F1 ハンガリーグランプリ(GP)観戦ツアーならWST

F 1 2018 シーズン第12戦!
F1 ハンガリーGP観戦ツアー ブダペスト7日間


旅行代金 119,000円~ + 観戦券代


受付開始 2018年02月01日~


当社のツアーのメリット

F1-Tour_merit_rafu06



当社のツアーのメリット
お安く・お得なお値段でF1ツアー観戦出来ます。
お好きなスタンド席で観戦出来ます。
延泊などのアレンジも可能です。
空港からホテルまでの送迎車はお客様専用車になります。
お客様で航空券の準備可能(マイレージポイントなど)
燃油サーチャージなどの追加料金は不要です。

【F1 ハンガリー】コースマップ

レース観戦券はどこでもお好きな席を手配いたします。

F1ハンガリー海外観戦ツアー
※クリックするとコースマップ(PDF)の拡大版がご覧いただけます。
STAND AREA(金土日)
Super Gold68,000円
Gold 153,000円
Gold 246,000円
Gold 346,000円
Gold 453,000円
Silver 132,000円
Silver 232,000円
Silver 332,000円
Silver 526,000円
Bronze 119,000円
Bronze 219,000円
Red Bull Stand32,000円
General Admission18,000円
好きなスタンドの観戦券を選んでください。
※観戦券の表示価格は為替相場の影響で変動する場合がございます。





スタンドからコースの景色

F1ハンガリー海外観戦ツアー
Gold 2
目の前がスターティンググリッドになります。決勝レース開始前のグリッド上での各マシンの様子が見ることが出来ます。
F1ハンガリー海外観戦ツアー
Gold 1
目の前がスターティンググリッドになります。決勝レース開始前のグリッド上での各マシンの様子が見ることが出来ます。ポディウムも目の前になりますので、表彰式の様子が近い距離で見ることが出来ます。


F1ハンガリー海外観戦ツアー
Super Gold
目の前が各チームのピットになります。ピットインでの作業の様子などが近い距離で見ることが出来ます。
F1ハンガリー海外観戦ツアー
Gold 3
ホームストレートから1コーナーへのオーバーテイクの駆け引きがされるエリアになります。ピットロード出口もこのエリアになります。


F1ハンガリー海外観戦ツアー
Gold 4
ホームストレートから1コーナーまでのサイド・バイ・サイドとブレーキング競争でのオーバーテイクが展開されるエリアになります。


F1ハンガリー海外観戦ツアー
Bronze 2
低中速の6コーナーの立ち上がり。マシンの旋回性能がチェックできるエリアになります。
F1ハンガリー海外観戦ツアー
Bronze 1
低中速の6コーナーの立ち上がり。マシンの旋回性能がチェックできるエリアになります。7・8のシケインへの突っ込みと低速からの加速がチェック出来ます。


F1ハンガリー海外観戦ツアー
Silver 5
6コーナーから最終コーナーまで、サーキットの約半分が見渡せる見晴しの良いスタンドになります。
F1ハンガリー海外観戦ツアー
Silver 3
低中速での180度旋回の最終コーナー。マシンの旋回性能と立ち上がりのシフトアップのエンジン音が楽しめます。


F1ハンガリー海外観戦ツアー
Silver 4
低中速での180度旋回の最終コーナー。マシンの旋回性能と立ち上がりのシフトアップのエンジン音が楽しめます。
F1ハンガリー海外観戦ツアー
Silver 1
低中速での180度旋回の最終コーナー。マシンの旋回性能と立ち上がりのシフトアップのエンジン音が楽しめます。


F1ハンガリー海外観戦ツアー
Silver 2
最終コーナーからの立ち上がりのシフトアップのエンジン音が楽しめます。





F1ハンガリー海外観戦ツアー・ブダペスト

首都:ブダペスト。
人口:980万人。
物価:日本より割安感がある。
通貨:フォリント。
時差:+7時間。
気温:F1開催時の平均気温16度~27度。
公用語:ハンガリー語。
サーキット:ハンガロリンク・サーキット。
開催期間:8月2日~4日。
開始時刻:15時10分(日本時間22時10分)。
観戦時の服装:半袖シャツまたは長袖シャツ(雨天時は防寒服が望ましいでしょう)。
ブダペスト近郊の観光名所:王宮の丘、国会議事堂、セーチェニ鎖橋、国立歌劇場がおススメです。


