん残っ
ており、王宮や国会議事堂などがその最たる例でしょう。
F1観戦だけにとどまらず、観光するには抜群の歴史と魅力を兼ね
備えた街でもあります。ブダペスト市内には有名レストランも数
多くあり、エリザベス女王はじめ、世界各国の首脳やVIPクラス
の要人が訪れたレストランもあります。
ハンガリーの人口は約980万人で減少傾向にあります。
通過は「フォリント」でありますが、ユーロも普通にハンガリー
国内で通用します。
ブダペスト市内にはヨーロッパ屈指の大河・ドナウ川が南北に流
れており、西岸がブダ地区、東岸がペスト地区に分かれている。
ハンガリーの国土には大草原・大平原が広がっており、かつてこ
の国の起源は遊牧民国家であったことがうかがい知れる。

1986年に第1回目のハンガリーGPが開催されたのだが、当時のハン
ガリーはまだソビエト連邦の影響を色濃く受けており、政治体制
も社会主義国であった。1986年以前にはまだF1は社会主義国や共
産主義で開催された前例はなく、この1986年のハンガリーGPが初
の社会主義体制国での開催となった。1986年当時のハンガリーは
現在とは比較にならないほど経済的に貧しく、F1ハンガリーGPの
観戦券は中流のハンガリー国民の生活レベルでは到底買うことは
出来ないほど高価であり、F1ハンガリーGPの観戦客はもっぱら、
諸外国からの観光客であった。
現在もF1ハンガリーGPの観戦客の半分以上は諸外国からの観光客
で占められている。

自動車産業もないハンガリーに、かつて1人だけF1に参戦を果たし
ドライバーがいました。
ゾルト・バウムガルトナーが2003年~2004年にかけての2シーズン
をジョーダン、ミナルディからF1参戦を果たしました。
入賞を1回だけ果たし、1ポイントの生涯獲得ポイントを記録して
います。

毎シーズン、8月でのF1開催が定着しているハンガリーGPですので
シーズン中盤ということもあり、毎年、サマーブレイク前の開催
になることが多いのですが、1回だけこのハンガリーGPでワールド
チャンピオンが決定したことがありました。
2002年シーズン、フェラーリのミハエル・シューマッハーは開幕
から快進撃を続け、この第13戦・ハンガリーGPでドライバーズ
・チャンピオンを獲得するに至り、残り5戦を残しての栄冠に輝き
ました。8月で早くもワールドチャンピオンが決定するという事態
に至り、この教訓からFIAは翌2003年から決勝レースのポイント制
を変更するに至りました。

2002年までは優勝10ポイント、2位6ポイント、3位4ポイント、
4位3ポイント、5位2ポイント、6位1ポイントでありましたが、

2003年からは優勝10ポイント、2位8ポイント、3位6ポイント、
4位5ポイント、5位4ポイント、6位3ポイント、7位2ポイント、
8位1ポイント。

手っ取り早くポイントルールの変更の意図としては、たくさん優
勝をしたドライバーが出現しても、シーズン終盤までワールドチ
ャンピオンが決定しないようにする、といったことが狙いであり
、シーズン終盤までなかなかチャンピオンが決定しないようにと
いう商業的な理由が絡んでのルール改正であった。


F1ハンガリーGPに「強い・速い」
F1マシンに求められるものとは
現代のF1マシンには、F1ハンガリーGPの決勝レースのロン
グランのペースも高いレベルで安定して速く、
F1ハンガリーGPの予選1周で速く、
というニーズが求められます。現代のF1マシンのデザイナー達
は、F1ハンガリーGPの決勝レースのロングランペースの
一貫性とF1ハンガリーGPの予選1周の速さとを最重要テー
マに考えてマシンを設計・開発していきます。
F1ハンガリーGPの決勝レース・予選の最適バランスを
徹底的にまで突き詰めていき、
予選1周の速さを可能な限り残し、決勝レースのロングランペ
ースの一貫性を重視したマシンに仕上げていきます。最適な
妥協点を見つけだしたマシンが最速マシンになります。
F1ハンガリーGPで安定して速いマシンは他のチームが
模倣するスタンダードモデルになっていきます。
いわば開発目標の指針になるわけです。

マシンのトータル空力性能など、パワーユニット、F1マシンの
戦闘力が鮮明になるのがF1ハンガリーGPと云っても
過言ではないでしょう。このハンガリーでは
トータル空力バランス、パワーユニット、メカニカルグリップ
などが要求されてくることで有名なサーキットです。

低速・中速・高速コーナーでの空力バランス、メカニカルグリ
ップ、F1レーサーのテクニックのトータルパッケージング、パ
ワーユニット、が高いレベルで要求されるのが
F1ハンガリーGPなのです。

F1ハンガリーGPはイベントが毎日、目白押しであります。
木曜日にはF1レーサーのサイン会などのイベントが開催され、
F1レーサーやチーム関係者も気軽に記念撮影に応じてくれる
ので、F1ハンガリーGPを思いっきり楽しめるでしょう。

そんなF1ハンガリーGPを存分に楽しむには、
F1ツアー会社が主催しているハンガリーF1ツアーに申込み
することをおススメします。
F1ツアー会社が主催するハンガリーF1ツアーは、
ホテル~空港間の往復送迎車、ホテル、飛行機チケット、
現地の日本語アシスタント、F1観戦チケット、
など全て手配してくれます。

自分でF1ハンガリーGPのF1ツアー手配をすると
かなり大変です。時間や手間は掛かりますし、海外のサイトに
名前や住所などを自分で入力しなければならず、
英語力がそこそこ必要なのでかなり大変です。

F1ツアー会社が主催するハンガリーF1ツアーならば、
ワンストップでF1ハンガリーGPのF1観戦チケット、
ホテル~空港間の往復送迎車、現地での日本語アシスタント、
飛行機チケット、ホテル、を手配・準備してくれるので
非常に心強いです。

F1ツアー会社が主催するハンガリーF1ツアーに
ついて説明します。F1ツアーに参加するメリットって何なの?