ハンガリーGPは1986年からこのサーキットで連続開催され続けている。1986年は社会主義体制下であり、F1が社会主義の政治体制の国での初開催であったことは画期的であった。1992年にはナイジェル・マンセル、2001年にミハエル・シューマッハーがこのハンガリーでチャンピオンを獲得した。ブダペスト郊外の北東30キロにサーキットはある。典型的は低中速コーナーの個性のサーキットであるが、近年のマシンの性能向上で1ラップの平均時速が200キロに近付いており、その低中速サーキットの評価は過去のものとなりつつある。

ブダペストは世界遺産の街で観光には大変向いており、物価も安価で気軽に有名レストランでの食事も楽しめる。
ハンガリー東部のエリアは大平原が広がっており、かつてこの国に遊牧民が生活を営んでいたことを偲ばせる。


自由時間は2日間あります。

自由時間を使って世界遺産の街
ブダペストを楽しんでください。
F1ハンガリー海外観戦ツアー
フリータイムで世界遺産の街を観光

王宮の丘から
ドナウ河と鎖橋、
国会議事堂
F1ハンガリー海外観戦ツアー
ドナウ河クルーズ
で王宮の丘を望む。

ナイトクルーズもあります。
F1ハンガリー海外観戦ツアー
オペラ座

館内の施設を見学
するツアーもあります。
F1ハンガリー海外観戦ツアー
ハンガリーは温泉大国

ブダペスト市内でも
温泉が楽しめます。

サーキットまで日本語係員がご同行しますので、フォローアップもご安心

お客様のご希望をお聞きしながら、ホテル+観戦券をオーダーメイド(受注企画型旅行)して作っていく旅行になります。

モデルプランの日程をご参考にしていただいて、ホテル番号と、観戦券をご希望していただきましたら、旅行代金の見積もりをさせていただきます。

ホテル+観戦券は受注型企画旅行契約となります。

航空券はお客様ご自身で購入してください。
弊社にて航空券購入の手配をさせていただくことも可能です。(燃油サーチャージ、空港使用料、旅客保安サービス料、現地出入国税など空港諸税などを込みで航空券手配をお手伝いいたします)
その場合は航空券は手配型旅行契約となります。

現地集合・現地解散という形式になりますが、現地日本語係員がホテルチェックイン、空港での手続きなどお手伝いをさせていただきます。

ホテルとモデルプランのツアー代金

ホテルグレードスタンダードクラス
(3ッ星)★★★
朝食の有無
3名1室3名1室不可
旅行代金119,000円~
1名1室の追加代金28,000円
【3名1室利用について】
※現地事情により3名1室利用の場合、人数分のベットがご用意出来ない場合がございます。
ベッドの台数が2台もしくは、1台のご利用で3名同室のご承諾が頂ける場合のみ承っております。予めご了承下さい。

【サーキット会場までのアクセス】
専用送迎車でホテルとサーキット間の往復を送迎します。(片道約45分)

※お申込み後、航空会社の申請により燃油サーチャージの増減又は廃止又はかからなくなった際も旅行代金に変更はございません。
また、為替レートの変動による過不足についても追加徴収またはご返金はいたしません。


F1海外観戦ツアーの費用(料金)を安プランく仕上げる際にご用命下さい。



お見積り

お見積もり
●航空券も旅行会社が手配の場合
   119,000円~ +  観戦券代 + 航空券代
●航空券はお客様が手配の場合
   119,000円~ +  観戦券代