ハンガリーF1ツアーと聞くと個人行動・自由行動がほとん
ど出来ないので、非常に不便だと思う人も多いのではないでし
ょうか。ここではF1ツアー専門会社のWSTの便利な
ハンガリーF1ツアー
のメリットをチェックしていきましょう。

ワンストップで全ての準備・手配がしてもらえます。
F1ツアー専門会社のWSTのハンガリーF1ツアーに申込みを
すれば、現地の日本語アシスタント、ホテル、
ホテル~空港間の往復送迎車、
F1ハンガリーGPのF1観戦チケット、飛行機チケット、
全てにおいてワンストップで準備・手配をしてくれます。
自分で準備・手配することは可能ですが、
ホテル~サーキット間の交通手段や、現地での言葉の問題
など自分で全て準備しなければならず、非常に面倒ですが、
F1ツアー専門会社のWST主催のハンガリーF1ツアー
ならば、日本語アシスタントによるフォロー現地での交通手段
など手配・準備してくれるので非常に楽で安心です。
それらの手間や負担などを考えると、F1ツアー専門会社の
WST主催のハンガリーF1ツアーへ申込み・参加を
するメリットは大いにあるでしょう。

お得な価格でハンガリーF1ツアーへの参加が可能。
F1ツアー専門会社のWSTのハンガリーF1ツアーは、
ツアー費用が非常にお得になる場合があります。
2人以上でハンガリーF1ツアーへ予約をすると1室を
2人で利用・宿泊するので、ホテル費用が1人で宿泊するより安
価になります。空港使用税や入出国税などの諸税も不要です。
さらに航空機の燃油サーチャージも不要で、予定よりも
ハンガリーF1ツアー代金に追加費用が掛るということは
ありません。飛行機チケット、ホテル、ハンガリーGPの
F1観戦チケット、減泊や延泊などの宿泊日数のアレンジも可能
です。ハンガリーF1ツアーといっても、自由にF1観戦し、
個人行動出来るところが人気になっているポイントです。
ハンガリーGPのF1観戦チケットやホテルの前泊・延泊の
アレンジも可能です。良い席で観戦したい、もっと
ハンガリーを観光したければ、予算や自分のプランに
沿ったハンガリーF1ツアー日程を作ってもらいましょう。

飛行機チケットはF1ツアー会社に手配・準備してもらう事も出
来ますし、自分自身で購入することも出来ます。
マイレージポイントを沢山持っている人は自分自身で
飛行機チケットを購入したほうがハンガリーF1ツアー費用
がその分、割安になるので断然にお得です。
ハンガリーGPのF1ツアーでの飛行機チケットも同じです。
必要な時だけ日本語アシスタントにアシストしてもらい、
団体行動や時間的制約などに縛られることなく、
F1観戦もハンガリー観光も楽しむことができます。

ハンガリーF1ツアーはいつ頃から受付がされている?
F1世界選手権は3月中旬頃から12月上旬頃にかけて
世界22か国を周遊し、順次開催されていきます。
10月頃にFIAより来年度の開催予定日が発表となり、
ハンガリーF1ツアーの予約の受付は基本的に12月頃から
スタートします。3月の開幕戦オーストラリアGPから
12月の最終戦アブダビGPまで、レースが開催される約半年前
から予約の受付がされていきます。
ハンガリーGPも約半年前から予約受付が開始されます。
F1ツアー会社のWEBサイトを
随時、チェックしておくと良いでしょう。

早期に予約をすれば、その分、飛行機チケットが安く購入でき
るハンガリーF1ツアーには早めに予約申込みをしたほうが
良いでしょう。ハンガリーGPのF1観戦チケットは完売する
のがとても早く、条件の良い席ほど早く完売していきます。
ハンガリーGPもその例外ではなく、
良い席から完売していきます。
ホテルや飛行機チケットは自分で手配出来ても、条件の良い
ハンガリーGPのF1観戦チケットが買えない場合があるので
、なるべく早目に予約するようにしましょう。

日本GP、イタリアGP、
ベルギーGP、ハンガリーGP、
モナコGP、ハンガリーGP、
ハンガリーGP、中国GP、
シンガポールGP、ベトナムGP、

などの人気が高いF1レースは問合せ・予約が殺到しますので、
なるべく早く予約をするようにしたほうが無難です。

ハンガリーF1ツアーを予約・申込みするには
どうしたら良い?
WEBサイト上で申込みしたり、直接電話しても大丈夫です。
F1ツアー専門会社のWSTはハンガリーF1ツアーに関して
独自の経験・ノウハウがあるのできめの細かいアドバイスや
サービスを提供してくれます。価格も割安なのでチェックして
おくと良いでしょう。
疑問点はすぐに電話やメールなどで聞くようにしましょう。

ハンガリーF1ツアーへ予約する方法を
する前に確認すること。
ハンガリーF1ツアーといっても、F1ツアー会社に全てを
任せておけば確実・安心という訳ではありません。
F1ツアー会社毎の価格やハンガリーF1ツアー日程の違い
などもありますので、他のF1ツアー会社との内容を比較
しながら自分の予定と予算に合った
F1ツアー会社を選ぶようにしましょう。