F1観戦ツアーの料金って幾らだろうと思われてませんか?
意外とお客様が思われているほど高くはないと思います。
お気軽にお見積りの依頼をしてください。

モデルプラン

旅行はブダペスト(ブダペスト空港)集合、ブダペスト(ブダペスト空港)解散になります。

日程 成田発着 宿泊地
2018/7/25 (水) 成田(21:25)発 機中泊
2018/7/26 (木) イスタンブール乗継(03:50着/07:00発) ブダペスト(07:55)着 ブダペスト空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。(お部屋の入室は、15時以降となります。)
ブダペスト
2018/7/27 (金) 市内観光、各種オプショナルツアーにご参加される等、
ご自身でご自由にお過ごし下さい。
フリー走行1、フリー走行2。
往路(行き)のみ日本語アシスタントもサーキットまで同行します。
サーキットまでの行き方をご案内します。
ブダペスト
2018/7/28 (土) フリー走行3、予選
ご自身でサーキットまで移動して下さい。
ブダペスト
2018/7/29 (日) 決勝レース
ご自身でサーキットまで移動して下さい。
ブダペスト
2018/7/30 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
ブダペスト(20:05)発
イスタンブール乗継(23:15着/翌日01:40発)
機中泊
2018/7/31 (火) 成田(19:10)着  
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。
日程 関空発着 宿泊地
2018/7/25 (水) 関空(23:45)発 機中泊
2018/7/26 (木) ドバイ乗継(04:50着/08:50発) ブダペスト(12:45)着 ブダペスト空港にて集合後、専用車でホテルへ。
着後、自由行動。(お部屋の入室は、15時以降となります。)
ブダペスト
2018/7/27 (金) 市内観光、各種オプショナルツアーにご参加される等、
ご自身でご自由にお過ごし下さい。
フリー走行1、フリー走行2。
往路(行き)のみ日本語アシスタントもサーキットまで同行します。
サーキットまでの行き方をご案内します。
ブダペスト
2018/7/28 (土) フリー走行3、予選
ご自身でサーキットまで移動して下さい。
ブダペスト
2018/7/29 (日) 決勝レース
ご自身でサーキットまで移動して下さい。
ブダペスト
2018/7/30 (月) 現地係員と共に空港へ
空港手続き完了後、現地解散
ブダペスト(16:00)発
ドバイ乗継(23:20着/翌日03:40発)
機中泊
2018/7/31 (火) 関空(17:50)着  
※上記発着時間は予告なく変更になる場合があります。

市内観光や、お好みのオプショナルツアーに参加されるなどをしてブダペストを満喫して下さい。
オプショナルツアーはリーズナブルな価格で多種多様のコースがあります。


【ブダペスト発のオプショナルツアー】


オプショナルツアー

F1ハンガリー海外観戦ツアー
世界遺産パンノンハルマ大修道院
(絶景パノラマレストランでのランチ付)
F1ハンガリー海外観戦ツアー
世界遺産を訪ねて、ブダペスト市内半日観光ツアー
他にもいろいろとあります。

モデルプラン

集合・解散に便利な航空会社
エミレーツ航空、トルコ航空
係員
日本語係員がお世話します。
ホテル
スタンダードクラス(☆☆☆)
トルコ航空の手荷物重量について 手荷物料金機内持ち込み : 無料 預入手荷物 :1個の重量が23kgまで無料(縦・横・高さの和が158cm以内)で2個まで無料。

エミレーツ航空の手荷物重量について 手荷物料金機内持ち込み : 無料 預入手荷物 :1個の重量が23kgまで無料(縦・横・高さの和が150cm以内)で2個まで無料。

【モデルプランに含まれないもの】

(前項のほかは旅行代金に含まれません。その一部を例示します。)

1.    超過手荷物料金
2.    クリーニング代、電報・電話料、ホテルのボーイ・メイド等に対する心付け
3.    その他の追加飲料等個人的性質の諸費用及びそれに伴う税・サ ービス料金
4.    渡航手続き関係諸費用
5.    お一人部屋を利用される場合の追加料金
6.    日本国内における交通・宿泊費
7.    観光オプショナル料金。
8.    F1観戦券
9.   航空券
10. 傷害保険



お見積り

お見積もり
●航空券も旅行会社が手配の場合
   119,000円~ +  観戦券代 + 航空券代
●航空券はお客様が手配の場合
   119,000円~ +  観戦券代
F1観戦ツアーの料金って幾らだろうと思われてませんか?
意外とお客様が思われているほど高くはないと思います。
お気軽にお見積りの依頼をしてください。



お問い合わせ





過去の予選とレース結果は?