ハンガリーF1ツアー代金とハンガリーGPの
F1観戦チケット代金を合わせたツアープランなのか?
F1ツアー会社によってはハンガリーF1ツアー代金のみの
価格という会社もあり、ハンガリーGPのF1観戦チケット代
や飛行機チケット代は別途で追加ということもあるので飛行機
チケット代、ハンガリーF1観戦チケット代、ホテル代、
燃油サーチャージ代、空港税や入出国税などの諸税などの総額
の価格をF1ツアー会社にきちんと聞いた上で、
どこのF1ツアー会社にするのか決めましょう。

【まとめ】
自分のプランやスタイルにあったF1ツアー会社を選びましょう
F1ツアー会社のツアープランは様々です。
F1ツアー専門会社のWSTのハンガリーF1ツアーならば
自由行動も可能で、前泊・延泊などのアレンジをすることも
可能です。自分ですべて手配・準備することも可能ですが、
お得に心配無く現地で楽しむ為にも、F1ツアー会社の
ハンガリーF1ツアーを検討してみてはいかがでしょうか。




F1ハンガリーGP過去の予選とレース結果は???

1986年のF1初開催時は、共産主義の東欧諸国での唯一のグランプリとして注目された。開催コースのハンガロリンクは超低速コースであり、オーバーテイクが非常に難しいコースレイアウトである。エンジン性能差が縮まるが、抜けないコースで有名で、モナコと同様に超低速でオーバーテイクが非常に困難を極めるコースとして名高い。2002年から2008年まで毎年別々の勝者が生まれており、そのうち3人が初優勝である。チャンピオン経験者ではアロンソ、バトンがこのハンガリーで初優勝を挙げている。最近ではサマーブレイク前の最後のレースとなることが慣例化している。

ウェットレースが少ないことでも有名である。ウェットの決勝レースは2006年と2011年の2回しかない。真夏の開催である上、盆地に位置することから、30度を超す高温のレースになる事が多く、ドライバーへの身体的負担及び、ブレーキ負担、エンジンの熱負担が非常に高くなる事が多いが、完走率はそれとは反して高い特徴があるが、シフト回数が多いので、ギアボックスへの負担が非常に大きい。ドライバー、マシンの両面で非常に厳しいレースの1つとされる。そのため、予選の順位が決勝レースに及ぼす影響が大きいグランプリである。だが、これまでのハンガロリンクのPPからの戦績は32戦14勝であり勝率は5割を切っている。マシンの安定性や速さも当然の事ながら、チーム戦略や采配、スムーズなピット作業などで勝敗を左右する事が多い。

例年、シーズン中盤戦に実施されている為、タイトル争いの正念場となるレースになることが多いが、チャンピオン争いが独走となった1992年のウィリアムズのナイジェル・マンセルと2001年のフェラーリのミハエル・シューマッハはこのレースでチャンピオンを確定させた。

ハンガロリンクでは、2026年まで継続開催される予定である。





F1ハンガリーGP2020年シーズン

F1ハンガリーGP観戦ツアー202008
2020年シーズン
メルセデスのハミルトンがポールトゥウィンでシュタイアーマルクGPに続いて2連勝を達成。これによりハミルトンはドライバーズのポイントリーダーへと浮上。
レッドブルのフェルスタッペンはレコノサンスラップでクラッシュをしてしまいタイヤバリアに激突。フロントウイングとサスペンションにダメージを負い、
一時は決勝レースへの出走が絶望視された。フェルスタッペンは無線交信でピットに戻るのかとチーム側に問いかけたが、戦略担当エンジニアの咄嗟の判断で、
スターティンググリッドまでダメージを負ったマシンで自走して戻ってくるように指示。
ピットに戻ってしまえば、マシン修理を完了出来ても、決勝レースをピットスタートせざるを得ず、抜きにくい特性のハンガロリンクサーキットのことを
考慮すれば決勝レースで上位でフィニッシュすることはほぼ無理になってしまうことから、スターティンググリッドにまでフェルスタッペンを戻らせて、
決勝レース開始までの約15分程度の短い時間でマシンを修復することを決断した。この決断は成功確率が非常に低かったはずなのだが、
レッドブルのメカニックの修理作業が迅速で正確に行われたことから、残り数十秒というところでなんとか修理を済ませ、7番グリッドから決勝レースを開始することが出来たのである。

決勝レース開始時、グリッドは濡れていたが、雨は止んでおりフォーメーションラップが終了すると真っ先にハースの2台はスターティンググリッドにつかず、ピットインを敢行し、スリックタイヤに交換。
(しかし後にピットイン前の無線でのやり取りに違反があることが判明し、ペナルティを科されている。)

決勝レーススタート。ポールポジションスタートのハミルトンがトップをキープして1コーナーへ進入。フロントロウスタートのボッタスは2速ギヤでスタートし、一瞬、エンジンがストールしかけたこともあり、
加速が鈍ったこともあって、6位まで順位を落とす。7番グリッドスタートのフェルスタッペンは好スタートをきり、ターン2までに3番手まで順位を上げることに成功。

コースが乾き、各車が続々とピットインするためピットは大混雑。そんな中、ピットでマクラーレンのサインツJr.とウイリアムズのラティフィが接触。
ラティフィは左リアタイヤをパンクし、ターン1でスピンする。ラティフィはその後ピットインし、1周遅れでコースに復帰する。