F1ハンガリー海外観戦ツアー

概要

1986年のF1初開催時は、共産主義の東欧諸国での唯一のグランプリとして注目された。開催コースのハンガロリンクは超低速コースであり、オーバーテイクが非常に難しいコースレイアウトである。エンジン性能差が縮まるが、抜けないコースで有名で、モナコと同様に超低速でオーバーテイクが非常に困難を極めるコースとして名高い。2002年から2008年まで毎年別々の勝者が生まれており、そのうち3人が初優勝である。チャンピオン経験者ではアロンソ、バトンがこのハンガリーで初優勝を挙げている。最近ではサマーブレイク前の最後のレースとなることが慣例化している。

ウェットレースが少ないことでも有名である。ウェットの決勝レースは2006年と2011年の2回しかない。真夏の開催である上、盆地に位置することから、30度を超す高温のレースになる事が多く、ドライバーへの身体的負担及び、ブレーキ負担、エンジンの熱負担が非常に高くなる事が多いが、完走率はそれとは反して高い特徴があるが、シフト回数が多いので、ギアボックスへの負担が非常に大きい。ドライバー、マシンの両面で非常に厳しいレースの1つとされる。そのため、予選の順位が決勝レースに及ぼす影響が大きいグランプリである。だが、これまでのハンガロリンクのPPからの戦績は32戦14勝であり勝率は5割を切っている。マシンの安定性や速さも当然の事ながら、チーム戦略や采配、スムーズなピット作業などで勝敗を左右する事が多い。

例年、シーズン中盤戦に実施されている為、タイトル争いの正念場となるレースになることが多いが、チャンピオン争いが独走となった1992年のウィリアムズのナイジェル・マンセルと2001年のフェラーリのミハエル・シューマッハはこのレースでチャンピオンを確定させた。

ハンガロリンクでは、2026年まで継続開催される予定である。



2018年シーズン

F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
2018年シーズン
メルセデスのハミルトンがポール・トゥ・ウィンで前線のドイツとこのハンガリーで連勝し、2位に終わったフェラーリのベッテルとのドライバーズポイントの差を24点に広げた。フェラーリのライコネンが3位でフィニッシュ。フェラーリは2-3位のダブル表彰台を獲得。一方、メルセデスのボッタスは2位を走行していたが、レース終盤にフェラーリのベッテルと接触してポジションを落とし、レッドブルのリカルドとも接触してさらにポジションを下げて5位でレースをフィニッシュした。トロロッソ・ホンダのガスリーはウェットコンディションの予選を順調に闘い、決勝レースでも力強い走りで6位でレースを入賞した。レッドブルのフェルスタッペンは、5周目でパワーロスでリタイアとなった。
2018年 ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:17.419 1:31.242 1:35.658 1
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:17.123 1:32.081 1:35.918 2
3 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:17.526 1:32.762 1:36.186 3
4 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:16.666 1:28.636 1:36.210 4
5 55 カルロス・サインツ ルノー 1:17.829 1:30.771 1:36.743 5
6 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:18.577 1:31.286 1:37.591 6
7 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:16.940 1:31.178 1:38.032 7
8 28 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 1:18.429 1:32.590 1:38.128 8
9 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:18.314 1:32.968 1:39.858 9
10 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:17.901 1:33.650 1:40.593 10
11 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1:18.208 1:35.214   11
12 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:18.540 1:36.442   12
13 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:17.905 1:36.506   13
14 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:18.641 1:37.075   14
15 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:18.560 No Time   PL
16 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 1:18.782     15
17 16 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 1:18.817     16
18 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:19.142     17
19 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:19.200     18
20 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 1:19.301     19
2018年 ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 70 1:37:16.427 1 25
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 70 +17.123 4 18
3 7 キミ・ライコネン フェラーリ 70 +20.101 3 15
4 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 70 +46.419 12 12
5 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 70 +1:00.000 1 2 10
6 10 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 70 +1:13.273 6 8
7 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 9 6
8 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 69 +1 Lap 11 4
9 55 カルロス・サインツ ルノー 69 +1 Lap 5 2
10 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 10 1
11 28 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 69 +1 Lap 8  
12 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 69 +1 Lap 13  
13 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 17  
14 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 18  
15 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps 14  
16 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 68 +2 Laps 19  
17 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 68 +2 Laps PL  
Ret 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 49 ギアボックス 15  
Ret 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 5 パワーロス 7  
Ret 16 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 0 サスペンション 16  