16周目、アルファタウリのガスリーがギアボックスのトラブルに見舞われピットでリタイア。ちなみに、このレースでのリタイアはガスリーのみとなっている。
決勝レースはボッタスの激しい追い上げをフェルスタッペンがなんとかしのいで、2位で決勝レースをフィニッシュ。
終始、盤石の走りでトップを走行したハミルトンが残り4周の時点で、2位走行のフェルスタッペンに27秒のリードを保っていたことから、
ファステストラップの1ポイントを加算する為に、ピットインを敢行して、ニュータイヤ装着でファステストラップを記録。
優勝の25ポイントに1ポイントを加算して26ポイントを獲得した。
2020年 ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:14.907 1:14.261 1:13.447 1
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:15.474 1:14.530 1:13.554 2
3 18 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:14.895 1:15.176 1:14.377 3
4 11 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:14.681 1:15.394 1:14.545 4
5 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:15.455 1:15.131 1:14.774 5
6 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:15.793 1:15.006 1:14.817 6
7 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:15.495 1:14.976 1:14.849 7
8 4 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 1:15.444 1:15.085 1:14.966 8
9 55 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 1:15.281 1:15.267 1:15.027 9
10 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 1:15.767 1:15.508 No Time 10
11 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:15.848 1:15.661
11
12 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 1:15.585 1:15.698
12
13 23 アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 1:15.722 1:15.715
13
14 31 エステバン・オコン ルノー 1:15.719 1:15.742
14
15 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 1:16.105 1:16.544
15
16 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:16.152

16
17 26 ダニール・クビアト アルファタウリ-ホンダ 1:16.204

17
18 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:16.407

18
19 99 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 1:16.506

19
20 7 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 1:16.614

20
2020年 ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 70 1:36:12.473 1 26 FL
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 70 +8.702 7 18
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 70 +9.452 2 15
4 18 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 70 +57.579 3 12
5 23 アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 70 +1:18.316 13 10
6 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 69 +1 Lap 5 8
7 11 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 69 +1 Lap 4 6
8 3 ダニエル・リカルド ルノー 69 +1 Lap 11 4
9 55 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 69 +1 Lap 9 2
10 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 1 16 1
11 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 69 +1 Lap 6
12 26 ダニール・クビアト アルファタウリ-ホンダ 69 +1 Lap 17
13 4 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 69 +1 Lap 8
14 31 エステバン・オコン ルノー 69 +1 Lap 14
15 7 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 69 +1 Lap 20
16 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 1 18
17 99 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 69 +1 Lap 19
18 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 69 +1 Lap 12
19 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 65 +5 Laps 15
Ret 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 15 ギアボックス 10


F1ハンガリーGP2019年シーズン

F1ハンガリー海外観戦ツアー
2019年シーズン
メルセデスのハミルトンが39周目に意表をついて緊急ピットインを敢行しタイヤ交換。残り22周で21秒先の先頭のフェルスタッペンをニュータイヤの利点を活かして追い上げる作戦。1周1秒~2秒近いタイムで徐々にフェルスタッペンとのギャップを縮めていった。早めにタイヤ交換をしたフェルスタッペンはタイヤのグリップが徐々に無くなっていき、ハミルトンに対するマージンはどんどんなくなっていった。残り4周のホームストレートエンドでハミルトンは先頭のフェルスタッペンをオーバーテイク。見事に先頭に躍り出ることに成功した。フェルスタッペンはハミルトンにオーバーテイクされた直後にソフトタイヤへ交換してファステストラップを獲得し、1ポイントのアディショナル獲得。大きく引き離されて3位にはフェラーリのベッテルが表彰台の一角を獲得。ルクレールがベッテルに続く4位となったが、首位ハミルトンに1分以上の大差を付けられた。マクラーレンのサインツJr.はレッドブルのガスリーを最後まで抑えきり5位入賞を果たした。
2019年 ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:15.817 1:15.573 1:14.572 1
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:16.078 1:15.669 1:14.590 2
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:16.068 1:15.548 1:14.769 3
4 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:16.337 1:15.792 1:15.043 4
5 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:16.452 1:15.885 1:15.071 5
6 10 ピエール・ガスリー レッドブル-ホンダ 1:16.716 1:16.393 1:15.450 6
7 4 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 1:16.697 1:16.060 1:15.800 7
8 55 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 1:16.493 1:16.308 1:15.852 8
9 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:16.978 1:16.319 1:16.013 9
10 7 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 1:16.506 1:16.518 1:16.041 10
11 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:16.790 1:16.565
11
12 23 アレクサンダー・アルボン トロ・ロッソ-ホンダ 1:16.912 1:16.687
12
13 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 1:16.750 1:16.692
13
14 99 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 1:16.894 1:16.804
17
15 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:16.122 1:17.081
14
16 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 1:17.031

15
17 11 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:17.109

16
18 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:17.257

20
19 18 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:17.542

18
20 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 1:18.324

19
2019年 ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 70 1:35:03.796 3 25
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 70 +17.796 1 19 FL
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 70 +1:01.433 5 15
4 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 70 +1:05.250 4 12
5 55 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 69 +1 Lap 8 10
6 10 ピエール・ガスリー レッドブル-ホンダ 69 +1 Lap 6 8
7 7 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 69 +1 Lap 10 6
8 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 69 +1 Lap 2 4
9 4 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 69 +1 Lap 7 2
10 23 アレクサンダー・アルボン トロ・ロッソ-ホンダ 69 +1 Lap 12 1
11 11 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 69 +1 Lap 16
12 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 69 +1 Lap 11
13 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 14
14 3 ダニエル・リカルド ルノー 69 +1 Lap 20
15 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 68 +2 Laps 13
16 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 68 +2 Laps 15
17 18 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 68 +2 Laps 18
18 99 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 68 +2 Laps 11
19 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 67 +3 Laps 19
Ret 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 49 水圧 9


F1ハンガリーGP2018年シーズン

F1ハンガリー海外観戦ツアー
2018年シーズン
メルセデスのハミルトンがポール・トゥ・ウィンで前線のドイツとこのハンガリーで連勝し、2位に終わったフェラーリのベッテルとのドライバーズポイントの差を24点に広げた。フェラーリのライコネンが3位でフィニッシュ。フェラーリは2-3位のダブル表彰台を獲得。一方、メルセデスのボッタスは2位を走行していたが、レース終盤にフェラーリのベッテルと接触してポジションを落とし、レッドブルのリカルドとも接触してさらにポジションを下げて5位でレースをフィニッシュした。トロロッソ・ホンダのガスリーはウェットコンディションの予選を順調に闘い、決勝レースでも力強い走りで6位でレースを入賞した。レッドブルのフェルスタッペンは、5周目でパワーロスでリタイアとなった。
2018年 ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:17.419 1:31.242 1:35.658 1
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:17.123 1:32.081 1:35.918 2
3 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:17.526 1:32.762 1:36.186 3
4 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:16.666 1:28.636 1:36.210 4
5 55 カルロス・サインツ ルノー 1:17.829 1:30.771 1:36.743 5
6 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:18.577 1:31.286 1:37.591 6
7 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:16.940 1:31.178 1:38.032 7
8 28 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 1:18.429 1:32.590 1:38.128 8
9 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:18.314 1:32.968 1:39.858 9
10 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:17.901 1:33.650 1:40.593 10
11 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1:18.208 1:35.214   11
12 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:18.540 1:36.442   12
13 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:17.905 1:36.506   13
14 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:18.641 1:37.075   14
15 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:18.560 No Time   PL
16 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 1:18.782     15
17 16 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 1:18.817     16
18 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:19.142     17
19 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:19.200     18
20 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 1:19.301     19
2018年 ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 70 1:37:16.427 1 25
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 70 +17.123 4 18
3 7 キミ・ライコネン フェラーリ 70 +20.101 3 15
4 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 70 +46.419 12 12
5 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 70 +1:00.000 1 2 10
6 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 70 +1:13.273 6 8
7 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 9 6
8 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 69 +1 Lap 11 4
9 55 カルロス・サインツ ルノー 69 +1 Lap 5 2
10 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 10 1
11 28 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 69 +1 Lap 8  
12 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 69 +1 Lap 13  
13 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 17  
14 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 18  
15 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps 14  
16 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 68 +2 Laps 19  
17 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 68 +2 Laps PL  
Ret 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 49 ギアボックス 15  
Ret 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 5 パワーロス 7  
Ret 16 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 0 サスペンション 16  


F1ハンガリーGP2017年シーズン

F1ハンガリー海外観戦ツアー
2017年シーズン
スタート直後、ルノーのヒュルケンベルグにヒットされたハースのグロージャンが押し出され順位を落とし、ターン2ではレッドブルのフェルスタッペンが同僚のリカルドのサイドポッドにヒットした。リカルドのラジエーターは破損して冷却水やオイルがコース上に漏れ出し、ターン3でストップした。これによりSCが出動し、フェルスタッペンには10秒ペナルティが科された。メルセデスのハミルトンはフェルスタッペンに抜かれ5位に順位を下げた。レースは6周目にSCが解除になり、先頭のベッテルはFLを連発して徐々に後続のライバル達をを引き離していく。 20周目にハースのグロージャンがスローパンクチャーのため緊急ピットインするが、クルーが左リアタイヤのボルトを締め終えていない状態でコースへ送り出してしまった為、タイヤがマシンから外れてリタイアを喫してしまう。 25周目、ここまで順調にトップを独走していたフェラーリのベッテルだったが、ステアリングの不調を無線で訴え、全開走行が出来ない状態になり、徐々にペースを落としていく。ベッテルの背後にまで接近していた2位のライコネンはベッテルが道を譲らない、と無線で訴える。 30周目にメルセデスのボッタスがピットイン。31周目にメルセデスのハミルトン、32周目にフェラーリのベッテル、33周目にライコネンが順調にタイヤ交換を終える。レッドブルのフェルスタッペンは42周目までピットインを遅らせ、ピットインのタイミングで10秒ペナルティを消化してタイヤ交換も行った。この時点で1位ベッテル、2位ライコネン、3位ボッタス、4位ハミルトン、5位フェルスタッペンの順となる。 46周目にペースの上がらないボッタスが同僚のハミルトンに先を行かせ、ベッテルのステアリングトラブルでペースが上がらないフェラーリ勢に攻勢を仕掛ける。その際、両者(ボッタス・ハミルトン)に対して「ハミルトンがフェラーリ勢を抜けなかったら順位をボッタスに戻す」約束をしていた。しかし、ハミルトンはフェラーリ勢に迫ることが出来ず、ライコネンもベッテルの遅いペースに付き合わされていた。ライコネンはチームに順位の入れ替えを要求するが受け入れられなかった。65周目にはボッタスがフェルスタッペンに迫られるが何とか凌ぎ、ファイナルラップでは約束通り、ハミルトンがペースを落としボッタスに先行させてフィニッシュした。メルセデスの紳士協定・チームプレーは順守されたのであった ポイント争いでハミルトンに1ポイント差にまで迫られていたベッテルが優勝。4位にフィニッシュしたハミルトンとの差を14ポイント差にまで広げて前半戦を終えた。マクラーレンのアロンソはレース終盤の69周目にFLを記録して6位に入賞、チームメイトのバンドーンも10位に入賞し、マクラーレンは今シーズン初のダブル入賞でコンストラクターズランキング最下位を脱した。
2017年ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:17.244 1:16.802 1:16.276 1
2 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:17.364 1:17.207 1:16.444 2
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:18.058 1:17.362 1:16.530 3
4 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:17.492 1:16.693 1:16.707 4
5 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:17.266 1:17.028 1:16.797 5
6 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:17.702 1:17.698 1:16.818 6
7 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:18.137 1:17.655 1:17.468 12
8 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:18.395 1:17.919 1:17.549 7
9 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 1:18.479 1:18.000 1:17.894 8
10 55 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1:18.948 1:18.311 1:18.912 9
11 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:18.699 1:18.415   10
12 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:18.843 1:18.495   11
13 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1:18.702 1:18.538   16
14 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:19.095 1:18.639   13
15 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:19.085 1:18.771   14
16 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:19.095     15
17 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:19.102     17
18 94 パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 1:19.839     18
19 40 ポール・ディ・レスタ ウィリアムズ-メルセデス 1:19.868     19
20 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:19.972     20
2017年ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 5  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 70 1:39:46 1 25
2 7  キミ・ライコネン フェラーリ 70 0.908 2 18
3 77  バルテリ・ボッタス メルセデス 70 12.462 3 15
4 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 70 12.885 4 12
5 33  マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 70 13.276 5 10
6 14  フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 70 1:11.223 7 8
7 55  カルロス・サインツ トロ・ロッソ 69 +1 Lap 9 6
8 11  セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 13 4
9 31  エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 11 2
10 2  ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 69 +1 Lap 8 1
11 26  ダニール・クビアト トロ・ロッソ 69 +1 Lap 16  
12 30  ジョリオン・パーマー ルノー 69 +1 Lap 10  
13 20  ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 15  
14 18  ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 69 +1 Lap 17  
15 94  パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps 18  
16 9  マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps 20  
17 27  ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 67 ブレーキ 12  
Ret 40  ポール・ディ・レスタ ウィリアムズ-メルセデス 60 オイル漏れ 19  
Ret 8  ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 20 ホイールナット 14  
Ret 3  ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 0 接触ダメージ 6  