2017年シーズン

F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
2017年シーズン
スタート直後、ルノーのヒュルケンベルグにヒットされたハースのグロージャンが押し出され順位を落とし、ターン2ではレッドブルのフェルスタッペンが同僚のリカルドのサイドポッドにヒットした。リカルドのラジエーターは破損して冷却水やオイルがコース上に漏れ出し、ターン3でストップした。これによりSCが出動し、フェルスタッペンには10秒ペナルティが科された。メルセデスのハミルトンはフェルスタッペンに抜かれ5位に順位を下げた。レースは6周目にSCが解除になり、先頭のベッテルはFLを連発して徐々に後続のライバル達をを引き離していく。

20周目にハースのグロージャンがスローパンクチャーのため緊急ピットインするが、クルーが左リアタイヤのボルトを締め終えていない状態でコースへ送り出してしまった為、タイヤがマシンから外れてリタイアを喫してしまう。

25周目、ここまで順調にトップを独走していたフェラーリのベッテルだったが、ステアリングの不調を無線で訴え、全開走行が出来ない状態になり、徐々にペースを落としていく。ベッテルの背後にまで接近していた2位のライコネンはベッテルが道を譲らない、と無線で訴える。

30周目にメルセデスのボッタスがピットイン。31周目にメルセデスのハミルトン、32周目にフェラーリのベッテル、33周目にライコネンが順調にタイヤ交換を終える。レッドブルのフェルスタッペンは42周目までピットインを遅らせ、ピットインのタイミングで10秒ペナルティを消化してタイヤ交換も行った。この時点で1位ベッテル、2位ライコネン、3位ボッタス、4位ハミルトン、5位フェルスタッペンの順となる。

46周目にペースの上がらないボッタスが同僚のハミルトンに先を行かせ、ベッテルのステアリングトラブルでペースが上がらないフェラーリ勢に攻勢を仕掛ける。その際、両者(ボッタス・ハミルトン)に対して「ハミルトンがフェラーリ勢を抜けなかったら順位をボッタスに戻す」約束をしていた。しかし、ハミルトンはフェラーリ勢に迫ることが出来ず、ライコネンもベッテルの遅いペースに付き合わされていた。ライコネンはチームに順位の入れ替えを要求するが受け入れられなかった。65周目にはボッタスがフェルスタッペンに迫られるが何とか凌ぎ、ファイナルラップでは約束通り、ハミルトンがペースを落としボッタスに先行させてフィニッシュした。メルセデスの紳士協定・チームプレーは順守されたのであった