F1ハンガリーGP2016年シーズン

F1ハンガリー海外観戦ツアー
2016年シーズン
2016年ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:33.302 1:22.806 1:19.965 1
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:34.210 1:24.836 1:20.108 2
3 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:39.968 1:23.234 1:20.280 3
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:40.424 1:22.660 1:20.557 4
5 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:35.718 1:24.082 1:20.874 5
6 55 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:36.115 1:24.734 1:21.131 6
7 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:35.165 1:23.816 1:21.211 7
8 22 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:37.983 1:24.456 1:21.597 8
9 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:41.471 1:23.901 1:21.823 9
10 77 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:42.758 1:24.506 1:22.182 10
11 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:35.906 1:24.941   11
12 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 1:36.714 1:25.031   12
13 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:41.411 1:25.416   13
14 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:36.853 1:25.435   14
15 21 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:38.959 1:26.189   15
16 12 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:37.772 1:27.063   16
NC 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:43.965     17
NC 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:43.999     18
NC 20 ケビン・マグヌッセン ルノー 1:44.543     19
NC 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:46.984     PL
NC 94 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 1:47.343     20
NC 88 リオ・ハリアント MRT-メルセデス 1:50.189     21
2016年ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 70 1:40:30 2 25
2 6  ニコ・ロズベルグ メルセデス 70 1.977 1 18
3 3  ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 70 27.539 3 15
4 5  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 70 28.213 5 12
5 33  マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 70 48.659 4 10
6 7  キミ・ライコネン フェラーリ 70 49.044 14 8
7 14  フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 69 +1 Lap 7 6
8 55  カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 69 +1 Lap 6 4
9 77  バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 69 +1 Lap 10 2
10 27  ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 9 1
11 11  セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 13  
12 30  ジョリオン・パーマー ルノー 69 +1 Lap 17  
13 21  エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 15  
14 8  ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 11  
15 20  ケビン・マグヌッセン ルノー 69 +1 Lap 19  
16 26  ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 69 +1 Lap 12  
17 12  フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 69 +1 Lap 16  
18 19  フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 68 +2 Laps 18  
19 94  パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 68 +2 Laps 20  
20 9  マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps PL  
21 88  リオ・ハリアント MRT-メルセデス 68 +2 Laps 21  
Ret 22  ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 60 オイル漏れ 8  


F1ハンガリーGP2015年シーズン

F1ハンガリー海外観戦ツアー
2015年シーズン
2015年ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:22.890 1:22.285 1:22.020 1
2 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:22.979 1:22.775 1:22.595 2
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:23.312 1:23.168 1:22.739 3
4 3 ダニエル・リカルド レッドブル・ルノー 1:24.408 1:23.230 1:22.774 4
5 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:23.596 1:23.460 1:23.020 5
6 77 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 1:23.649 1:23.555 1:23.222 6
7 26 ダニール・クビアト レッドブル・ルノー 1:23.587 1:23.597 1:23.332 7
8 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 1:23.895 1:23.598 1:23.537 8
9 33 マックス・フェルスタッペン トロロッソ・ルノー 1:24.032 1:23.781 1:23.679 9
10 8 ロマン・グロージャン ロータス・メルセデス 1:24.242 1:23.805 1:24.181 10
11 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 1:24.115 1:23.826   11
12 55 カルロス・サインツ トロロッソ・ルノー 1:24.623 1:23.869   12
13 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:24.444 1:24.461   13
14 13 パストール・マルドナド ロータス・メルセデス 1:23.895 1:24.609   14
15 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 1:24.563 No time   15
16 22 ジェンソン・バトン マクラーレン・ホンダ 1:24.739     16
17 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:24.843     17
18 12 フェリペ・ナッセ ザウバー・フェラーリ 1:24.997     18
19 98 ロベルト・メリ マルシャ・フェラーリ 1:27.416     19
20 28 ウィル・スティーブンス マルシャ・フェラーリ 1:27.949     20
2015年ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 5  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 69 1:46:09 3 25
21 26  ダニール・クビアト レッドブル・ルノー 69 15.748 7 18
3 3  ダニエル・リカルド レッドブル・ルノー 69 25.084 4 15
42 33  マックス・フェルスタッペン トロロッソ・ルノー 69 44.251 9 12
5 14  フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 69 49.079 15 10
63 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 69 52.025 1 8
74 8  ロマン・グロージャン ロータス・メルセデス 69 58.578 10 6
8 6  ニコ・ロズベルグ メルセデス 69 58.876 2 4
9 22  ジェンソン・バトン マクラーレン・ホンダ 69 1:07.028 16 2
10 9  マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 69 1:09.130 17 1
11 12  フェリペ・ナッセ ザウバー・フェラーリ 69 1:13.458 18  
12 19  フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 69 1:14.278 8  
13 77  バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 69 1:20.228 6  
1'45 13  パストール・マルドナド ロータス・メルセデス 69 1:25.142 14  
15 9'8  ロベルト・メリ マルシャ・フェラーリ 67 +2 Laps 19  
1'66 28  ウィル・スティーブンス マルシャ・フェラーリ 65 +4 Laps/タイヤ 20  
Ret 55  カルロス・サインツ トロロッソ・ルノー 60 電気系統 12  
Ret 7  キミ・ライコネン フェラーリ 57 パワーユニット 5  
Ret 11  セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 54 サスペンション 13  
Ret 27  ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 41 フロントウイング脱落/クラッシュ 11  


F1ハンガリーGP2014年シーズン

F1ハンガリー海外観戦ツアー
2014年シーズン
決勝当日、午前中に雨が降り、レース直前には雨が止んだもののコースはウェットコンディション。気温が高いことで路面が急速に乾いていく難しいコンディションでのスタートとなった。スタートではメルセデスのロズベルグが好スタート。2位のレッドブルのベッテルはスタートでボッタス、アロンソに抜かれてしまうが、すぐさまアロンソから順位を奪い返した。8周目にケータハムのエリクソンがクラッシュし、SCーが出動し、このタイミングですぐに5位以下のマシンが一斉にピットインしてきた。マクラーレンのバトンはトロロッソのベルニュに阻まれて減速している間にレッドブルのリカルドに抜かれてしまう。リカルドがソフトタイヤを装着していたのに対して、バトンは雨用のインターミディエイトタイヤを装着していたこともあり、リカルドを簡単にオーバーテイクすることに成功したが、路面は徐々に乾いてきておりスリックタイヤに交換せざるをえず、大きく順位を下げてしまった。23周目にマクラーレンのペレスがクラッシュすると、ここで2度目のSCが出動し、トップのリカルドはここでピットイン。その後リカルドは39周目に再びトップに立つが、54周目に再びピットイン。事実上3位で戦列に復帰すると、トップはフェラーリのアロンソ、ピットスタートから2位まで上がっていたハミルトンの猛追を開始する。67周目のターン3でハミルトン、68周目のターン1でアロンソをオーバーテイクして先頭に躍り出て、シーズン2勝目を飾った。2位はアロンソ。3位はハミルトン。4位はロズベルグ。
2014年ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:25.227 1:23.310 1:22.715 1
2 1 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー 1:25.662 1:23.606 1:23.201 2
3 77 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 1:25.690 1:23.776 1:23.354 3
4 3 ダニエル・リチャルド レッドブル・ルノー 1:25.495 1:23.676 1:23.391 4
5 14 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:26.087 1:24.249 1:23.909 5
6 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 1:26.592 1:24.030 1:24.223 6
7 22 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス 1:26.612 1:24.502 1:24.294 7
8 25 ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソ・ルノー 1:24.941 1:24.637 1:24.720 8
9 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 1:26.149 1:24.647 1:24.775 9
10 20 ケビン・マグヌッセン マクラーレン・メルセデス 1:26.578 1:24.585 no time PL
11 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ルノー 1:25.361 1:24.706   10
12 99 エイドリアン・スーティル ザウバー・フェラーリ 1:26.027 1:25.136   11
13 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:25.910 1:25.211   12
14 21 エステバン・グティエレス ザウバー・フェラーリ 1:25.709 1:25.260   13
15 8 ロマン・グロージャン ロータス・ルノー 1:26.136 1:25.337   14
16 17 ジュール・ビアンキ マルシャ・フェラーリ 1:26.728 1:27.419   15
17 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:26.792     16
18 10 小林可夢偉 ケータハム・ルノー 1:27.139     17
19 4 マックス・チルトン マルシャ・フェラーリ 1:27.819     18
20 9 マーカス・エリクソン ケータハム・ルノー 1:28.643     19
NC 44 ルイス・ハミルトン メルセデス no time     PL
NC 13 パストール・マルドナド ロータス・ルノー no time     20
2014年ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 3  ダニエル・リチャルド レッドブル・ルノー 70 1:53:05 4 25
2 14  フェルナンド・アロンソ フェラーリ 70 5.225 5 18
3 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 70 5.857 PL 15
4 6  ニコ・ロズベルグ メルセデス 70 6.361 1 12
5 19  フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 70 29.841 6 10
6 7  キミ・ライコネン フェラーリ 70 31.491 16 8
7 1  セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー 70 40.964 2 6
8 77  バルテッリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 70 41.344 3 4
9 25  ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソ・ルノー 70 58.527 8 2
10 22  ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス 70 1:07.280 7 1
11 99  エイドリアン・スーティル ザウバー・フェラーリ 70 1:08.169 11  
12 20  ケビン・マグヌッセン マクラーレン・メルセデス 70 1:18.465 PL  
13 13  パストール・マルドナド ロータス・ルノー 70 1:24.024 20  
14 26  ダニール・クビアト トロロッソ・ルノー 69 +1 Lap 10  
15 17  ジュール・ビアンキ マルシャ・フェラーリ 69 +1 Lap 15  
16 4  マックス・チルトン マルシャ・フェラーリ 69 +1 Lap 18  
Ret 21  エステバン・グティエレス ザウバー・フェラーリ 32 電気系 13  
Ret 10  小林可夢偉 ケータハム・ルノー 24 燃料システム 17  
Ret 11  セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 22 クラッシュ 12  
Ret 27  ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 14 接触 9  
Ret 8  ロマン・グロージャン ロータス・ルノー 10 スピン 14  
Ret 9  マーカス・エリクソン ケータハム・ルノー 7 クラッシュ 19  