ポイント争いでハミルトンに1ポイント差にまで迫られていたベッテルが優勝。4位にフィニッシュしたハミルトンとの差を14ポイント差にまで広げて前半戦を終えた。マクラーレンのアロンソはレース終盤の69周目にFLを記録して6位に入賞、チームメイトのバンドーンも10位に入賞し、マクラーレンは今シーズン初のダブル入賞でコンストラクターズランキング最下位を脱した。
2017年ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:17.244 1:16.802 1:16.276 1
2 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:17.364 1:17.207 1:16.444 2
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:18.058 1:17.362 1:16.530 3
4 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:17.492 1:16.693 1:16.707 4
5 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:17.266 1:17.028 1:16.797 5
6 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:17.702 1:17.698 1:16.818 6
7 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:18.137 1:17.655 1:17.468 12
8 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:18.395 1:17.919 1:17.549 7
9 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 1:18.479 1:18.000 1:17.894 8
10 55 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1:18.948 1:18.311 1:18.912 9
11 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:18.699 1:18.415   10
12 31 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:18.843 1:18.495   11
13 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1:18.702 1:18.538   16
14 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:19.095 1:18.639   13
15 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:19.085 1:18.771   14
16 20 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:19.095     15
17 18 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:19.102     17
18 94 パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 1:19.839     18
19 40 ポール・ディ・レスタ ウィリアムズ-メルセデス 1:19.868     19
20 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:19.972     20
2017年ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 5  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 70 1:39:46 1 25
2 7  キミ・ライコネン フェラーリ 70 0.908 2 18
3 77  バルテリ・ボッタス メルセデス 70 12.462 3 15
4 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 70 12.885 4 12
5 33  マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 70 13.276 5 10
6 14  フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 70 1:11.223 7 8
7 55  カルロス・サインツ トロ・ロッソ 69 +1 Lap 9 6
8 11  セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 13 4
9 31  エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 11 2
10 2  ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 69 +1 Lap 8 1
11 26  ダニール・クビアト トロ・ロッソ 69 +1 Lap 16  
12 30  ジョリオン・パーマー ルノー 69 +1 Lap 10  
13 20  ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 15  
14 18  ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 69 +1 Lap 17  
15 94  パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps 18  
16 9  マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps 20  
17 27  ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 67 ブレーキ 12  
Ret 40  ポール・ディ・レスタ ウィリアムズ-メルセデス 60 オイル漏れ 19  
Ret 8  ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 20 ホイールナット 14  
Ret 3  ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 0 接触ダメージ 6  

2016年シーズン

Hungary_2016_01
F1ハンガリー海外観戦ツアー
F1ハンガリー海外観戦ツアー
2016年シーズン
2016年ハンガリーGP予選
Pos No ドライバーチームQ1Q2Q3 Grid
1 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:33.302 1:22.806 1:19.965 1
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:34.210 1:24.836 1:20.108 2
3 3 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:39.968 1:23.234 1:20.280 3
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:40.424 1:22.660 1:20.557 4
5 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:35.718 1:24.082 1:20.874 5
6 55 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:36.115 1:24.734 1:21.131 6
7 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:35.165 1:23.816 1:21.211 7
8 22 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:37.983 1:24.456 1:21.597 8
9 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:41.471 1:23.901 1:21.823 9
10 77 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:42.758 1:24.506 1:22.182 10
11 8 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:35.906 1:24.941   11
12 26 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 1:36.714 1:25.031   12
13 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:41.411 1:25.416   13
14 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:36.853 1:25.435   14
15 21 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:38.959 1:26.189   15
16 12 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:37.772 1:27.063   16
NC 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:43.965     17
NC 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:43.999     18
NC 20 ケビン・マグヌッセン ルノー 1:44.543     19
NC 9 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:46.984     PL
NC 94 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 1:47.343     20
NC 88 リオ・ハリアント MRT-メルセデス 1:50.189     21
2016年ハンガリーGP決勝
Pos No ドライバーチーム周回数タイム/リタイヤGrid Points
1 44  ルイス・ハミルトン メルセデス 70 1:40:30 2 25
2 6  ニコ・ロズベルグ メルセデス 70 1.977 1 18
3 3  ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 70 27.539 3 15
4 5  セバスチャン・ベッテル フェラーリ 70 28.213 5 12
5 33  マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 70 48.659 4 10
6 7  キミ・ライコネン フェラーリ 70 49.044 14 8
7 14  フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 69 +1 Lap 7 6
8 55  カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 69 +1 Lap 6 4
9 77  バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 69 +1 Lap 10 2
10 27  ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 9 1
11 11  セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 13  
12 30  ジョリオン・パーマー ルノー 69 +1 Lap 17  
13 21  エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 15  
14 8  ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 11  
15 20  ケビン・マグヌッセン ルノー 69 +1 Lap 19  
16 26  ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 69 +1 Lap 12  
17 12  フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 69 +1 Lap 16  
18 19  フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 68 +2 Laps 18  
19 94  パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 68 +2 Laps 20  
20 9  マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps PL  
21 88  リオ・ハリアント MRT-メルセデス 68 +2 Laps 21  
Ret 22  ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 60 オイル漏れ 8  
scroll-to-top