F1ハンガリーGP2012年シーズン

F1ハンガリー海外観戦ツアー
2012年シーズン
2012年ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 4 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:21.794 1:21.060 1:20.953 1
2 10 ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 1:22.755 1:21.657 1:21.366 2
3 1 セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 1:22.948 1:21.407 1:21.416 3
4 3 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス 1:22.028 1:21.618 1:21.583 4
5 9 キミ・ライコネン ロータス-ルノー 1:22.234 1:21.583 1:21.730 5
6 5 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:22.095 1:21.598 1:21.844 6
7 6 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:22.203 1:21.534 1:21.900 7
8 18 パストール・マルドナド ウィリアムズ・ルノー 1:22.475 1:21.504 1:21.939 8
9 19 ブルーノ・セナ ウィリアムズ・ルノー 1:22.271 1:21.697 1:22.343 9
10 12 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 1:22.176 1:21.653 1:22.847 10
11 2 マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 1:22.829 1:21.715   11
12 11 ポール・ディ・レスタ フォースインディア・メルセデス 1:21.912 1:21.813   12
13 8 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:22.079 1:21.895   13
14 15 セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ 1:22.110 1:21.895   14
15 14 小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 1:22.801 1:22.300   15
16 17 ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソ・フェラーリ 1:22.799 1:22.380   16
17 7 ミハエル・シューマッハ メルセデス 1:22.436 1:22.723   17
18 16 ダニエル・リチャルド トロ・ロッソ・フェラーリ 1:23.250     18
19 20 ヘイキ・コバライネン ケータハム・ルノー 1:23.576     19
20 21 ヴィタリー・ペトロフ ケータハム・ルノー 1:24.167     20
21 25 シャルル・ピック マルシャ・コスワース 1:25.244     21
22 24 ティモ・グロック マルシャ・コスワース 1:25.476     22
23 22 ペドロ・デ・ラ・ロサ HRT・コスワース 1:25.916     23
24 23 ナレイン・カーティケヤン HRT・コスワース 1:26.178     24
2012年ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 4  ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 691 1:41:06 1 25
2 9  キミ・ライコネン ロータス-ルノー 69 1.032 5 18
3 10  ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 69 10.518 2 15
4 1  セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 69 11.614 3 12
5 5  フェルナンド・アロンソ フェラーリ 69 26.653 6 10
6 3  ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス 69 30.243 4 8
7 19  ブルーノ・セナ ウィリアムズ・ルノー 69 33.899 9 6
8 2  マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 69 34.458 11 4
9 6  フェリペ・マッサ フェラーリ 69 38.35 7 2
10 8  ニコ・ロズベルグ メルセデス 69 51.234 13 1
11 12  ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 69 57.283 10  
12 11  ポール・ディ・レスタ フォースインディア・メルセデス 69 1:02.887 12  
13 18  パストール・マルドナド ウィリアムズ・ルノー 69 1:03.606 8  
14 15  セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ 69 1:04.494 14  
15 16  ダニエル・リチャルド トロ・ロッソ・フェラーリ 68 +1 Lap 18  
16 17  ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソ・フェラーリ 68 +1 Lap 16  
17 20  ヘイキ・コバライネン ケータハム・ルノー 68 +1 Lap 19  
182 14  小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 67 ハイドロリック 15  
19 21  ヴィタリー・ペトロフ ケータハム・ルノー 67 +2 Laps 20  
20 25  シャルル・ピック マルシャ・コスワース 67 +2 Laps 21  
21 24  ティモ・グロック マルシャ・コスワース 66 +3 Laps 22  
22 22  ペドロ・デ・ラ・ロサ HRT・コスワース 66 +3 Laps 23  
Ret 23  ナレイン・カーティケヤン HRT・コスワース 60 ステアリング 24  
Ret 7  ミハエル・シューマッハ メルセデス 58 メカニカル 17  


scroll-to-top